西野のつまみ食いブログ

西野のつまみ食いブログ

色々な人やお店の情報を、個人のうがった視点から見て行きます。

今日予定通り 開催します。
台風の影響で、新幹線が動かないとどうしようと思ってましたが、朝から無事動いてるようです。
よって今日は予定通り開催できます!

 


本当に良かった〜 

心配でねれませんでした・・


加者の皆様、よろしくお願いいたします!!

名古屋市中村区名駅4−4−38 ウインクあいち5階小ホール
開場 13:30 開演 14:00〜
大人 前売り 2800円 当日 3000円  
子供 前売り 1300円 当日 1500円
となっております。

 

ただ被災された地域と、まさに今困られてる方々には心からお見舞い申し上げます。

早く日常が戻りますように・・

 

いつもお世話になっている「カラス」さんからお願いがあり、代理でレス立ててます。

明日   10月5日(土曜日)

明後日は 10月6日(日曜日)

 
 

カラスさんお休みです。

通常は土曜休み、日曜営業ですが、今回は2連休になっています。

「孤独のグルメ」で登場して以来、毎日すごい勢いで「餡トースト」が出ています。

きっと日曜日も大勢の人が来ると思いますが、残念ながら入店できません。

ごめんなさい!!

空振りが一人でも減りますように!

 

 

古いお蔵のを改装し、センスが大変良いギャラリー

「 レ・トロワ・アントゥルプ 」

 

このお屋敷な左手にあり、江戸時代の三つの蔵を繋げ使用してある大変珍しいギャラリーなのです。

 

 

 

別々の時期に建てられた3つの蔵をここに移築し、大きさがそれぞれ違うので、土台の部分で高さを調整し、美しく見せるようにつなぎ合わせてたのだと予測しています。

 

この大きく少し重たい扉を、ガラガラと開け中に入ると、昔にタイムスリップしたかのような空間が広がります。

 

 

この扉の裏に、このお蔵の記録が残されています。

 

慶応三年(1867年)に「恵比寿」「弁天」「大黒天」三神様の徳を持って、この蔵を建てて「三福蔵」と名付け、子子孫孫まで幸せに暮らせますように‥と書いてあるそうです。

 

 

中はこんな感じ、天井が高く、質素な造りですがなんとも言えない風格があります。

 

 

また作作家さんのチョイスが抜群に良いのです!

 

なぜなら、ミッドランドスクエアの会報誌や「和楽」の記事を書いている「鈴木 千晴」さんと、メンズファッションを取り扱う広瀬さんが運営されてるから!!

 

 

真ん中の小さな空間もセンス良い配置です。

 

 

一番右手の部屋もセンスがいい!

廣瀬さんチョイスの洋服と、

木製のナイフやスプーンがまたいい味を出してます

 

ここに注目して欲しいのですが、床をブリキで補修した跡

 

お店を作る前からこうだったらしいので、補修した人の

センスも相当よかったのだと思いますね!

カッコ良くありませんか?

 

 

取り壊し予定だった古い蔵を、二人でコツコツと掃除し、元の構造物の風格や威厳を損なわずに仕上げオープンさせ、2年ほど維持させているのは大変素晴らしいです!! 

 

本当に 建物と雑貨、空間と調度品 

すべて見応え十分です。

 
気になる人、小牧城の近くなので見に行ってくださいませ。
全国からも「三福蔵」目当てで人が来るそうですから、
お勧めできると思いますよ。
 
愛知県小牧市間々本町31-1 0568-44-1568

駐車場も4台分あり

https://shop.lt-entrepots.com/about