ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

夏なので、暑い( ; ^ω^)

ので、

今年の夏は本を読んで静かに過ごそうかな、と思い
本を探しに本屋さんに行ってきました。

今年の春に、岡山市北区南方にオープンした
スロウな本屋です。




少なくとも第2次世界大戦以前からあるのでは?という
古民家を1年かけて自分たちでリノベした本屋さん。


ガラス面が大きな玄関の引き戸。
キュラキュラキュラと、いい音を鳴らします。

靴を脱いで上がる、本屋さん。
珍しいですね。

置いてある本は、店主の小倉みゆきさんがセレクトした新刊書です。
これは長居の予感しかしませんぞ。



小倉さんは
書店勤務時代に児童書コーナーを担当していたこともあり
お子様向けの本が充実しています。



押入れを改造した本棚


↑当然、こうなります。

大掃除の日に子どもたちが押し入れで遊んでいるのを見て
小倉さんがひらめいた空間の活用方法です。



上は子どもたちが描いた絵をマグネットで貼って遊べるようになっています。



店主・小倉さんが立っているカウンター。
奥は、おとな向けの本のコーナーです。
純文学からお料理のレシピ本、ムックまで、ジャンルさまざま。

本を仕入れている小倉さんの目線は
「ゆっくりを楽しむ」
「読んで、何かを始めるきっかけになる本」



そして、今回は特別に
番組のために選書をしていただきました。

2週に分けてお届けします。
今週は「夏に読みたい3冊~お子さんと読む本」



小倉さんの「裏テーマ」は、”お父さんとすごす夏休み”
次の3冊をお店の中から選んでいただきました。


「時計つくりのジョニー」(エドワード・アーディゾーニ/作)


「コウケンテツのおやつめし」(コウケンテツ/著)


「いきてる」(中山千夏/作、ささめやゆき/絵)


(^ω^)
本を選んでもらうっていいですね~。
来週も、テーマを設けて選書をしていただいています。

ご紹介した3冊、お問い合わせは小倉さんのお店へどうぞ。
◆スロウな本屋

AD

テーマ:

今年もこの季節が来ました!
「なつやすみ特集 とびだせ!おか山っ子」

2015年のタイトルコールとオープニングインタビューは
真庭市立草加部小学校が担当してくれました!


全校児童60人全員で声を出しました!
毎週聞いてください(^ω^)


そして、作文朗読は3年生の
宮田かりんさん「わたしのしょうかい」


かりんさんの好きなこと、得意なことをいっぱい書いてくれた作文です。



国語は得意で文章を書くことも得意(^ω^)
水泳で850m泳いじゃう女の子です。

ちなみに嫌いなものは・・・・ズッキーニ!!!


AD

テーマ:



6月に続き、
フード&ライフディレクター 久保陽子さんとのおでかけ。

今月は・・・



石関町のCCCSCDです。
作元大輔さんのcifacaが展開するセレクトショップ&カフェ&ギャラリーです。


店内をgo around



サハクィエル先輩がいました(´ω`)





いろいろ目移りして、半日は余裕で過せますわ



グッドセンスでユニークなアイテムばかり。
でそれぞれほしいものを
一つだけ選んでみました。

森田恵子さんがチョイスしたのは
スフェラーのランタン



砂時計みたいに太陽光を集める優れものでデザインもシンプル。




久保さんチョイスは




ポスタルコの名刺入れ



N.Y.のデザイナーさんのプロダクツです。
おっシャー(´ω`)ですね。

ちなみにポスタルコのバインダーも欲しいと言ってましたよ。


で、久保さん実はCCCSCDのランチプレートを手掛けました



岡山や鹿児島の食材を使って
一汁一菜の伝統的な日本のお食事をランチプレートで
再現したそうです。

デザートは下山桂次郎さんのほうじ茶を使った
ほうじ茶ゼリー。生クリームには甘納豆が。

(´ω`)おーいしーーー



普段から仲良しさんだという
cifaka 代表の作元さんと久保陽子さん。

ランチプレートのメニュー作りを通じて
「ぼくはデザイン、久保さんは料理、というアウトプットは違っても組み立て方は一緒」
と感じたそうです



CCCSCDは企画展も頻繁に開催されていて
8月は瀬戸内市在住の真鍮カトラリー作家さん
Lueの初ともいえる大々的なフェアを開催するそうです。

お店でも使っている真鍮のユニークなカトラリー
瀬戸内市の方だったのね。



去年10月にオープンして、今年初めての夏を迎えているショップ
後楽園を臨むグッドロケーションに位置しているので
8月の花火大会は「何かするかも」(by作元さん)だそうです。

(´ω`)たのしみだな

◆CCCSCD

AD

テーマ:



9時代後半は吉備中央町に
会社&アトリエ・工房&ショップ・カフェ・住居を集約した
nap villageからのお客様

nap,inc. 代表取締役 河合誠さんでした。

標高が高い吉備中央町の暮らしについてお聞きしたり、

nap villageでの河合さんの夏の過ごし方もお聞きしてみました。

「金魚やメダカ、エビなどの鑑賞」が今年の夏の過ごし方だとか・・・。

(´ω`)えーーー!

「奉還町生まれなので、昭和の日本的なものを求めているのかも」


おっシャーなnapのアイテムで夏おススメのものを河合さんに
セレクトしていただきました。

キャンバストート保冷バッグ
ピクニックバッグ

ピクニックバッグはバゲットとワインボトルを留めるための
輪っかがあるんですよね、この心づかい!


そして、鹿角カトラリー



カトラリーそのものはベルリンの蚤の市で購入。
持ち手の部分は処理された鹿の角です。



ちなみに18日から3日間にわたって開催される
nap village の SUMMER JUMBOREE!は
18日(土)のみ中止が発表されています。

19日の今野英明さんのライブは予定通りみたいですよ。



海の日だけど、山、いいんじゃないでしょうか?
世界のビールとともに楽しんでください(最寄駅から送迎もあるそうです)

◆nap,inc


テーマ:



9時台前半は、岡山市の表町商店街にあるボタン専門店
ボタンのツジヨシ 3代目の辻昭吾さんにスタジオにお越しいただきました。

小さなお店に数えきれないくらいのボタンが並んでいるそうです!

主に装飾用の高級ボタンを取り扱っている辻さんのお店。


というわけで、ビンテージボタンをスタジオに持ってきていただきました。
フランスやヨーロッパのボタンです・・・。

1つだけで、数千円(´ω`)溜息。

そんなボタンの魅力を知ってほしいと辻さんが数年前から始めたのが
ボタンアートアクセサリー。

ビンテージボタンを使用して
ドレスにも合うようなラグジュアリーなネックレス☆彡

ボタンアートアクセサリーの作品は
辻さんのHPにも掲載されているのでご覧になってくださいね!

◆ボタンのツジヨシ


表町商店街の辻さんのお店にも素敵なボタンを見つけに
行ってみてはいかがでしょうか?


テーマ:

5月6月は円山ステッチでの収録だったので
久しぶりのスタジオ、円山生活の会 佐野明子さんです。

「空がうっとうしい日は気分を明るくしようと思って・・・目元にマスカットグリーンのアイカラーと白いブラウスにグリーンのキラキラブローチ」

色で気分を爽やかに・・・なかなか梅雨が明けませんが
明子さんは「桃もぎ」をしに赤磐市にお出かけしたそうです。







自然流栽培で育てている女性生産者の桃農園

お天気とみなさんの装い、2000個の桃にかぶせられた3色の袋が
南仏プロヴァンスのような光景だったそうですよ。

もいだ桃は、自家製ジャムやジュースになって
米子市の 'tis clay で明日から開催される
「となりのトットリ展」に並びます!



というわけで、会場となる米子市の 'tis clay オーナー松本佳子さんに
お電話をしてみました。

期間内に約2000点の品が並ぶそうですよ!
松本さん、数えてくださったそうです。




蓮の季節。
円山ステッチの庭も蓮の花が「ぽっ」と
顔を出したそうです。

明子さんはご近所の曹源寺 原田老師から
蓮にまつわる素敵なお話を聞きました。
碧巌録の「智門蓮華荷葉」から

蓮が咲くと「蓮華」
蓮が咲いた後の葉は「荷葉」
蓮は蓮。

明子さんの7月の暮らし方のコツは
そんな原田老師のお話しを思い出しながら・・


「これから暑い夏がやってきます。その前にすこし、
 自分の心と向き合う時間が持てればいいですね。」


梅雨明けが待ち遠しいです(^ω^)


テーマ:



9時台のスタジオゲストは、岡山ウエディング語り隊の
隊長 大谷天麿さんでした。

隊員はみなさんアツイ思いを持っていますが、
会はユルいそうです。

ご自身の結婚式や新婚旅行の思い出、こんな式を挙げたい!
話しを聞いてみたい、という方はどなたでも参加できるそうですよ。

毎月第2水曜日に例会が開かれています。
詳しくはfacebookのページを見てみてくださいね!


岡山ウエディング語り隊

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。