今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

令和2週目!あけましておめでとうございます!

というわけで、今週こそ当てたい令和GⅠ初的中。今週は去年の的中の記憶も新しい牝馬マイルGⅠで渾身の一本勝負です!

 

ヴィクトリアマイルCの本命馬はアマルフィコーストです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%-10% /   0円- 55円
OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞   5%-10%-16% /  67円-133円

半期に一つしかない牝馬限定GⅠ。多くの牝馬はここを目指しレースレベルは必然的に高くなります。となると、ここで好成績となるのは前走レベルの高い前走重賞組。

次に前走着順別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着    0%- 5%-13% /   0円-102円
2~5着  8%-13%-25% /  77円-233円
6~9着  6%-11%-11% /  50円- 23円
10着以下  5%-13%-13% / 111円- 92円

荒れ傾向にあるこのレース。GⅠ実績のあるような馬でも、重賞連勝となると難しい様子で前走1着馬の成績は振るいません。その点好成績と言えるのは2~5着だった惜敗馬の巻き返し。狙いはこの組。

次に前走重賞2~5着組に限ったレース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中8週以内  5%-11%-17% /  73円-137円
中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

今年は3歳クラシック戦が牡馬・牝馬とも休養明け初戦の馬が勝利し、牧場の超背能力の高さも侮れなくなってきていますが。データ的に見ればやはり休養明け初戦というのは常識的に厳しいもの。狙いはやはり中8週以内の馬。

また前走重賞2~5着組に限った、前走4角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内  9%-14%-28% / 126円-534円
5~11番手  6%-13%-27% /  60円- 84円
12番手以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

府中の馬場が荒れにくいためか、それとも牝馬同士となると上がりの脚の速い・遅いにそれほど差が出ないためか、いずれにせよ結果としては前走前めにつけた馬が好結果・高回収値。

さらに前走重賞2~5着組に限った年齢別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳  10%-20%-27% /  85円-116円
5歳   5%- 5%-35% / 114円-604円
6歳以上 0%- 0%- 0% /   0円-  0円

やはり早熟傾向にある牝馬戦となると、好走馬は若い馬に集中。5歳馬からは穴馬も出て回収値は高くなっていますが、連対率5%という数字からは狙いづらいところ。ここでの狙いは4歳馬。

この時点で該当馬はアマルフィコーストのみ。

というわけで本命はアマルフィコーストとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はフロンテアクイーンです。

前走芝1600m以上の重賞で5着以内だった父ノーザンダンサー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 10%-30%-30% /  72円-280円

該当馬の中からこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=アマルフィコースト

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=フロンテアクイーン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はラッキーライラックです。
過去10年のこのレースで、前走3角9番手以下だった関東馬は(0,0,1,24)。また、前年のこのレースの連対馬を除き、前走8着以下に敗れていた父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,14)。脚質面と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:

令和元年!あけましておめでとうございます!

新年号、初GⅠから大的中をかっ飛ばしたいと思います!

そんな今週は3歳マイルGⅠで渾身の一本勝負です!

 

NHKマイルCの本命馬はカテドラルです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 6%- 9% /   0円-179円
重賞    6%-12%-18% /  79円- 82円

前走オープン特別組は複勝圏内入着馬がすべて二桁人気の人気薄で回収値は非常に高いものの、入着率が悪すぎてさすがに狙いづらい。
そうなると狙いとなるのは安定した成績の前走重賞組。

次に前走重賞組に限った、前走上がり3Fタイム順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4位以内  9%-15%-22% / 105円-102円
5~9位  6%-13%-20% /  91円- 58円
10位以下  2%- 5%-11% /  17円- 80円

トライアルまではスピードだけで押し切る事が出来ても、レベルが上がるGⅠ、加えて直線の長い東京のマイル戦となると、最後に速い脚が使える事の方が重要になってくるといった数字に。狙いは前走上がり3Fタイム4位以内の馬。

また前走重賞組に限った、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1500m以下  0%- 8%- 8% /   0円- 42円
1600m以上  7%-12%-19% /  86円- 86円

こちらもスピードだけで勝負してきた馬には厳しく、タフな東京1600m戦で戦えるスタミナが必要といった結果に。

さらに前走1600m以上の重賞で上がり3Fタイム4位以内だった馬に限った、前走騎手継続or乗替&東西厩舎別成績を見てみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東・継続  8%- 8%-16% /  48円- 37円
関東・乗替  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
関西・継続 13%-22%-27% /  37円-118円
関西・乗替 15%-23%-38% / 404円-223円

まずはこのレースも中央競馬全体的な傾向と同じく西高東低。関西馬が好成績。
その中でも騎手乗り替わりとなる関西馬が好成績・高回収値。ちなみに該当馬は全馬、前走負けていた馬で、騎手乗り替わりとなることで違った面が引き出され好走に繋がっているのかといった傾向。

この時点で該当馬はカテドラル、ケイデンスコール。

父ヘイロー系のカテドラル、父ミスプロ系のケイデンスコール。
ここで過去10年のこのレースで前走重賞出走馬に限った、それぞれの父系別成績を比べてみると
    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系 10%-17%-26% / 141円-114円
ミスプロ系  0%- 0%- 8% /   0円- 31円

3歳戦で、しかもマイル戦となると、やはりめっぽう強いのがヘイロー系で。圧倒した成績に。

というわけで本命はカテドラルとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はグルーヴィットです。

前走芝の重賞で3番人気以内かつ上がり3Fタイム5位以内だった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 24%-37%-41% / 233円-143円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=カテドラル

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=グルーヴィット
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアドマイヤマーズです。
過去10年のこのレースで、5~8枠の外枠に入った馬で、前走上がり3Fタイム9位以下だったキャリア6戦以上の馬は(0,0,0,14)。また、前走0.4秒以上負けて、中2週以内で出走した父か母父ミスプロ系の馬(0,0,1,8)。3歳春で使われ過ぎの感もあるレースキャリア、加えて前走大敗の感もある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

先週は立て直しのチャンスもハズレ。3歳限定戦は相性の良いはずが・・・かえって相性が悪くなったのか!?

それなら今週は古馬GⅠ!ここで一発大きく当てたいと思います!だったので、ここでリベンジ!

伝統の古馬GⅠで渾身の一本勝負です!

 

天皇賞・春の本命馬はクリンチャーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは、過去10年のべ20頭の連対馬の前走レースを見てみると
(レース名/着度数)
■日経賞(3,3,2,47)
■阪神大賞典(3,2,5,48)
■大阪杯(3,3,1,10)
■京都記念(1,1,0,4)
■ダイヤモンドS(0,1,0,13)

その他のレースからは(0,0,2,31)と3着もたまにある程度、ということでデータ的には消し。
先の5レースのそれぞれの連対条件について細かく見て行きます。

■日経賞(3,3,2,40)
過去10年で最も多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ6頭の連対馬の共通項は
①前走7番人気以内
②前年の天皇賞・春勝ち馬を除き、前走4角6番手以内。
③前走着差0.3秒以上勝ちの馬を除き、前走騎手が継続騎乗
④父ヘイロー系または父か母父がノーザンダンサー系

該当馬はエタリオウ、クリンチャー。

■阪神大賞典(3,2,5,48)
過去10年以前には最も有力ステップでしたが、年々他の組に押されぎみ。それでも1位タイの3頭の勝ち馬を出しているのがこのレース。のべ4頭の連対馬の共通項は
①前走6番人気以内
②前走4角4番手以内
③前走負けていた馬は、過去に芝3000m以上のGⅠで3着以内の経験があること
④父か母父ターントゥ系

該当馬なし。

■大阪杯(3,3,1,10)
過去10年で日経賞の次に多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ6頭の連対馬の共通項は
①前走5番人気以内
②前走負けていた馬は、前年5月以降に芝2400m以上のGⅠで連対経験あり
③前走4角9番手以内
④関西馬

該当馬はなし。

■京都記念(1,1,0,4)
同じ京都の外回りという条件がにかよるためか、2頭の連対馬が出ているこのレース。連対条件としては
①前走6番人気以内かつ2着以内
②前走上がり3Fタイム1位
③過去に芝3000m以上のGⅠで5着以内を経験
④父か母父がヘイロー系


■ダイヤモンドS(0,1,0,13)
過去10年では1頭の連対馬が出ているこのレース。連対条件としては
①前走上がり3Fタイム1位
②前走から斤量の増なし
③前年にもこのレースに出走して着差0.4秒差以内の経験あり

該当馬はなし。

改めて該当馬は該当馬はエタリオウ、クリンチャー。

どちらも父ヘイロー系かつ今回、前走から斤量増。3kg増となるエタリオウ、2kg増となるクリンチャー。
父ヘイロー系の馬に限ったそれぞれの斤量増別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2kg増 7%-14%-24% / 419円-222円
3kg増 0%- 0%- 7% /   0円- 18円

ここはやはり斤量増でも3kg以上の一気の増は不利。狙えるのは2kg増の馬。

というわけで本命はクリンチャーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はリッジマンです。

前走重賞3番人気以内かつ上がり3Fタイム5位以内だった馬で、父か母父系がノーザンダンサー系で前走騎手が継続騎乗となった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-25%-33% / 242円-115円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=クリンチャー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=リッジマン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はユーキャンスマイルです。
過去10年のこのレースで、前走4角5番手以下だった馬で前走から斤量3kg以上増となった馬は(0,0,0,12)。また、父か母父がダンスインザダークの馬は(0,0,0,12)。一気の斤量増と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~フローラS~

テーマ:

今週はGⅠ中休み。ただ先週、先々週と3歳戦でいいとこ無しだったので、ここでリベンジ!

3歳牝馬重賞で渾身の一本勝負です!

 

フローラSの本命馬はペレです!

 

まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
未勝利  6%-10%-13% / 105円- 88円
500万下  6%-15%-22% /  79円-167円
オープン 4%- 8%-14% /  17円- 47円

好成績・高回収値となったのは前走未勝利戦組と500万下組。ただ単勝回収値が最も高い前走未勝利組は実数で2頭の勝ち馬がでている中で、11年9番人気で勝ったバウンシンチューンの一発が効いて回収値を上げている感があります。
そうなると狙い目は母数が多いながら1着5頭・2着6頭と多くの例を出している前走500万下組が狙い目。

次に前走500万下組に限った枠番別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3枠 16%-26%-40% / 191円-356円
4~6枠  0%-11%-11% /   0円- 43円
7~8枠  0%- 0%- 6% /   0円- 13円

これは内枠有利の東京芝2000mの傾向がモロに出た結果に。4枠から外となると勝ち馬すら出ず、狙いは好成績・高回収値となった1~3枠組。

また前走500万下組に限った前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番人気以内 13%-21%-28% /  79円-167円
5番人気以下  0%- 8%-14% /   0円-252円

さすがに前走下位クラスとなると昇級でも戦える実力評価は必要で、ここでの狙いは前走4番人気以内組。

さらに前走500万下クラス4番人気以内でこのレース1~3枠に入った馬の騎手継続or乗り替わり別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 40%-50%-50% / 550円-196円
乗替 25%-25%-50% /  57円- 85円

気性も激しく乗り難しい3歳牝馬。やはり乗り替わりとなるよりも、前走と同じ騎手が騎乗する方が好成績。
この時点で該当馬はペレ。

というわけで本命はペレとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はウインゼノビアです。

このレース1~3枠に入った、父か母父ロベルト系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
20%-40%-40% /  83円-496円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ペレ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインゼノビア
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はセラピアです。
過去10年のこのレースで、中3週以内のローテーションで出走となった、父か母父ナスルーラ系の馬は(0,0,0,15)。また、このレース5~8枠に入り、前走芝1800m以下の新馬・未勝利戦に出走していた馬は(0,0,0,12)。血統面にくわえて枠順の不利に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~皐月賞~

テーマ:

昨夜は早めに睡魔に襲われて寝てしまいましたので(苦笑)、遅ればせながら当日朝のブログUP!

もちろん3歳クラシックで渾身の一本勝負!

 

皐月賞の本命馬はニシノデイジーです!

 

東京開催となった11年を除く、過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 9%-12% /   0円- 76円
重賞    7%-12%-19% /  81円- 71円

牡馬三冠クラシック第一弾ということで、レースレベルは最高峰と言っていいレベル、前走条件戦・OP特別では歯が立たず、狙いは前走重賞組。

次に前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2番人気以内 10%-21%-31% /  77円- 94円
3~9番人気  2%- 4%- 7% /  53円- 54円
10番人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

こちらもレースレベルの高さを表す結果に。前走時点の実力支持は重要で3番人気以下ではガクンと成績が落ち、狙いとなるのは前走2番人気以内の馬。

さらに前走重賞2番人気以内の馬に限った、前走3角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内 23%-29%-47% / 225円-164円
5~9番手 12%-29%-41% /  54円-105円
10番手以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

中山最終週のレースとは言え、直線があそれほど長くない中山コース。またこの頃の3歳限定戦となると、とにかく前行ったスピード勝負となるのかもしれません。
いずれにせよ好成績・高回収値となったのは前走前に行けた3角4番手以内の馬。

またさらに前走重賞2番人気以内の馬に限った、レースキャリア別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4戦以内 10%-20%-31% / 114円- 84円
5戦以内 20%-30%-45% /  91円-143円

3歳クラシックとなると、一気に頂点に立つのは難しく、ある程度の経験が必要。好成績となったのはキャリア5戦以上の組。

この時点で該当馬はアドマイヤマーズ、ニシノデイジー。
ダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズ、ハービンジャー産駒のニシノデイジー。
ここでそれぞれの産駒別の「中山芝2000m戦」「良馬場」(過去5年)の成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハービンジャー 10%-18%-27% /  71円- 61円
ダイワメジャー  4%-16%-28% /  13円- 91円

勝率許容範囲の10%越えで好成績となったのはハービンジャー産駒。
ちなみにこれを前走3角4番手以内の馬に限ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハービンジャー 17%-22%-34% / 126円- 91円
ダイワメジャー  6%-20%-40% /   8円- 57円

ハービンジャー産駒の成績はもちろん回収値がかなり高くなるのは魅力。

というわけで本命はニシノデイジーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はクラージュゲリエです。

前走重賞3着以内かつ4角7番手以内で、騎手乗り替わりとなった父ミスプロ系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-20%-60% /  92円-450円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ニシノデイジー

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=クラージュゲリエ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はダノンキングリーです。
過去10年のこのレースで、前走3番人気以下且つ4角4番手以下で、このレース1~3枠に入った馬は(0,0,0,17)。キャリア3戦以下の関東馬は(0,0,0,7)。脚質面にくわえて経験の無さに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