山中がカムバックを決意、輪島功一の再来なるか/名伯楽・芹沢会長ご健在!!/他 | 舟木昭太郎の日々つれづれ
2017年11月06日(月)

山中がカムバックを決意、輪島功一の再来なるか/名伯楽・芹沢会長ご健在!!/他

テーマ:ブログ

<次回イベントの案内>
舟木昭太郎のトークとオークションの午後PART12

「アッパー忘年祭り」
藤原敏男、増沢潔ら各氏をゲストに迎え盛大に今年のファイナーレを飾る!
日時:2017.12.17(日)13:00~15:00
会場:渋谷区幡ヶ谷中華料理「名菜館」
    京王新線幡ヶ谷駅改札北口出徒歩4分

    TEL03-6383-3053 渋谷区本町1-20-2
会費:男性5,000円 女性4,000円(昼食&飲み物付き)
定員:40名(※大勢の参加が見込まれます。お申し込みはお早めに!)
 

<申し込み・お問合せ>
(株)アッパー
TEL03-3469-0620/FAX03-3469-0685
mail:upper@lapis.plala.or.jp
↓写真は昨年12月18日名菜館での「アッパー忘年祭り」の一コマ。



--------------------------------------------
[随感]秋日和、トランプ大統領来日、悪魔
~晴天は何よりのおもてなし~
~SNS時代危険が潜む~
[再起]山中がカムバックを決意
~輪島功一の再来なるか~
[健在]元キックの老会長の消息
~芹沢会長健在のメール~
[病気]脳梗塞の会発足
~モットーは「わろてんか」~

--------------------------------------------

[随感]秋日和、トランプ大統領来日、悪魔

晴天は何よりのおもてなし

秋の連休は幸いにして天候が良く行楽日和だった。私は5日家内と代々木公園のふるさと祭りに出かけた。当日は雲一つない青空でNHK隣の広場は紅葉に染まった木々に囲まれ、人波で溢れていた。アメリカのトランプ大統領が初来日した日でもる。大統領は、早速、安倍総理、松山英樹プロとゴルフに興じた。秋日和のプレーは最高だ。忘れえぬ思い出になったのではないか。

大統領夫妻は翌日には、天皇・皇后陛下を皇居に訪問した。いつも感じるのだが、お迎えした御所小の間は、シンプルで清楚、飾りは物は、一点の花だけ。これぞ侘びさびの幽玄世界、日本の精神を象徴する空間。この趣に心を奪われたのでは。菊薫晩秋、晴天。天も大統領夫妻に微笑んだ。迎賓館の歓迎式典(栄誉礼)も眩いばかりに光溢れ美しかった。

客人を迎えるに晴天は最高のおもてなし、先週の長雨が嘘のようだ。その点でも安倍総理は憑いている。運の良い人だ。日本を訪れる外国人には、やはり春の桜、秋の紅葉の頃がベスト、しかも晴天ならばいうことなし。トランプ大統領は好きではないが、それでも日本に好印象を抱き帰国して貰えれば外交にプラスになる。その印象も天候が大いに左右する、とは何となく感じた。


SNS時代危険が潜む

殺人鬼・白石隆浩(27)容疑者、悪魔の仕業としか思われない。自殺願望の人を一緒に死のうと巧みに誘き出して、自宅アパートで9人も殺害した。うち3人は女子高生だというではないか。それも切り刻んで冷蔵庫などに押し込んでいたというから酷い。隣人はその所業を全く知らなかったというからこれも恐ろしい。山中の一軒家ならいざ知らず座間市の街中でだ。

「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキー著)の中に、トルコ人が、性的快感を覚えながら子どもたちを苛(さいな)むストリーが出てくる。容疑者もあるいは、金品目当ての他に、歪んだ性的異常者であるかも知れない。SNS時代、容易に見ず知らずの人と連絡が取れる時代は、犯罪は至る所に潜む危険性がある。以って我々も用心しなければならない。


[再起]山中がカムバックを決意

輪島功一の再来なるか

前WBC世界バンタム級王者山中慎介(帝拳)が現役続行を決意したようだ。統括団体WBCは再起戦をルイス・ネリとのリマッチを命じている。ネリは4回TKOで山中からタイトルを奪ったものの試合前のドーピング検査で、体内から使用禁止薬物(ジルパテロール=筋肉増強剤)が見つかり、タイトル剥奪あるいは無効試合かと憶測されていた。メキシコなどでは、家畜を育てるのにジルバテロール薬を普通に用いる事から、食肉からの影響も捨てきれないと判断したようだ。メキシコ(WBC本部がある)らしい決着だ。
普通、再戦は禁じられているところを、物議をかもした試合だったため、しからば再戦を、となったのだろう。

件の試合はセコンドのタオル投入に関しても、取り返しのつかないことをやってくれた、と帝拳本田会長はトレーナーを激しく叱責した。具志堅に並ぶ13度防衛の大記録をフイにした失態だと。4回のタオル投入は果たして早かったのかと、こちらでも論争が起こった。私は、大和トレーナーの取ったその処置は山中の戦況、攻撃に晒され一刻の猶予も許されない危険な局面下では妥当であったと評した。確かにネリの爆発的なパワーは、野獣の迫力があった。あと1発当たれば、山中は木っ端みじんであったと想像した。あの威力はジルパテロール効果なのか?

さて再戦、あの時の恐怖が山中に残像として残っているか否か、その味わった地獄の恐怖を跳ね除け見事タイトルをネリから奪還したら、それこそ奇跡である。炎の男輪島功一さんは、アルバラード、柳齊斗から奪われたタイトルを再戦で2度まで奪還して、奇跡の男と驚嘆させた。6才で親戚に養子にだされ、本人は貧しかったから、口減らしのためだったと、過去を振り返る。長靴を履くにも靴下はなく素足で小学校に通っていたら、不憫に思った先生が靴下を編んでくれた。

そんな思いを抱き続けて戦った輪島の王座奪還は何やらなにわ節的だが、あの輪島の不退転のファイトは、日本の敗戦復興へのエネルギーと軌を同じくするものだ。私が挙げる日本の生んだ3大王者、原田、輪島、具志堅なのだが、山中は「このままでは終われない」と再起をを決意した。やらないで悔いを残すより、やって悔いを残さないか。私は、引退を勧めるのだが、輪島功一の例もある。輪島は周囲の猛反対を押し切り蘇った。やるというのだから見守るしかない。後は幸運を祈るのみだ。


[健在]元キックの老会長の消息

芹沢会長健在のメール

横須賀中央ジム芹沢武会長が健在だとのメールを岡田さんが写真を添付寄せてくれた。懐かしかった。元気なお姿を拝見して殊の外嬉しい。芹沢会長といえば、4冠王飛馬拳二を育てた名伯楽だ。もう30年このかたお会いしていないので、会って往時の思い出ばなしをしてみたい。是非、12月17日の「アッパー忘年祭り」に来てください。お待ち申し上げます。


[病気]脳梗塞の会発足

モットーは「わろてんか」

たまたま食事した折、脳梗塞の話が話題になり、居並ぶ3人が俺もやった俺もと、盛り上がった。かくなる上は、脳梗塞の輪を作り、再発防止、日常生活の在り様、何でも話せる会を作ろう、と思い立った。会員は今のところ3人である。例会も考えている。同病相憐れむの会のモットーは、わろてんか。関心がある方は、FAX03-3469-0685 E-MAIL:upper@lapis.plala.or.jp 舟木昭太郎まで。


晩秋の風景三題
紅葉の下ふるさと祭りで賑わう代々木公園NHK隣広場(5日午後)


ラジオ体操に通う大山公園の夜明けの気配の月と紅葉
(午前5時40分頃)と(朝6時過ぎ)の風景。



 

DVD『カンムリワシ具志堅用高』 第1部 絶賛発売中!!

Upper Official Siteへ





 

upperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス