2度目の卒業生

テーマ:
20日に、無事卒業式を迎えることができました。
8年前、へき地校で飛び込み6年の3人を卒業させて以来の、
2度目の卒業生34人を送り出しました。

ロングヘアだった前回の時と違い、
ショートヘアでとことんボーイッシュさを貫いた2年間だったので、
今回は母の青い小紋と合わせた袴姿にしました。
写真はめいママさんのブログでどうぞ。

私が泣き虫であることは子どもたちも承知してて、
「先生きっと式で泣くよね。」と言われていたのですが、
式の最中は泣かないと、子どもたちに約束しました。
職員席からみんなの言葉を泣かずにしっかり受け止めるから、
魂を込めて呼びかけをしてほしいと伝えたのです。

結果、子どもたちも私も、誰も泣きませんでした。
(だから担任の言葉って、怖いものですよね。
 子どもたちには泣いてほしかったなあと思ったのですが。)
ちなみに保護者席は号泣の皆様ばかりでした。

式が終わり、写真撮影も終えて教室に戻ろうとすると、
「先生、まだ行かないで!ゆっくり来て!!」といい、
あわてて戻っていく子どもたち。
さては何か企んでいるな?と思いましたが、
言われた通り、ゆっくり教室に戻ると…

クラッカークラッカー**クラッカークラッカークラッカー
先生!2年間ありがとうございました!!
クラッカーおめ!クラッカークラッカークラッカー2

なんと、34人全員でクラッカーを鳴らし、お礼の言葉を言ってくれたのです。
私は、寄せ書きか何かをくれるのかな?と予想していたのですが、
私と子どもたちが作り上げた、個性的でうるさい明るいクラスを象徴するようなサプライズでした。
ここで涙腺が一気に崩壊。
式の間我慢していた涙が一気にあふれました。

卒業証書と私からのメッセージカードを手渡した後、
最後の「先生の話」をしました。

「私は皆さんと出逢い、
いつの間にか明るく団結力のあるクラスの担任になることができ、
とてもとても幸せな担任でした。
一緒に学年を組んだ先生方のように、
専門的な音楽知識も、体育知識も持っていない私が
皆さんに教えられたことは、
「精一杯生きる」ということだけだったと思います。
でも、それが一番大事なことだと思います。
生きていなきゃ、夢は実現しません。
宮崎駿監督は、この世は生きるに値すると言いました。
皆さんは、先人たちから未来へ命を繋ぐために生まれて来ました。
これから先、大変なこともあると思いますが、どうか精一杯生きて下さい。」

これ読んで「ん?どっかで聞いたことあるような…。」と思った方、
あなたはかなりの『ごちファン』ですね。
はい。悠さんの言葉を使わせてもらいました。
「貧すればうどんす」の週に悠さんが言った言葉は、
どうしても卒業する子どもたちに伝えたかったのです。
め以子への手紙の言葉は、
聴いていてジーンと心に響く言い方だったので真似しました。
子どもたちも保護者も、みんな泣きながら私の話を聞いてくれました。


彼らの未来が幸多いことを願ってやみません。
そしていつか、成人した彼らとお酒をのみながら話をしたいです。

私の覚書として、学級通信の最終号を載せておきます。

「キセキ」の物語 ついに閉幕! 感動をありがとう

拝啓 
6年2組の皆さん、進級おめでとうございます。

みんなで作り上げてきた「キセキ」の物語 5年生の部は、
205日かけて、
一人ひとりが「輝石」になり、
たくさんの「軌跡」を残し、
大きな「奇跡」を起こしました。

今日から「キセキ」の物語 6年生の部が始まります。
小学校生活最後の一年間は203日。
2014年3月20日に、物語のフィナーレを迎えます。
物語を作っていくのは、みなさん一人ひとりです。
昨年よりもさらに輝く「輝石」になり、
2013年度のH小学校の歴史に「軌跡」を残し、
自分たちの小学校生活最大の「奇跡」を起こし、
世界にひとつしかない「キセキ」の物語を作っていきましょう!

