手漕ぎボート釣り&食べる話
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

12月14日お久しぶりのアマダイ乗合船、海が荒れて昼前早上がり

お久しぶりのお久しぶりでのリハビリ?釣行
12月14日(土曜日)、乗合船アマダイ行ってきました。
乗合船といってもこの日は6名??、内3人が友人同士という
まるで仕立船のようなゆったり感でございました。


4時45分ごろ船宿に到着しまして
早速釣り座の確保ということで入口を入りましたら


お!お父さん(ソフトバンクの)
がいらっしゃる!


どれに乗るんだい?と
案内してくれてるみたい


左舷ミヨシ3人分確保です。


夜明けとともに出船した時は
ナギで風も弱く、極寒ではありますが
穏やかな海でした。

船は西に向かい、水深は主に90〜117mと
結構な深場攻めます。
指定は60号でしたが着底するまでに時間がかかるので80号にしました。

船長さんも操船しながら竿を出してまして
しかも結構な数釣ってます。
誘い方は船長さんのを完コピすることを
心掛けました。

底を小突く動きは小気味よく速め。置き竿ステイの時間が長めで時々1m前後の高さで誘う。スピードは速くもなく遅くもなく、、、

あとは竿ですが、これは好みの問題もありますが、僕はけっこうムーチングのめちゃくちゃ柔らい竿をアマダイ釣りで使います。
ある程度ハリのある7:3調子とかじゃないとアタリ取れないでしょ、と言われたりもしますが
なぜか柔らかい竿のほうが調子が良いです。

今回も柔らかな竿を使いましたが、
船長さんはもっと柔らかい竿で釣ってるし!
置き竿で海に穂先が沈むぐらいわざとオモリ負けさせて時々誘い、アマダイやらオニカサゴをどんどん釣ってました。





アジやムシガレイ混じりでアマダイも
アヤメカサゴも久しぶりに

お昼前には風が徐々に出てきて
「海の向こう側が白くなってきましたんでね。早上がりすることもありますので。」
と船長さんから

そしてその20分後には
白波も立ち始め


さらに大きなウネリに乗り上げると
こりゃダメっすね


早上がりですがお土産釣れました。


アヤメカサゴは塩焼き。そして豚キムチ!


アマダイ昆布〆



脱水シート「ピチッと」で
ムシガレイとアマダイを干物に。



腹開きにしちゃったので頭の形が変ですね。↑
味はホント最高ですわ。

船長さんありがとうございます!











8月31日(土曜日)アジを求めて久里浜沖から大移動

結果オーライ!
だったのですが当初探りを入れてたポイントはハズレなのでした。

今年もベトナムから友人が来日でございます。
今回は前日入りしていただき
ゆったりめのスケジュールです。




朝は早めに行って横須賀大津のガストで余裕の朝メシ、ゆっくりまったり準備してました。
シースタイルさんのレンタル艇もほぼフル稼働。
準備できた人から出港させてもらいました。
通常9時出港ですが、準備早い人は8時40分ごろに出てましたね。

天気も曇りで、暑さもずいぶんマシでした。


出港してからの久里浜沖はあっというまでしたが
まあアタリが無い!
半月前のアジの活性の高さはどこ行った!!

久里浜沖はまだまだ自分にとって引き出しが無く釣れない時のポイントチェンジもできないわけで

さてどうしましょ?

ということで
ちょうど半島の裏側、猿島側のAPさんに電話です!今日は釣らなきゃいけないのでヘルプです、、、

「釣れてますかー?」
「釣れてます!」
「行きまーす」

裏の世界へブイーン!です
20ノットぐらいでダッシュして20分ほどで
到着!


改めてスタートフィッシング!


APさんのポイントヘルプでアンカリングして仕掛け入れたら速攻当たりました。


良い金アジが上がります。
その後もバラしもありましたが型の良いのが
連続で上がります!


スピニングのライトタックルも好調でした。

↓変なとこから脱走しようとするアジ


結果オーライでした!
今回はポイント他力本願でしたね。(*´Д`*)



背黒タイプと幅広金アジタイプ、いろいろ混じります。
通常金アジよりも味が劣る背黒タイプのアジですが、久里浜のより美味でした。


まずはドカ盛り!

そして贅沢な腹身オンリー盛り↓

あっさりと背身オンリー盛り

酢じめのアジは
今回、塩で締めるのではなく砂糖で締めてから、砂糖を洗い落とし、塩で締めてその後に酢で締めるというテクニックを教えてもらいまして、これがまた美味でした!

最初に塩締めしてからの手順と比べて、砂糖締めしたほうが味が丸くなりますね



粗挽きのなめろう
美味やわー♪( ´θ`)



白身魚などは焼いたアラからダシを取ると良いとのことですが、ここはあえてアジで同じことをやってみますと

この濃厚なダシがまた美味!
但し、冷蔵庫で冷やしちゃうと生臭さが出ますね。
取ったばかりのダシはめちゃくちゃ美味しいのに。


この濃厚ダシ、
冷やすと煮凝りに

アジゼリー!!

アジ骨からゼラチンが。


アジゼリーですが、煮凝りはやっぱり
白身魚の方が美味かな〜


いろいろアジで実験でした。


釣り魚とお酒、幸せでした( ´∀`)




















デカアジポイント新規開拓の8月上旬でした


お盆前の釣行を今頃書いてますが、


今年も8月末にベトナムから友人が来日予定で沖釣りを楽しんでいただければとポイントの開拓です。

去年は雨だったりポイントを目まぐるしく移動したりでしたので、今年は沖釣りをゆったりまったり楽しめて近場ですが釣れるとこ探します


場所の表現はピンポイントでは書かずザックリと久里浜&浦賀沖といった感じの表現とさせていただいてます。


毎度毎度お世話になりますサニーサイドマリーナウラガのヤマハシースタイル さんでレンタルして探ってまいりました。

鴨居沖〜浦賀沖〜久里浜沖を探る作戦でした。
東から順に探っていくもそう簡単には見つからないですね、、、むむぅ
ことごとくアテがハズレます、、、


ゆっくりまったりアンカリングで釣りができること。
他の船があまり通らない場所、
地形が良さげなところを条件にアンカリングした4箇所目のエリア。水深は47m。
ここがアタリました。



ビシアジの仕掛けを入れてみましたらさっそく
竿が海面に突き刺さります。


ムロアジみたいなスリムなマアジですがサイズは良型。


ここは時折ボートの下、水深40m前後に反応が出てました。
50kHzの広範囲の魚の反応はほぼ出ず、地質は2次反射は微妙ですがボートが動くと多少硬さにムラがあります。完全に砂ではなく、平根っぽい部分も。200kHzのピンポイントのボート下は魚の反応はハッキリと出ます。



良型が次々と上がります。
こりゃ良い場所見つけました(´∀`*)
月末までこの場所が同じ状況をキープできるかの保証はないですが、遊漁船も周りに居ないですし、アンカリングの置き竿でマッタリ釣りできそうですし、近いですし


時折、体高のあるタイプのも釣れます。
沖を回遊するタイプの背黒系のアジで脂のノリは良くないですが、体高のあるやつ↓(上から2番目)は別格。こいつは腹の中にラードみたいに内臓脂肪を持っており、身にもしっかり脂が乗ってました。刺身めちゃくちゃ美味かったです。


(32〜42cmまで。ここは尺アジ保証!)


底を狙えばホウボウ。


ホウボウ昆布締め!!


月末は青物(イナダ)も期待したい。
台風来ないでーー  ヽ(*´∀`)


10号の植木鉢で育ててるミニ?トマトも徐々に赤くなってきました。↓




ホウボウの昆布締め旨し!













千葉市内に休日出勤だけど10時間もスケジュール空いちゃったの巻

今日は日曜日で千葉市内に出勤中なのですが、10時間もスケジュール空いちゃった、、

さて、10時間もの壮大なヒマ潰しどうしようかなと。
釣り道具も持ってきてないけど、
千葉市から内房線で南下してみよう!

ということで今ココから
結局館山まで行っちゃいます。


誰も乗ってない?貸切状態ですがとりあえずお刺身定食を食べに行くのだが
電車も都会のようにすぐ接続するわけでもなく

君津という駅で30分の待ちですと!

車窓が全部海とか
良いとこだなー
天気はイマイチだけど海はべた凪




そして館山で
最初に見つけた地魚のお店


今日の地魚は
ブリ、ショゴ、テンス、コショウダイ、マダイ、サバ、アジ、イサキ、ソウダガツオ 、アオリイカ、メジナ

だそうで

お刺身定食注文です。どれが入るかはお任せで

ホントに朝獲れ地魚でしたよ。7点盛り1600円。
豪快な刺身でした。
ソウダガツオ は手前左から2番目。
コショウダイ?手前の右端、美味かったー

奥左から、ブリ、イサキ、マダイ
手前左からショゴ(カンパチ)、ソウダガツオ 、アジ、コショウダイかな





陸釣りにも良さげな

実際、家族連れや主婦の釣り師(晩御飯のオカズを釣りに)の方も。
アオリイカ狙いの主婦の方も。

確かに、所々イカの墨跡もありましたし

イカ、釣りたいなー


↓さらに、こんな感じの場所もあったり。
   さすがは南の海ということで、真っ赤なソフトコーラルがついてたり、横須賀とか東京湾の奥とは海の雰囲気も違います。




海なのにケムシ注意
おそらく「ウミケムシ」も釣れるんでしょう。
ウミケムシは毛に毒有り。



堤防の先っぽ付近まで歩いてきましたが
水深もけっこうありそう。


そんな堤防の付け根のところにあるのが
渚の駅たてやま

館山といえばさかなクン
中にさかなクンギャラリーがあります。





↓オニ瓦
  オニカサゴ じゃなくてオニオコゼ

館山はこんどまたゆっくり泊まりで来たいです。













マリンカーニバル2019に遊びに行ってきました

7月6日(土曜日)
マリンカーニバル2019  in アーバンドック ららぽーと豊洲に遊びに行ってきましたKAKEでございます。

毎年行われているイベントで、親子連れでもいろんなアクティビティーがあっておもしろいです。

 

最近仕事が忙しくて、先月、先々月など残業まみれで釣りどころではなく残業代で深海用の電動リールが買えてしまいそうな忙しさでしたが、そろそろ海モード、釣りモード。

 

今年も8月末にベトナムから友人が来日し、レンタルでボート釣りを計画中のKAKEでございますが
気分盛り上げるためにもオープニングセレモニーから遊びに行ってきました。

 

オープニングセレモニーはマリン事業協会、柳弘之会長のご挨拶で開幕!
柳会長より、会場を盛り上げたキッズ達に
「免許取ってボート乗ってくださいね」とのメッセージ

 

ミス日本「海の日」の高橋梨子さん、
釣りママアイドルの石崎理絵さん(みっちぃさん)
も「海」の魅力を語ります。

 

みっちぃの一釣懸命やってんねん。
愛艇『ミッチーマウス』の釣行記」はいつも読ませていただいてますが

船「ミッチーマウス艇」を所有されて釣りもやり、さらに子育てにも奮闘中とのことで、
お金のかかる船のメンテや維持、船や艤装の相次ぐ故障と苦悩がブログにも綴られておりました。

「娘をミッチーマウス艇に乗せてあげたい」
「親子フィッシングは夢」

そうですね。釣りをやるお父さんお母さんはこれにつきる。自分が釣りを始めたのも子供の頃に親が釣りに連れて行ってくれたから。キッカケは親子フィッシングでした。

親子フィッシングは僕も憧れます。
「エライコッチャ」の釣り仲間の皆さんも親子での釣りをUPされてる方もおられますし憧れますわ。僕もガンバらねばーって気持ちになりますね。


そんなこんなで、あいにくの天気ではあったのですが、

会場内、SUP(スタンドアップパドルボート)やディンギー(小さいヨット)、インフレータブルボート、ものに寄ってはプールで実際に乗れたり、


ミニボート用の船外機の展示など、

ヤマハさん、ホンダさん、トーハツさん、スズキさん、

各社入ってましたね。

 

大きいボートの展示もありますが、

 

自分自身今後もレンタルボートという位置付けは変わらずだと思いますが、
マイボートかぁ、、、
実はカートップボートとかインフレータブルボートに船外機とか憧れてるんですね。
レンタルよりも遥かに自由

 

SRX24です↑


↓こちらはSRX



SRX24は


センターウォークスルーになっており、トモ⇔ミヨシ(ボートではあまり使わない言葉ですが)移動は真ん中を通る感じです。

後方からはAS-21WBを大きくしたような感じですかね。前方から見るとスクウェアバウを採用したFSR-24のような形状。
会場では船に触り放題でしたので観察してましたら、リモコンのところ、握ると赤いボタンが下部に付いてまして、これを押しながらでないとギアが入らない作りはAS-21WBと同じ。
 


 

8月末のベトナムの友人との釣りの時は、

レンタルしてみよっかなと考え中です。

 

 

そして気になったのは

ミンコタのipilotですね。釣り師の皆さんはエレキと呼んだりもしますが、最近はGPSで自動で船の位置をキープできたりするんで驚きです。
アンカー無しで位置キープできるらしく、いろんなブロガーさんの記事を見る限り、風速6〜8mでも船位キープできるようで、船長は操船が忙しくて釣りが出来ないことから解放されるのではと期待の逸品。
しかも最近はbruetooth経由でスマホで操縦できるとか!

ipilotはエンジンじゃなく電気で動きますが、24V仕様のもので2馬力の船外機エンジンに迫る1.8馬力前後かと思われます。(12V仕様のが0.8馬力ぐらい)
SRXに取り付けられていますがおそらく電圧も24V仕様のものかな〜

 

ヤマハシースタイル さんでipilotを装備した船がレンタルできるのは関東エリアだと湘南サニーサイドマリーナ、ヤマハマリーナ沼津
むむ、ちょっと湘南サニーサイドマリーナのレンタルで試してみたい・・・

 

★★

 

毎年行われているマリンカーニバルですが、

お祭りのようなクジもあったり。

 

くじ運と天気運の悪さは本物KAKEが

くじを引きますと、

末等・・

 

同行したブロガーさん、3等GETしてましたのに・・

 

 

魚が見える状態での釣り「見釣り」

魚は電池が入っててブルブル動きながら泳ぎます。

 

これ結構むずかしいそう!いや、ほんと見釣りはリアルな魚でもムズカシイのですよ。

城ヶ島のウミタナゴの見釣りがどれだけムズカシイか!

 

 

 

 

豊洲ららぽーとのアーバンドックより

遊覧船に乗せてもらったり

 

 

 

曇天ですが、なかなか美しい・・・建物の直線美と

 

首都高の曲線美も萌えますね。

 

 

↓建設中のオリンピック選手村。

 

 

豊洲市場↓

 

 

さて、8月末の釣りのポイント探らねば!

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>