今週のメインエベント ~阪神JF~

テーマ:

先週は◎本命馬が健闘しただけに取りたかったところですが、馬券はハズレ。。。

11月の良い流れが逃げないうちに、もう一度流れを引き戻します!今週は2歳GⅠで渾身の一本勝負です!

 

阪神JFの本命馬はメイショウショウブです!

 

こ過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内  8%-15%-22% /  49円- 79円
3~9着  0%- 6%-13% /   0円- 59円
10着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

極端に言えば2歳戦というのは、将来のGⅠ馬と将来の条件馬が一緒にレースをしている部分もあり、この時点で負けているというのは、その時点でふるいにかけられ残る事が出来なかったとも言えます。
逆に好走馬は単純な着順以上の実力があるとも言え、ここでの狙いは2着以内の馬。

次にこの時期の2歳戦で主流の血統となっているヘイロー系・ミスプロ系を持っている馬、持っていない馬の成績の違いに注目してみました。

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
父か母父がヘイロー系  8%-13%-23% /  47円- 64円
父か母父がミスプロ系 12%-21%-28% /  83円- 73円
どちらでもない     6%-12%-12% /  17円-159円

ヘイロー系を持つ馬の強さは言うまでもないところではありますが、このレースでそれほど好走率が高くないのは、この後の3歳クラシックを目指して強い馬が出てくる傾向があある為と考えられます。
その点、このレースで好走率が高いのは早熟性もあり、短い距離に強い傾向もミスプロ系を持つ馬。狙いはこの血統。

また前走2着以内の馬に限った、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  3%- 8%-13% /  30円- 77円
同距離  12%-22%-33% /  45円- 87円
距離短縮 22%-22%-22% / 193円- 51円

距離短縮組は実数で(2,0,0,7)と“ピンパー”の傾向がありギャンブル性が高いことから狙いづらいところがあります。また実際問題、先のデータから父か母父ミスプロ系の馬を狙うという点で該当馬はいません。
その点で狙い目と言えるのは安定した好走率を残している前走同距離組。

この時点で該当馬はメイショウショウブ(池添)、トロシュナ(北村宏)。

最後は騎手データです。
「阪神芝1600m戦」の(過去10年)の騎手成績を比べて見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添  6%-18%-24% /  58円- 58円
北村宏 3%-10%-13% /  20円- 31円

ここは東西所属の差が出た感じ。関西がホームとなる池添の方が好成績。
というわけで本命はメイショウショウブとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はトロシュナです。

先の該当馬2頭のうちのもう一頭を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=メイショウショウブ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=トロシュナ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はダノンファンタジーです。
過去10回のこのレースで、前走1400m以下のレースで4角6番手以下だった、キャリア3戦以上の関西馬は(0,0,0,20)。また、騎手乗り替わりとなったディープインパクト産駒は(0,0,0,6)。距離面の不安と血統面が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~チャンピオンズC~

テーマ:

先週のハズレなんぞはとっとと忘れて(笑)、今週は地元・中京で行われる年に2度しかないGⅠ!

朝が早いので、もう寝ます!その前にサクサクっと予想を!もちろんそのGⅠレースで渾身の一本勝負です!

 

チャンピオンズCの本命馬はサンライズソアです!

 

このレースが中京で行われるようになった過去4回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下 0%- 0%- 0% /   0円-  0円
GⅡ・Ⅲ   0%- 9%-15% /   0円- 55円
GⅠ    14%-18%-25% / 374円-117円
※中央・地方開催場に関係なくレースクラス別のデータ

数少ない中央のダートGⅠ。その中で、この時期に行われるということは集大成と言っても良いレース。その為、レースレベルは高く、前走もGⅠをステップにしてきた馬が好走。

次に前走GⅠ出走馬に限る前走からのレース間隔別成績を見て見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内 10%-20%-30% / 159円- 94円
中4週以上 17%-17%-23% / 501円-131円

中4週以上組はとくに高い回収値が目立つものの、これは15年12番人気1着のサンビスタの一発が効いており、これを除くと複勝回収値は66円と一気に魅力の無い数字に。
その点、成績面でも高い数字となっており回収値も一般的には高いと言える中3週以内組が狙い目。

また前走GⅠ出走馬に限る前走着順別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1着    0%-16%-16% /   0円- 21円
2~5着 23%-23%-35% / 595円-179円
6着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

データから前走6着以下では、力量的に好走が難しい、というのはわかりやすいところですが、前走1着馬も成績は思わしくありません。過去5年で見ると、中央ダートGⅠのフェブラリーSとチャンピオンズCの双方を勝った馬は、昨年のゴールドドリームが出るまで、出ていませんでした。それだけ優勝馬は力量的に大差が無く、展開や条件で入れ替わりのある状態が続いています。そのため、GⅠ連勝もまた難しいということになります。
狙いは前走2~5着馬。

さらに前走GⅠ出走馬に限る前走3角位置取り別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4番手以内 21%-28%-28% / 630円-125円
5番手以下  8%- 8%-25% / 108円-119円

差し・追い込みからも勝ち馬が出ているこのレースではありますが、そもそも中京ダート1800mというコースが先行有利なコース。そのためか前走位置取りも前めにつけていた馬が有利。狙いは前走3角4番手以内の馬。
この時点で該当馬はサンライズソアのみ。
というわけで本命はサンライズソアとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はアポロケンタッキーです。

前走2番人気以内且つ4角8番手以内だった馬で、前走から騎手乗り替わりとなった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-25%-37% / 992円-280円

 

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サンライズソア

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アポロケンタッキー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はケイティブレイブです。
過去10回のこのレースで、前走3角6番手以下だった5歳以上馬は(0,0,1,16)。また前走から距離短縮となるは父ヘイロー系(0,0,0,9)。脚質面と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~ジャパンC~

テーマ:

先週は見事本命◎が1着!これでGⅠ2連勝!久しぶりに良い波が来てます!

この調子でジャパンオータムインターナショナル制覇と行きたい!そんな今週もGⅠレースで渾身の一本勝負です!

 

ジャパンCの本命馬はサトノダイヤモンドです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まず
○前走から中9週以上のレース間隔の馬(0,0,0,11)

このパターンからは連対馬は出ていませんので消しとします。

また
○外国調教馬(0,0,0,45)

このパターンもすっかり苦戦気味で消し。

さらに、ここからは日本馬の複勝圏内入着条件について見ていきます。

日本馬で連対したのべ20頭は以下のいずれかに該当。
※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走天皇賞(秋)で9人気以内かつ0.8秒差以内。
②前走芝2400~2500mのGⅡで3番人気以内かつ着差0.2秒差以内。
③前走GⅠレースに出走し3番人気以内で着差0.5秒以内or海外のGⅠで8着以内入着。

いずれかをクリアが条件。

 

さらに前走国内レースで負けていた馬に限っては2走前または3走前のレースで
④芝2000m以上のGⅠで5番人気以内で4着以内
⑤芝2200m以上のGⅡで3番人気以内で1着
⑥芝1800m以上のGⅡで1番人気で連対

をクリアしていることが条件。

この時点で該当馬はアーモンドアイ、サトノダイヤモンド
アーモンドアイは前走から距離延長となる父ミスプロ系。サトノダイヤモンドは前走と同距離となる父ヘイロー系。
それぞれの距離条件&血統別成績を比べて見ると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長・ミスプロ  0%- 0%-15% /   0円- 20円
同距離・ヘイロー  13%-33%-40% / 114円-106円

距離延長のミスプロ系は2頭の3着馬が入るものの1番人気と2番人気馬で人気を裏切っての結果であることも割引。
その点前走同距離のヘイロー系は昨年・一昨年とこのパターンが連勝しているのも好条件。
というわけで本命はサトノダイヤモンドとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はサトノクラウンです。

前走4角9番手以内且つ前走から騎手乗り替わりとなる、父か母父ミスプロ系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 14%-28%-42% / 190円-100円

 

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サトノダイヤモンド

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=サトノクラウン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はスワーヴリチャードです。
過去10回のこのレースで、前走4角10番手以下かつ上がり3Fタイム3位以下だった馬で、このレース6~8枠に入った馬は(0,0,0,10)。また、前走1.0秒以上負けていたヘイロー系の馬は(0,0,0,12)。不利な脚質、加えて前走大敗が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

先週は・・・なんと馬券が当たったんですね~。本命が4着だったけど、穴馬★が2着に来てくれたおかげで、当たったんですね~。いや~幸せ~。この幸せを毎週味わいたい!という思いを込めて、今週もGⅠレースで渾身の一本勝負です!

 

マイルCSの本命馬はステルヴィオです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  0%- 0%-16% /   0円- 63円
重賞      5%-11%-16% /  74円- 55円

マイルを得意とする馬以外にも中距離路線やスプリント路線、さらには年によっては外国馬の参戦もありレベルの高いのこのレース。前走格下のクラスに出走していた馬は通用しづらく、ここは前走重賞組を狙うのが無難。

つぎに前走人気別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内  8%-16%-24% / 110円- 74円
6人気以下  1%- 2%- 5% /  14円- 27円

こちらもレースレベルの高さを示すかのように、前走時点で実力評価をされていた上位人気馬が好走。ボーダーラインは5番人気以内で、それ以下になると好走は厳しくなります。

さらに前走上がり3Fタイム順位別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1位   15%-30%-40% / 113円-102円
2~5位  0%-10%-17% /   0円- 33円
6位以下  6%- 8%-11% /  99円- 54円

中間の2~5位組に限って勝ち馬が出ていないという不思議な結果ではあるものの、それはそれとして特筆すべきは前走上がり3Fタイム1位だった馬の好成績と高回収値。直線の長い京都外回りコース。断トツに速い脚が使える馬は、それだけ有利と言えます。

この時点で該当馬はステルヴィオ、ロードクエスト。
ロードカナロア産駒のステルヴィオ、マツリダゴッホ産駒のロードクエスト。
それぞれの種牡馬別の京都芝1600m(外回り)戦の成績を比べて見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ロードカナロア  9%-14%-24% /  27円- 38円
マツリダゴッホ  0%- 1%- 7% /   0円- 75円

回収値の低さは気になるものの、ここは勝ち馬を出しているロードカナロア産駒が狙い目。
というわけで本命はステルヴィオとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はロードクエストです。

該当馬のもう一頭を穴で。

先のデータ通り前走上がり最速の脚を使えていて、しかも重賞を勝っているのにこの人気はおいしすぎ。

 

 

予想評価(本命=ステルヴィオ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ロードクエスト
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はモズアスコットです。
過去10回のこのレースで、前走このレース3~8枠に入った馬で、前走58kg以上の斤量を背負って中3週以内の出走となった関西馬は(0,0,0,12)。また、前走負けていた父か母父サドラーズウェルズ系の馬は(0,0,0,10)。前走酷量からレース間隔詰めすぎのステップ、加えて、加えて血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

先週はブログ予想馬券はハズレ。JBCなら多少良いとこあったんですが(苦笑)。

まあ、気を取り直して今週からGⅠ連戦!バンバン攻めて当てて行きたいと思います!

そんな今週は牝馬GⅠで渾身の一本勝負です!

 

エリザベス女王杯の本命馬はレッドジェノヴァです!

 

過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて5つのパターンに分類されます。
①府中牝馬S②秋華賞③(国内)牡馬混合重賞④牡馬混合条件戦⑤海外のレース。
今回⑤に該当する馬の出走はありませんので①~④それぞれの前走レース別成績を比べて見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
①府中牝馬S     3%- 6%-13% /  50円- 54円
②秋華賞       8%-17%-25% /  70円- 44円
③国内牡馬混合重賞 12%-25%-29% / 412円-190円
④牡馬混合条件戦   0%- 4%- 8% /   0円- 38円

①②はこのレースのステップとしては王道とも言えるためサンプル数も多くその分低い数字になりやすいところもありますが、その逆を言えば少ない選択肢の中から高確率で好走し、かつ高回収値となりやすい前走③国内牡馬混合重賞組を狙うのが手っ取り早いとも言えます。

次に前走国内牡馬混合重賞出走馬に限った、前走3角位置取り別成績別成績
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内 16%-41%-41% / 699円-333円
6番手以下  8%- 8%-16% / 126円- 46円

Bコースに替わってまだ2週目であること、加えてスタート後の直線が長くスタート後から前を取る争いが激しくならない事からゆったりしたペースで前めの内側にいる馬が有利になりやすいこのレース。狙いは前走4角5番手以内の馬。

また前走国内牡馬混合重賞出走馬に限った、前走騎手継続or乗り替わり別成績
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 17%-29%-35% / 582円-141円
乗替  0%-14%-14% /   0円-307円

乗り難しい牝馬、ここは前走から継続騎乗で手の内に入れている騎手の方が有利。狙いは継続騎乗組。

この時点で該当馬はレッドジェノヴァのみ。

というわけで本命はレッドジェノヴァとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はクロコスミアです。

過去10年で前年の複勝圏内入着馬が再び複勝圏内に入着した例が5回あるこのレース。
国内で数少ない芝2200mでのGⅠレース。さらには、年内だけでも戦い尽くして、ある程度の力量差がはっきりしている古馬牝馬戦というのがその要因かもしれません。
今回の出走馬で前年のこのレースの複勝圏内入着馬は2頭。そのうち人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=レッドジェノヴァ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=クロコスミア
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はノームコアです。
過去10回のこのレースで、前走秋華賞連対馬を除く、関東馬の3歳馬は(0,0,0,8)。また、前走GⅡ以上の重賞勝ち馬を除く、父か母父ヴァイスリージェント系の馬は(0,0,1,14)。このレース相性の悪い関東馬、加えて血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