海旅キャンプ応援メッセージ 石丸偉丈さん | 海旅Campのブログ

海旅Campのブログ

放射能に不安を感じながら暮らしている子供たちやお母さんに心身をリフレッシュしてもらう岐阜への保養ツアー企画のブログです♪


テーマ:
みんなでつくる海旅Campと海旅Bookプロジェクト!!

【クラウドファンディング本日最終日】
クラウドファンディングのご支援はこちらから↓
https://camp-fire.jp/projects/view/86006
(7月29日23:59まで)

食品や土壌の放射能測定の現場に携わり、アースデイ東京による福島っ子保養キャンプ「キッズウィークエンド」にもスタッフとして参加されている、石丸偉丈さんから応援コメントをいただきました!



photo_by_©T.Okura

どうもありがとうございます!

-----------------------------------------------------

『海旅Campクラウドファウンディングへの応援コメント』

あの原発事故から7年以上が経過し、
事故のことは忘れられたかのようになりつつあります。

しかし依然として東日本の広範囲にわたり放射性物質の汚染は定着しており、
事故由来であるかどうかの議論は止むことがありませんが、福島県内160名以上の子どもたちが癌と癌疑いで甲状腺を摘出している現状があります。

子どもたちが思いっきり自然の中で、また信頼できる大人たちに迎え入れられて遊べる活動はだんだん減ってきており、
海旅キャンプはとても貴重です。

そして、保養・リフレッシュ活動の継続は、やはり資金面が大きなチャレンジです。
子どもたちの笑顔のためにパワフルに活動を続ける海旅キャンプを、みんなで応援いたしましょう。

みんなのデータサイト共同代表・こどもみらい測定所代表 石丸偉丈

-------------------------------------------------------
■石丸偉丈

キャンプリーダーやフリースクール運営他、保育・教育に携わって約20年。
障害のある家族二人との悲喜こもごもの兼業主夫行10数年。子ども好き。
webサイト作成・webプログラミング業務もフリーランスで行う。
2011年12月にこどもみらい測定所を仲間と共に立ち上げる。放射能については一から勉強してきたので、分からない人の気持ちはよく分かる。カウンセリングマインド気質。早大独文卒。「みんなのデータサイト」共同代表
(プロフィール:こどもみらい測定所HPより)
-----------------------------------------------------

海旅Campでは、地域や世代の垣根を越え、皆で助け合って、保養の文化を作っていくことを目指しています。
今回のクラウドファウンディングを通じて、その環を更に広げていけたらと願っています。
ご支援、応援、ご協力、どうぞ宜しくお願いします!

-----------------------------------------------------

☆海旅Campでは、振込みによるご支援も受け付けています!☆

◆支援金振込先◆
・ゆうちょ銀行
(店名)二一八 普通 4818236 ウミタビキャンプ
・ 郵便振替 
 記号12100 番号 48182361 ウミタビキャンプ

・1円~でも、募金を受け付けています。

・こちらリターンは付きません。
 募金をして頂いた方、合計金額等は定期的にブログトップにあげさせて頂きます(個人名はイニシャル)。

・キャンプ終了後にお礼の報告書を送付させて頂きますのでご希望の方は事務局までご連絡ください。

海旅Campさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス