自分らしくあれ

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

自分らしくあれ

 

 

文末はこう締めくくられていた

 

 

 

 

ファッションは自由で、好きなものを着ることが一番の楽しみだと僕も思っています

 

 

年齢がどうとか、人によく見られたいからとか

そうじゃないと僕は思っております

 

 

カジュアルが好きな人

アウトドアが好きな人

モードが好きな人

トラッドが好きな人

 

ほかにも、たくさんのジャンルの服がある

 

 

でも、どれも自分が好きであればそれがその人らしくて僕はそれでいいと思います

 

 

写した文章に僕は大きくうなずきました

 

 

 

かっこよさとは、自分らしさなんだと

 

 

 

 

そのために僕は目を凝らし、自分が好きなものやよいと感じるものを探し続けます

 

そして、皆さまとともにライフスタイルやカルチャーを楽しみ、それを含めたかっこいい服が見つかるお店を目指します!!

 

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、写真はナンキンハゼの紅葉グラデーション

 

 

 

言葉では表しきれない無数の色

一枚一枚違う色ですごくきれいで素敵♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早咲きの椿もありました

 

 

ちょっとずつ、季節は冬に向かってますね

 

 

皆さま、寒暖差が厳しいですが体調は崩されませんようお気を付けくださいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと、暦と同じように気温が今週は下がりだすようです

 

 

 

なので、アウターを本日はご紹介させていただきます

 

 

 

と言いましても中綿が入った真冬用ではなく今の時期から活躍できるレザーです

 

 

 

形はシングル

素材は羊

 

しっかりとした厚みのあるレザーは重厚感があり、男らしい雰囲気を出しています

シルバーのジップ使いは各所で存在感を出し、デザインとしてもかっこよさをさらに引き出しています

 

 

今の時期から 長袖のTシャツの上に羽織るのもいいですし、インナーに暖かいアイテムを合わせて着ていただくと真冬も暖かく過ごせます

 

 

このレザーの質感とデザインは、僕はとても素晴らしい出来栄えだと思っております

 

 

それでいて、価格も \ 56000+消費税

 

 

クオリティーの良さからすると、この価格…僕はすごくお値打ちだと思っております

 

 

この冬のアウターにレザーを考えて見える方には 検討していただきたい アイテムです

 

 

気になられる方は 店頭にて お試しくださいませ

 

お待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェリーゼージ 仲良しです

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

隣同士に並んでいて、とても仲良しそうに見えるお花

 

 

 

こちら チェリーセージと言います

 

 

 

 

小さなお花ですが、このきれいなカラーリングがとてもかわいらしく目を引きます

そして、僕の好きなお花の一つなんです

 

 

 

この チェリーセージを見つけたのは、またしてもご近所

 

 

 

朝、珍しく腹気減りすぎて…近くのパン屋さんへクリームパンを買いに出かけたんです

 

チャリで行こうと漕ぎ始めたとき、後輪が急に違和感!?

 

 

大きな釘が刺さり、パンク…

 

 

はぁ~と、大きなため息をつきチャリを家に返し仕方なく歩いて買いに行ったんです

 

 

チャリだとわからないだろう風景は、歩いているとしっかりと見える

 

こんなところに!そんな発見ばかり

 

 

その一つが この チェリーセージだったんです

 

 

パンクしたのはちょっとショックでしたが、このお花を撮影できたのは嬉しい!!

きっと、お告げなんでしょうね

 

 

ここに きれいな花が咲いているから…と

 

 

 

そのおかげで きれいに撮れて、僕は 嬉しさでいっぱいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブランドに出会うまで、僕は国産のニットに対して偏見を持っていました

 

 

 

その理由は

 

 

インポートの発色のよさには敵わないだろう

着心地は、絶対に超えることができないだろう

 

でした

 

 

 

実際に、いろんな展示会に出向きいろんなニットを触り着てきました

 

 

今まで、値段が高いものでしたらたくさん、たくさんありました

 

でも、それでは僕が探しているものではなかったんです

 

 

僕が探していたのは

 

 

インポートと同じ発色のよさと造りこみの深さ

肌さわりは、素肌でもチクチクしないもの

もちろん MADE IN JAPAN

それでいて価格がしっかりと抑えられているもの

 

 

この条件をクリアしてくれたのが 山形のニットブランド COOHEM(コーヘン) でした

 

 

 

袖を通して、不快ではないニット

むしろ、下は半袖のほうが素材の気持ちよさがわかるからいいんじゃないか?!

 

そんな風に思ってしまうほど気持ちがいいニットです

 

 

今日は僕がほれ込んだ COOHEM(コーヘン) のニットがおすすめのアイテムです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が好きな雑誌 pen

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

すこし前に発売された pen

 

 

伝えたいのは心に響く手書きの味わい。

 

 

 

 

パソコンで、毎日ブログを更新している僕ですが

お店の配置やコーディネートなどを考えるときは、紙を出しペンで手書きをして考えます

 

そして、展示会に行ってきてその物の発注をするときも同じように紙に書き試行錯誤を紙面上でやりながら最終的に発注します

 

 

 

手で書くことは自分でその文字を確認しながら書き残す作業

 

 

特にお仕事ときは、先ほどのことが重要担ってくるので、最終的にパソコンでの入力をする際でも一度紙に書きだしてからやります

 

 

 

僕が書いたことと、写真の雑誌 pen の内容は少し違いますが改めて思い変えさせてくれるきっかけを作ってくれたすきな雑誌です

 

 

 

 

今は、すでに販売されていないのでご興味ある方はお店に置いてありますので手に取ってみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のおはなの写真は、母が育てている このちっちゃなものです

 

 

 

見栄えが良くて、大きな花を咲かせているものに目がいって写真を撮っていました

 

お店から出てすぐにこんなにも小さくてとってもかわいいお花が咲いていたなんて…みえてませんね~

 

 

ものすごく写真映えします!!

 

 

 

足元や、手元に転がっている素敵なもの

 

もっと目を凝らし、写せたらいいなって改めて思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記  入院されている敬愛するお母さまへ 写真で申し訳ありませんが僕からお花です