今週のメインエベント ~秋華賞~

テーマ:

秋ですね~。プロ野球も残るはポストシーズンのみ。そして、我がタイガースも監督交代が決定。自分もそろそろ変わらなきゃ!ってことで、今週こそはドカンと当てたい!そんな今週はもちろん、牝馬GⅠで一本勝負!

 

秋華賞の本命馬はサラキアです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見て見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦    0%- 3%-11% /   0円- 42円
OP特別   2%- 2%- 2% /  29円-  5円
GⅡ・Ⅲ  8%-17%-24% /  57円-139円
GⅠ    0%- 0%- 0% /   0円-  0円

前走GⅠ組は過去20年レベルで遡れば優勝例もありますが、ここ10年で見ると3着内も無し。
また一時期穴馬を出す事に定評のあった、前走条件戦組もここ10年では好走例はほとんど見られません。
その点含め、好成績・高回収値となっているのは前走GⅡ・Ⅲのトライアル出走組。狙いはこの組。

次に前走GⅡ・Ⅲ組に限った前走人気別成績を見て見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内 15%-26%-33% / 101円- 77円
6~9人気   0%- 7%-11% /   0円- 55円
10人気以下  0%- 0%-15% /   0円-460円

前走10番人気以下の複勝回収値が高いのは、08年16番人気3着のプロヴィナージュがかなり引っ張っての数字。
いずれにせよ、このデータからは勝ち馬はすべて前走5番人気以内の組。ここは、この組で異論なし。

また前走GⅡ・Ⅲ組に限った前走騎手の継続or乗替&東西所属騎手別成績を見て見ると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東・継続   4%-12%-12% /   9円- 22円
関西・継続 10%-22%-33% /  85円- 95円
関東・乗替   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
関西・乗替  10%-10%-20% /  47円-441円

関西騎手の乗替組の回収値が高いのは、これまた08年3着のプロヴィナージュがかなり引っ張ってのもの。
その点、目をつぶれば、ここは好成績・高回収値となった関西騎手の継続騎乗組が狙い目。

この時点で該当馬はサラキアのみ。

というわけで本命はサラキアとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はオールフォーラヴです。

前走オープンクラスで3番人気以内だった関西馬のディープインパクト産駒は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 50%-62%-62% / 258円-101円

 

前走人気が嘘のように人気の無い、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サラキア

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=オールフォーラヴ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はラッキーライラックです。
過去10回のこのレースで中9週以上の休養明け初戦となった馬は(0,0,0,20)。また、前走5番人気以下で前走から騎手乗り替わりとなった父ヘイロー系の馬は(0,0,0,26)。ローテーションと直前の騎手乗り替わりに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~毎日王冠~

テーマ:

先週は見事なまでにハズレてしまった秋のGⅠ開幕戦。今週は一旦中休みということで、ここで立て直したいと思います!

そんな今週は3日連続開催ということで、日曜重賞はいやがおうにもこれのみ!もちろん、この伝統のGⅡ戦で渾身の一本勝負です!

 

毎日王冠の本命馬はサトノアーサーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走4角位置取り別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
6番手以内  9%-18%-26% /  71円- 68円
7~12番手  7%-10%-15% /  67円- 47円
13番手以下  0%-17%-30% /   0円-226円

前走4角13番手以下の馬は回収値は高いものの2着・3着どまりの印象が強く頭までは狙えません。
その点も含めて見れば前走6番手以内の馬が好成績・高回収値。開幕週ということもあり、狙いは前走6番手以内の組。

次に前走距離別成績を見て見ると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  5%-22%-22% /  19円- 33円
同距離  25%-25%-41% / 105円- 94円
距離短縮  6%-12%-22% /  89円- 78円

芝の距離1800mというのは国内ではGⅠの行われない、いわゆる非根幹距離。そのせいもあってか、この距離に限って得意な馬というのが力を発揮することもしばしば。
実際数字にもその傾向は現れていて、前走同距離組が断トツの好成績。狙いはこの組。

というわけで本命はサトノアーサーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はカツジです。

キャリア6戦以内の3歳馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-42%-42% / 275円-122円

 

クラシック距離に向かなかった3歳馬が、距離短縮で穴を出すケースが見られるこのレース。該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サトノアーサー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=カツジ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアエロリットです。
過去10回のこのレースで4~8枠の外枠に入った、前走から騎手の乗り替わりとなる4歳以上の関東馬は(0,0,1,15)。また、前走宝塚記念出走馬を除き、前走5番人気以下かつ上がり3Fタイム6位以下だった父か母父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,0,11)。外枠と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~スプリンターズS~

テーマ:

先週はうっかりUPし忘れてしまいまして、テヘッ。まあ、ちょうど良い一週お休みになったということで、リフレッシュ気分で秋のGⅠシリーズに突入しましょう!

秋のGⅠシリーズ開幕戦は電撃のスプリント戦!いきなり稲妻の走るような、衝撃的な馬券的中を目指して渾身の一本勝負です!

 

スプリンターズSの本命馬はダイメイプリンセスです!

 

過去10年、うち新潟開催だった14年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内 10%-19%-28% /  63円- 97円
5~9人気  0%- 0%- 5% /   0円- 45円
10人気以下  0%- 5%- 5% /   0円- 35円

前走はまだ休み明けの一叩きという馬も多い中で、重要なのは結果よりもそこで力を支持されていたかどうか。狙いは前走4番人気以内の馬。

次に前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
6番手以内  7%-15%-22% /  47円- 92円
7番手以下  4%- 8%-14% /  24円- 54円

展開次第で差し馬の出番があるのも確かですが、とにかくスピード比べの要素が大きいスプリント戦とあって、トータルでは前に行ける馬の方が有利。狙いは前走4角6番手以内の馬。

さらに前走4人気以内かつ4角7番手以内だった馬に限る、年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3歳以下  0%- 0%-20% /   0円-148円
4~5歳 17%-32%-41% /  97円-133円
6歳以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

さすがに3歳馬ではまだ一流の古馬に挑戦するのは早すぎ、また高齢馬も好走は難しく、狙いは脂の乗りきった4~5歳馬。

さらに前走4人気以内かつ4角7番手以内だった馬に限る、東西厩舎別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
関東  0%- 0%-20% /   0円- 70円
関西 11%-25%-31% /  75円-111円

関東場のレースであるにもかかわらず、それを凌駕する西高東低の傾向。ここの狙いは関西馬。

この時点で該当馬はダイメイプリンセス、ファインニードル。

父ノーザンダンサー系のダイメイプリンセスと、父ミスプロ系のファインニードル。

ここで前走4人気以内かつ4角7番手以内だった馬に限る、父系統別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー 18%-31%-43% / 171円-131円
ミスプロ  13%-33%-40% /  38円-142円

連対率では僅差で下回ったものの、全体的な回収値の高さも含め高い数字が並んだのはノーザンダンサー系。

というわけで本命はダイメイプリンセスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はラッキーバブルズです。

9月の中山最終週開催となった00年以降、外国馬に限り、前7走以内にスプリント重賞で連対経験があり、前走から斤量減で出走した馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-25%-33% / 295円-157円
 

香港馬は常に警戒が必要とも思われ。この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ダイメイプリンセス

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ラッキーバブルズ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はナックビーナスです。
過去9回のこのレースで、重賞3連勝馬を除き、前走から斤量増かつこのレース4~8枠の外枠に入った牝馬は(0,0,0,11)。前走上がり3F6位以下だった関東馬は(0,0,1,20)。夏のスプリント戦と違い好走が難しい牝馬、加えて脚質面にも不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~ローズS~

テーマ:

今週からいちおう世の中的にはシルバーウィークというのでしょうか、連休2週連続でお金使いそうな予感です。

なんとか馬券でドカンと資金作りをしたい!そんな今週は、牝馬重賞で渾身の一本勝負です!

 

ローズSの本命馬はサラキアです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはレースキャリア別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
6戦以内 10%-21%-23% / 117円-110円
7戦以上  3%- 6%-16% /  40円- 83円

上がり馬の好走もあれば、春のGⅠシーズンの活躍馬がその力を発揮するケースも見られるこのレース。
ただ、その中で言えるのは「上がり馬とはいえ、レース数を使ってきた馬の好走は厳しい」「春シーズンにGⅠに出走していてもそれまでにレース数を使っていては厳しい」ということ。ここでの狙いはキャリア6戦以内の馬。

次にキャリア6戦以内の馬に限ったレース間隔別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内  0%-10%-10% /   0円-185円
中4~8週 20%-30%-40% / 386円-162円
中9週以上 13%-25%-25% / 104円- 56円

春シーズンにGⅠ戦線で活躍した馬の好走例も多いですが、それ以上に好成績・高回収値となっているのが夏の上がり馬で中4~8週とここを狙いすましてきた馬。とくに実力が未知数な分、非常に高い回収値となっているのは魅力的。

この時点で該当馬はサラキア(池添)、センテリュオ(北村友)。


最後は騎手データです
「3歳牝馬限定」「重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添  15%-23%-30% / 192円-165円
北村友  7%-14%-14% / 159円- 73円

3年前にはこのレースも勝利している池添の方が好成績・高回収値。

というわけで本命はサラキアとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はフィニフティです。

キャリア4戦以内で前走一桁人気の関西馬の成績は
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添  9%-27%-27% / 240円-336円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サラキア

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=フィニフティ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はオールフォーラブです。
過去10年のこのレースで、前走1着馬を除き、前走から騎手乗り替わりとなった父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,0,20)。前走4角5番手以下で、かつ前走1.0秒以上負けていた馬は(0,0,1,23)。血統面と前走大敗に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~セントウルS~

テーマ:

今週からは秋競馬開幕!夏の嫌な思い出はすべて捨てて、ここから新たなリスタートと行きたい!(笑)

そんな今週は西のスプリント戦で、渾身の一本勝負です!

 

セントウルSの本命馬はアドマイヤゴッドです!

 

過去10年のこのレースのデータから。過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
一桁人気  9%-16%-26% / 108円-108円
二桁人気   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

サマーシリーズを戦ってきた馬もコース替わりとなる今回。またGⅠ戦線常連組も、前走レベルの高いGⅠから、ひとまず格の落ち着くGⅡ戦に。
そういった背景もあって、前走着順より、前走時点でどれだけ実力評価されてきたかがここでは大事。狙いは前走一桁人気組。

また前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内  9%-19%-27% /  77円- 63円
6位以下   5%- 7%-13% /  83円- 95円

ここ最近の芝の育成管理方法の改良や、そもそも坂のある阪神コースということで開幕週でも行った行ったのスピードで押し切るのは難しいこのレース。重要となるのは上がりの速い脚で、狙いは前走上がり3F5位以内の馬。

さらに前走からのレース間隔別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中3週以内  6%- 7%-15% /  54円- 89円
中4~8週 17%-29%-29% / 132円- 81円
中9週以上   8%-11%-17% /  68円- 88円

ここが休養明け初戦となり、今後GⅠ戦線を目指す馬にとっては取りこぼしが目立つこのレース。また、あまりレース間隔をつめて賞金上積みやサマーシリーズ好結果を目指す馬も好走は難しいと言った結果。
狙いはゆったりしたローテーションで、ここを狙いすました中4~8週組。

この時点で該当馬はアドマイヤゴッドのみ。

というわけで本命はアドマイヤゴッドとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はグレイトチャーターです。

前走芝の重賞で4着以内だった父か母父ノーザンダンサー系の馬は
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5%-36%-47% /  33円-117円

 

該当馬中人気のなさそうな、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=アドマイヤゴッド

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=グレイトチャーター
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はラブカンプーです。
過去10年のこのレースで、前走上がり3Fタイム10位以下だった馬で、このレース騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,1,17)。また、前走GⅠ出走馬を除き、前走3番人気以下だった父プリンスリーギフト系の馬は(0,0,0,14)。脚質面と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