2020年、学習指導要領が大きく改定されます。

 

「学習指導要領」とは、国が定める教育課程の基準をまとめたもので、

これを指針として、各学校は授業を行い、

また教科書の編纂や時間割なども決められていきます。

 

ですので、

日々の学習はもちろん、

各入学試験にも関わるとても重要な出来事ですね。

 

特に小学校に注目してみました。

 

今回の改訂で、小学校教育において大きく変更される点は、以下の3点。


1.英語の教科化

2.道徳の教科化

3.プログラミング教育の導入

 

英語は今も行われていますが、2020年からは、成績がつく教科になり、

AIや情報化の発達に対応できるよう、プログラミングも導入。

 

プログラミングを小学校で習うって私の時代からでは、想像もできないことですが、

これからの将来を生きていく、今の子どもたちには、必要なことでしょう。

 

 

こちらに、簡単に総まとめを記事にしています。

どうぞ、参考にしてください。

 

クリッククリック 小学校の新学習指導要領 何が変わる?簡単総まとめ!

 

 

下記、記事のインデックスです。

 

Index
新学習指導要領の理念
英語:3年生から「外国語活動」、5・6年生では「教科」に
道徳:正式な「教科」となり、教科書も導入
プログラミング教育で論理的思考力を養う
それ以外(国語・算数・社会・理科)
英語の時間数分、 授業時間が増加
 

 

 

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございます。

 


 

子どもの輝く未来と

ママが幸せを感じる子育てを

応援しています。

 

 田宮由美

 

 

 

 

 

 

「健康教育」

これは薬学博士 河合亀太郎氏が創業された

河合薬業株式会社が発刊されているものです。


子どもの健やかな成長を願い、全国の幼稚園、小学校に配布されます。
それに執筆させて頂きました。


子どもの自立をテーマに

「甘えの受け止め方」

「我慢の教え方」

をお伝えしています。


約半年前にご依頼頂き、この秋発刊となりました。

全文をHPに掲載いたしました。...

 

クリッククリック 子どもが自立する「甘え」の受け止め方と「我慢」の育み方

 

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございます。


 

いつもの日常を過ごせることに、

そして

支えて頂いてる方々に感謝、
 

子どもの輝く未来と

ママが幸せを感じる子育てを

応援しています。

 

子育ち親育ち  田宮由美

 

 

 

 

 

 

 

「学校選択制」って聞いた事があると思います。

 

子どもが小学校へ入学する際、

 

居住地に関わらず、

市区町村内の公立小・中学校を

自由に選べる制度のことを言います。

 

 

住んでいる地域により、学校が指定される「学区制」に対し、

自由に選べる学校選択制、

 

東京都や大阪府の一部の地域をはじめ、

いくつかの地域で、学校選択制を実施している所があります。

 

子どもの就学をめぐって、どちらの地域に居住するか、転居を考える家庭も最近はあるようです。

 

学校選択制は

自分で希望する学校を選べます。

 

地の利の便が良いところ、

 

学校の教育方針が魅力的なところ、

 

子どもの個性に合わせて、公立学校を選べるメリットがあります。

 

ですが、デメリットもあります。

 

学区制と学校選択制のメリット、デメリット、

そして5つのタイプがあることなど、

詳しく説明しました。

オールアバウト記事、更新致しました。

 

クリッククリック 学校選択制とは?学区制との違いやメリットデメリット

 

 

 

 

 

 

「学区制」「学校選択制」どちらの地域であっても、

この学校選択制の導入が、

子どもの性格や得意とすることなどをしっかり見極め、

学校や教育環境を考えるきっかけになることを願っています。

 

 

 

 

 

今日もご訪問頂き、ありがとうございます。


 

いつもの日常を過ごせることに、

そして

支えて頂いてる方々に感謝、
 

子どもの輝く未来と

ママが幸せを感じる子育てを

応援しています。

 

子育ち親育ち  田宮由美

 

 

 

 

 

クリッククリック  学校選択制とは?学区制との違いやメリットデメリット