今週のメインエベント ~ユニコーンS~

テーマ:

先週は本命1着!2番人気とは言え、個人的にはなかなか美味しい馬券にありつけたかなと思っております。こういう美味しい馬券を、バンバン当てて行きたいですね!そんな今週もGⅠ中休み2週目。今週もバッチリ当てて上半期の総決算へ!もう一度府中の重賞で勝負!

 

ユニコーンSの本命馬はグレートタイムです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦     3%- 5%- 7% /  31円- 26円
OP特別    6%-16%-26% /  32円- 74円
中央重賞   0%- 4%- 9% /   0円- 30円
※地方重賞 27%-36%-45% / 103円- 85円
※海外重賞  0%- 0%-33% /  0円-286円

高い数字となっている前走地方重賞組・海外重賞組は今回出走なし。そうなると複勝率ベースで10%を切っている条件戦組・中央重賞組よりOP特別組を狙うのがひとまず妥当。

次に前走OP特別組に限った前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3人気以内   14%-25%-44% /  71円-131円
4~9人気    3%-18%-25% /  17円- 70円
10人気以下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

前走OP特別組から出た勝ち馬5頭のうち4頭が前走3番人気以内組。また前走人気ながら負けていた馬は、ここで評価を下げるためか回収値も一気に跳ね上がります。

さらに前走OP特別組に限ったキャリア別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5戦以内   0%-14%-21% /   0円- 29円
6~8戦   12%-25%-35% /  61円-112円
9戦以上   0%- 0%-10% /   0円- 33円

これくらいの時期になると、ある程度キャリアを積んでいないと厳しく、かと言って使われすぎもマイナス。スイートスポットになっているのはこの組の勝ち馬すべてが出ているキャリア6~8戦の組。

この時点で該当馬はグレートタイム(ルメール)、コマビショウ(武士沢)
最後は騎手データです。
「東京ダート1600m戦」(過去5年)の騎手成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ルメール 27%-41%-51% /  92円- 86円
武士沢   2%- 5%-13% /  34円-117円

ここは段違いのレベル差で好成績となったルメールがやはり狙い目。

というわけで本命はグレートタイムとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はコマビショウです。

該当馬のもう一頭を穴で。武士沢は先の騎手データで高い複勝回収値となっており、ベテラン騎手の域に入って穴ジョッキーの魅力もある一発に期待します。

 

 

 

予想評価(本命=グレートタイム

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=コマビショウ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はグリムです。
過去10年のこのレースで、外国人騎手騎乗馬を除き、前走4角4番手以下だった1~4枠に入った関西馬は(0,0,1,19)。前走5番人気以下だった父か母父ナスルーラ系の馬は(0,0,0,17)。脚質面と血統面が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~エプソムC~

テーマ:

先週はご祝儀的な意味も含めて福永の二週連続勝ちに期待しましたが、さすがにそんなに甘くは無かった。。。

今週からは2週続けてGⅠはお休み、ここで改めて立て直しましょう!もう一度府中の重賞で勝負!

 

エプソムCの本命馬はサトノアーサーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-28%-28% /   0円- 71円
OP特別  3%- 7%-10% /  11円- 22円
重賞   8%-12%-21% /  44円- 75円

条件戦組は連対率が高いと言ってもサンプル数7頭、うち2頭のみの連対馬での数字で信頼に足るものではありません。
そうなると、ここは平均的ながら安定した数字となっている前走重賞組が狙い目。

次に前走重賞組に限った年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳    0%- 0%- 0% /   0円-  0円
4歳   23%-30%-38% / 103円- 86円
5歳   4%- 9%-13% /  51円- 27円
6歳   4%- 8%-17% /  14円- 36円
7歳以上 0%- 0%-13% /   0円-155円

最も好成績・高回収値となったのが4歳馬。6月に入り本賞金の足らない4歳馬は1600万下条件に降級となっている中、このレースに出てくる4歳馬というのはそれだけ賞金を稼ぐ実力のある馬。それだけに好走する馬が多いというのもうなずけます。

