吹田市「うの整骨院」【バスケと音楽とキャンプを愛する院長日記】

吹田市「うの整骨院」【バスケと音楽とキャンプを愛する院長日記】

吹田市青葉丘南にある、うの整骨院です。
スポーツ障害や神経痛、関節痛、筋肉痛など様々な健康情報を
書いていきたいと思います。

遺伝や環境がどのように運動神経に影響するのか。

まず遺伝しやすいものとして骨格があります。
 

首がまっすぐだったり、反り腰だったりすると、
 

重心が取りにくかったり、負荷となる力学が変わってきます。

 

勿論、なりやすい怪我や運動動作に影響を及ぼします。
 

常日頃から姿勢は意識しなくてはいけません。
 

日常全てがスポーツに繋がりますよ。


筋質もある程度遺伝されると言われています。
 

それは速筋と遅筋の割合のことです。
 

速筋・・・運動するのに酸素を必要とせず、ダッシュや
瞬発力、パワーが必要な時に使われる筋肉

遅筋・・・運動するのに酸素を必要とし、持久力に富み
ランニングなどに向いている筋肉

この割合はある程度生まれつき決まっているようです。
 

勿論、後から鍛えることもできますが、
 

自分の特徴として知っておいたら
 

トレーニングのやり方も変わってくるのではないでしょうか。


 

環境について
 

親が運動神経が悪いから我が子も・・・
 

よく聞く言葉ですが、運動神経に遺伝は関係ありません。
 

関係があるとすれば親が子に与える環境です。
 

運動神経を高めるためには、幼少期に様々な動作や運動を
 

しなくてはいけませんが、
 

運動をしてこなかった両親は日常的にスポーツとは遠い生活を
 

していることが多いようです。

 

外出される時どこに行きますか?

 

何をして遊びますか?

 

ショッピングモール?

公園?

山や川?

スポーツ施設?
 

身近にスポーツが常にあれば子供も自然と
 

走るようになりスポーツをするようになります。
 

あとは様々な経験や動作を練習するのみです。

 

環境でもう一つ注意なのが、
 

子供の姿勢です。
 

最近、猫背や肩が内に入ったり、姿勢の悪さが目立ちます。
 

これはわかると思いますが、
 

ゲーム、スマホ、TV、授業中の姿勢、食事中の姿勢などの影響です。
 

これらは全て大人が子供に与えた環境です。
 

子供が勝手に姿勢を悪くしているわけではありません、大人の責任です。
 

勿論メリットもありますが、デメリットは計り知れません。
 

取り返しがつかない事態に発展することを考えると良いとは言えません。

 

生活に欠かすことのできない項目もありますので、

 

遊びを増やしたりして、姿勢の悪さをカバーするしかありません。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

スポーツに強い整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

重度疾患専用外来のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

 

 

 

 

前回、生まれつき運動神経が悪い人はいないと書きました。

「運動神経が良い?悪い?)

https://ameblo.jp/unoseikotsuin-suita/entry-12622505051.html

ではどうすれば運動神経が良くなるのでしょうか。
ここでいう運動神経が良いとは、一般的に言われている
走るのが速いとかジャンプ力が高いとか
パフォーマンス的な観点で書きたいと思います。

 



最初に結論ですが、運動能力を高めるためには、
繰り返し練習をすることが不可欠となります。

運動能力を高めるということは
「脳が神経を通じて様々な動作を学習する」ということです。

まずは自分の動作を分析し、

●どのように動くと動作効率が良いのか、
 

●力学的な動きができているか(理にかなった動作か)

できていなければその動作に到達できるように反復練習します。

反復練習を行っていれば、脳が学習していき、
 

知らぬ間に理想の動作に近づくことができるというわけです。

今までは上手な選手や成功した選手の動作を分析、研究し
 

選手の技術向上を行ってきました。
 

しかし、人間の身体は一人一人全て違います。
 

ある選手にはこれが有効だが、もう一方には効果がまるでない。

そういった意味では、昔はがむしゃらに練習をして、
 

それに耐え、たまたま上手くいった選手だけが残っていったと言っても
 

過言ではありません。

しかし現在は科学の進歩により、一人一人の選手がやるべきことというのが
 

はっきりわかってきています。
 

選手一人一人の身体的特徴を捉え、練習メニューを組み、

 

反復練習をすれば、個としての能力は上がっていきます。
 

ですので、我々医療従事者、トレーナーをはじめ、

 

指導者の方達のやり方次第で灰にもダイヤにもなります。

 

余談ですが・・・

 

このような反復練習を行うのは人生の中でいつでも可能ですが、
 

一番効果的と言われている年齢は、4歳から6歳だそうです。
 

一般的には12歳前後くらいまでに神経系統が整うと言われています。
 

遅くても中学生に上がる頃まで、一番脳が発達するこの期間に様々な動作習得をすることが
 

運動神経を高める方法と言えます。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

スポーツに強い整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

重度疾患専用外来のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

まず【運動神経】とは何かというと、脳から筋肉に通じる神経のことです。
 

私たちが日ごろ使っている「運動神経がいい、悪い」という言葉は、

 

実は生体力学(バイオメカニクス)の考え方では間違っております。

 

おそらく皆さんが言う運動神経が良いというのは、

 

「走るのが速い」「スポーツが上手」とかのことだと思います。

しかし生体力学において運動が『上手、下手』を分けるのは、

 

脳内に運動を司る神経パターン、プログラムが

 

できているかどうかということ。
 

脳内の神経には電気信号が通るのですが、

 

同じ神経回路に電気信号が繰り返し通ることで

 

脳内で動作の記憶を行います。
 

記憶された運動は、脳内から発せられた電気信号を筋肉に伝えることにより
 

思い通りの動きができるようになります。
 

つまり生体力学的に言えば、生まれつき運動が苦手な人なんていないのです。

 



よく「運動神経が悪いのは、親も運動が苦手だから」と遺伝のせいにする人がいますが、
 

これは基本的には間違った解釈です。
 

一部分野においては遺伝が関係していることは事実ですが、
 

全てを遺伝で語るには少々無理があります。

運動神経が悪いから歩けない、走れない、階段登れない、

 

なんてことはありませんよね?(病気は除く)
 

歩くということも十分運動神経を利用した動作です。
 

自転車に乗れるようになるまで、繰り返し練習しますよね?

 

シュート何本も練習しますよね?

 

練習なしでシュートいきなり決まりますか? 
 

これは遺伝ではなく、練習を重ねるからできるようになるんです。

 

つまり繰り返し動作を行うことで、

 

脳内に運動プログラムが作成されるのです。
 

確かに動作習得期間には個人差があります、これが先ほど言った一部分野においては
 

遺伝的要因もある理由の一つです。
 

それは脳と筋肉を結ぶ神経伝達速度が人によって違うので、
 

動作習得期間にバラつきが出るものと考えられます。
 

よくいますよね?
 

すぐできる人と何度やってもできない人が。
 

これは神経伝達速度や脳の運動学習プログラムの違いなんだと思います。

しかし、できなくても練習を重ねてやることでできるようになるというところは誰でも一緒です。
 

運動ができないことを遺伝のせいにして途中であきらめてしまうと勿体ないと思いますよ。

 

さて、長々書きましたが、そんなこと聞きたい訳ではないですよね(笑)

 

皆さんの思う「運動神経がいい」という概念、

 

それはつまり「パフォーマンス」のことですよね?

 

これを含めると実は多少の遺伝的要素も入ってきます。

 

それはまた次回に対処法も含め書きたいと思います。
 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

シンスプリントに強い整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

重度疾患専用外来のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

性別:男性
年齢:高校生
ポジション:ポイントガード



 

【主訴】

病院にてシンスプリントと診断され
部活を中止したのち改善したが、

練習再開後に再発し当院を受診。

右下腿部内側痛、歩行、走行痛

【考察・治療】
シンスプリントの原因は割とはっきりしていることが
 

多いのですが、この例は少々わかりにくかった例ですね。
 

始めは走り方に原因があるだろうと推測し
 

動作分析をしていましたが、よくわからない・・・
 

練習メニューを聞き、ドリブル、シュートフォームを見ることに。
 

そこで発覚しました、原因動作が。
 

癖だと思いますが、ジャンプの飛び上がり方と着地のやり方に問題があり、

 

それが下腿部への負荷を増強しシンスプリントになっていました。
 

治療は当院の運動療法と動作指導です。

 

動作を修正するのに3回程かかりましたが、

 

修正すると痛みはなくなっていきました。
 

シンスプリントは走り方が原因だという先入観を変えてくれた症例でした。

 

スポーツ障害の原因は柔軟や筋力などではありません。

 

「動きの質」を変えることで怪我の予防、パフォーマンスを

向上させることができるのです。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

シンスプリントに強い整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

重度疾患専用外来のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

当院は野球肩の症例が数多くありますが、

 

その中でも最も多い間違えを書きたいと思います。

 

野球肩を治そうとして一番やってはいけないことは

 

「ストレッチや筋トレをする」ことです。

初診で私の所に来られた選手には私自身が指導しますが、

色々治療してきたが治らず私を訪れる選手の

ほぼ全員がストレッチや筋トレをしなさいと医療関係者やトレーナーに

言われ、実際に行っています。

申し上げにくいのですが、それをやっていると

 

治りが遅くなるばかりか悪化していき

 

手遅れになる恐れがあります。

一言で野球肩と言っても、

SLAP損傷、腱板損傷、リトルリーガーズショルダー

など様々なタイプがありますが、

どれも共通しているのが、ストレッチや筋トレをすると

組織損傷がひどくなったり、炎症が広がる恐れがあるということ。

筋肉に傷があったり炎症が強いとします。

その傷口をストレッチで引っ張るとどうなりますか?

考えただけで痛そうですよね・・・

傷口を引っ張るのですから、当然傷口は広がりますよね?

 

そればかりか余計に炎症が発生してしまいます。

ストレッチ→傷口広がり炎症が発生→寝る→少し回復

 

→ストレッチ→炎症発生→寝る

 

これの繰り返しです。

 

 

組織損傷や炎症が激しい場合はまずはそれを抑えなくてはいけません。

ですので、再発予防としてストレッチや筋トレをするのでしたら良いのですが、

治療として行うことは絶対に!オススメできません。

 実際に私が診てきた中でも、半年、1年ずっと肩や肘を痛めていた選手が

ストレッチや筋トレを辞めただけで痛みが取れた症例が数えきれない程います。

勿論、野球肩は「投げる際のフォーム」が原因となることが多いですので、

必ずフォームの改善が必要となります。

 

しかしそこの段階に行くにはまずは傷を治し、炎症を抑えることです。

もし野球肩がなかなか治らなくて悩んでいる選手は

現在の治療方法に疑問に抱いた方がいいですよ。

 

=============================

大阪府、吹田市、茨木市、豊中市、摂津市、高槻市、箕面市で

野球肩に強い整骨院をお探しの方はうの整骨院へご相談下さい。

 

ご予約はこちら→06-6875-6152

 

LINEでのご予約はこちらから→ 友だち追加

 

3か月以上治らない方へ!

重度疾患専用外来のご案内

 

トレーナーが必要なチーム、個人の方へ!

トレーナー派遣

 

その他詳しくはホームページをご参照下さい。
↓   ↓

うの整骨院HP

 

=============================