低い音から高い音まで同じ声質で歌うミックスボイス。

 

 

地声と裏声、二つの要素を持つミックスボイス。

 

 

「ミックスボイス」の定義には諸説あります。

 

 

今回は、高い音を魅力的に発声するミックスボイスについてご説明します。

 

 

 

 

Original

 

 

◆ミックスボイスの定義

 

 

”ミックスボイス”で検索すると、いくつかの説があります。

 

 

ここでは「ミックスボイス」を「地声」と「裏声」を切り替える事なく、同じ声質で低い音から高い音まで同じ声質で歌う歌唱法と定義してご説明します。

 

 

◆換声点(パッサッジョ)という事

 

 

多くの人は地声と裏声を持ち、歌うキーによって使い分けています。

 

 

低い音から声を出し始めて、次第に高い音へキーを上げていきある音で裏声に変わります。

 

 

この裏声に変わるポイントを「換声点(パッサッジョ)」と呼んでいます。

 

 

 

ミックスボイスにはこの換声点がありません。

 

 

高い音でも裏声になることなく地声と同等の力強さで歌う歌唱法がミックスボイスなのです。

 

 

地声と歌声の二つが交じったような歌い方なのでミックスボイスと呼ばれるようになったのでしょう。

 

 

◆ミックスボイスの特徴

 

 

多くの男性ボーカルの特徴として地声は力強く、裏声は高い声で澄んだ響きを持っています。

 

 

しかし、歌声は高く澄んだ声であるがゆえに、力強さに欠けるというデメリットがあります。

 

 

 

もし、地声の強さのまま高い声を歌う事が出来たら。

 

 

そんな発想から生まれたミックスボイスは、低い音から高い音まで地声のまま発声出来るように、トレーニングを積んだ結果身に付けられる歌唱法です。

 

 

 

ミックスボイスの特徴は、裏声の要素を持ちながらもフワッとした発声ではありません。

 

 

「裏声の特徴」と「力強い地声の特徴」もある不思議な感覚がミックスボイスの特徴です。

 

 

 

その感覚を見つけることがトレーニングの鍵となりますが、それは独特で人それぞれ異なります。

 

 

この感覚を修得出来ればミックスボイスの発声はどんどん安定します。

 

◆ミックスボイスの出し方

 

 

地声でも裏声でもないミックスボイスの発声法は独特です。

 

 

通常、高い声を出そうとする時には、声帯を締め付ける強さや振動する面積を変えることによって声の高さをコントロールします。

 

 

 

これに対し、ミックスボイスは主に声帯を伸ばすことで声の高さを変えています。

 

 

つまり、地声で高い音を出す発声法とは根本的に使う筋肉も異なるのです。

 

 

声帯を伸ばすには、「輪状甲状筋」という筋肉を使います。

 

 

では、「輪状甲状筋」はどこにあるのか?という事になります。

 

 

 

発声器官である声帯は咽頭という部位の中にあります。この咽頭の中には「甲状軟骨」と「輪状軟骨」という2つの軟骨があります。

 

 

そして「輪状甲状筋」は、甲状軟骨の中に入っている筋肉の事なのです。

 

 

 

ミックスボイスが出る仕組みとしては、輪状甲状筋が収縮すると甲状軟骨が前方へと引っ張られるように動きます。

 

 

すると、その中にある声帯も引っ張られて伸び、これにより高い声が出るようになるのです。

 

 

例えるなら、弦を強く引っ張ると高い音が出るのと同じ原理です。

 

 

 

喉(声帯)の奥にある輪状甲状筋を意識して動かせるようになるには時間がかかります。

 

 

トレーニング方法はいくつかありますが、まずは自分の輪状甲状筋がどのように動いているかを自覚しましょう。

 

 

喉に左右から指を軽くあてて、裏声(ファルセット)で歌ってみましょう。

 

 

 

自分で無理なく出せる裏声の声域で低く、次第に高く。逆に高い声から低い声へ。

 

 

次に、地声でも歌ってみましょう。

 

 

喉に左右から指を軽くあてて、低く、次第に高く。逆に高い声から低い声へ。

 

 

裏声と地声で声帯周りの筋肉(輪状甲状筋)がどのように動いているかを確かめてみましょう。

 

 

 

ある音で輪状甲状筋の動きが変わるポイントがあるはずです。

 

 

人によってそのポイント=換声点(音の高さ)は異なりますが、そのポイントのピークを少なくする事がミックスボイスの出し方のコツです。

 

 

裏声と地声で低い声、高い声を繰り返しトレーニングして換声点のピークをコントロールして下さい。

 

 

◆ミックスボイスのメリット

 

 

裏声のような高い音で地声の力強さを出すのがミックスボイスのメリットです。

 

 

プロのシンガーには地声の声域が生来高い人もいて、その声域の高さを活かしてミックスボイスで全ての曲を歌いきる人もいます。

 

 

地声ならではの声量コントロールの幅広さもミックスボイスのメリットと言えます。

 

 

◆まとめ

 

 

今回は、ミックスボイスについて仕組みやコツをご紹介しました。

 

 

次回は、より具体的なミックスボイスについてご紹介しようと思います。

 

 

ではまた。。

 

 

 

ボイストレーナー養成やプロのボーカリスト育成のボーカルスクール

 

Beat Vocal School-ビートボーカルスクール

無料体験レッスン実施中ビックリマーク

HPはこちら!

歌う上で、なによりも貴重な器官は、なんといっても喉です。

 

 

カラオケや歌を上達させたい方なら、歌の練習は勿論ですが、普段から喉のケアを怠らないことが大切。

 

 

これからは、喉のことを考えて、食べ物や飲み物にも配慮してみませんか。

 

 

 

そこで本記事では、常に喉をベストコンディションにキープできるよう、喉に良い飲み物と食べ物を厳選してご紹介します!

 

 

 

Original

 

 

◆喉に良い飲み物

 


1.ヨギスロートティー(Yogi Throat Tea)


ハーブティーは、そもそも癒しの効果のある体に優しいナチュラルなお茶ですが、今回は、喉に良いお茶を二つご紹介します。

 

一つ目は、その名もずばり、スロートティーです。

 

 

このハーブティーには、リコリス、ニレ樹皮、シナモンといった、喉の粘膜を保護およびケアする薬効成分がふんだんに含まれています。

 

 

喉をきちんとプロクテクトされているという体感が得られるでしょう。

 


2.スロートコートティー(Throat Coat Tea)

 


喉を良くする効果があると有名なハーブティーで、歌手の方にも愛飲者が多いそう。

 

 

その名が示す通り、喉をしっかりコーティングしているような感覚があるでしょう。

 

 

カラオケや歌の練習の前に飲んでみてはいかが?

 


3.緑茶

 


緑茶は、気軽に飲めて、喉にも優しい飲み物です。

 

 

緑茶がなぜ喉にいいかと言うと、これに含まれる殺菌作用のあるカテキンです。

 

 

これが、喉を殺菌および消毒して、喉を保護してくれるのです。

 


4.ホットレモネード

 


ご存じのとおり、レモンには沢山のビタミンCが含まれていますし、殺菌効果もありますから、喉の健康をアップしてくれます。

 

 

 

これにハチミツやすりおろし生姜を加えれば、殺菌効果が強化されますのでさらにグッド!身体もポカポカに温めてくれますから、風邪をひいた時にも、お奨めのドリンクです。

 

 

 

◆喉に良い食べ物

 


1.ハチミツ

 


ホットレモネードの項目でも述べましたが、ハチミツには殺菌作用がありますので、ハチミツをなめるだけでも抗菌作用があります。

 

 

また、値段が張りますが、ハチミツの中でも、より殺菌効果や抗菌効果に優れた、「マヌカハニー」は、さらにお奨めです。

 

 

 

これは、もともとはニュージーランドの原住民たちから、民間薬として使われていたくらい、その薬効成分が優れています。

 

 

普段から摂取していると、風邪もひきにくくなり、喉のコンディションも整えてくれるでしょう。

 

 


2.ダイコン

 


ダイコンの辛味成分である「アリルイソチオシアネート」に抗炎症効果があると言われています。

 

 

しかも、ダイコンは安価で入手できるのが、利点です。

 

 

 

ダイコンとハチミツを密閉容器に入れて、出てきた汁を飲むと、喉の炎症に効果的と言われています。

 

 

ダイコンおろしも良いと言われますが、こちらは喉に刺激が強いので、控えめにしましょう。

 

 


3.ねぎ

 

 


長ねぎには、特有の香りがありますが、この成分である「アリシン」に殺菌効果があると言われています。

 

 

民間療法として、焼いてガーゼなどに包み、首に巻くと喉の癒しに効果的と言われていますが、実際にタレントさんで、これを実践なさっているという方をTVで見たことがありますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

 


喉はきわめて繊細な器官ですから、乱暴に扱わず、普段からこまめなケアが大切。

 

 

こちらでご紹介した飲み物や食べ物は、気軽に採りいれられるものばかりですから、風邪などのダメージを予防するためにも、喉のコンディションを整えるためにも、適宜、生活に採りいれてみましょう。

 

 

そうすれば、歌の上達にも一役も二役も買ってくれることでしょう!

 

 

 

ボイストレーナー養成やプロのボーカリスト育成のボーカルスクール

 

Beat Vocal School-ビートボーカルスクール

無料体験レッスン実施中ビックリマーク

HPはこちら!

プロの歌手の方々は、当然ながら歌の練習を日々されています。

 

 

それと同時に喉のケアもとても大事にされているのをご存知ですか?

 

 

歌の練習より喉のケアを最優先にする方もいるほど。

 


プロはどんな現場であっても完璧を求められます。

 

 

ベストコンディションを維持するために喉のケアは欠かせないのです。

 

 

それがプロフェッショナルの証でもあります。



もし皆さんも歌を上達させたいのであれば、まず最初に喉のケアです。


ボイストレーニングの現場でも推奨されている喉のケア方法をご紹介致しますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

Original

 

 

 

歌の上達には食の見直しを

 


皆さんはどのような食べ物がお好きですか?

 


塩辛いものはお酒も進みますよね。

 

 

キムチの辛さはご飯に合います。

 


チョコレートやアイスはデザートに最高、ついつい食べ過ぎちゃいますね。


これら全て、喉には好ましくない食べ物です。

 



例えば友達とカラオケに行って、ヨーグルトや牛乳、チョコ、アイスなどを食べて、その後に歌ったら声が出にくかったという経験はありませんか。

 

 

実はこれらの食べ物が喉に膜を張ってしまい、その影響で声が出ない状態になっているのです。



また多量の塩分は体内から水分を奪ってしまいます。

 

 

コーヒー、紅茶、栄養ドリンクに含まれるカフェインも、利尿作用により体内水分を排出してしまいます。

 

すると当然喉は酷い乾燥状態となります。

 

 

この状態で歌を練習することは、ただ声帯を傷つけているだけなのです。

 

 


ボイストレーニング前には、これらの食べ物は極力控えた方が歌の上達には近道と言えるでしょう。


喉は常に潤っている必要があります。


唾液を出す効果のある飴、ガムは必需品

 

喉を使う仕事の方は必ず携帯されています。

 

 

マスクも細菌から喉を守りつつ乾燥を防ぎますので、出来れば就寝時にも使用されることをオススメします。
 

 

ボイストレーニング前にはストレッチ

 


大きな怪我を避けるため、殆どの人は運動前にストレッチをします。

 

 

それと同じように、喉を傷つけないためには、歌を歌う前にきちんとストレッチをする必要があります。

 

 

 


喉の筋肉を緩め、温め、声帯に過度な負担を掛けないように声を出す下準備をするのです。




まずは首の周りの筋肉をほぐし、顔の表情筋を柔らかくし、そして最後に喉内側のストレッチです。

 

 


やり方はどれも簡単。体操前に首をグルグル回した事はあります。

 

 

その要領で首回し、頭を左右に傾けて首筋を伸ばしたらら、手で首を軽くマッサージ。

 


顔の表情筋をほぐすには、口を大きく開けて縦に伸ばしたりすぼめたり、頬を膨らませたり口を尖らせたりして表情を豊かにしてみましょう。

 

 

顔が動きやすくなるのを直ぐに感じると思います。

 

 


そして最後に喉の内側のウォーミングアップです。

 


舌を出しあくびをするように口を開けます。

 

 

この時気道を開けるように努力します。

 

 

 

 

そしてさらに舌を前に押し出すようにしましょう。

 


喉の奥が引っ張られるような感覚になるはずです。

 



これが一連の流れです。

 


喉のケアとは内側のことだけを指すのではなく、こうしたストレッチも含まれているのですよ。
 

 

健康が歌の上達には欠かせません

 


最も基本的なことですが、最も大切であり、最も忘れられがちな事が「健康第一」です。

 


病人がどのように歌の練習などするのでしょうか。

 



喉にとって風邪ほど怖いものはありません。

 


咳、発熱など、全てが喉の敵でしかありません。

 


充分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動を心掛け、健康な体作りをして下さい。



もし万が一体調の不具合を感じたら、早めに休息を。


喉の調子が良くないなと思った時には塩水でうがいをしてみて下さい。

 

 

ぬるま湯に食塩水を溶かし、喉の奥に届くように上を向いてうがいを数回します。

 

 

塩化ナトリウムには滅菌効果もあり、風邪の予防にも効果が期待できますので、出来れば普段から習慣付けるようにすると良いでしょう。



また基礎体力をつけ体を鍛えれば、病気に掛かりにくくなります。

 

それと同時に自然と肺活量も増えます。

 

 

 

肺活量が増えれば、それだけ喉に負担を掛けることなく、大きな声が出せるようになるのです。

 


声量が無いと悩んでいる方は、肺活量を鍛えるトレーニングを取り入れられてはいかがでしょうか。



歌を歌うのは健康あってこそだということを忘れないで下さい。
 

 

まとめ

 

 

意外なことかもしれませんが「喉を休める」こともとても重要です。

 

 

歌が上達したいとばかりに大声で歌い続ける人がいますが、無理は喉によくありません

 

 

声帯に傷をつけ、声を枯らしてしまうだけです。

 

 

 

きちんと自分の状態を見極めて休息を取るのも、違った意味で歌の練習の一つです。

 



喉は声に携わる方々には本当に大切なもの。

 

皆さんもこれら喉のケア方法を日々意識して、ボイストレーニングに励んで下さい。

 

 

 

ボイストレーナー養成やプロのボーカリスト育成のボーカルスクール

 

Beat Vocal School-ビートボーカルスクール

無料体験レッスン実施中ビックリマーク

HPはこちら!