こんにちは!山口 朋子(MOMO)です。


"かたつむり式起業法"で、主婦の起業を応援していますメラメラ


「 かたつむり式起業法 」とは、


かんたんたのしくつづけられむりなくリスクなく」できる


がんばらない起業法。←がんばらない、がポイント!



今後のセミナー開催情報は、公式サイトをご覧ください↑



彩塾  山口朋子ホームスタディ教材
彩塾14期の募集は12月より!  自宅で気軽に学べるDVD教材



かたつむり主婦起業 無料小冊子お申し込み

期間限定!小冊子配布中 ↑


テーマ:
こんにちは!

かたつむり主婦起業のMOMOです
 

3年前、夢ノートに

「いつか海外でセミナーをやりたい」

と書いたら、それが叶いました。

 

今は、毎月、海外でセミナーをやっています。

 

今日も、仕事で中国の広州に来ています。

 

広州は、中国の中でも広東料理など

美味しいものが揃っています。

グルメも堪能しています♪

 

 
 
 
 

今日は、いつか中国に進出してみたい

という方のために

現代の中国のビジネス事情について

お伝えしていきます。

 

 
 

ご存知の通り、中国は広大な土地に

14億人もの人が住んでいます。

 

これは、ビジネスの視点で考えると

「ビジネスチャンス」があるということ。

 

なんとなく中国は、

日本よりも遅れているのではないか

と考えがちですが、

実は日本よりも進んでいるところがあります。

 

それは何かというと

スマホと

オンライン決済の普及率

です。

 

 
 

都市はもちろん、地方でも

老若男女みんながスマホを使っており、

テキスト入力よりも

音声で録音して、それを聞く、

というコミュニケーションが普通です。

 

農村部ではお店が少ないので

買い物はネットで注文という方が多く、

インターネットショッピングが

とても充実しています。

 

タオバオというショッピングモール

(日本でいう楽天市場のようなもの)

で、みんな気軽に物を買っています。

 

We Chat Payというオンライン決済サービスは、

個人対個人でも使えるため、

チャット感覚で、簡単に送金できます。

 

そのため、道端の露店でも

みんなオンライン決済で支払いをし、

現金を使う人がとても少ないです。

 

中国では、このシステムが

隅々まで普及しているため、

ネットで、商品だけでなく、

サービスの売買も頻繁に行われます。

 

日本でいうTwitterのようなサービス

We Chatでも、面白いことを発言した人には

投げ銭という形でお金が集まります。

 

また、中国の若い人たちは、

一人っ子政策の時代に生まれていて

一人っ子が多いので、都市部では

大学進学率が高いです。

 

 

高学歴で仕事ができる人も多いので

書籍、セミナーなどで学ぶ姿勢が

顕著に見られます。

 

 

 

ヒマラヤという音声学習アプリも

中国では4億人のユーザーがいて

たくさんの有料コンテンツが購入されています。

 

ヒマラヤは先月から日本でもリリースされ、

現在はスマホで登録が可能です。

 

 

 

「Himalaya(ヒマラヤ)」

 

・iOS

http://simmer-ex.com/L34307/b2672/1631

      

・Android

http://simmer-ex.com/L34307/b2672/2631

 

 

私の音声コンテンツも無料で聞けるので

ぜひ登録してみてくださいね!

 

 


 

いまは全てのコンテンツが無料で聞けますよ。

 

聞きたいコンテンツを「登録」すると

更新されるとお知らせももらえるようです。

 

 

 

 

 

私は、「忙しい主婦でもできるプチ起業の方法」

について、いまは8本の音声コンテンツをアップしています。

 

 

書籍、音声学習以外にも

リアルセミナーも各地で行われています。

 

日本人が中国でセミナーをする場合、

中国のセミナー会社経由がいいでしょう。

 

私はいつも「行動派」という

100万人以上の会員をもつ

中国のセミナー運営の会社から

依頼をもらっています。

 

事前にスライド資料を日本語で送ると

中国語に翻訳された資料を用意してくれ、

逐次通訳(1文ごとに区切って通訳)

する通訳者をつけてくれます。

 

なので、日本でセミナーをするのと

あまり変わらない環境で

セミナーをすることができます。

 

ただし、中国でセミナーをするためには、

ある程度の実績が必要になります。

 

日本国内でセミナー実績があり、

出版をし、その業界で一定の評価を

もらっている人にオファーが集中しています。

 

まずは、自分の得意分野での

第一人者になることを目指しましょう。

 

 

中国でビジネスをしたいなら、

前述のヒマラヤで音声コンテンツを

発表してみるのもいいですね。

 

 

1回3〜10分程度のコンテンツを

数本用意すれば、ヒマラヤに

登録することができます。

 

 

いつか海外でビジネス展開をしてみたい方の

参考になれば幸いです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

かたつむり主婦起業のMOMOです
 
先日、電車に乗っている時に
目の前に二人の男性が立っていて
その会話が耳に入ってきました。

どちらも、茶髪で短パンで
ブランドもののスニーカーを
履いていました。

20代半ばくらいで、アパレル業界で
働いているようで、しばらく
自分達が働いているショップの
話をしていました。

そこで話している単語が
私には全然わからなかったのです。

ショップ店員さんの用語に加え、
二人はパチンコが好きなようで
お気に入りの台の話や
どうしたらパチンコやパチスロで
勝てるかという話を楽しそうに
しているのですが、
私にはさっぱり分かりません(笑)
 
 
そこで、感じたことは、

「その人が所属しているコミュニティ
(職場、友人、ご近所づきあいetc)
によって、価値観も、使う言葉も
前提も違うんだなーということ。


そう言われてみると、
私もネット業界の人と話す時は

「被リンク何本くらい出してる?」
「新しいASPが」「SEOが」
「彼のブログのPVは100万超えてる」

とか、およそ宇宙語のような言葉を
当たり前のように使っています。


まず、使う言葉が、その業界以外の人には
通じないのです。

そして、私の友人は、99%が経営者や
起業家なので、みんな当たり前のように
ビジネス書を読み、ビジネスセミナーに
行きます。

なので、最近読んだ本の話をするのは
私にとっては日常なのですが、

電車の中の目の前の二人は、
休みの日は、パチンコに行くか
テレビを見ているかという話をしています。

休みの日に勉強、なんて
きっと彼らの常識では
考えられないんだろうな・・・


私の常識は、彼らにとっての常識ではない、
という当たり前のことに気づいた時、

人間は、つくづくまわりの影響を
受ける生き物だなと思ったのです。


かつて、私は専業主婦でした。

家の中で子どもの世話をし、
家事をし、近所に買い物に行き、
たまにママ友と話すくらいの
狭い世界に生きていました。


その時は、夫は会社員でしたし、
自分も娘が生まれるまでは会社員でした。

父も義父も会社員で、
お金というのは、労働の対価として
会社からもらうものだと信じていました。


「起業」なんて言葉を
まわりで聞いたことはないし、
自分には縁のないものとすら思っていました。


ところが、自分が産後うつになり、
夫が会社をやめて
家事・育児を手伝ってくれるようになった時に、
私が始めたことは、
まさに起業の1歩だったのです。


家にある不用品をヤフオクで売り、
現金化するという
いわば商売の基礎を学び、
そこから起業の道に進みます。


セミナーや塾で学び、
新しい友人と情報交換をし、
人間関係がどんどん変わりました。


それまでは、ママ友と、
子どもの習い事の話や
ダンナの愚痴くらいしか話題がなかったのが、

ビジネスの話、
マーケティングや集客の話、
目標や自己成長の話など
話す内容も変わっていったのです。


専業主婦で、収入がなかった私は、
買いたいものがあっても
値札を見て我慢したり、
美容院にも半年も行かないことがありましたが、

起業して、自分の使えるお金が増えると
欲しい本はどんどん買うし、
行きたいセミナーには躊躇なく行くし、
自分への投資を行うようになりました。


友人から「ハワイに行かない?」
と誘われたら、二つ返事で
「行く!」と答えて
平日に海外に気軽に行くようになりました。
 

 

専業主婦時代には、5年間いちども
海外旅行はしませんでしたが、
今は、年に3回は海外に行きます。
(仕事を入れると年に15回くらい)


この変化は、なにが原因なのか?


そう、付き合う人たちが
変わったことにより、起きたのです。


価値観が、
前提が、
変わったのです。


自分がいるコミュニティの
価値観があなたの価値観になるし、

自分がいるコミュニティの
前提があなたの前提になります。


私は、「主婦は家にいるもの。
お金は使わない。節約第一」
のママ友コミュニティにいる時と、

その後、「成長したい。
自分への投資が大事」と考える
起業家のコミュニティにいる時では、
考え方が全く変わりました。

入ってくるお金の額も、
その使い道も変わりました。


もし、あなたが
もっと収入を増やしたい
もっと成長したい
もっとやりがいを得たい
と思うなら、
付き合う人を変えるのが
いちばんてっとり早いです。
 

 

人生を変える簡単な方法は、

・自分がなりたいと思う人と

同じコミュニティに属する


・付き合う人を変える

 

ことなので、

どうしたら、その人と同じコミュニティに

属することができるか、考えてみてくださいね。

 

 

今は、ネットがあるので情報も簡単に集められますし、

いろいろなコミュニティに気軽に参加できますね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

かたつむり主婦起業のMOMOです
 
 
松橋良紀さんの新刊
『「売れる営業」がやっていること
  「売れない営業」がやらかしていること』

を読んで感じたことを率直に書きます!
 

 
この本って、営業マン以外にも使えますよね?
ってこと。
 
たとえば、
「子どもの意欲を伸ばすママ」がやっていること
「子どもをダメにするママ」がやらかしていること
に置き換えてもいいし、
 
「みんなに好かれるあの人」がやっていること
「なぜかみんなに距離を置かれる人」がやらかしているこ
でもいいし、
 
私なら
「人望あつい彩塾の塾長」がやっていること
「塾生が離れていく彩塾の塾長」がやらかしていること

と置き換えて読むと、ものすごい気づきが得られるんです!!
 
これ、世紀の大発見だと思うんですけど!ヽ((◎д◎ ))ゝ
 
営業って、なにも会社の商品やサービスを売るだけ
ではないのですよ。
 
広い意味では、
人に感じのいい人だと思ってもらうことも営業、
部下や子どもにやる気を起こさせるのも営業、
子供会やPTAで、まわりに気持ちよく動いてもらうのも営業、
ダンナさんに「コイツ俺のことわかってくれてるな!」
と思わせるのも営業・・・

 
日常には、「営業」がありふれているのです!

私たちは、日々、無意識にいろんな「営業」をしているんです。
 
それらの核になるのが、相手の心理を理解し、
良好な人間関係を築くことにあります。
 
この本では、まさに!
「相手の心理を理解し、良好な人間関係を築く方法」
が学べます。
 
だから、
営業マンはもちろん、
営業以外の仕事の方でも、
経営者でも、
お子さんのいるママも、
学生さんも、
彼氏募集中の女子も、
プータローでも、
結婚している方もしてない方も、
男性も女性も、
若者もお年寄りも!
 
人間である限り、他人とのコミュニケーションは
避けて通れませんので、この本で円滑な人間関係を
築く方法を知ると、いろいろ楽になりますよ♪
 

 

ちなみに、アマゾンの本書のページでは、

MOMOの別バージョンのブックレビューも読めます。

こちら

 

いいね!と思った方は、「参考になりましたか?」「はい」

をクリックお願いします💕

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)