右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録。公開するようなものではないのですが・・・


Google 世界地図にロンドンで暮らしたフラットの写真掲載 / 1 Kennigthon Rd、Lambeth 


下記Googlet地図のストリートビューへ。 ここで周囲をご覧下さい、窓に寄席文字が・・・。


http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&q=1+Kennington+Rd,+Lambeth,+%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3+SE1,+%E8%8B%B1%E5%9B%BD&vps=2&jsv=151e&sll=51.49608,-0.111065&sspn=0.024527,0.05991&ie=UTF8&oi=geospell&ct=clnk&cd=1&geocode=FcPMEQMdv0r-_w&split=0



・3/1(日)、日本に無事帰国しました。


・文化庁文化交流使としての英国、欧州での活動は完了しました。

  多くの皆様のご支援のお陰で充実した活動を展開することが出来ました。

  新たなご縁もいただき今後の英国での継続的な活動の計画、企画も検討したいと思います。

  改めて皆様に御礼を申し上げます。ありがとうございます。


※『右門のロンドン備忘録』は、活動記録等の記載が完了するまで追加、更新をします。


●展示、公演の足跡    

展 示

 2008年 

 ・12/9  英国・ロンドン 『寄席文字と和の意匠』 / 在英国日本国大使館

  ~1/30 
 2009年 

 ・1/19  ドイツ・フランクフルト 『寄席文字と和の意匠』 / NHホテル

  ~4/7 

公 演

  2009年

 ・1/19  ドイツ・フランクフルト  『寄席文字と寄席の世界(太神楽曲芸、寄席囃子)』 公演 / NHホテル

 ・1/20  ドイツ・フランクフルト  寄席文字ワークショップ、CD寄贈 / 日本語普及センター

 ・1/21  ケンブリッジ大学     『寄席文字と寄席の世界』 公演、CD寄贈

 ・1/23  ロンドン大学SOAS   『寄席文字と寄席の世界』 公演、CD寄贈

 ・1/26   在英国日本国大使館 寄席文字と寄席の世界』 公演 /寄席文字展特別企画


※滞在中の食事(写真)記録 『右門のロンドン食事情』

※橘右門HP www.sam.hi-ho.ne.jp/umon/



 右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録

  右門のロンドン備忘録


Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2009年03月10日(火) 16時40分49秒

帰国の途に

テーマ:ブログ

右門のロンドン備忘録

                          ANA202 B777-300/ヒースロー空港
2月28日(土)

いよいよロンドンを離れる日となった。


前夜、親しくしていただいた方々が〝送る会〟を開いてくれた。

深夜まで楽しい時を過させていただいた。

ロンドン滞在、最後の最後までお世話になった・・・。本当に有難い。

感謝、感謝である。皆さんありがとう。


ヒースロー空港、夜7時発のANA202便での帰国。

空港へ向かうTaxiの中、急に寂しさが募ってきた。


夜を徹してパッキングをし、そのまま空港へと向かった、一年間を振り返る間もなく機内へ。


離陸後、残念ながら雲に遮られロンドンの夜景を見ることは出来なかった。

映画『おくりびと』を見ながらワインと夕食を楽しみ、もう一本映画をと思っていたのだが、気が付いたら夜が明け

ていた。

3~4時間、爆睡していたようだ。(フルフラットシートはさすがに快適であった・・・)


右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

一年前、ロンドンに向かう機内では、同じ景色を不安と緊張の思いで見ていたな~と感慨に耽る。


右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

巡航高度、速度から徐々に降下し、ハバロフスク上空から進路を右に傾け日本海へと抜けた。


右門のロンドン備忘録


3月1日(日)、定刻15時55分に小雨降る成田空港へ到着した。

英国滞在日数は332日であった。



多くの日英の関係者、友人、知人はじめ、ハンガリー、ドイツ、フランスでも多くの皆様のご支援、ご尽力をいただきました。皆様のお陰で文化庁文化交流使としての活動を無事務めることが出来ました。

心より御礼申し上げます。


本ブログは英国滞在中の活動記事等の記載が完了するまで更新を継続します。 (2009/3/10)

2009年02月17日(火) 21時59分00秒

ハンガリー・ブダペストへ・・・

テーマ:ブログ

2月17日(火)

ハンガリー・ブダペストへ御礼に伺った。


リバプールに続き帰国前の御礼の旅、第2弾である。

ブタペスト市内は数日前に降った雪が残っていた。

今日も夕方から雪だった。


国際交流基金ブダペスト事務所長ご夫妻と、日本大使書記官ご夫妻と夕食を共にした。


ブダペストの街が懐かしかった。



2009年02月16日(月) 19時47分17秒

リバプールへ・・・

テーマ:ブログ

2月15日(日) 

朝、ユーストン駅から列車でリバプールへ出掛けた。


11月29日(土)のマンチェスターでの活動を企画していただいた、北西部英国日英協会会長のAさんを訪ねた。

帰国前にどうしてもお礼を直接申し上げたかったので・・・。


なかなか日程が確定出来ず、前日夜に連絡させていただいたにも関わらず快く時間を割いていただいた。

お目にかかってお礼だけ申し上げて失礼するつもりが、リバプール駅まで迎えにきていただきご自宅へとお招き

いただいた。


ちょうど日本から帰国中の息子さんと3人でブランチをいただきながら歓談した。


とても嬉しい時間だった。

Aさんと息子さんの素敵な親子の姿を拝見しているとこちらまであたたかく、幸せな気持ちになってきた。


夕方の列車でロンドンへ戻った。

往復共バージンエクスプレスの高速列車の旅だった。



2009年02月13日(金) 11時10分29秒

ボイラー復旧

テーマ:ブログ

2月12日(木)

ボイラーが復旧した!


1月5日にボイラーからの漏水が確認されてからボイラーの使用を停止していた。

つまり給湯が停止ということは、お風呂、シャワーが使えない状態だったのである。


ブリティシュガスのエンジニアが何度来ただろう。

経過は別途としよう。

右門のロンドン備忘録

とりあえず、夜はたっぷりのお湯を張ったバスタブに浸かった。

気持ちよかった!

温泉入浴剤も入れた。今宵は、嬉野の湯・・・。


ボイラー停止の期間、行水で凌いでいた。

キッチンのレンジでお鍋を総動員してお湯を沸かし、バスルームへ。


右門のロンドン備忘録

時にはバスタブに体が浸かる最少限のお湯を貯めて体を温めた。

お湯が貯まるまで2時間かかった。

こんなことはもうする必要はない。


一か月ぶりの給湯復旧だった。

風呂上りのワインが美味しかった。




2009年02月10日(火) 01時50分48秒

MID HANTS RAILWAY ( WATERCRESS LINE )

テーマ:ブログ

右門のロンドン備忘録

2月8日(日)

MID HANTS RAILWAY ( WATERCRESS LINE ) を訪ねた。

SLを運行している保存鉄道である。

昨日に引き続きSL撮影を楽しんだ。


Waterloo駅からNational Railの直通列車で1時間30分程、終着Alton駅から保存鉄道へと乗り換える。

久し振りの保存鉄道でのSL撮影、心が弾む。


終点のAlresfordまでは、40分程で到着する距離、先ずはディーゼルカーで終点まで行ってみることにした。

周辺の撮影場所を探すロケハンも兼ねて。


右門のロンドン備忘録

単線のローカル線である。途中駅でAltonへ戻るSL列車と交換した。

ディーゼルカー(1両のレールバスといった感じ)では、運転室に隣接する荷物室に入れてもらい運転室からの

前方の眺めを堪能した。

いつもながら、列車に乗ると席にはほとんど座っていない。カメラを提げてデッキ、前方と動き回る。


右門のロンドン備忘録
運転席のドアも開け放されていた
私の横で車掌さんも一緒に眺めていた
(保存鉄道はボランティアによって管理、運営されている、皆鉄道好きなのだ)

