木津川市のピラティス・ヨガ・バレトン教室 プライベートスタジオ*unsourire*アンスリール  (木津・精華・奈良・高の原周辺)

木津川市・精華・奈良周辺。
少人数制のクラスから、主にお一人お一人のご要望に対応するプライベートレッスンを主催しています。

木の香りのする心地良い空間の中で、体と一緒に、心もゆったりとほぐしにいらしてください。

クローバーパーソナルトレーナーのAiですクローバー


心と体の、どんな些細なお悩みも、不安なことも

こうなりたいというご希望も、何でもお聞かせください

お1人お1人のペースに合わせて、心と体に寄り添う時間

そして時には一緒に笑い合う時間 ニコニコ

どうぞお気軽に私に会いに来て下さいねラブラブ


NEW !
テーマ:
プライベートスタジオ アンスリール
パーソナルトレーナーのAiです


足をトレーニングしようとすると
太ももの前ばっかり張って
どんどん太くなってしまうんです。。。


プライベートセッションにお越しくださる
生徒さんの多くが訴えられることです。


これは基本的な筋肉のパワーの違いと
普段の体の使い方の癖によるものです。

コアの力が弱いと
勢いで脚を持ち上げようとする。
そうすると太もも前の筋肉が起動します。
太もも前の筋肉の方が強いからです。


大きな動作を行う場合、
インナーマッスルは
アウターマッスルより
どうしても瞬発的なパワーが弱い


なので、なるべく力の強い太もも前を
使わせないようにするためには
コアをしっかり安定させてから、
太ももの付け根からゆっくり
引っ張りあげるようにして脚を持ち上げる。



そうすると、
太もも付け根の股関節を曲げる筋肉(腸腰筋)を使うことができ、脚は軽くふわりと持ち上がります。
この時、太もも前はほとんど緊張していません。



そして、長い間キープすることが可能です。

インナーマッスルは、アウターマッスルより
持久力があるからです。


レッスンでは
これをテーブルトップから
足を入れ換える動きで練習します。
(トゥリフト・トゥディップ・マーチング)





体幹を安定させてから
股関節のみを自由に動かすイメージ。

地味な動きですが
これを徹底的に練習します。

そうすると最初は
『太ももがパンパンになる!』
言っておられた生徒さまが

『この動きをすると、腹筋が1番しんどく感じるようになってきて、その次は太ももの付け根がだるくなります。
太もも前は張らなくなりました!』

とおっしゃられるように。


体幹を安定させられるようになり
太もも前ばかりを使わずに
動けるようになったということですね(*^^*)

最初は意識が必要ですが
これを徹底すれば

『歩く』動作や
『階段を上る』動作に繋がるようになる。

そうなれば
太ももの前ばかりがパンパンにならず
脚は疲れにくくなります。
 
美脚効果もあって、一石二鳥✨


やみくもにトレーニングするばかりではなく
使うべき所を意識して、
うまく脚を使えるようになっていくと、
広い意味で、脚の改善に繋がっていきますよ!



お問い合わせはこちらから
   ↓
お問い合わせ先





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プライベートスタジオ アンスリール
パーソナルトレーナーのAiです

総合病院の出張レッスンに行って参りました!

会議室いっぱいを使って
たくさんの方がご参加くださいました。
 
姿勢に関する話。
呼吸に関する話。
間違いやすいトレーニング。
体に効果的に効かせるコツ。

そして、お忙しい日常で『ながら』できる
簡単なストレッチやトレーニング方法などを
ご紹介させていただきました。



レッスンを受けてくださる方は
病院スタッフの方たちだったので、
医療従事者であり、
専門知識の深い方達の前で
健康や体に関する講義をするのは
とってもとっても緊張したんです💦

昨夜、言い間違いがあってはならないと
解剖学書を引っ張り出してきて
徹底的に復習しておいてよかった…
(普段ヒジとヒザを言い間違えたりする私なので、解剖学の勉強レベルの話ではないけど…笑い泣き)

でも皆さん、時には頷いたりしつつ
しっかり聞いてくださってました。



そしていよいよエクササイズ。

これがなかなか大変でした。
何せよ場所に余裕がない。。


最初、
椅子が講義スタイルで
横並びに置いてあったので

両手を横に広げることもできない。

前に体を前傾させることもできない。。

そしてみなさん、普通のお洋服。
(そんなにアクティブって感じの服装じゃない方もいらっしゃる)

そして土足エリアだから靴も履いている。

今までの出張レッスン経験の中でも
かつて無いぐらいの条件で、、😅



早めについたので、会場をチェックして

う~~ん。。。

とりあえず手だけは広げられる様に
椅子を互い違いに移動していただきました。
それでも制限はたくさんあります。

時間まで必死で頭の中の引き出しを
かたっぱしから引っ張り出してきて、
何とかこの条件で最後まで
ちゃんと動いてもらえて、楽しんで貰えて
満足してもらえる内容にしなければと
内容と構成を必死で考え、、



🌟椅子に座ったままできるストレッチ。
🌟その場で立つだけでできるヨガのポーズ。
🌟姿勢の取り方。呼吸法。
🌟筋力健康チェック。


できるだけ楽しく。
できるだけバラエティにとんだ動き。
運動したぞ!って思える動き。
できるだけどなたでも取り組める動き。
ご自分でも覚えてできる動き。


それらの要素を含めた動きで構成し、
何とか1時間レッスン無事終了しました。

自分の中でもまずまずの内容。
みなさんの反応も上々で、
やったー!と心の中でガッツポーズ💪


『すごく楽しかったし、勉強になりました。またお願いしたいのでよろしくお願いします』
と、担当者の方が言ってくださって…
この瞬間が出張レッスンをさせて頂く上での
1番の至福の時。。えーん


様々な現場経験を積み
どんな場面、どんな条件でも
柔軟に対応できるように
だんだんなって来れたかなと思います😊

これもそれも、
そういう場を与えて下さった
今までの依頼者さまのおかげです。

これからも
ありとあらゆるご依頼、ご希望に
しっかり応えさせていただきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。



出張レッスン、承っております!

お問い合わせはこちらから
   ↓
お問い合わせ先





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新しい雑巾を出そう~と

ぼろタオル入れを漁ってたら
懐かしや、
昔使ってた布おむつが出てきました。
 
その当時や今でも、布おむつに関しては
聞かれることが多かったので
布おむつ使おうかなー?と思われている方の
何かのご参考になればと、
思い出しながら書いています。
 
こういうことって、育児日記みたいに
書きとめておけばよかったなと思いました。
当時はブログなんてまだなかったかな?



 かなり昔の話になりますが
わが家ではずっと布おむつを使ってました。
 
私が布おむつを使っていたのは
確固たる信念があったわけでも何でもなく
 
産んだ産院が布おむつを使っていたことと
私の母親がなぜか産前前の必需品として
購入してしまっていたガーン
(私の母世代の育児は布おむつが当たり前だったみたいですね~)
 
なので、もったいないしなぁと思って
使い始めたというだけでした。
 
『えぇー!布おむつ?!大変そう…』
 
と、当時よく言われたものですが
 
慣れたら意外と大変でもなくて
だんだん紙おむつを使うのも
捨てるのが勿体なく思えてきて
お出かけも夜中も
ほとんど布おむつを使ってました。
 
 
以下、6年近く布おむつを使い続けた
私の勝手な布おむつに関する見解です❤
 
 
①汚れたおむつの保管方法
 
最初は、バケツに水を張って
臭い取るような液剤を入れて、、
とか何とか脱臭の努力をしてましたが
 
そんなことがめんどくさくなって
そのうち洗面器を脱衣場に置いて
その中に一日分のおむつをポイポイと
積んでいく。
そして1日分のおむつをそのまま
洗濯機で洗ってました。
 
臭いも住人は全く気になりませんでした。
 
(補足)
たまに来たうちの母は
『あんたのとこの洗面所は公衆トイレの臭いがする』
と、言ってましたが。。
 
 
②💩の時はどう処理するの?
 
少し不衛生な内容となりますので
気になる方はお飛ばし下さい^^;
 
 
💩の時は、
振り洗い!!
 
という、技を使っていました。
 
ちょっと今から思うと
『えーーー』と自分でも思うのですが
 
自宅トイレが水洗トイレだったら
便座を上げ、
💩のついた布おむつの端を持って
トイレの水の中につけてスタンバイ。
 
【大】を流すボタンかレバーを押し
流れる水流で一気に布おむつを
振りまくりながら💩を落とすんです。
詰まってしまうと大変なので
絶対その手を離さないようにだけ注意。
(流れていっちゃったら一瞬でトイレが詰まってしまうと思います💦)
 
これがまた気持ちいいぐらいに
綺麗に落ちるんです✨
 
トイレなんで流れていった💩問題なし。
 
そこからが気持ちの割り切りですが
 
両手をトイレの中に突っ込んで
その一見、綺麗になったおむつを
(あくまで💩が表面的に取れただけ、、)
トイレの中の水でざっくり洗って雑巾絞り。
 
それをまた洗面所の布おむつ洗面器に積んで
置いておく。
 
ここが精神的にクリアできたら
布おむつもどんとこい!
って感じだと思います。
 
 
 
③布おむつは
   わっかタイプがオススメ
 
成形おむつの方が楽かと思って
いろいろ試してみましたが、
断然昔ながら輪おむつの方がよかったです。
 
汚れも水分も吸収力が高いし、漏れにくい。
何より、乾きやすい!
そして、ちょうど輪っかの部分を干すと
タコ足物干しにピッタリの長さなんです。
 
たたむという手間はありますが
洗濯物をたたむより単純だし
慣れれば気にならない程度です。
 
うちは二枚重ねて使ってました。
漏れにくいし、
股関節をしっかり開くため、一石二鳥✨
 
股関節が開きにくい赤ちゃんは
紙おむつに布おむつを重ねて開くようにと
当時、保健師さんのお話にありました。
 
 
 
④布おむつだと
    早くおむつが取れる
                     …ということはない。笑い泣き
 
 
うち、ふたりとも布おむつでしたが、
おむつ取れるのめっちゃ遅かったです。
周りの紙おむつの子の方がよっぽど早く
トイレトレーニング成功してました^^;  
 
むしろ私の勝手な見解なんですが、
吸水性に優れた紙おむつと違って
布おむつはおしっこしたら
常にびっしょびしょの状態なんで
 
『おむつというものは、濡れてるもの』が
ニュートラルになっちゃったのか、、
うちの子供たちは
トレーニングパンツを履かせたとて
濡れても全く気にせず。
何の意味もありませんでしたえーん
 
布おむつでも紙おむつでも
その子次第なのかもしれませんね。
 
 
⑤おむつかぶれしにくい
 
これは不思議なんですが
紙おむつを長時間変えずに放っておくと
赤くおむつかぶれしたりしていたのに、
布おむつはどれだけびしょびしょでも
おむつかぶれは1回もしたことなかったんです。
 
何が原因かは定かではなく。
自分のおしっこで布が濡れる、
という自然な状態ではかぶれにくいのかな。
 
誰でも、ってことはないと思いますが
化学繊維がどうしても合わないという
赤ちゃんがいらっしゃったら
試してみるのも手かな、と思います。
 
 
 
⑥エコかどうかは正直微妙
 
洗濯が増えるので、
結局、水を汚してる気がします。
ECOかどうかは微妙なとこだな~と
思ってました。
 
 
 
と、まぁ
参考になるようなならないような
 
メリット別にないやん!という
私の覚えている限りの感想でした。
 
どれだけいいよ~と言われても
布おむつなんて
『じゃあ、私も使ってみよう🎵』
って思えるような代物ではありませんが^^;
 
布おむつ使い終わった後は、
その吸収力と速乾性を生かして
何とも頼りになる雑巾となり天寿全う✨
最後の最後までお役に立ってくれます!
 
そんなに大変じゃないし、節約にもなるし
もし迷われている方がいらっしゃったら
ぜひ挑戦してみてくださいね❤
 
 
赤ちゃんのおむつのおしり、かわいい❤
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、インストラクターとして
『救急車を要請する』という
初めての経験をしました。

参考になるかどうかは解りませんが
同じインストラクターとして働かれている方と少しでも共有できたらと思います。


グループレッスンでは
プライベートセッションとは違い、
お一人お一人とお話する時間が
さほど多いわけではなく、
情報もどうしても乏しくなります。

お一人お一人の持病についても、
入会当初に書いていただいた情報以外は
詳しく把握できていた訳ではありませんでした。

゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.


その方は長いお付き合いで、
いつも元気に動いてくださる方でしたが
いつも通りのレッスン中に
『少し目眩がするので休んでいていいですか』
とおっしゃられたのです。

『お帰りにならなくて大丈夫ですか?おうちの方にご連絡されますか?もしどうしてもしんどくなられたら、近くに病院もありますし、教えてくださいね』
とお声をおかけして、休んでもらっていました。

もちろん心配でしたが、
スタジオのグループレッスンなので
他の生徒さんもいらっしゃいます。 

プライベートセッションだと
その人にかかり切りになれるのですが、
そういう訳にもいかないと構成を考えて
レッスンをなるべく中断させないようにして
時々、お声をおかけ続けました。

途中で
『少しマシになってきました。もう大丈夫です』
と、少し笑顔も見せてくださり
座って休憩されていたので
『あぁ、少し回復されてきたのだな』と
少し安心してレッスンを続けていました。

めまいということで運転は心配なので
ご家族に迎えに来ていただいて
『さぁ帰ります』と立ち上がられた途端、
急にしんどくなられて歩けない状態に。
他の生徒さんたちと一緒に、
慌てて支えながら車へとお運びしました。

生徒さんの中に、看護師の方がいらして、
てきぱきと対応してくださいました。
救急車を要請した方がいいということになり
ご家族の方に救急車を要請して頂き
その方は病院へ搬送されました。

