シンガーソングライターになりたい! 〜 よくわかるプチUta-Tane音楽理論

シンガーソングライターになりたい! 〜 よくわかるプチUta-Tane音楽理論

どうすれば人に感動してもらうような曲が書けるのでしょう?

歌えるのでしょう?

そもそも音楽ってどうやって何から勉強すればよいの?

そんなことを 一から丁寧にお伝えしていきます^^

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは郡司 崇です

一昨日ライブで遭った教え子のミュージシャンに言われました。
「あのブログ丁寧すぎるよ。先生の面白かったレクチャーまで100回ぐらいまでいかないと届かないんじゃない

え~100回ぐらいやんないとダメかー
みなさんも付いてきてくださいね(お願い)


さて前回、コードネームの表記には
「全部で4つのゾーンがあり、中には省略されてしまうゾーンもある」
というお話をしました。

ゾーンは左から順に

・Root(根音)を表したものゾーン
・Root(根音)と3rd(第三音)の音程関係を表したものゾーン
・Root(根音)と7th(第七音)の音程関係を表したものゾーン
・Root(根音)と5th(第五音)の音程関係を表したものゾーン

に表記されます。

なぜか7th5thが逆になっているのがミソですね

そしてそれを一気に表にしたのがこれ


細かくて読みにくいと思うのでクリックしてください→見やすい表のリンク


それでは実際のコードを当てはめてみましょうか?
下の2つの場合はどうでしょう?
そして実際に表のどこにあてはまっているか
もう一度、
細かくて読みにくいと思うので→見やすい表のリンク

どうでしょう何となく対応する記号のイメージが湧いてきましたか

次回ら辺からはそれぞれのゾーンについて詳しくお話していきますね

今日の纏め
コードネームは4つのゾーンがある
でした
ドドン

次回は「Root(根音)と3rd(第三音)の音程関係」について


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス