柳原敏正のブログ
フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意-全7回無料メールレッスン





Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2010年06月18日

力が返ってくる感覚

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-24


踵を踏んだタイミングで、

ラケットはいっぺんに跳ね上がっていきます。

このリズムが狂ってしまうと、

うまく打てません。



この、踏んだタイミングで、上がってくる、

という感覚を、身につけてください。



踏むタイミングがずれてしまうと、

うまく返ってこないの、

最初わからないかもしれません。



力が返ってくるようになるまで、

まずは、素振りでもいいので、

何回も繰り返しやって、

この感覚を、身につけてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

NEW
No.10祝
テニスブログランキング


----------------------------------------------------------------
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月17日

股関節の角度

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-23

地面を踏む時の注意として、

股関節が曲がらずに、

踵では踏んでいるんですが、

膝が前に出てしまっている状態で、

曲げてしまう人もいます。

そうすると、ももの前の辺がすごく張ってきます。



そうではなくて、膝が出すぎず、

多少前には出ますが、目安としては、

つま先より前に出ないようなイメージで、

そして、お尻を落とします。



そうすると股関節が、

少し前かがみの角度になると思うんですね。

で、これがのけぞるような角度にならないように、

お尻を落とします。。



こうした形で、股関節が曲がるようにやってみてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました。ナダルのようにNo.1!
最新ランキングチェックはこちらです。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

訪問ありがとうございました。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月16日

踵・かかと・カカト

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-21

地面を踏む時の、注意ポイントですが、

まず、前足の使い方ですが、

前足を踏む時にですね、

足の踵ですね、

踵で踏む、っていう感覚が、大事です。



これが、つま先になってしまうと、

力がうまく、返ってこないんですね。

で、体のバランスが完全に崩れてしまって、

ふらふらしてしまいます。



踵から踏んでいくと、

そのまま力が返ってくるのです。

ここはかなり大切なポイントです。



踵で踏んで、そのタイミングで、

腕が跳ね上がる。

これがつま先にならない。

この点を、まず注意して、やってみてください。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました!
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月15日

腕の跳ね上がりパワー

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-20

自分の重心を下げる事で、

逆に、腕が上がっていくんです。

自分の重心を下げて、地面を踏む。

地面を踏むことによって、力が返ってくるのです。

そういった感覚になってくると、

威力のあるトップスピンを打つことができるんです。



ところが、体ごと浮いてしまうと、

一応スピンはかかりますが、威力は死んでしまいます。

そうではなくて、体を浮かせないで、逆に下に行くような感覚。

その感覚でスイングをすると、腕が自然に跳ね上がっていきます。



こうすることで、トップスピンがかかり、

かつ、威力のあるボールが打てるようになるんですね。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました!
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月15日

下半身のバネ+上半身のバネ=?

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場

複数のスーパーボールを重ねて落下させると、

ただ一個を地面に落として弾ませるより力が増幅し、

とんでもなく高く弾みます。



テニスでも同じような体験をしたことがあります。

すごく調子の良いときだったんですが、

下半身のバネと上半身のバネがやたらと連動するんです。

下半身のバネは踵(かかと)から股関節、

上半身のバネは肋骨辺り。

この二つのバネが、重ねたスーパーボールのように、

ボンボーンと弾むんです。



弾む力を二つ以上重ねると、

力はとんでもなく増幅するということなんですね。


 → 全文はこちら


~昨日のNo.1テニス上達道場日記より~

No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
さっき見たら2位。
No.1まであと少し。
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月14日

間違った重心意識

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-11

トップスピンを打つための肝となるのは、

重心の使い方です。



普通トップスピンを打とうとする時、

下から上に打ちますから、

一緒に体ごと、上げようとしてしまうと思うんですね。



しかし、それは間違いです。

もっと簡単に威力を出す方法があるんです。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月13日

トップスピンの重心は?!

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-10

普通、トップスピンを打つとき、

当然下から上にボールに回転がかかりますから、

ラケットを下から上に振ろうとします。

たしかにそうすると、ボールに順回転がかかっていくわけです。

しかし、腕だけでラケットを下から上に振っても、

スピンはかかりますが、威力のあるスピンにはならないんですね。



では、どこから力を発生させればいいかと言うと、

そこはやはり、重心の使い方にあるんですね。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月12日

サーブの悪い癖

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-08

サーブの悪い例なんですが、

上に投げるというイメージがなくなってくると、

どうしても、ボールを打つ方向、

前方方向にばかり意識が捕らわれてしまうんですね。



そうすると、早い段階で体が前に行ってしまい、

力が早い段階で力が抜けてしまうので、

ボールに力を加える事が出来ないんですね。



できるだけ後ろにいて、

そこからいっぺんに力を伝えて行くっていう、

動きのメカニズムが必要なんですね。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?!
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月11日

ボールを真上に投げる

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-07

まず、サーブが入る入らないって言うことを、手放してですね、

真上に投げるイメージだけを持って、打ってみてほしいんですね。

やってみるといつも以上に、右軸に深く、右足に深く乗っていることに気づくでしょう。


そこからインパクトしていくタイミングで、

ボールを打つようにしてみてください。

そうするとですね、今まで以上に体全体を使って打っている、

全身でボールに対して力を加えて行っている感覚が、

自然と身についてくると思います。


これがサーブのタイミングです。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?!
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
2010年06月10日

サーブの悪い癖の続き

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-09

もう一点は、サーブの枠に入れようとするがあまり、

ラケットで押さえないと入らないと、

無意識に思ってしまっている場合があるんですね。

そういった場合はどうしても、返そう・押さえよう、

そういったスイングになってしまうんですね。



実はその部分っていうのは、考えずに放っておくべきところなんですね。

上に投げるようなポイントで当たっていけば、

後は押さえたりする必要はないんですね。



押さえたりするとタイミングがずれて、

いいサーブが打てなくなってしまうので、

その点は注意して見てください。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?!
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス