メロンを買う

テーマ:

お嬢さんが生後半年

 

半年を記念してメロン

 

じゃじゃーん

 

 

 

お祝いにメロンてちょっとスネ夫みたいだけど(イメージ)

 

いいんだ 

そして帰り道重かったんだー

 

 

 

スイカみたいにたたくわけにいかず数日テーブルにかざっていたら

ダンナサマに「いつ食べるの?」って聞かれるまでオブジェだと思っちゃってた

切ったとたんあふれ出る果汁

まな板吸おうかちょっと迷ったよ母は

 

まだ新しいまな板だし

 

 

 

旅行帰りにちょっとよってくれた父と母

よってかないの?って聞くまでよらないで帰るつもりだったとは!

お昼ごはんにピザでもとるか(ちょっとワクワク)だったのに

いなり寿司作ったのえーらーいー

急いで生姜とごま買いに行ったもの

 

 

 

 

 

ある日のお昼ごはんにモスのバーガー4つお届け依頼

 

ふうふでペロリ

 

でも「お昼パンだったから」っていうわけでおやつはたくさん

米最強説

 

 

 

離乳食が始まったのでファルスカを

ゆらゆらから変形してもらったのです

 

 

 

 

 

 

 

 

新生児から大人になっても使えるファルスカ

まずデザインがすきー

 

 

 

 

寂しい生活

テーマ:

 

乳児連れ3人家族となった我が家は最近もっぱらフードコートでごはん

リンガーハットおいしい おいしい

 

 

 

 

それがこの前ふつうのお店で食べられたのです ヒャッホー

でも担々麺

麺好きだったっけ?

 

 

 

 

災害がたくさん

できることが本当にない

 

いなくなってしまったひとを思って

泣いて暮らす

そういうことじゃない

明日は我が身

自然は容赦ない

いなくなってしまったひとたちのことを

忘れないでいる

そして毎日精一杯生きる

それくらいしかできない

 

 

 

どんなに世界が機械に囲まれても

自然が一番上にいる

 

どうかどうか

 

地球に勝手に居候しているのだから

少しでも迷惑かけずに生きていけるよう努力する

 

 

 

 

寂しい生活

稲垣えみ子

 

好きすぎる稲垣さん

報道ステーションにたまに座っているのを見て

ぽーっとなってしまう

 

できることは少ないけど

お手本となる本

 

電気の会社を変えたら毎日電気使用量がグラフで見られるのです

これからの季節は節電にぴったし!

 

 

 

 

また大きなお鍋にたっぷり作ったあんこ!

新聞紙とタオルと毛布にくるんで保温調理!

 

 

 

相撲がはじまった

 

ピザがくるときってわくわくする

ありがとう、ピザ!

予定よりちょっと早くくるとちょっとうれしい

遅くくるよりよっぽど平和

 

 

くくくくく

<<<

 

 

 

 

食べ方帖 長尾智子

 

コーヒー豆を挽くきかいで

緑茶をガーッとやればいいんですってよ!

やーる!

 

 

 

 

夏はくパンツをずっと探していて

 

条件は、

 

麻か綿のみであること

ワイドであること

アンクル丈でないこと

 

 

やっと見つけたのが

ユニクロー!

 

夏真っ盛りだというのに安くなっていて

ユニクロありがとう。

色違いと2本買って制服のように毎日はいているのです

 

 

 

梨まいにち食べる生活がスタート

 

去年よりもむくのがうまくなっている!

 

 

 

うちのお嬢さんもうすぐ6か月

 

女の子女の子した服にどうにも興味が持てなくて

母には「絶対男の子!」と言われているのです

絶対ってなに、絶対女の子だし!

ボーダー買うなら赤より紺だし

 

 

おさがりでかわいい服もらったー!

後ろでりぼんて、ハァハァ…たまらん

 

 

 

ダンナサマも母もお嬢さんの髪の毛がいっこうに

伸びないことをやたら言うのです

ベリーベリーショート(後頭部なんてすれてうっすら)で

こんだけかわいいんだからいいじゃないの!って思う

 

 

 

 

 

 

実家で見た夕日

「実家での日々…ああ」なんて物思いにふける時間はもはやない

 

でも親離れできてない親なもんで

「次こっちにくる予定はまだ決まってないの」と母に聞く

 

 

 

 

ずっと持っていて使っていた鉄のフライパンが突然なじみだす

そう、それは本当に突然

 

いい具合に焼ける

 

テフロンのフライパンはあると便利だけど一生使えるフライパンを

家事の武器として持つのはスッテキー

 

 

 

 

だもんで作ったあんこをはさんでみてどら焼き

でもなにかが違う

というかほとんど違う

これはおいしいどら焼き買ってきて研究せにゃならん

 

しっかし暑い中ちまちまちいちゃなパンケーキみたいなの焼くのは

本当に大変

焼いたはしから食べていく。忙しい。

 

 

 

実家からもらってきた大葉はブレンダーでガーッとやって

オリーブオイルと塩でとじこめる

いつまでもきれいな緑色

 

ついでにダンナサマが買ってきた生姜もガーッとやって

オリーブオイルで油攻めにする

 

 

 

 

モラタメさんからいただいた佐賀のさばの燻製

 

 

盛りつけている(ならべてるだけ)ときから

口に入れたい衝動にかられる

ぐっと我慢してご飯とともにいただきました

(ノンアルコール夫婦)

お酒の肴として生まれた商品かもしれませんが

ごはんにもばっちし合いました!

脂ののった対馬産の鯖、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

実家に3週間

テーマ:

 

長野の実家に3週間滞在していたのです

拉致のように父と母が迎えにきてくれて

あれよあれよという間に3週間

 

 

ヤングコーン食べてとうもろこし食べて

 

 

いつもの朝ごはんにとうもろこし1本を追加

実家でとれる野菜はカロリーゼロだもんで

 

 

 

 

 

きゅうり食べて

 

なんだかんだきゅうりはもろきゅうが一番

娘もまねごとでかじってました

 

 

 

 

プラムおいしいねって言いながらプルーン食べて

 

 

果物がとれる木ってすーてーきー

プルーンの木の隣に謎の実をつけた木があるんだけども

結局ずっと正体不明だったのです

 

 

 

 

売り物ではなかなかない硬い桃かじって

 

 

みてくれはあれだけども甘かったー

去年は妊娠中で果物がやたらおいしく感じたんでした

この桃もひとりでかじってた

 

 

 

長野県民のおやつ 牛乳パン食べて

 

食べて寝ていたらダンナサマが迎えにきてくれて

号泣しながら父と母と別れて戻ってきたのです

 

 

今回は泣かなそう!って直前まで思っていたのに

涙腺てのは突然崩壊するのね、

娘がよくやる「へ」の字の口になって

涙ぽろぽろ出ちゃった

 

 

 

むすめにメロメロだった父と母

「〇〇ちゃんだけおいてかない?」

あああああ、言った!本音言った!

 

実家滞在中に乳腺炎のような感じで熱を出した娘に対して

父は「〇〇ちゃんは大丈夫なの?」

言ったよー、お味噌汁飲めないくらいふらふらの娘に言ったよー

 

ちなみに毎朝のお味噌汁は父が作るのです

とうもろこしも毎朝ふかしてくれた、、

ああ 戻ったんだなぁ