また前走重賞組に限った東西厩舎別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東    6%- 6%-16% /  18円- 63円
関西   10%-18%-22% /  68円- 87円


この時点で該当馬はサトノアーサーのみ。

というわけで本命はサトノアーサーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はアデインザライフです。

前走重賞で一桁人気だった馬で、このレース斤量減となった父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 33%-66%-66% /  86円-108円
 

何頭かいる該当馬の中でも、半年以上の休養明けはさすがに厳しいと思われ、穴目となりそうなこの馬を狙います。

 

 

 

予想評価(本命=サトノアーサー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=アデインザライフ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はサーブルオールです。
過去10年のこのレースで、前走OP特別以下クラスで2番人気以下だった、5歳以上の関東馬は(0,0,0,27)。また、中9週以上の休養明け初戦となる父ヘイロー系以外の馬は(0,0,0,8)。前走下位クラス、加えてローテーションも不安なこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~安田記念~

テーマ:

先週はダービーを久しぶりに的中!これで予想機会2連続的中!

となると今週は3連続的中を目指すしかない!というわけで参りましょう!今週も、渾身の一本勝負です!

 

安田記念の本命馬はサングレーザーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別 7%- 7%- 7% /  99円- 33円
重賞   5%-12%-18% /  64円- 88円

オープン特別クラスからは連対馬=勝ち馬1頭のみ。これではさすがに狙えず、ここは断トツ前走重賞組が狙い目。

また前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
一桁人気 6%-12%-20% /  84円-102円
二桁人気 0%- 0%- 0% /   0円-  0円

前走二桁人気組からは複勝圏内入着馬はなし。狙いは前走一桁人気組。

次に前走重賞・一桁人気馬に限った、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内 17%-28%-40% /  93円-141円
3~5位  3%- 6%-16% /  97円- 75円
6位以下  1%- 7%-13% /  68円-110円

2位以内と3位以下では大差がついて2位以内の馬が好成績・高回収値。東京開催も連続開催終盤となり、速い上がりを使える馬が有利。
狙いは前走上がり3Fタイム2位以内の馬。

さらに前走重賞・一桁人気・上がり3Fタイム2位以内の馬に限った年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳   22%-33%-44% /  86円-194円
5歳  22%-44%-44% /  64円-104円
6歳  15%-23%-46% / 146円-174円
7歳以上 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
※3歳馬は該当例なし

年齢を重ねるにつれ好走は難しく、成績がガタッと落ちるのは6歳以降から。6歳馬自体の全体の回収値が高いのは昨年7番人気1着のサトノアラジンの一発が効いてのもの。
となると、成績面で比較の難しい4歳馬と5歳馬の比較。連対率がやや劣る4歳馬、とはいえ実数の複勝圏内入着数は同数。ただ、その中でも12年13番人気2着のグランプリボスや09年10番人気3着のファリダットの好走で回収値がかなり高くなっている4歳馬の方に魅力を感じます。
というわけで狙いは4歳馬。

この時点で該当馬はサトノアレス、サグレーザー、ペルシアンナイト、リスグラシュー。




最後は騎手データです。
「古馬・牡馬混合」「芝1600m以下」(過去5年)の騎手成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永  12%-30%-42% /  77円-110円
武豊  13%-20%-25% /  83円- 57円
川田  13%-17%-31% / 103円- 77円
蛯名   4%- 8%-17% /  66円- 45円

先週念願のダービージョッキーとなった福永ですが、もともと短距離重賞の強さは定評がありました。それを示すかのような連対率・複勝率そして複勝回収値のの高さ、勝率の差もほんのわずか。ここでの狙いは福永。

というわけで本命はサングレーザーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はウエスタンエクスプレスです。

2001年以降複勝圏内に入着した外国馬4頭はすべて「香港馬」「セン馬」「前走チャンピオンズマイル3着以内」と、すべて共通しているこの馬。
また先の4頭中3頭は前走騎手が継続騎乗し、今回ボウマンの騎乗停止から元サヤに戻る形で継続騎乗となったのもデータ的に好条件。

 

 

予想評価(本命=サングレーザー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ウエスタンエクスプレス
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はスワーヴリチャードです。
過去10年のこのレースで、1~3枠に入った馬で、前走上がり3Fタイム5位以下だった馬は(0,0,0,23)。また、前走芝1600m以上のレースに出走していた父か母父ミスプロ系の馬で、前走から斤量増となった馬は(0,0,1,30)。脚質面と血統面が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~日本ダービー~

テーマ:

先週はちょっとわけあってお休みさせていただきました。

休養パワーを得て、今週は全ホースマンの憧れ日本ダービーです!ここは予想する側も絶対当てたいレース!

もちろん今週も、渾身の一本勝負です!

 

日本ダービーの本命馬はワグネリアンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まず毎年言うことですが、ダービーは日本の3歳馬の頂点を決めるレースという事だけあって非常にレベルの高いレース。
のべ20頭の連対馬の前走パターンを見てみると
■皐月賞勝ち
■皐月賞14着以内までの負け
■青葉賞or京都新聞杯orNHKマイルC勝ち

の3パターン。これに該当しない馬はバッサリと消し。
ちなみに今回人気しそうなダノンプレミアム、ブラストワンピースの2頭は、前走から中6週以上の間隔となった馬が(0,0,0,4)という成績である事、またキャリア4戦以内でこのレース連対した馬は2000m以上のレースで2勝以上の経験があったことも加味してここでは今回は軽視します。
では、それぞれのパターン別に傾向を見て行くと

■皐月賞勝ち
連対馬3頭がこのパターンに該当。そもそも皐月賞を勝っていること自体十分な実力評価に値しますが、それでもその連対傾向を見てみると
①前走上がり3Fタイム3位以内
②前走と同じ騎手が継続騎乗
③前走着差0.2秒以上勝ち

今年の皐月賞勝ち馬エポカドーロはその皐月賞の上がりタイムは4位でで該当せず。ちなみに昨年の皐月賞馬アルアインも上がり3Fタイム4位で該当せず。

■皐月賞14着以内までの負け
このリベンジパターンは連対馬が12頭と最も多いパターン。その連対傾向を見てみると
①前走6着以下に敗れていた馬は前走4番人気以内。前走二桁着順なら前走2番人気以内。
②前走0.3秒以上負けていた馬は前走と同じ騎手が継続騎乗
③前4走以内に芝1800m以上の重賞勝ち
④血統について「父か母父サンデーサイレンス系」または「父キングマンボ系」

該当馬はステルヴィオ、ワグネリアン。

■青葉賞or京都新聞杯orNHKマイルC勝ち
前走皐月賞をステップとしない、いわゆる別路線組からは連対馬が5頭。そもそも、その前走1着という条件からしてもダービーの格の高さがわかります。その他の連対傾向としては
①前走0.1秒以上勝ちかつ前走6番人気以内
②前走・前々走とも上がり3Fタイム5位以内
③複勝率100%の馬を除き、前走と同じ騎手が継続騎乗
④父サンデーサイレンス系

該当馬はゴーフォザサミット。

 

改めて該当馬はゴーフォザサミット、ステルヴィオ、ワグネリアン。

ここまでキャリア6戦で休養明けから数えて4戦目のゴーフォザサミット。
キャリア6戦、休養明け3戦目のステルヴィオ。
キャリア5戦、休養明け3戦目のワグネリアン。
それぞれのキャリア+ステップ別の成績を比べてみると
※キャリアは便宜上「5戦以下組」と「6戦以上組」として分ける
(キャリア・明け)(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
6戦以上・4戦目 5%- 5%- 5% /  16円-  8円
6戦以上・3戦目  5%-11%-23% /  32円- 83円
5戦以下・3戦目 7%-30%-46% /  59円-166円

一番の好成績となったのはキャリア5戦以下で休養明け3戦目となった組。とくに秀逸なのが166円と高い複勝回収値。10年5番人気2着ローズキングダムや09年8番人気3着アントニオバローズが皐月賞負けからこのレース低評価で巻き返しているのも(アントニオバローズは間にプリンシパルSをはさんでいますが)心強いデータ。
というわけで本命はワグネリアンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はエタリオウです。

