ほんとは蛾のほうが面白い? | 野鳥と花と時々神社

野鳥と花と時々神社

スピリチュアルが好きで自分なりの写真にこだわる私のブログです。やおよろずの神々いつもありがとうございます。


9/14浅羽ビオトープの続きです。

今回も蝶が目に付いたので盛んに撮りました。アゲハ。少し羽根が痛んでいますね。


アカタテハ。これも羽根が痛んでいます。インスタ的にはともかく、これが生きてきた現実。



もう彼岸花が咲いています。


いつもの樹液の出る木で、面白い蛾を見つけました。分かります?羽根にぽつんと2つ、白い星のように見えるのがチャーミング。


コシロシタバという蛾です。蛾も樹液を吸うのですね。


ゴマダラチョウ。これは羽根が痛んでいませんでした。



ツマグロヒョウモン♀

ツマグロヒョウモン♂


やはり、これはクロコノマチョウです。



アカボシゴマダラ。何度も言いますが、これは外来生物です。



イソシギ。この鳥が見掛けられるのはビオトープの林の中を抜けて川が堰になっているところです。



ダイミョウセセリ


ビオトープに入る橋(万葉橋と言ったかなぁ)の手すりには虫やアマガエルがいることが多いのでつい注目してしまいます。今回は、イネクロカメムシがいました。


ヤマトシリアゲ。これは♂ですね。


名前が面白い、ママコノシリヌグイ。小さな花が可憐なので撮ってみました。