2017年09月12日(火)

私の老いの生き方/9秒の扉を開いた桐生/他

テーマ:ブログ

 

次回イベント案内
UPPER PRESENTS
舟木昭太郎のトークとオークションの午後PART10

9・30 “紅蓮の炎”2 
キックの鉄人・飢えた女豹
藤原敏男×女子プロレス軍

今回はトーク番外編として「空手はキックボクシングに何をもたらしたか」というテーマで、藤原敏男さんと語り合ってみたい。
果たしてどのような話題が出てくるか、乞うご期待!!

日時:9月30日(土) 13:00~15:30
会場:銀座「セントポールズサロン」

   TEL.03-6264-5672 FAX.03-6264-5673
   st.pauls.saloon.@gmail.com
    東京都中央区銀座5-5-1ニュー銀座千疋屋ビル6階
   ※東京メトロ銀座線銀座駅B5出口すぐ。 
会費:男性5,000円/女性4,000円(飲食料+カラオケ含む)
定員:35名!

いまや格闘技の聖地となった銀座セントポールズサロンが紅蓮の炎に包まれる。
野次馬よ、来たれ!    
地獄を覗きたい者、来たれ!
そして怪しい炎の餌食なれ、恍惚に悶えよ!
それでこそ汝は救われるのだ!
◎ファイト、オークションから撮影会、カラオケデュエットまで盛りだくさん!
プロデューサー:泉井弘之介(LADYSRING誌編集長)
構成:舟木昭太郎(アッパー代表取締役)
主催:株式会社アッパー 
[お問合せ・申し込み]
メール/LINE/FAXいずれかで「参加希望」と明記の上、
住所/氏名/年齢(任意)/電話番号を以下まで連絡ください。
 ㈱アッパー 
 〒151-0066東京都渋谷区西原2-2-4 
 upper@lapis.plala.or.jp
 TEL.03-3469-0620 FAX.03-3469-0685


--------------------------------------------
[随感]私の老いの生き方
~人生を燃焼し荼毘と共に去りぬ~
[記録]9秒の扉を開いた桐生
~目を見張らせたゴール前の加速~
[鳩]ドバトとキジバトの驚きの生態
~自然界は未知のワンダーランド!~

--------------------------------------------

[随感]私の老いの生き方

人生を燃焼し荼毘と共に去りぬ

9日は初秋の快適な気候で心が躍った。太極拳の悠長な音色も、雨ですっかり掃き清められ晴れ渡った空にゆっり吸い込まれて行った。さすがに蝉の声も公園の何処からも聞こえず秋の到来を実感した。これから日、一日と秋が深まっていく。小津安二郎「秋日和」「秋刀魚の味」はそんな穏やかな秋を背景にしたものだ。

こんな季節は日本酒のぬる燗が旨いのだが、もう1週間酒(主にウイスキー)を飲んではいない。理由は最近軽い脳梗塞を再発した。それ以来体調が優れない。あさのラジオ体操も出掛けるのが辛くなった。これは何とかしないと仕事ができなくなる。イベントも続々控えている。ということで酒をしばらくやめてみた。

酒量は私の場合、精々晩酌は二合程度(酒も女も二合(号)まで。)だからそれほど多くはない。だが、止めたら体が軽くなった気分である。このまま酒を断とうかと思えど、酒のない人生なんて味気ない。春夏秋冬花鳥風月は酒とともにある。体調が元に戻ったらチビチビ再開しよう。フランスにこんな諺がある。「水を飲んで食事するのは蛙だけだ」家内が美味そうにビールやワインを飲むを横目に、トマトジュースを流し込む。

親から授かった五体満足な身体、使い切らずにおられよか、老後は楽しみ、旅をせよは、年寄りにとっては真逆だ。後が僅かな人生だ、仕事せよ、体を動かせよだ。遣ることが山ほどある。読みたい本も無数にある。安閑としていられない。焦る。

ボクシングの具志堅用高さんが13度防衛して引退したように、残り僅かな人生「燃焼」して荼毘と共に去りぬ。私が健康管理に気を配るのはそういうことです。

以って死すべくして 而(しこ=そして)う
以って生くべくして 而うして生く
これ余生という。 

〖禅の言葉〗

つまり「懸命に生きて死ね、ということではないか」とう意味だそうだです。


[記録]9秒の扉を開いた桐生

目を見張らせたゴール前の加速

桐生祥秀(東洋大4年)が陸上100㍍で日本人として初めて9秒台(9秒98)をマークしたニュースは驚いた。遂にここまで来たか、と感慨深いものがある。6月の日本選手権ではサニブラウンに後塵をはいしての4位、桐生の時代は過去のものになったなったかと、案じていたが どっこい桐生ここあり。因みに世界記録はウサイン・ボルトの9秒58。

長いスランプ、もがき苦しんだ分だけ糧となり快記録に結びついたと我は想像する。ケンブリッジ、サニブラウンらとのライバル争いがこれから熾烈になりそうで、その切磋琢磨が取りも直さず良い結果に繋がると期待する。桐生のこの度の映像を見て思うのは、矢張りゴール前の爆発力、加速が今までになく凄い。陸上短距離界は外国勢の独壇場でなくなった。頼もしい限りだ。


[鳩]ドバトとキジバトの驚きの生態

自然界は未知のワンダーランド!

休日の公園は静かである。金網が巡らされた野球場に鳩が2~30羽、土を啄(ついば)んでいた。よく見るとキジバトばかり、私は色合いが好きな鳥で、街中では滅多に見ることができないのに、何処から集まっただろう?この集団の中には、所謂ドバトは1羽もいないのが奇怪に映った。で球場の外はと視線を移せば、電線にずらり並んで羽を休めているハトは、これまた、周辺を根城にする馴染みのドバトばかり。二種類のハトは整然と区分けされているではないか、これは偶然ではないだろう。

両者は仲が悪いのか、それとも他者を侵さずの、お互いを尊重し合う不可侵条約でも結んでいるのか、だとしたら、彼らは人間より賢い。不思議な現象だ。かつて南アに白人と黒人を差別するアパルトヘイトなるものが存在した。かのネルソン・マンデラさんの運動で黒人は解放されたが、或いは厳然として野鳥のアパルトヘイトが存在、キジバトが白人でドバトが黒人だったりして。ああ、幼稚な憶測!それにしても自然界は知らないことだらけのワンダーランドだ。福岡先生教えて。


キジバトの愛らしい姿。(資料/動物JPより)


ハナミズキが早くも紅葉が始まった!(10日大山公園)


■歌謡曲 今週の推薦盤
「愛をありがとう」 (※各歌手の競演。私は松原のぶえを選ぶ)
「露の花」 長保有紀
「紅ひとり」 大月みやこ
「早鞆(はやとも)ノ瀬戸」 水森かおり
「肱川(ひじかわ)あらし」 伍代夏子
「雨のむこうのふる里」 津吹みゆ
「女の炎(ひ)」 花咲ゆき美


DVD『カンムリワシ具志堅用高』 第1部 絶賛発売中!!

Upper Official Siteへ





 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

upperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。