前走0.8秒以上負けていた馬を除き、前3走すべて距離2000m以上のレースで上がり3Fタイム5位以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-27%-36% / 212円-102円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ワグネリアン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=エタリオウ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はブラストワンピースです。
過去10年のこのレースで、キャリア7戦以下で、前走から距離600m以上延長となった馬は(0,0,0,21)。また、3~8枠に入った、父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,11)。キャリア不足と血統面が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週は狙いすぎた結果、見事なまでにハズレ。しかし、今週も懲りずに穴目を狙います!

そんな今週も、先週に引き続き府中のマイルGⅠで一本勝負です!

 

ヴィクトリアマイルの本命馬はジュールポレールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%-10% /   0円- 55円
OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞   5%-10%-16% /  65円-133円

荒れ傾向にあるこのレース。ただ下級クラスからの好走は難しく、連対馬は全て前走重賞組。

次に前走重賞組に限った、父系統別別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー系    6%-11%-18% / 101円-160円
ノーザンダンサー系 3%-14%-14% /  26円-141円
ミスプロ系    5%-10%-15% /  20円- 67円
その他    0%- 0%-10% /   0円- 64円

最も好成績・高回収値となったのは古馬でも中距離~短距離戦は強い父ヘイロー系。連対率のへこみはやや気になりますが狙いはこの系統。

また前走重賞組に限った、前走4角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内  9%-19%-23% /  98円-342円
5~10番手  2%- 6%-15% /  42円- 59円
11番手以下  5%- 8%- 8% /  74円- 48円

府中の馬場が荒れにくいためか、それとも牝馬同士となると上がりの脚の速い・遅いにそれほど差が出ないためか、いずれにせよ結果として出た数字は前走前めにつけた馬が好結果・高回収値。
狙いは前走4角4番手以内の馬。

さらに前走重賞組に限った前走人気別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~5人気  8%-13%-20% / 111円- 81円
6~9人気  0%- 9%- 9% /   0円-110円
10人気以下  0%- 0%- 8% /   0円-378円

6~9人気組からは昨年11番人気2着のデンコウアンジュが、10番人気以下組からは15年18番人気(最低人気)3着のミナレットが出たりはしていますが、全体の複勝率を見ると6~9人気組が9%、10人気以下組が8%ととても狙いづらい数字。
その点、先にあげた人気薄の激走馬を除いてもまだ十分な回収値にあり、勝率・連対率・複勝率も高い数字となっている前走5番人気以内組は文句なしの狙い目。

この時点で該当馬はカワキタエンカ、ジュールポレール、ミスパンテール。
休養明け2戦目となるジュールポレール、休養明け4戦目となるカワキタエンカ、休養明け6戦目となるミスパンテール。
前走重賞で5番人気以内だった馬に限った、それぞれのステップ別のこのレースでの成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
休養明け初戦 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
2~3戦目 11%-19%-31% / 146円-121円
4~5戦目  8%- 8%-16% / 111円- 65円
6戦以上   5%- 5%- 5% /  67円- 22円

牝馬、そして古馬ということで使えば使うほど疲弊しやすいもの。とは言え休養明け初戦では通用しづらく、狙いは休養明け2~3戦目の馬。
というわけで本命はジュールポレールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はデアレガーロです。

前走重賞で5番人気以内かつ4角10番手以内だっただった父ヘイロー系の馬で、このレース7~8枠に入った馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-21%-28% / 328円-124円

該当馬中人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ジュールポレール

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=デアレガーロ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアエロリットです。
過去10年のこのレースで、前走上がり3Fタイム9位以下だった父非ヘイロー系の馬で、このレース5~8枠に入った馬は(0,0,0,10)。また、前走マイル重賞勝ち馬を除く、中9週以上の休養明け初戦となる馬は(0,0,0,9)。脚質面に対して外すぎる枠とローテーションに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