この手紙を読んでいるみなさんが、
203日後、感動の卒業式を迎えていることを願っています。

敬具
2013年4月4日
謎の担任Xより

この手紙を書いた日から、199日目の登校日を迎えました。
最上級生として、準備から片付けまで、懸命に働いた入学式。
「カズテレビ」「大大テレビ」で盛り上がった修学旅行。
たて割り班のリーダーとして奮闘した児童集会。
優勝に向けて団結し、最後はみんなで泣いた運動会。
自分の記録に挑戦した陸上記録会。
「え~」と言いつつも、飽きずにつづけた百人一首。
何かといえば討論で盛り上がった毎日の授業。
マーティン一家が現れて盛り上がったクリスマス会。
上手に滑れるようになったスキー教室。
インフルエンザと120年に一度の大雪で行けなかった幻の国会見学。
(このため登校日数が4日減)
どれもこれも、昨日のことのように思い出されます。

「『輝石』になって、『奇蹟』を起こし、『奇蹟』を残そう」を合言葉に、
404日共に過ごしました。
2年前、初めて5年生の担任をすることが決まった時、
教員生活12年目にして、初めて大きな緊張と不安に包まれたことを今でも覚えています。
低学年ばかり担任していた私に、高学年の担任が務まるのだろうかと。
そんな中で考えた目指すクラス像が、「キセキ」でした。
一人ひとりが自分の光を出せるクラスにしたい。
このクラスにしか起こせない奇蹟のドラマを作りたい。
皆の人生の中に、このクラスで過ごした軌跡を残したい。
この3つのために、私が考えられるすべてを費やしてきました。
でも、私自身の力不足な面は否めず、申し訳ない気持ちになる日もありました。
それでも皆さんは、私についてきてくれました。
6年生になってからは、
「先生、この子達、本当にいい子たちね。」
「6年2組は明るくて、団結力があるね。」
そう周囲の皆さんから言っていただくことが多くなりました。
私はいつの間にか、「明るく、団結力のあるクラスの担任」になっていました。
これは、私の力ではなく、34人の皆さんが作ってくれたもの。
一人ひとりが『輝石』になって、
予想以上の『奇蹟』を起こし、
未来へつながる『軌跡』を残した2年間でした。
私はとてもとても幸せな担任でした。

say goodbye & good day(KOKIA)

卒業式の退場曲。実は私が選曲させてもらいました。
「さようなら」は、「全て受け入れて 次へと進む言葉」です。
これまでの「キセキ」は、これから歩く新しい世界のためにありました。
いよいよ「中学校」という新しい世界へ踏み出す時が来ました。
皆さんの未来が、幸多かれと願っています。
さようなら。

保護者の皆様、子どもたちと作ってきた「キセキ」の物語は、これで閉幕します。
担任として精一杯努力してまいりました。
至らない点が多々あったかと思います。お許しください。
おうちの皆様のご理解・ご協力なしで、この物語は作れませんでした。
本日まで子どもたちの成長を見守り、お力添えいただいたこと、
心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

貧すれば鈍す

テーマ:
心配してくれている皆さん、本当にありがとう!
夜を徹して除雪作業してくれている皆さん、本当にありがとうございます!!

県全部が孤立状態の山梨県。
私は、とりあえず健康に過ごしています。

週明け。それまでの家での引きこもり状態から
外の世界に引き出されました。
明日まで休校だけど、職員はもちろん出勤。
いざ出勤すると、腰の高さくらいまでの雪。
シャベルでひとすくいずつ、黙々と雪かきしました。
シャベルひとすくいずつでも、職員20人でやれば、大きな力。
大変でしたが、何とか雪かきしました。
ひとすくいずつでもやっていれば、きちんと雪がどかせる時が来るんですよね。

4時に退勤して、3時間かけて歩いてきた後輩を甲府まで送って行きました。
甲府市内、特に中心街の路面状況が、今日通った道で一番悲惨でした。
いつ事故が起きてもおかしくないと思います。
県は、車での外出控えてって言ってるけど、
バスも電車もない今や車しか外出手段がないんだから、
難しいです。

ガソリンがなかったため、GSへ行ったら、長蛇の列。
なんとか給油して、空いているスーパーへ。
野菜も肉も魚も、冷凍食品も、パンもお米もなかった。
野菜ジュースとケーキ用マーガリンとチーズとヨーグルトだけ買いました。
これらがあれば、いざとなったらパウンドケーキ作ってしのげる。

とりあえずお米があるから、食べていくことはできます。
でも、空っぽの商品棚見たら、
自分は買わなくても大丈夫だとわかっていても、
不安になり、悲しくなりました。

被災するって、こういうことなんですね。

貧すれば鈍す。

ごちそうさんの悠さんの言葉が身に沁みます。
貧すると、頭では大丈夫ってわかってても、心は狭くなってしまう気がします。
でも、電気もガスも水道も確保できていて、自分の家で生活できているのだから、
あの大震災の被災地とは比べ物にならないくらい、まだ充実している方なんでしょうね。

県全体が孤立するなんて、前代未聞ですよね。
首都の隣の県なのに、こんなことになってしまうなんて。

今はとにかくみんなで協力して乗り切るしかありません。
山梨の皆さん、頑張りましょう。

ごちそうさん

テーマ:
今日は久々の大雪ですねえ。
山梨でもすごい積雪になってますよ。
あー、午後は雪かきしなくちゃなあ。

先週はインフルエンザ。
今週は大雪のため、家に引きこもる週末です。
で、時間持て余して、なんとなく見てたら、
朝ドラの「ごちそうさん」にどっぷりハマってしまいました。
どのぐらいハマったかっていうと、
NHKオンデマンド契約して、
寝るの忘れて徹夜でずっと見ちゃうくらい。
自分でもびっくりですよ。
ドラマ見て、徹夜しちゃったなんて。

いやー、あの「JIN」や「あまちゃん」すらはまらなかった私。
あんまり連ドラをずっと見るタイプではないんです。

過去はまったのは、「あぶ刑事」や「のだめ」くらい。
この2本は、ノベライズもサントラも買い集め、特集雑誌も集めるくらいだったなあ。
(でも、めいママさんほど熱は入らなかったなあ。)

NHKの朝ドラ半年も見続けるなんてほとんどない。
それでも「いいなあ」と思ってみてたのは、
松島奈々子がヒロインやった「ひまわり」くらいじゃないかなあ?
(これだってめいママさんが見てたから、なんとなく見たって感じ。)

でも、今回は周囲からの影響0の状態で、自らどっぷりハマって行ってしまいました。
め以子と悠太郎のかかわりが、とにかく「かわいい!!」
「のだめ」の時も、ヒロインの恋が「かわいい!!」と思いましたが、
今回はヒロインよりも、相手役の方が「かわいい!!」と思えるキャラです。

いままでドラマのヒロインの相手役には、
「素敵だなあ。」「こんな人にあこがれるなあ。」と思う方でしたが、
今回は違います。


今回はとにかく、悠太郎が「かわいい!!」です。
帝大卒の、偏屈で不器用な人だけど、
それは生い立ちが複雑だから。
そんな彼が、ヒロインに出会って、
不器用ながらも頑張って生きている。
偏屈な彼を救ってあげていくヒロインもすごいけど、
ヒロインによって不器用ながらも変わっていく彼が面白い!!

今までドラマにはまると、
ヒロインの彼に自分の理想を抱きながら見ていたのですが、
今回は全く違う。
なんか、年下の後輩や弟たちの恋を
応援したくなるような思いで見てしまいます。
それだけ私が年取ったってことかしら?
(自分の今の生活に満足してるから、
そういう目を持つってのもあるかもしれないけど。)

あと、よく考えられているお話だなあと思います。
一見悪と思える人たちも、
なぜそうなっているのか、複雑な過去があって、
ほんとは愛されるべき人たちで、
ヒロインがそのもつれた糸をほぐしていく様子を、
当時の時代背景と重ねながら、
本当に上手に描いています。
激動の時代を、生きにくいと思えるような時代を、
懸命に生きた人たちを描いている。

今日の悠太郎さんの台詞
「夢をかなえるために大切なことは、才能でも根性でもない。
 生き残ること。」
それは、宮崎駿監督の言葉と重なると思います。
「この世は生きるに値する。」

卒業する子どもたちに向けての言葉でつかえそうな、
素敵なヒントをもらえた気がします。

これからのドラマの展開も楽しみです。