心臓が少しお疲れだったということで
幸い大きな問題はなかったと
その日のうちにご報告を頂きましたが、
その間、様々な思いが私の頭を駆け巡りました。


もし、その方に
何かあったりしたらどうしよう…



手が震えました。

不安と後悔。

胃に穴が空きそうなほど心配で
気が気ではありませんでした。


心臓や脳などの発作的な症状に対しては
いつどのタイミングで
どなたに起こるかは、誰にも予測できない。

報告をした社長にも
インストラクターは熱中症や貧血等の最低限の対応能力は必要だけど、医師では無い以上、中途半端な知識で勝手に対応すると返って取り返しが付かなくなる結果に繋がる事にもなりかねないから、この対応が先生に最低限できることだったと言われました。

これはその通りだと思います。

誓約書もあるし、責任を法的に問われるわけではないのかもしれません。


でも、、

でも、、、、、



対応はこれで十分だったと
本当に自分自身に言いきれるのか。

 

どこかで

そこまでの事態と思ってなかった自分


その方を心配しつつも

レッスンをしなければならないという思いが
交錯していた自分



結果論でしかないかもしれないけれど

間違いなくこれ以上ない十分な対応をした

自分でも心底納得できなければ
取り返しのつかない後悔に苛まれるんだと
痛感しました。


もっとその場でつっこんで聞くべきだった。

ご本人は遠慮されたとしても、説得してでも
もっと早く救急車をという選択肢を考慮するべきだった。

レッスンを中断してでも、
その方最優先の判断を即するべきだった。


レッスンで体を痛めてしまうということが
絶対起こらないように配慮することは
インストラクター最低限の責務だと思って
常に細心の注意を払ってきたけれど、
こうして、いつもはお元気な方が
予想だにしない体調不良を起こされることも有りうる。
そういうことを本気で想定したことはあったのか?

もちろんケースバイケースだとは思いますが
その方の人命を護るためにも
インストラクターとしての自分を護るためにも

例え杞憂であったとしても、
最悪のケースをも予想して判断する。

そして、フィットネスクラブ内でなかったり
事務所が併設されていないスタジオである以上、自分はその場における責任者である自覚を持つ。
 

そんなこと解っていたつもりだったけど
本当の意味で危機感を持てていなかった。

今回、身をもって学びました。


  
その次の日

『先生、皆さまにもご迷惑をおかけしました。これからもどうぞよろしくお願いします』

とメッセージを下さいました。


読み終えて、心からの安堵の思いと
『これからも』とおっしゃって下さったことに涙が出そうでした。


私にとって大切な大切な生徒さん。


インストラクター・トレーナーという仕事は
人の体を預かるという仕事。

やりがいと共に、
責任も一緒に背負わないといけない。

必ずしもすべての責任をとは言わないけど
私は自分が後悔しないために
そういう覚悟を持っていたい。

改めて、自分に喝を入れつつ
その方が元気な笑顔を見せてくださる日を
みんなで待ちたいと思います。


゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.゜:。* ゜.


私の対応が正しかったとは言えないし
正直書くのを迷いましたが、
もし他のインストラクターさんが同じような事態に遭遇された際に、少しでも参考になればいいと思い、書きました。
もちろん、そういったことを常に心に留めて活動されていらっしゃる方も沢山おられるとは思いますが(*^^*)

レッスン受けてくださる方の健康を願い、
そしてその力になりたい!という気持ちは
どのインストラクターさんも
きっと同じだと思うからです。


いつもいつも
皆が笑顔でレッスンを終えられますように


最後まで読んで下さって
ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プライベートスタジオ アンスリール
パーソナルトレーナーのAiです

先日、とある病院の関係者の方から
出張レッスンのご依頼を頂いたのですが
所在地が実家の近くだったので

母に『Y病院って知ってる?』と聞いたら

『うん知ってるけど。あんたの産まれた病院やし』
と、さらっと言われてビックリ!!

                                        

何でも私を出産時に
あんまりいい思い出がなく
特に語るような機会が無かったそうです😅


しかし、時を経て、、不思議なご縁ですね。


そして9月は私の誕生日。
たまたま誕生日の月に行かせてもらうなんて、すごいなぁ✨と嬉しくなりました。

38年ぶりの再訪です(笑)

フリートークは苦手な私なので
これでレッスン前の話題のネタができたなぁと喜んでおりますてへぺろ


恩返し、というのも変ですが
頂いたこ縁を大切に
職員の皆さまに楽しんでいただけるレッスンを提供したいと思います!



■出張レッスンも随時承っております■

お問い合わせはこちらから
   ↓
お問い合わせ先

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。