こんにちは。「新潟×朝活」管理人の土屋裕行です。


本日は新潟×朝活の定例会でした。
今回の参加者は4名。

 

どんどん日が短くなって今が1年で最も昼が短い時期ですが、

なぜか今月から4時起き生活を始めました。

 

この朝活は8時スタートなので、

気分的にはもう昼近い感覚です。

 

そしてこの記事を書いている今はもう少し眠くなっています。

 

とはいえ、早起きしえ頭が冴えている時に話すのは気持ちいいもの。

寒い冬ですがしばらくこの生活リズムを続けてみようと思います。

 

 

それでは、本日話したこと・心に残ったこと・感想です。

 

新潟×朝活ロゴ
---------------------------------------------------

【極めればどんなことでも仕事になる】

 

 今日は30代後半から40代の男性が集まったためか、

 昔懐かしいテレビゲームの話になりました。

 

 自分も小学生の頃にファミコンやスーパーファミコンで遊び、

 友達と一緒になって夢中になったものです。

 

 定番のスーパーマリオやドラゴンクエストは今でも思い出せますし、

 グラディウスや魔界村といったシューティング・アクションゲームは

 時間を忘れて熱中して覚えがあります。

 

 みなさんそれぞれ思い出深いゲームがあるようで、

 当時を懐かしみながら楽しく話すことができました。

 

 

 自分が子どもの頃には、ゲームは悪であり、

 「ゲームばっかりしてないで勉強しなさい」

 というのが子どものいる家庭でよく言われていました。

 

 その言葉の裏には、ゲームをいくら極めたところで

 将来には何も役に立たないという意見が含まれていたように思います。

 

 確かに、当時を振り返ってみても、

 高橋名人のような本当にゲームを極めた人がいるだけで、

 ゲームメーカーや雑誌作りでしかゲームと関わる仕事がなかったのではないでしょうか。

 

 

 しかし、時代が変わって今やゲームが仕事になった人もいます。

 

 例えば、ゲーム実況はYouTubeやニコニコ動画では一ジャンルを築いていて、

 トップクラスの人たちは動画が再生されることで広告収入を得ています。

 

 また近年盛り上がってきたeスポーツ分野では、

 大会で賞金を稼義、ゲームをすることを仕事にしているプロゲーマーも誕生しています。

 

 かつて子どもの遊びと見られていたテレビゲームは、

 今やお金を稼ぐ仕事になりました。

 

 

 最近仕事、働き方について考えることが多いのですが、

 たとえ今仕事と思われていないような小さなことでも、

 時代が進んで個人でできることが増えていくと、

 仕事になるのではないかと思いました。

 

 いきなりそれだけで生活することは難しいかもしれないけど、

 きっとお金を稼ぐことはできるはず。

 

 どんな遊びであろうと、今は役に立たないと思われていることでも、

 熱中して続けて極めていけばやがて仕事になることもある、

 そんなことを思った朝活でした。


上記の話題以外には

 ・新潟のシェアハウス

 ・ヒーロー戦隊と仮面ライダーの思い出

 ・読書会

 ・新潟の朝活

 ・ボードゲームの会

 ・テレビゲームの会

 ・思い出のゲーム

などについて話しました。

今回もいろいろな発見や驚きがあり、
朝を有意義に過ごすことができました。

参加者のみなさん、本日はありがとうございました。

次回は12/30(日)の予定です。
(日程は変更になる場合があります)