木津川市のピラティス・ヨガ・バレトン教室 プライベートスタジオ*unsourire*アンスリール  (木津・精華・奈良・高の原周辺)

木津川市のピラティス・ヨガ・バレトン教室 プライベートスタジオ*unsourire*アンスリール  (木津・精華・奈良・高の原周辺)

木津川市・精華・奈良周辺。
少人数制のクラスから、主にお一人お一人のご要望に対応するプライベートレッスンを主催しています。

木の香りのする心地良い空間の中で、体と一緒に、心もゆったりとほぐしにいらしてください。

クローバーパーソナルトレーナーのAiですクローバー


心と体の、どんな些細なお悩みも、不安なことも

こうなりたいというご希望も、何でもお聞かせください

お1人お1人のペースに合わせて、心と体に寄り添う時間

そして時には一緒に笑い合う時間 ニコニコ

どうぞお気軽に私に会いに来て下さいねラブラブ



テーマ:


プライベートスタジオ・アンスリール

パーソナルトレーナーのAiです




今年も無事

誕生日を迎える事ができました🎂



30代最後の1年



40代に突入するのかぁと思うと

今まで30代は

20代の延長戦みたいな感じで生きていて


「まだ若い」


で許される部分も多かったし


そこにしがみつきたかった自分もいました




でもこれからは

自分の生き方も考え方も

そして魅せ方も


少しずつちゃんと年相応に

シフトチェンジしていかないといけない



でも感覚がまだ中途半端に青くて

見栄っ張りだったり、意地っ張りだったり


自分の感情の処理も下手で

あれこれいろんなことに振り回されるし

まだまだやなーと思う毎日です



40前後はそんなことにもまだまだもがく

年齢なんですよ



女性経営者である生徒さまから言われました



あぁ、まだまだ悩むのかー

まだまだ悟りは開けないのね…笑い泣き



そう、まだまだ浅いのだ!


ある意味、まだまだ若いのだ!!



だったらいいことも悪いことも

しっかり人生経験積まないと


いろんな失敗や悩み

落ち込んだ経験を積み重ねて


人生を自分で深いものにしていかないと


勝手に心は成長はしてくれないもんね






ただ、今年はちょっと

自分の目線を変えてみようかな



と、思えたのは

人生の先輩である友人のこの言葉



39はサンキューの年やから

 周囲に感謝しまくらなあかん1年やねんで




そっか


確かに毎年 


「自分はどうしよう、何しよう」


って思いっきり
自分軸の目標しか考えてなかったなぁ~と

気づきました…



しかも仕事のことばっかりで

こういう時に痛感する



基本的に考えが全て自己中な私…( ̄▽ ̄)



あかん


そこだけは直さなきゃ



自分、自分っていうベクトルのままでいたら

いつまで経っても

人は成長できないままだもんね





ということで

今年は周りに感謝の思いを伝える1年に!



家族、親、親戚


友達、チームメイト


生徒さん


仕事関係の方々


そしてブログを読んで下さってる方


いろんなツールで繋がって下さっている方



そんな私の側にいてくれるすべての人に


感謝の気持ちを持って

30代最後の1年を過ごしたいと思います





みなさんほんとにほんとに

ありがとうございます



みなさんのおかげで

私はこんなにも幸せです♡



30代最後の1年
笑顔で過ごせるように頑張りますので
これからもよろしくお願いします!




クローバークローバークローバー

しなやかで軸のある体を作れるよう

しっかりサポートさせていただきます



出張レッスンも承ります!!
お気軽にお問い合わせくださいませ
⬇️
お問い合わせ先




テーマ:
前回の記事を書いてて思ったこと




フリーでやっていこう
と、決めた時

これからは何をするのも1人なんだと
思いました。

確かに毎日一緒に働く誰かがいる訳ではなく

指示や方針を示してくれる
上司がいる訳ではなく

何か問題が起きても
自分の力で何とかしないといけないので

責任も自分、結果も自分次第

自分でスタジオを運営していたり
契約や査定に関わってたりすると
それは結構プレッシャーだったりして
日々それに追われ

そうしているうちに

自分の集客率や評価さえよかったらいい
という思考に陥ってしまったり


うまくいかない、広がらない
自分一人が頑張ってたって何も変わらない
そんなふうに自分の無力さを感じて
ひとり鬱々とすることも




でも…

ちょっと待って

そんな思考に囚われてしまって
大事なことを見失ってないかな


自分に見えているものだけが
結果のすべてなのかな




前回の記事を書いた時に感じたこと


例えば

カウンセラーの生徒さんが
心療内科の治療の一環として
ピラティス採用を実現させて下さったように

学校の先生である生徒さんが
体の正しい使い方を
子供たちに伝えて下さったように

介護士の生徒さんが
体づくりの大切さや体操の方法を
利用者の方に伝えて下さったように

痛みを抱えているごお母さんに
「こんなストレッチがいいみたいだよ」って
娘さんがアドバイスをして下さったように


それらは
自分の査定に跳ね返ってくる訳ではないし
周りにすごいねって言われる訳でもないし
報酬が得られる訳でもない


でも、、、

これはすべて自分の伝えていることが
いろんな生徒さんを通して
こんなに多くの人に伝わっていって
たくさんの場所で生かされてるってこと


これらだってすべて
自分の仕事の成果のはず


それに気が付かず
自分の目に映る結果や数字だけが
全てだと思ってしまっていたとしたら
何てもったいないんだろう


自分が毎日取り組んでいることは
自分が思ってる以上に
広い世界に繋がってるのかもしれないのに




自分が直接関わることだけが

報酬や評価を得ることだけが

仕事の成果じゃないはず


誰かに必要とされる充実感
誰かの役に立ちたいという使命感


インストラクターやトレーナーを
目指した人って
最初は誰しもそんな思いで
始めたんじゃないかなと思うんです

そして、その誰かという言葉は
きっと社会にも置き換えられて

社会貢献…っていうと
大袈裟に聞こえるかもしれないけど

でもそれだけの意味や価値が
この仕事にはあると思ってやってきました

そしてそれは
インストラクターやトレーナーという
職種に限ったことではなく

誰のどんな仕事でもきっと同じで


自分が目の前のことを
一生懸命やっていたら

きっとどこかで
誰かの役に立っている


そんなふうに思えるからこそ
自分の仕事が誇りに思えるし

そんなふうに思えたら
きっともっと明日も頑張れるはずだから




数字を見ることはもちろん大事だし
自分の評価だって仕事に直結する

きれいごとだけで仕事はできない
それは十分解ってる

それを解ってる上で
忘れちゃいけないこともある

自分が自分がってなったら
それこそ狭い世界しか見えなくなってしまう

始めた頃の気持ちを忘れそうになる

ひとりよがりな思いに囚われないで
仕事をすることの意味を
もっと広い視野で見つめなくちゃ
大事なことを見失ってしまうかも

フリーランスで働いてたら
それこそ誰も指摘してくれないから


そして何よりも私は
この仕事が大好きで
この仕事ができるだけで幸せって気持ち

それだけは絶対に忘れないようにしよう

そんな自分への自戒も込めて


前回の記事を書いていて
ふとそんなことを思ったのでした




テーマ:




心のケアに
ピラティスが生かせたらなぁ…


そんな私のやりたかったことを
生徒さんが叶えてくださいました




私は学生の頃
学校カウンセラーを目指していて

大学の専攻は教育学
心理学は教育心理学と発達心理学を
主に学び、両方の資格を取得しました

しかし臨床の資格を取るのは
院まで進まねばならず

「院まで行くつもりなかったしなぁ。。」
「心理学分野って勉強してみると自分とは合ってないような気がするしなぁ。。」

などと、なんやかんや言い訳しつつ
結局挫折し

勉強してきた分野とは
全くもって関係のない
レコード会社に就職したのでした


そしてまわりまわってまた全然違う畑の
今の仕事に就いたわけですが

この仕事をすればするほど
体を動かすということは
心にもこんなに影響を与えるのだと
知りました


自分自身の経験や
たくさんの生徒さまと接してきて

体と心の健康の繋がりを実感するたび
心のケアに生かせたらいいのになぁ
ずっとずっと思ってました




でも、そうは言っても
今の私に何ができるでもないしな~と
思っていた頃…


出会ったひとりの生徒さま、Yさん

かなり昔の写真なので私、歯列矯正中でした


まさに私が途中で投げ出してしまった勉強を
最後まできちんとやり遂げ
実際にクリニックでカウンセラーとして
働かれている方でした

ほんとにお若くて
(初めて来て下さった時は20代半ばぐらいだったかな?)

