私はスポーツ観戦が趣味で、以前このブログでも書きましたが、私が生きているうちに見たいスポーツシーンを5つ書きました。その一つが達成されましたね。松山選手、凄い!おめでとうございます!

青木や尾崎から引き継がれたバトンが見事に花を開きました。

ちなみに目撃者となりたいこと5つは

 

日本人の

○ゴルフの優勝      ← 目撃しました!  

○テニスの4大大会優勝  ←あと一歩

○日本のワールドカップ優勝   ←是非とも

○男子マラソンのオリンピック金メダル ← 何かの間違いで

○阪神タイガースの日本一  ← 一番近そうで遠い

高スペックのパソコンが新教舎にやってきました。動画編集が増え、業務の効率化が必要になってきたためです。で、その感想なのですが

「心地いい!!」

ここまで処理速度速いの?というくらいサクサク動いてくれます。

頼もしい限りです。

試験まであと数か月となりましたね。ここから追い込みの時期です。勉強をしてきた人も

あまりしてこなかった方もここからの追い込みが合否を分けます。

新教舎では、パーフェクト講座4月生を募集しています。

 

 

大阪府と大阪市の今年度の試験要綱が発表されました。大きな変更としては、大阪市の

特別支援免許保持者の加点です。1次試験での加点が昨年30点→今年90点、60点もUPしています。支援学級が増えていることに対応しているんでしょうね。60点は一般教養2問に相当します。これはでかい!!

2022年度の茨城県教員採用試験の試験要綱が発表されています。1次試験日は6/27(日)

です。2次試験日も大きく繰り上げるのか?と思ったのですが昨年と大きく変わりません。

会場は茨城県外では東京、仙台、名古屋(関西はありません)。一般教養がなくなったので

すが、試験時間も60分から30分に変更されたことをみると教職教養の出題数も昨年と変わらないかもしれませんね。

今日は朝からスマホがなぜか、いきなり不具合になりました。グーグルの検索機能が使えないんですね。私は性格的に、一つのことが気になると解決するまで徹底的にやってしまうんです。あーでもない、こーでもないと悪戦苦闘し、大事なデータも危うく消しそうになりながら、

「もうわからん!!ショップへ行く」と決断した時に、スタッフの方から、「私も調子悪いです」

とのこと。Twitterをみると「スマホ不具合」が多数。2時間イライラして損しました

今日この頃です。期待したらあかん、と自分には言い聞かせているのですが、新人佐藤選手の連日のホームランを見ると3割40本100打点はいくで、と思ってしまう自分がいます。でも

今年、優勝戦せんかったら、あまりにも阪神ファンは可哀そ過ぎます。

ほんまに頼むで

 

小学校を志望するきっかけで、恩師の話をする人は多いです。その話を聴く度、先生の影響力って大きいんだな、と実感します。恩師の話をする人は、その先生のおかげで学校が楽しくなった、自分が変われた、勉強をわかるまでとことん付き合ってくれたという、素晴らしい先生に出会った人達です。その人たちの人生をいい方向へと導いたわけです。恩師のような先生になりたい、といって、小学校教員を目指すなんてまさに教師冥利つきますよね。

本日の茨城新聞の記事で、茨城県教育委員会が全国に先駆けて教科担任制を4月から導入する、という記事が大きく出ました。小学校が大きく変わります。中学の免許を持つベテランの先生が担任するそうです。

また、茨城県は試験日程を前倒しして全国で試験会場を増やす、という記事も併せて出ています。併願者は間違いなく増えますね。

 

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16139971540406

 

 

(笑)、とタイトルにつけることが例年なら正しいかもしれませんが、もしかしてもしかして、

本当に今年は本当に強いかも?と思えるような新人選手佐藤輝明選手が活躍しています。私は日刊スポーツという一流紙を何十年も購読していますが、毎年、この時期は外人選手が取り上げられることが常であり、その中でも年棒が高く、左バッターで練習でバカスカ打とうものなら、「バースの再来」と期待をあおぐスポーツ紙に飽き飽きしてました。しかし、今年は外人選手の記事がほとんどない。連日、佐藤、佐藤、佐藤・・・・。一面がずっと佐藤。この球団は期待をすると、見事に裏切るのであまり期待をしないでおこうと自分に言い聞かせているのですが、佐藤選手の昨日の場外ホームランをみると、やっぱり、あわよくば、と思ってしまいます。日刊スポーツでは松井秀喜の再来、とかあおっていますが、いやいやいや、バースの再来でしょ!誕生日も同じやし