今週のメインエベント ~フローラS~

テーマ:

今週はGⅠ中休み。ただ先週、先々週と3歳戦でいいとこ無しだったので、ここでリベンジ!

3歳牝馬重賞で渾身の一本勝負です!

 

フローラSの本命馬はペレです!

 

まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
未勝利  6%-10%-13% / 105円- 88円
500万下  6%-15%-22% /  79円-167円
オープン 4%- 8%-14% /  17円- 47円

好成績・高回収値となったのは前走未勝利戦組と500万下組。ただ単勝回収値が最も高い前走未勝利組は実数で2頭の勝ち馬がでている中で、11年9番人気で勝ったバウンシンチューンの一発が効いて回収値を上げている感があります。
そうなると狙い目は母数が多いながら1着5頭・2着6頭と多くの例を出している前走500万下組が狙い目。

次に前走500万下組に限った枠番別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3枠 16%-26%-40% / 191円-356円
4~6枠  0%-11%-11% /   0円- 43円
7~8枠  0%- 0%- 6% /   0円- 13円

これは内枠有利の東京芝2000mの傾向がモロに出た結果に。4枠から外となると勝ち馬すら出ず、狙いは好成績・高回収値となった1~3枠組。

また前走500万下組に限った前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番人気以内 13%-21%-28% /  79円-167円
5番人気以下  0%- 8%-14% /   0円-252円

さすがに前走下位クラスとなると昇級でも戦える実力評価は必要で、ここでの狙いは前走4番人気以内組。

さらに前走500万下クラス4番人気以内でこのレース1~3枠に入った馬の騎手継続or乗り替わり別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 40%-50%-50% / 550円-196円
乗替 25%-25%-50% /  57円- 85円

気性も激しく乗り難しい3歳牝馬。やはり乗り替わりとなるよりも、前走と同じ騎手が騎乗する方が好成績。
この時点で該当馬はペレ。

というわけで本命はペレとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はウインゼノビアです。

このレース1~3枠に入った、父か母父ロベルト系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
20%-40%-40% /  83円-496円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ペレ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインゼノビア
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はセラピアです。
過去10年のこのレースで、中3週以内のローテーションで出走となった、父か母父ナスルーラ系の馬は(0,0,0,15)。また、このレース5~8枠に入り、前走芝1800m以下の新馬・未勝利戦に出走していた馬は(0,0,0,12)。血統面にくわえて枠順の不利に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

昨夜は早めに睡魔に襲われて寝てしまいましたので(苦笑)、遅ればせながら当日朝のブログUP!

もちろん3歳クラシックで渾身の一本勝負!

 

皐月賞の本命馬はニシノデイジーです!

 

東京開催となった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 9%-12% /   0円- 76円
重賞    7%-12%-19% /  81円- 71円

牡馬三冠クラシック第一弾ということで、レースレベルは最高峰と言っていいレベル、前走条件戦・OP特別では歯が立たず、狙いは前走重賞組。

次に前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2番人気以内 10%-21%-31% /  77円- 94円
3~9番人気  2%- 4%- 7% /  53円- 54円
10番人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

こちらもレースレベルの高さを表す結果に。前走時点の実力支持は重要で3番人気以下ではガクンと成績が落ち、狙いとなるのは前走2番人気以内の馬。

さらに前走重賞2番人気以内の馬に限った、前走3角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内 23%-29%-47% / 225円-164円
5~9番手 12%-29%-41% /  54円-105円
10番手以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

中山最終週のレースとは言え、直線があそれほど長くない中山コース。またこの頃の3歳限定戦となると、とにかく前行ったスピード勝負となるのかもしれません。
いずれにせよ好成績・高回収値となったのは前走前に行けた3角4番手以内の馬。

またさらに前走重賞2番人気以内の馬に限った、レースキャリア別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4戦以内 10%-20%-31% / 114円- 84円
5戦以内 20%-30%-45% /  91円-143円

3歳クラシックとなると、一気に頂点に立つのは難しく、ある程度の経験が必要。好成績となったのはキャリア5戦以上の組。

この時点で該当馬はアドマイヤマーズ、ニシノデイジー。
ダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズ、ハービンジャー産駒のニシノデイジー。
ここでそれぞれの産駒別の「中山芝2000m戦」「良馬場」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハービンジャー 10%-18%-27% /  71円- 61円
ダイワメジャー  4%-16%-28% /  13円- 91円

勝率許容範囲の10%越えで好成績となったのはハービンジャー産駒。
ちなみにこれを前走3角4番手以内の馬に限ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハービンジャー 17%-22%-34% / 126円- 91円
ダイワメジャー  6%-20%-40% /   8円- 57円

ハービンジャー産駒の成績はもちろん回収値がかなり高くなるのは魅力。

というわけで本命はニシノデイジーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はクラージュゲリエです。

前走重賞3着以内かつ4角7番手以内で、騎手乗り替わりとなった父ミスプロ系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-20%-60% /  92円-450円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ニシノデイジー

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=クラージュゲリエ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はダノンキングリーです。
過去10年のこのレースで、前走3番人気以下且つ4角4番手以下で、このレース1~3枠に入った馬は(0,0,0,17)。キャリア3戦以下の関東馬は(0,0,0,7)。脚質面にくわえて経験の無さに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

今週はすでにGⅠ的中してまして・・・ドンカスターSですが(笑)。世界戦は強いのですが、国内戦は果たして・・・!?

というわけで、2日連続、世界を股にかけてGⅠ的中目指して、今週も渾身の一本勝負!

 

桜花賞の本命馬はアクアミラビリスです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走距離別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長 1%- 1%- 4% /  63円- 24円
同距離  9%-18%-25% /  52円- 82円
距離短縮 0%- 6%-12% /   0円- 32円

そもそも、チューリップ賞をはじめとする1600mのステップレースがレベルの高いレースばかりという見方もありますが、昨年はシンザン記念から勝ち馬が出たりと、本番と同じ距離に前走時に慣れているいうのは強みなのかもしれません。
狙いは前走同距離組。

次に前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2番人気以内 13%-24%-30% / 106円- 75円
3~5番人気  2%- 6%-14% /  37円- 52円
6番人気以下  0%- 0%- 3% /   0円- 39円

前走掲示板を外しても連対した例がある中で、前走時点で実力評価が低かった馬は好走が難しいのがこのレース。
6番人気以下では連対例が無く、3番人気以下でも好走率の低さから回収値は期待できず、狙いは前走2番人気以内の馬。

また、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3位以内  9%-18%-25% /  80円- 61円
4~5位  0%- 6%- 9% /   0円- 22円
6位以下  4%- 5%-11% /  43円- 67円

阪神連続開催も終盤、そのうえ直線のい阪神外回りとあって、お終いの脚が使えるのは強力な武器。狙いは前走上がり3Fタイム3位以内の馬。

 

さらに前走1600m戦で、2番人気以内且つ上がり3Fタイム3位以内だった馬に限った枠番別成績を内外で比較してみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~4枠  7%-23%-23% /  29円- 37円
5~8枠 29%-52%-58% /  95円-112円

連続開催の終盤で内馬場は荒れつつある中、ワンターンの1600m戦では内枠の馬は中々外には出しづらいもの。そうなると好走馬は外枠に集中。

この時点で該当馬はアクアミラビリス、ビーチサンバ、ダノンファンタジー。


キャリア3戦のアクアミラビリス、キャリア4戦のビーチサンバ、キャリア5戦のダノンファンタジー。
ここでさらに前走1600m戦で、2番人気以内且つ上がり3Fタイム3位以内だった馬に限ったキャリア別成績を比較してみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3戦 37%-50%-50% / 158円- 97円
4戦 25%-50%-58% /  60円- 93円
5戦  0%-25%-25% /   0円- 60円

キャリア5戦(これ以上のキャリ数含め)となると1着例はありません。
残るはキャリア3戦と4戦。成績面では大差ありませんが、回収値面ではキャリアの浅さを甘く見られるのか、その未知の魅力から回収値が高くなるキャリア3戦の馬の方が“美味しい”といった結果に。

というわけで本命はアクアミラビリスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はノーブルスコアです。

前走チューリップ賞で0.9秒差以内の僅差負けだった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
16%-33%-66% / 300円-326円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=アクアミラビリス

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ノーブルスコア
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はクロノジェネシスです。
過去10年のこのレースで、父系・母父系ともに非ヘイロー系の馬で、前走4角6番手以下だった馬は(0,0,0,20)。また、前走上がり3Fタイム1位だった馬を除き、このレース1~2枠に入った馬は(0,0,1,31)。血統面にくわえて枠番に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~大阪杯~

テーマ:

先週は惜しくもなく外れてしまいましたが、すぐ今週は夜にドバイが、そして日曜に中距離GⅠが、とどんどんGⅠの波が押し寄せてきます!この波に乗り遅れないように、バンバン当てたい!そんな今週も、もちろんGⅠで渾身の一本勝負!

 

大阪杯の本命馬はワグネリアンです!

 

GⅠ昇格3回目のこのレースですが、データとしてはGⅡ時代も含む過去10年のデータから。

まずは前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
一桁着順  9%-19%-29% /  65円- 66円
二桁着順  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

GⅡ時代から、春シーズン初戦をここでむかえGⅠ戦線に突入していく馬も多くレベルの高いレースだったこのレース。
前走二桁着順では複勝圏内入着も難しく、狙いは一桁着順の馬。

次に前走一桁着順の馬に限った前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内 12%-30%-42% /  70円- 94円
3~5位  8%-13%-25% /  73円- 56円
6位以下  7%-14%-22% /  53円- 52円

阪神も連続改修となり、柵移動があっても差し有利な馬場となりつつあります。データ的にも好走馬は前走終いの脚をしっかりつかえていた、前走上がり3Fタイム2位以内の馬が有利。

さらに前走一桁着順の馬に限った年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳  16%-30%-40% /  75円- 91円
5歳  16%-28%-36% /  90円- 58円
6歳   3%-10%-28% /  76円- 73円
7歳以上 0%- 5%- 5% /   0円- 25円

好成績・高回収値となったのは、この頃にメキメキと力をつける4歳馬。狙いは断然この組。

この時点で該当馬は、ワグネリオン、ステルヴィオ。
ディープインパクト産駒のワグネリアン、ロードカナロア産駒のステルヴィオ。
ここで阪神芝2000m戦(過去5年)の種牡馬別成績を比べてみると。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ディープインパクト 15%-28%-35% / 103円- 61円
ロードカナロア   11%-22%-22% /  50円- 57円

2~3歳戦では距離関係なくと言ってよいほど強さを見せるディープインパクト産駒。
ただ古馬戦になってもマイルからこれくらいの距離までなら相当の強さ。実際、GⅠとなってからの過去2年で複勝圏内入着馬を2年ともに出しているのはディープインパクト産駒のみ。
この時点で該当馬はワグネリアンのみ。

というわけで本命はワグネリアンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はエポカドーロです。

前走から斤量増とならなかった馬で、前走から中4~8週のローテーションで出走し、前走と同じ騎手が騎乗となった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
12%-25%-43% / 177円- 73円

該当のうち、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ワグネリアン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=エポカドーロ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はキセキです。
過去10年のこのレースで、前走2400m以上のレースで、0.6秒以上負けていた馬は(0,0,0,12)
前走上がり3Fタイム6位以下だった父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,1,12)。前走大敗くわえて脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~高松宮記念~

テーマ:

今週は中京民にとって半期に一度の大一番!高松宮記念!熱く、熱く!当てに行きます!

もちろんそのGⅠを渾身の一本勝負!

 

高松宮記念の本命馬はデアレガーロです!

 

中京馬場回数後、12年以降の過去7回ののこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見て見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞    5%-11%-16% /  27円- 48円

上半期・下半期に一度ずつのスプリントGⅠ。もちろんレースレベルは高く、前走レベルも高い馬が好走。狙いは前走重賞組。

次に前走重賞組に限った前走着差別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.2秒以内 11%-22%-31% /  61円- 81円
0.3~0.9秒  1%- 5%- 9% /   7円- 37円
1.0秒以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

こちらもレースレベルの高さを示すように、好成績となっているのは着差0.2秒以内まで。着差0.3秒以上の負けとなると1着はおろか連対も5%と厳しい数字。

また前走重賞組に限った前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内  8%-18%-26% /  51円- 53円
6位以下  3%- 6%- 9% /   8円- 44円

中京最終週に行われるこのレース。1月開催から間もないこともあって馬場はかなり荒れています。
そうなると、上がりの脚が使える馬が有利。狙いは前走上がり3Fタイム5位以内の馬。

この時点で該当馬はティーハーフ(国分優)、ナックビーナス(大野)、ダノンスマッシュ(北村友)、デアレガーロ(池添)。
最後は騎手データです。
「中京」「芝」「重賞」(過去5年)の成績を比べてみると。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添  22%-33%-33% / 150円- 67円
北村友  6%-13%-13% /  38円- 35円
大野   0%-11%-11% /   0円- 38円
国分優  0%- 0%-12% /   0円- 25円

ここは断トツの好成績・高回収値となったのが池添。馬場改修後、最初のこのレースを勝っているのも心強いところ。

というわけで本命はデアレガーロとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はダイメイプリンセスです。

前走重賞4番人気以内かつ上がり3Fタイム5位以内だった馬で、前3走以内にGⅠ5着以内の経験があった6歳以下の馬は
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
25%-75%- 100% / 192円-202円

複勝率は100%!唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=デアレガーロ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ダイメイプリンセス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はレッツゴードンキです。
過去7回のこのレースで、外国馬を除く7歳以上馬は(0,0,0,34)。また、前走4角4番手以下だった馬で、前走から斤量増となった関西馬は(0,0,0,30)。高齢と脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