波動が上がると肉体は疲れる | 魂の卒業旅行 ソウルバディジャーニー

魂の卒業旅行 ソウルバディジャーニー

「虹色の愛」を生きようとする
すべてのソウルバディたちが
きらめく笑顔でいられますように

地球に「虹色の愛」が
あふれますように
愛をこめて


ファシーカめい

オーラの記事でも少し触れましたが、実は波動が上がるに連れて一番ダメージを受けやすいのが肉体なのです。波動が上がると健康的になるイメージがあるかもしれませんが、健康的であるためには、それなりのケアが必要なのですね。肉体は、そもそも波動が粗い物質ですから、そこに宿る魂ばかりが波動を上げてしまうと、ブレが生じてくるのです。

波動が上がるときに、一時的に「鬱」のような症状が出ることがあります。人間関係の形が変わるというお話を前にしましたが、そうした変化が面倒になったり、気持ちの上ではこれまでの付き合いをやめたい、でも現実はそんな急には変わらない、という狭間で、気分的に落ち込んだり、すべてが面倒になったりすることがあるのです。

気分的には「鬱」状態、ですが、これが肉体にもはっきり現れてくるのですね。しっかり睡眠が取れない、食欲がない、逆に食欲が異常なほど増えたり、寝ても寝ても起きられないくらい疲れていたり、ということが起こるのです。

人間関係だけではありません。新たな目標が生まれたり、やりたいことが増えたりする一方で、身体がいうことを聞いてくれない、ということも起こります。すると、気持ちと肉体の動きの差があまりに大きく、ジレンマでイラついたり、情けなくなったりすることもあります。


一番いいのは、波動の変わり目ほど、肉体を休めてあげること。日々の仕事はあるでしょうから、なかなかゆっくりできないかもしれませんが、意識的に睡眠時間を増やすことが必要です。覚えてますか? 眠る、というのは宇宙からのギフトなんですよ。しっかり眠るためには、カフェインなどの刺激物をあまり身体に入れないこと、テレビ、スマホなど寝る一時間前には消して、脳を休めることが大切です。


また一日を通して、体温くらいの水を、少しずつ飲み続けること。水は波動を温存します。せっかく魂の波動が上がっても、身体のほうが辛さ、キツさを覚えていると、なかなかブレが一致してくれません。身体のほとんどは水分ですから、水を常に飲んで、トイレに行って、循環させてやることでブレを少しずつ一致させてやることができます。つまり、宇宙エネルギーを身体全体に流してやる、という作業です。
 

疲れると人は、物を口に入れやすくなりますね。これまでの経験上、疲れているときには甘い物を食べたくなったり、糖が必要だという知識もあります。


ですが、疲れた肉体は休むことが必要なのです。物を口に入れる、ということは、消化する作業が必要になり、内臓に負担をかけます。エネルギーを補給する目的で食べる行為が、実は身体に余計な負担を与えることになるのです。


現代人はそもそも、食べ過ぎているのです。栄養を取らなくては元気にならない、というレベルの人はよほどそれまでにエネルギーを使いきっている人です。トライアスロンでもしていない限り、そういうレベルまでは落ち込んでいないので、むやみに食べるよりは、まずは内臓もゆっくり休ませてあげてください。


もちろん、三日も四日も食べずにいなさい、ということではありませんよ。普段食べるよりも少な目の食事をして、睡眠をたっぷりとる、ということです。食事も、消化のいいもの、できれば身体を冷やさないもの(そういう意味でもコーヒーは避けたほうがいいですね。小麦も身体を冷やすそうです)を取って、ゆっくりしましょうね。

 

With Love xoxoxo
May

 

 

☆レビューお待ちしています♪ 

 

 

 

 

 


にほんブログ村