今週のメインエベント ~小倉2歳S~

テーマ:

先週は久しぶりに本命的中を決めたところで、勢いを駆って夏競馬を締めたいと思います!そんな、今週も渾身の一本勝負です!

 

小倉2歳Sの本命馬はシトリカです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着差別成績に注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝0.3秒以上 11%-23%-32% /  48円- 90円
勝0.0~0.2秒  3%- 8%-13% / 209円- 73円
負け       3%- 3%-10% /  12円- 18円

0.0~0.2秒勝ちの組の回収値が高いのは14年15番人気1着のオーミアリス一頭が数字を引っ張ってのもの。
それを考慮すると、狙い目となるのはやはり前走圧勝の0.3秒以上勝ちの組。

次に前走からのレース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
連闘     0%-10%-15% /   0円- 75円
中1週    5%- 5%-10% /  18円- 29円
中2週    2%- 7%-11% /   8円- 29円
中3週   10%-20%-27% /  65円- 58円
中4週以上 12%-20%-30% / 334円-135円

好成績・高回収値となったのは中4週以上組。ここは急なローテーションより、ある程度間隔をあけてここに照準を絞ってきた組が優秀。

この時点で該当馬はシトリカのみ。

というわけで本命はシトリカしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はジュンドリームです。

7~8枠に入った父か母父ノーザンダンサー系の馬で前走4角4番手以内だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 11%-29%-35% /  65円-121円

 

該当馬中、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ーシトリカ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ジュンドリーム
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はアイアンクローです。
過去10回のこのレースで前走4角5番手以下だった馬は(0,0,1,20)。また、父ミスプロ系で騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,0,12)。脚質面と血統面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~新潟2歳S~

テーマ:

先週は人気のエアスピネルを消せただけでも良しとしましょう!今週こそ◎・当てるそ!そんな、今週も渾身の一本勝負です!

 

新潟2歳Sの本命馬はフロンティアです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走距離別データに注目。
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  5%- 9%-14% /  57円- 84円
同距離   11%-19%-27% /  45円- 96円
距離短縮  0%- 9%-15% /   0円- 66円

まだ若駒のためか距離変化への対応は難しいようで、前走同距離組が好成績。狙いはこの組。

次に前走同距離組に限った、前走着差別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝0.1秒以上 23%-38%-38% /  95円-124円
勝0.0秒差   0%- 0%-11% /   0円- 75円
負け       0%- 0%- 0% /   0円-  0円

一つの負けが大きなレベル差を作るこの時期の2歳戦。1着馬であっても僅差勝ちでは苦戦気味で、狙いは前走0.1秒以上勝ちの組。

さらに前走4角位置取り別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2番手以内 10%-30%-30% /  25円-119円
3~9番手  9%-14%-28% /  49円- 99円
10番手以下 20%-20%-20% /  72円- 38円

まだまだ、この頃の2歳戦はかけっこのような面もあり、とにかく前にいったもの勝ち。狙いは前走4角2番手以内の馬。

この時点で該当馬は、ダンツセイケイ(田中勝)、テンクウ(北村宏)、フロンティア(岩田)。

最後は騎手データです。
「2歳限定重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
岩田  15%-27%-42% /  70円- 76円
北村宏  0%-10%-10% /   0円- 14円
田中勝  0%- 0%- 8% /   0円- 30円

1着経験の無い2人に対して、断トツの好成績となっているのが岩田。昨年もこの時期(7~9月期)の2歳重賞で3勝する等、この条件での強さが目立ちます。

というわけで本命はフロンティアしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はトッカータです。

前走上がり3Fタイム2位以内の脚を使い1番人気・1着だった関東馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 10%-26%-36% /  74円-182円

 

該当馬中、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ーフロンティア

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トッカータ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はムスコローソです。
過去10回のこのレースで騎手乗り替わりとなった、父系・母父系とも非ヘイロー系の馬は(0,0,1,20)。また、前走1400m以下のレースに出走し今回中8週以上の休養明け初戦となった馬は(0,0,0,8)。血統面とローテーションに不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~札幌記念~

テーマ:

先週はオールスター競輪があったり、来週はボートレースメモリアルがあったりと、いろいろと忙しいわけですが(苦笑)、とにかくギャンブル運が絶不調(苦笑)。まずは、今週の競馬でコツコツと当てて行きたいと思っております。そんな、今週も渾身の一本勝負です!

 

札幌記念の本命馬はアングライフェンです!

 

過去10年、うち函館開催だった13年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
前走クラス別成績
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%-14%-14% /   0円-175円
OP特別   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
重賞    8%-14%-23% /  99円- 67円

さすがに夏の大一番、北海道開催唯一のGⅡ。前走クラスOP特別以下クラスでは歯が立たず、好走馬のほとんどは前走重賞組。


次に前走重賞出走馬に限った前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3人気以内 12%-22%-32% / 142円- 69円
6~9人気 11%-15%-22% / 127円- 66円
10人気以下   0%- 3%-15% /   0円- 66円

複勝回収値に差は無いものの、その他の数字は人気上位程、高い数値になっています。やはり、ここも高レベルレースらしく、前走時点で実力を高く評価されていた馬が有利。狙いは前走3番人気以内の馬。

この時点で該当馬はアングライフェン(福永)、エアスピネル(ルメール)。

最後は騎手データ。
「札幌コース」「古馬混合重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永   10%-40%-60% /  52円-181円
ルメール  16%-33%-33% / 286円- 73円

昨年このレースを5番人気ネオリアリズムで勝ったルメールの単勝回収値は魅力ですが、今年・一昨年のクイーンSでは1番人気で勝てておらず人気馬との相性に不安があります。
その点、1番人気~9番人気の幅広い層の馬で6度の複勝圏内入着例のある福永、連対率・複勝率の高さも魅力があります。

というわけで本命はアングライフェンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はロードヴァンドールです。

今回1~4枠に入り、前走GⅠで4角4番手以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-50%-75% /  60円-167円

 

過去多くの穴馬を出している内枠から。この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ーアングライフェン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ロードヴァンドール
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はエアスピネルです。
過去9回のこのレースで、父か母父ミスプロ系馬で前走4角10番手以下だった馬は(0,0,0,7)。7~8枠に入った4歳以下の馬は(0,0,0,11)。脚質面に加えて外枠が不利となりそうなこの馬、先の該当馬ではありますがあえて消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~エルムS~

テーマ:

世間はお盆ですね。お盆は、どこ行っても激込み。そんな時は、家でゆっくりPATで馬券勝負に限る!というわけで、気合い入れてまいりましょう!今週も渾身の一本勝負です!

 

エルムSの本命馬はクリノスターオーです!

 

過去過去10年で開催月にばらつきはありますが、そこは気にせず。ただ、函館開催だった13年、新潟開催だった09年を除く、過去8回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  9%-13%-21% /  75円- 53円
中央重賞    0%-11%-14% /   0円- 63円
地方オープン  0%- 0%- 0% /   0円-  0円
地方重賞   18%-37%-56% /  86円-165円

OP特別以下クラスが力不足で成績不振なのはともかく、砂質的問題なのかレース間隔的問題なのか思いのほか数字が低いのが前走中央重賞組。
逆に好成績・高回収値となっているのは前走地方重賞組で、狙いはこの組。

次に前走騎手継続・乗り替わり別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 11%-21%-31% /  41円- 80円
乗替  4%-10%-16% /  67円- 63円

ここは、その相性の良かった前走でも乗っていた同騎手の継続騎乗の方が好成績。
この時点で該当馬はクリノスターオーのみ。

というわけで本命はクリノスターオーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はドリームキラリです。

前走地方重賞で4着以内だった5歳以下の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-42%-71% / 124円-151円

 

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=クリノスターオー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ドリームキラリ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はロンドンタウンです。
過去8回のこのレースで、今回騎手乗り替わりとなる、前走3角7番手以下だった馬は(0,0,0,20)。前走二桁着順の馬は(0,0,1,18)。脚質面に加えて前走大敗が不安な、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~小倉記念~

テーマ:

さあ、8月になりました!夏競馬ももう折り返し、あっという間に秋のトライアル、秋のGⅠが来て、有馬記念ももうすぐです(気が早い。笑)。それは、ともかく夏のうちに力をつけて、秋の戦いに備えるのは馬にも人にも必要。ここから、積み上げて行きたいと思います!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

小倉記念の本命馬はスピリッツミノルです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、このレースの斤量別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
54.5kg以下  4%- 9%-16% /  83円- 80円
55~57kg    9%-17%-21% / 151円- 88円
57.5kg以上  0%- 0%-30% /   0円- 90円

ハンデ戦と言えども、さすがにこの夏の暑さで酷量は厳しすぎるのか57.5kg以上の組からは連対馬が出ておらず苦戦。好成績となっているのは55~57kg組。

次に前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  8%-12%-20% /  62円-105円
OP特別  0%- 0%- 7% /   0円- 42円
GⅢ   6%-14%-20% /  97円- 80円
GⅡ  14%-14%-14% / 924円-194円
GⅠ  22%-44%-55% / 101円-120円

GⅠ出走馬が、夏のシリーズに出てくるということは余程の自身があってのこと。ここでの狙い目は前走GⅠ組。

というわけで本命はスピリッツミノルとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はケイティープライドです。

前走重賞で上がり3Fタイム5位以内、かつ前走と同じ騎手が騎乗した馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
21%-28%-35% / 228円-105円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=スピリッツミノル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ケイティープライド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はバンドワゴンです。
過去10年のこのレースで、前走芝2000m以下のレースで0.6秒以上負け、かつ上がり3Fタイム9位以下だった馬の成績は(0,0,1,40)。また、騎手乗り替わりとなった父か母父リファール系の馬は(0,0,0,9)。前走大敗、加えて血統面にも不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