体と心の健康維持にピラティスがしたいと
レッスンに来てくださり

そこから数年
一緒にトレーニングさせて頂きました




そしてYさんは新たな資格を取得され
ご自身のやりたいと思われていた内容の
心療内科クリニックに転職されたので
お住いも遠くなり
お別れすることになったのですが


「先生、ピラティスは心にも絶対いい
    それを先生に教えて頂きました
    いつかそこを繋げていきたいです」


そんなふうにおっしゃって下さっていて

転職されてしばらく経ったあと
こんな報告をしてきて下さったのです


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

新しいクリニックで
治療の一環として
ピラティスを採用することが
実現できました!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


ガーン

えーーっっ!!

ほんとにーーーっっ!!?


そんな夢みたいなこと
実現できたんですか!!!



それってすごい!!!

爆笑

ピラティスをちゃんとした
心療内科の分野で
生かしてもらえるなんて!




漠然と「そうなったらいいのにな」とは
思っていたけど、そんなこと今さら
私にできるわけないって思ってたし

実際私一人の力ではできないことだったし

そのクリニックに
私が教えに行くわけでもないんだけど


自分で実現することだけが
目に見える形で関わることだけが 
全てじゃないんだなぁ


ピラティスの素晴らしさを
こんなふうに誰かを通して
自分の手が離れた所へも伝えることができる




私は明日からもレッスンという形で
運動の楽しさや
ピラティスの魅力を
目の前の誰かに伝えるだけだけど

それを感じてくれた人が
どこかでまた誰かに伝えてくれたり

もちろんそれは私の仕事とは
また全然違うアプローチだったとしても

いろんな分野でいろんな方法で
どんどん広がっていくのかもしれない

そしたらもっともっとたくさんの人が
元気になってくれるのかもしれない

それってすっごくすごいことじゃないかな!
変な日本語だけどね(笑)





最後に、、



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

心療内科という場所は
どういうイメージがあるでしょうか

いざ自分が通うとなるとどうかな?
まだそこまでのお気軽感はないのかな

でもYさんと長年いろんなお話をしてきて
もし自分が悩んだら
こんな人に話聞いてもらえたら
どんなに楽になれるだろうって思いました

体がしんどくなったら病院へ行くように
心がしんどくなったら
Yさんのようなカウンセラーさんの元へ
気軽にお話しに行く

そんなふうに
心療内科という場所がもっと身近な場所に
なったらいいのになぁという願いを込めて

ブログに記載することを快諾くださった
Yさん、ありがとうございました

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


クローバークローバークローバー


しなやかで軸のある体を作れるよう

しっかりサポートさせていただきます



出張レッスンも承ります!!
お気軽にお問い合わせくださいませ
⬇️
お問い合わせ先



テーマ:

こんにちは
プライベートスタジオ・アンスリール

パーソナルトレーナーのAiです




レッスンを受けてくださった
生徒さんから
こんなメッセージを頂いて
嬉しくて嬉しくて😭

 


ここのスタジオに来てもらったら

体だけでなく
心も元気になってもらいたいと
願ってきて

そんな夢を叶えさせてもらえる私は
とっても幸せ者なのです

これからも皆さまの
心と体の健康をサポートさせて頂きながら

私の心もサポートしてもらってる♡

アンスリールが
そんなスタジオであり続けますように


今日も訪れてくださった皆さま
ありがとうございました



クローバークローバークローバー


しなやかで軸のある体を作れるよう

しっかりサポートさせていただきます



出張レッスンも承ります!!
お気軽にお問い合わせくださいませ
⬇️
お問い合わせ先



テーマ:

私はずっと人見知りだと思ってたけど
それは勘違いでした、というお話です



私は長年自分のこと
「人見知り」って思ってて

もうさすがにいい歳になって
自分を「人見知り」なんて言うこと自体
どうなんだろうと思って

それを克服しようと頑張ってみたのですが

いろいろ頑張ってみたのですが、、、


その結果
ようやく分かりました


人見知りなんかじゃ
ないってことが…


ゲッソリ



だいたいトレーナーを仕事にしていて
人見知りなんて有り得ないですよね
仕事できないし(笑)


私、初対面の方と話すことは平気なんです

そして
場に応じて会話で対応することも大丈夫

例えば
夫の上司や友人と
はたまたその奥さんと
妻として会話しなくちゃならないとか

子供の学校の先生と
保護者として会話しなくちゃならないとか

仕事関係で、初対面の人と
会話しなくちゃならないとか

そんなんも平気、というかむしろ得意


え?

それのどこが人見知り?


ですよね…滝汗



要は自分の「立場」というものが
明確だったら大丈夫なんだと解りました


つまり、、、


集団のお友達関係など
フリーな交友関係


立場が明確じゃない中で
自分の立ち位置を取るのが
下手だったんだ!




わかった瞬間、何かスッキリしました

今までの自分の苦手だったことが
すべて紐解けた気分です

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

学校などの集団生活苦手
特定の人としか仲良くなれず、グループが苦手
クラス全体の中でどう振舞ったらいいのか解らない


集団でカラオケ行くの苦手
自分が歌う時も聴いてる時も
どーゆーノリになったらいいか解らない


飲み会苦手
どーゆータイミングで発言したらいいか解らない


パーティー&○○会苦手
もはやどこに立ってたらいいのかさえ解らない

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


立ち位置の取り方が下手で
自分に関心が集中するのも苦手

すなわち

集団の中で注目されると
それをうまくさばく技量がない…


集団レッスンも続けていますが
それこそ何十人と大人数の前で話す
フィットネスクラブなんて
今でも前に立ったら心震えています

いや、ときめく意味ではなく
怯えるという意味で:(´◦ω◦`):



「私の話に注目してーーー」

と、話しているのに

「私と話に注目されたらどうしよーーー」

って本音は思ってる

どないせいっちゅうねん状態(笑)


それを自分で解っているので
私の発言にみんなが注目したりした日にゃ

「どーしよーこの場をどう切り上げよー」

って
頭の中でプチパニックが起こるわけです滝汗


それなのに何故この仕事が
できてるのかというと

インストラクターとして
前に立たねばならぬ
( ていうか、それが仕事だろ )

と、自分のポジションが
明確だからなんでしょうね


ただ、それだけ。。。

プライベートになると全然だめ…笑い泣き





そんなの関係無く
集団の中での的確な立ち位置の取り方が
ほんと上手な人っていますよね!

仕切るのが得意っていう意味じゃなく

一言挟むタイミングが絶妙とか
盛り上げる話術に長けてるとか
嫌味なく自分のポジションを確保できる

合いの手、入れ上手👏
⬆️
ほんと、これ憧れます



こういう人って
いくつも仲良しのグループが
あったりして

でもそういうのに憧れて
いざそこに入ると自分が出せなくて
結局疲れてしまって、、


何となくそれが長年のコンプレックスで
「友達少ないな」って思って
「人見知りだし…」って理由つけて
勝手に諦めてたんだと思います


でも
それは結局、性格上の向き不向き

集団付き合いが得意か不得意かってこと

自分の性格に合ってないことを
無理矢理しようとしても 
それはなかなかうまくいきません

潔くあきらめてしまいましょ(笑)

だからと言って
こんな性格だから友達が少ないんだ
なんて思うのは勘違いだと思う

友人は数ではかるもの?

こういう性格だからこそ
一人一人
相手を大切にできるんじゃないかな

集団でワイワイ苦手
だから仲良しグループはないかもしれない

でもその分、少ない友人と
とことん深く付き合えるのかもしれない

もちろん両方できる人もいるのかもしれない
(それは心底うらやましい)

どっちがいいか悪いかとかじゃなくて
人付き合いにおいて
自分はどんな関係を求めているのか?

それが何より大切!




そう
だから無理しないで

自分が一番合ってる人付き合いの仕方を
楽しめばいいんですよね


そして、そういう自分の特色を知れば
向いてる仕事の在り方も分かってくる


集団をリードするリーダーシップ力がない

それはダンス系のライセンスを
取りに行った時にも指摘されました

大勢の中で自分をアピールすることも苦手

そしたら私は
ガンガン前に出て、注目を浴びながら
周囲を引っ張っていくっていうタイプの
インストラクターは向いてないでしょう


その代わり

一人の人と
じっくり話し込むことは得意で

相手の話を聞くことが
自分が話すことより、断然好き


こう考えてみると
やっぱり私はパーソナルトレーナー向き


生徒さんも数の多さではなく
おひとりおひとりとの
付き合いの深さを大切にしたい


今こうしてトレーナーの仕事していて
「こんな自分の性格を生かそう」
と、思えて

「こんな自分でも案外いいかもな」
って、思えるようにもなったのでした



変わりたいと思うことは
時には必要であるけれど

自分らしさを自分でも認めてみること
しんどくなるような背伸びもやめてみる

そして、そんな自分らしさを生かすって
どういう道なのか

それを探してみるのも
ひとつかもしれませんね



クローバークローバークローバー


しなやかで軸のある体を作れるよう

しっかりサポートさせていただきます



出張レッスンも承ります!!
お気軽にお問い合わせくださいませ
⬇️
お問い合わせ先




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス