おはようこんにちはこんばんはなのです。


お久しぶりです。

たこいずです。



ずっと書いてなくって、何が「たこいずが元気だと主張する」なのだろうと、自分自身思ってます。


せっかく元気になったのに、自分からいなくなってしまってどうするというのでしょう。


ちょこちょこと見に来てくださった方々ありがとうございます。

元気です。


大ジョブです。





昨日までは、疲れててPC立ち上げなかったりとか多かったのですが、今日はちがうのです。

書く気分になれなかったことがしばしば。


ホントに元気になったのか、自身が一番知りたいような気がします。



今、「うつ病」に関する本を読んでます。

まだ序盤です。


自身のためではなく、一応友人のため。



まず「うつ病」というものについて知らなくては、と思ってるところです。



つい3か月ほど前、自分が陥った場所。


たまたま抜け出せたとは思ったものの、またいつ嵌るかわからないのだから怖いです。



いや、自分のは「うつ病」ではなかったのかもしれないのですが・・・。




今、「うつ度チェック」というのが本に載ってまして(大抵、載ってるんですよね)、ためしにやってみました。


ちなみに、ちゃんとやったのは今回が初めてかも。

立ち読みしたりとかして、何度かやってみましたが、まぁ、覚えてませんし。


本には、50点以上は精神科か、心療内科を受診したほうが良い、とか書いてありました。




結果、49点。




あれ・・・?


治ったはずじゃ。



もともとのマイナス思考が祟ったのかな。




とりあえず、元気・・・のはず。



ちょっと自信なくなってきちゃったよ(笑)





こういう本に限らず、どうも影響を受けやすいものですから・・・。

自分には何もないような気がしてなりませんね。


何もないから、流されて、飲み込まれるんでしょうね。





すみません、久しぶりがうつな日記になってしまって。

なんだか、感染したみたいな気分です。


何にって、友人にではないことしかわからないのです。

AD

本をいろいろ

テーマ:

あぁ、もう、随分と書いてないのです・・・。



入院で休んだせいか、仕事たまってたです。

毎日、必至(笑)


会社のデスクが大変なことになっています(汗)




それまでに読んだ本をいろいろ。



☆「サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄」西尾維新

サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄 (講談社ノベルス)/西尾 維新
¥924
Amazon.co.jp

入院中にお世話になった本。

戯言シリーズのちょうど真ん中ぐらいの巻数ですね。


いーちゃんと玖渚ちゃんが大好きな私ですので、この本はいいですよw

まだまだ謎がいっぱいの二人の関係ですが、それが垣間見える部分もあり。

直さんの言葉がかなり素敵です。

あ、それは(上)のほうですね。


推理力も欠片もない私でも、物語として十分に読めますし、相変わらずの文章に感動してしまいます。

テンポもいいですし!


退院後、この本を読み終わるまで寝られなかった(笑)

分厚い割にはさっくりと読める。




☆「女子中学生の小さな大発見」

女子中学生の小さな大発見 (新潮文庫)/清 邦彦
¥420
Amazon.co.jp

正直、貼ろうかどうかも迷ったのですが(笑)


暇つぶしに最適。

さっくりどこからでも読める大発見です。

静岡県のとある中学校の生徒さん達の夏やら冬やらのお休みでの課題の一部・・・だったはず。


ホントに小さな発見。

でも、一番初めのまえがきに感動してしまって、ついつい最後まで読んでしまった。

少しだけ抜粋します。


「予想どおりにならなかったのは、失敗ではなく成功です。

何も変わらなかったのは、「変わらない」ことを発見したのです。」


「考え方がおかしいと言われても、「自分はそう考えた」というのは正しい事実です。」


☆「生徒会の一存」

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)/葵 せきな
¥588
Amazon.co.jp

ラノベです。

エロゲ小説じゃないですw


女の子が可愛いです(笑)

これはもう異常。


でも、そういうお話です。

エロい主人公と美少女たちが出てくる生徒会のお話。

大半がギャグでさっくり読めます。


最近、よくあるのか、アニメ・マンガ・ゲーム・小説・・・といろんなネタがちりばめられているので、知っていれば知っているほど面白いかと(笑)

初っ端からひぐらしとかハルヒとかは出てきます。

今って、こういうのでも出版できるのね!と驚いてしまいました。


シリーズ化用に書かれているそうなので、今後も続きが出るようです。

さっくり読めるし、面白いので活字苦手なオタクにおすすめ(笑)


☆「花帰葬」

花帰葬(1) (BLADE COMICS)/幸田真希
¥590
Amazon.co.jp


コミックス版、花帰葬です。

もともとはPCゲームから始まって、PS2でも出て、コミックスへ。


PCゲームではまって、PS2版も買ったのですが、本体がないため積まれております(泣)

PSPとPS2と未だに迷っているけれど、こうなるとPS2欲しいですね。

BASARAもやりたいし!!


それはさておき、花帰葬。

お薦めなんです。

コミックス版は玄冬(主人公)が記憶を失う前のところから、ずっと流れているのでさっくり普通に読めるかもしれません。


PCゲーム好きな私には、ちょっと物足らない話の展開ではありますが・・・。

コミックス化だけでも嬉しいので、それはそれで。

巻数はあまり続きそうにはないです。


ゲーム版をお勧めします。

PS2が追加要素オンリーでPC版と内容が変わらないのであれば、PS2版をぜひ。

声出ますし(笑)


こう書いていたら、ゲームやりたくなってきますね。

まだやってないものたくさんあるし、そもそもやる時間がとれない・・・。

一日48時間にならないかしら。

AD

糸を抜く

テーマ:

抜歯と抜糸。


ただ聞くだけだと、どちらも同じなので、どっちのことだろうという話になる。


今日は、糸を抜いてもらいました。

入院前の説明では、何もなければこれで終了とのこと。

まだ若干腫れが残っていて、ちょっと痛いなと思うときも。


特に、ジャンプしたり、走ったりすると響くのです。

ちなみに、一番痛いのはくしゃみをしたとき。

花粉症真っ盛りの私にとっては、かなり辛いのですが(笑)



前日に、抜糸は麻酔しないから痛いという話を聞いて、ドキドキ。

相変わらず、影響を受けやすいんだから。

でも。 痛いよ。


あんなにビクビクとしていた親不知抜歯よりも、抜糸のほうがずっと痛かった!!

先生、痛い痛い。

なんか強引じゃないですか!?

ぐいぐいっと何かをやっていることはわかったのですが、いまいちよくわからないまま終了。


これで終わりかと思いきや、「来週、もう1回来れるなら来てください」と言われる。








「無理です」









と、答えたかった。





ということで、来週また病院へ行くのでした。









歯が抜けた窪みに、食べカスが入って気持ち悪いのです。

うきゃー!



某所からほとんど同じ文です。

ごめんなさい。

AD