ほりっちの徒然日記

ほりっちの徒然日記

日々の徒然を綴ります。

どうもほりっちです!

新型コロナウイルスの猛威が止まりません。

それにしもて、今日は天皇誕生日なんですね。

平日はボーっと仕事しているので、意識していなくて
この3連休が天皇誕生日と振替休日なのに気づかず。(笑)

ところで、天皇誕生日って現天皇陛下の誕生日が2月23日
だからその日が祝日になるのは自然にわかるのですが、

平成天皇、つまり上皇さまの誕生日=12月23日はどうなるの?
という疑問を今さらながら抱きまして。

→結論、平日。

そうなんだぁ。(;^ω^)

昭和天皇の誕生日は4月29日→「みどりの日」
大正天皇の誕生日は8月31日→平日
明治天皇の誕生日は11月3日→「文化の日」

なんで?と思いウィキペディアで調べると、いろいろな経緯が
あって、そうなっているらしいです。なんか祝日法は複雑で
読んでも理解できない。(;^ω^)

まぁとにもかくにも、現在の国民の祝日は以下。
※内閣府のHPから

元日 1月1日 年のはじめを祝う。
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。
天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う。
春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
スポーツの日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。

あっ今年は法律の特例を制定して、オリンピックイヤーなので、
《令和2年(2020年)に限り、「海の日」は7月23日に、
「スポーツの日」は7月24日に、「山の日」は8月10日になります。》

ですって。五輪開催時期の祝日を多くしてオリンピックの盛り上げを
サポートする主旨ですね。
どうもほりっちです!

中居正広さんの退所会見をyoutubeで観てまして。

その流れで、偶然。

島田紳助さんの深イイ話を集めた動画に感銘というか、
反省というか、いろいろ脳がリフレッシュされました。



子育てに限らないと思いました。

印象に残ったトーク。
「否定すると子供は言うことをきく」

(常識を)否定すると、言うことをきく。

例)
お年玉もらってたとき

親:しょうもないもん買えよ
子:え?
(常識:大事に使えよでしょ、親として間違ってます)

親:人の価値観はみな別々や
親:お前俺のエアガンどう思う?
子:しょうもないもんやと思う
親:そやろ。でも俺は夢中で買うねん
親:ママの香水は?
子:臭い水。
親:そやろ。
(常識:親はついつい言ってしまう「しょうもないもん買うな」と)

親:お前たちにとっては大切なもんなはずや
親:俺たちにとってはしょうもないもんをお前らは買うはずや
親:でもそれがお金の正しい使いかたや
親:だからしょうもないもん買え

こうなると、子供がお金を使うときに「真剣に」なる。
例)おわり。

なるほど。

これ、子供に限らず大人でも言えることかと反省しました。
人間てあまのじゃくですもん。

◯◯しなさい、○○するな、と言われると逆に反発したくなる。

他にもたっくさん、日常のヒントがありました。

中居正広さんのジャニーズ退所記者会見の視聴から、
意外な動画に出会って、得した気分になりました。


どうもほりっちです!

ちょうどーでも良い情報ですが。

丹頂鶴を初めて見ました!

しかも、飛んだ!笑



iPhone11のカメラ性能ヤバい。
どうもほりっちです!

東京マラソン…大変なことになりました。

《東京マラソン一般参加中止 2021年の参加料安く? 対応検討へ》


げげげぇ~
ついに、新型コロナウイルス騒動、ここまできたか。。。

まぁ行政としては、致し方ない決断だったのでしょうけど。

人数にしておよそ3万8000人だそうです。

ただ、よく考えたら、それ以外の人々が何人なのか知りませんが、
どちらにしても一定の密集状態にはなるのでしょうから、
現状の感染経路がはっきりしない状態であれば、拡大を少しだけ
緩やかにする、という効果しかないようにも思います。

ま。
それでも致し方ないか。。。

そこかしこにささやかれていますが、これよりももっと怖いのは
東京五輪の中止・・・という最悪の事態です。

日本が新型コロナウイルスの感染拡大阻止、治療法の確立を
急がないと、オリンピック開催の危機という最悪のシナリオが
想定されるみたいです。

これ、冗談抜きで深刻ですよね…( ;∀;)
どうもほりっちです!

この前からAIについて再勉強しています。

で、そう言えば…と思って


2001年の作品で、19年も前なんですね。

当時この映画を観たことなかったんですよ。

改めて観てみて、なんか考えさせられました。

「人間と同じ愛を持つロボット」

物語のなかでは「メカ」と表現されていました。

で、AI=メカ=機械の方が生き残っていて、人類は

滅亡するストーリーなんですが、メカの世界でも主役の

デビット(ハーレイジョエルオスメント)は非常に希有で、

愛し愛されたいという感情を持ちあわせたメカ史上の誇り。

「ママを愛する」ようにプログラムされたAIロボットです。

こんな時代が来るのかなぁ・・・と本気で考えますよ。

だって、この映画19年前ですよ。

科学の世界で、愛をどう定義しどう運用するんでしょうかね。

想像を絶する技術進歩があるのでしょうけど、実現するイメージが

湧きません。(;^ω^)

でも、100年後の地球がどうなっているかなんて、想像できない…

1920年当時、第一次世界大戦が終わり、これからいくつもの戦争や

経済ショックを減ることとなるその当時に、今のインターネットや

スマホなどの端末やコンテンツ、アプリなど、コミュニケーション

が根本的、本質的に変わることを、想像したでしょうか…

どんな世界になるのでしょうね。

このほかにも、こうしたAI=人工知能を題材にした映画を真っ新な

心でいくつか観てみようと思いました。

感性を磨くためにも。( ..)φメモメモ

※「A.I.」あらすじ(Wiki)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/A.I.