Alresford到着、駅舎内にあるレストランでひと休みした後、街を歩きながら撮影場所を探す。

駅近くの線路を跨ぐオーバーパスの上に行ってみた。

両側が残雪の斜面、緩やかな上り坂のカーブ、しかも腕木信号が見える・・・。

「まるで日本の景色だ!」、函館本線に同じようなポイントがあったように思う。

C62が走って来そうな錯覚さえ覚えた。

列車到着まで15分となっていたので、ここでカメラをセットした。


右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

来た!『クラス A4 60019  BITTERN 』 である。大きな動輪が3つ、まさにC62だ。


右門のロンドン備忘録
乗客の待つAlresfordl駅に進入


Alresford駅には転車台が無いので折り返しAlton行きの列車は、SLの逆行運転となる。


右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

レストランカーでの食事を楽しむこともできる。

片道40分程の列車の旅なので、レストレンカーの乗客は終点でも降車しない。

食事を楽しみながら再び出発を待つ。


右門のロンドン備忘録
Alton到着、最前部のレストランカー
オリエント急行で使用されている車両と同形式

右門のロンドン備忘録
客車を後部に連結し、Alresfordへ出発


久し振りにSL撮影、乗車走行を楽しんだ。


鉄道発祥の英国には保存鉄道が100か所近くある。

今回は残念ながらこれが最後の保存鉄道訪問となるだろう。


鉄道趣味が蘇ってきそう、鉄道模型も欲しくなってきた・・・。




2009年02月07日(土) 23時36分00秒

世界最新の蒸気機関車、ロンドン到着

テーマ:ブログ


右門のロンドン備忘録

2月7日(土)

新型の蒸気機関車がロンドンに初お目見えした。


英国で新しい蒸気機関車( 以下、SL )が完成したのだ!


『 A1 パシフィック クラス4-6-2  NO.60163 トルネード 』 


1990年に立ち上がったプロジェクト(A1 Steam Locomotive Trust)が、18年の歳月と300万ポンドの経費を

掛け、今年8月に First Steam に成功し、新しいSLが誕生した。


その後、ヨークで1940年後半当時の塗装が施され、美しい車体となったトルネードは North Road に配置とな

り、旅客を乗せメインラインでの走行を開始した。( York-Newcastle 間が初旅客走行 )

今朝7時13分にダーリントンを出発したトルネード、ロンドン・キングスクロスへ13時47分の到着予定であった。

ロンドンヘの初登場を撮影する為、 地下鉄でFinsbury Park 駅へ 。

ホームでの通過を撮ろうと地下鉄からNational Rail のホームへと向かった。

既に多くのSLファン、一般の方などが待っていた。

朝から、BBCニュースでも新しいSLがロンドンに到着すると、繰り返し放送していたので近隣の方も多かったの

だろうと思われる。

通過時間は30分程遅れた。

撮影後、キングスクロス駅行きの列車に飛び乗った。


Finsbury Park 駅通過と、キングスクロス駅到着後のトルネードの姿をカメラに収めた。


右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録
                                 高速列車(HST)で試し撮り

右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録
正面はサッカー・アーセナルFCのホームグランド
エミレーツスタジアム

右門のロンドン備忘録 右門のロンドン備忘録
キングスクロス駅1番線に到着していた。
ホームは多くの人で身動き出来ない程、こんな光景ロンドンで初めてのこと。

右門のロンドン備忘録
撮影後、バスで帰路に。
途中、テムズ河を渡るWaterloo Bridgeで
夕日に誘われて途中下車。セントポール寺院、シティを望む。

右門のロンドン備忘録
Waterloo Bridge からフラットまでは徒歩15分程。
夕日を楽しみならが帰宅した。

2009年01月30日(金) 17時21分12秒

日本からの心遣いに感激

テーマ:ブログ

右門のロンドン備忘録

『寄席文字と寄席の世界』大使館公演に日本からお花が届いた!
このカードが添えられて。


寄席文字町屋教室(もじもじ会)の皆さんからだった!

こんなことするなよ~、感激で目がうるんだ。

やられたよ・・・。


ありがとう!


開場前の準備中、一等書記官のAさんから「右門さんへ、ファンの方からお花がとどきました」と

手渡された。


ファンの方? カードを開いてみても理解できなかった。

誰だろう・・・。

まさか日本からとは思ってもいなかったので無理もないだろう。


レセプション会場にお花を置き、今一度カードを読み返した。

えっ、町屋教室の皆さんからだ!その瞬間目がうるんでくるのが解った。


嬉しい、本当に嬉しい。

町屋教室の皆さんの気持ち、心遣いが伝わってきた、皆さんの顔が浮かんだ。

皆さんありがとうございます。


自分が担当する教室ではないのに・・・、それがまた感激、心に沁みる。

こんな素敵な皆さん、教室をまとめられている兄さんに感謝します。

ありがとうございます。


この日の公演、皆さんからの気持ちを受けて臨んだのだからこちらの思いにも現れたのだろう。

公演後、お世話になっているロンドン大学の先生から「右門さん、とても自信に充ち溢れていましたよ」

と評された。

こんな背景があったとはご存じなかっただろう。


最近、特に渡英してからかな?なんだか涙腺が緩くなった気がする。

この文面を打ちながらも思い出して・・・。


公演の記録を書いている最中だけど、我慢できなくなって先にUPします。


2009年01月17日(土) 23時53分07秒

ドイツで寄席文字展(英・独同時開催)

テーマ:ブログ

右門のロンドン備忘録

1月15~16日、再びドイツへ。


フランクフルトの中心部にあるNHホテル(in City)のレストランで寄席文文字展の準備、設営を行った。


イギリス・ロンドンとドイツ・フランクフルトで、同時に寄席文字が展示されることとなる。

渡英前には想像もしていなかったことである。

NHホテル、日本総領事館、フランクルルト日本語普及センターはじめ多くの関係者の皆様のご厚意、ご尽力

の賜物である。

新たな展開への感謝と責任を感じる。


右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

右門のロンドン備忘録

 右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録

 右門のロンドン備忘録  右門のロンドン備忘録
                                ドイツ語訳/フランクフルト日本総領事館

2009年1月19日より2月20日まで、フランクフルト、NHホテル(City)で開催される。


2009年01月07日(水) 10時27分50秒

大使館でおせち料理

テーマ:ブログ


右門のロンドン備忘録


1月6日(火)、昼から日本大使館で『新年名刺交換会』が行われた。


名刺交換会には多くの法人企業の方々がお越しになるとのことで、受付が設えらえる展示会場に新年に

相応しい寄席文字を筆耕、掲示して皆様をお迎えしましょうと大使館からご提案いただいていた。


『迎春』と筆耕した一文字づつを、特別許可をいただきシャンデリアに吊り下げた。


ボールルームでの名刺交換会は数百人の方々で賑わっていた。

シャンパングラスを手に開会を待った。


乾杯、海老原大使の新年ご挨拶の後、歓談となった。


テーブルには、蒲鉾、黒豆、昆布巻き、栗きんとんなどのおせち料理が並べられていた。

シャンパンにおせち料理も乙なもんであった。


右門のロンドン備忘録
鉄の文字『丑』
山麓アトリエ共同制作


展示会場に、今年の干支・鉄の文字『丑』を追加し、展示も新年を迎えた。




2009年01月07日(水) 09時17分59秒

店頭の正月風景

テーマ:ブログ

右門のロンドン備忘録


1月2日(金) ロンドン三越さんでの実演の合間、近隣のジャパjンセンターさんにご挨拶に伺った。

店頭のショウウィンドウは日本の正月風景だった。


寄席文字『壽』の掲示に使用している和紙も、お預けしておいた新年設え用の色に換えていただいていた。


店内では、新年を祝う「餅つき」が行われていた。


日本の正月の風物誌が恋しい。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス