唐突になんなんだ・・・

「じつやま様のお宅でよろしかったでしょうか?」

いや・・俺はさねやま、実山ですけど。

よく間違われる名前だ、「さね」なんて読まないもんな普通・・

「申し訳ありません、実山様・・・」


だからなんなんだ・・・
こんな夜中にインターホンを鳴らされてそれに答える俺も俺だが・・・

「貴方にどうしても会いたいという方がいらっしゃいますので、本日はまことに勝手ながらお連れした次第です。」

はぁ??
何言ってんだこいつ・・・・

「決して怪しいものではありませんので、是非一目お会いして頂ければと思います。」

どう贔屓目に見たって怪しいだろう。。
今は夜中の1時過ぎだぜ
こんな時間に俺に会いたいだぁ?
自慢じゃないけど、俺は別に友達が多いほうでもないし
ましてやこんな時間に、畏まって会いたがられる程特徴のある人間でもない。

・・・自分で言うのも悲しいもんだがな


「私の生活も掛かっているのです。お手数ではありますが、是非お願いできませんか?」


おかしいだろ?
あんたの今後なんて俺になんの関係もないし
てかあんたが誰なのかすらわからないんだからそんな事言われたってねぇ


「実山様・・・聴こえておりますでしょうか?」

「あっ・・・あぁ聴こえてるよ」
しまった・・・つい反射的に・・


「あぁ 良かった。あまりに反応がなかったのでつい・・・」
「それで、実山様、お会い頂けませんでしょうか。」

「いや・・・正直あんたも会いたいって人も怪し過ぎるよ・・・こんな時間にさぁ。。大体俺に会ってどうするんだよ・・・」


「ただ、一目お会いするだけで結構なのです。それだけで彼女は満足だそうで・・・」

彼女??
ますますもって訳がわからん・・・


「お断りします。お引取りください」





























沈黙が続く









「そう・・・ですか・・・・・」

どす黒い声が妙に耳に残る・・・
「それはとても残念です。」
まるで耳元で話をされているような・・・


「それでは、私はお暇させて頂きます。。。」
一瞬、インターホン越しの彼が笑ったように感じた


「彼女にも伝えて起きました、貴方は会いたくないと・・・ね」

・・・・・・・・・・・・
背筋に冷たいものが走った・・
空気が重い気がする。。


「あぁ それと一つ・・・・」



「決して振り向かないでくださいね。。。それではごきげんよう」

アハハハ・・・ブツン

一瞬だけ笑い声が聞こえたと思ったら、インターホンは切れた。



振り返るな・・・そう言ったよな。。
少し前から、背中に視線を感じる気がする・・・・・・・
いつまで振り返らなければいいんだよ・・・



硬直したままの俺に何かが近づいてくる。


「実山・・裕也君」

やわらかい女の声
誰だ・・・

「あい・・たかっ・・たなぁ」



うわぁぁっぁぁぁぁっぁっぁあ

俺は恐怖で振返ってしまった・・

ふふふふ


という透き通るような微笑声だけが
闇の中で微かに聞こえた気がした。。。。



しかし、目の前にはいつもの俺の部屋・・・
何の変哲もない。


よくある怪談話なら
このまま俺は何かしら最悪な事になるな・・・

しかし何も起こらない。

俺はそのまま気を失った。




─翌日─

管理人に昨日の夜中にインターホンを鳴らした非常識なやつがいなかったか
防犯カメラの映像を見てもらった。

が、その時間の防犯カメラには何も映っていなかった。


結局その日は普通の一日だった


翌日、その翌日も
まったく平凡な日常だった


何も変わらない・・・何も起こらない


本当に何も変わっていないのか??

俺だけが変わってしまったのか?????


疑問だけが残る
ただ・・・疑問だけが


アレは何だったのか
アレは誰だったのか
アレと会えばよかったのか



気がつけば俺はまったく知らないマンションに来ていた・・・
時間は・・・AM1:45か。

ピンポーン



インターホンが響く





「突然のお願いで申し訳ありません。」




零 ~月蝕の仮面~
零 ~月蝕の仮面~
posted with amazlet at 09.03.08
任天堂 (2008-07-31)
売り上げランキング: 812
おすすめ度の平均: 4.0
4 個人的に楽しめました!
1 残念・・・
3 零はやっぱり
5 寒くないのに、震えが止まらない・・・!!!!
4 初めてこのシリーズに触れたユーザーの走りになってほしい作品

【ゲームレビュー】バイオハザード5

テーマ:
モンスターハンターで有名なあのカプコンが
名作の続編をついにリリース!

バイオハザードといえば、1発売当時あまりの衝撃に

怖すぎる
夜一人でトイレに行けなくなった
エンディング曲が唯一テーマソングだった
彼女が出来た
etc

と、中高生にトラウマを植え付けた恐怖ゲームだ。

今回の5は、怖すぎるというデメリットをやわらかく改善し
小学生から大人までに大流行したモンスターハンターの要素をプラス!
ロックでグルーヴィーなゲームに進化した!

気になる内容を少し紹介しよう。


人里離れたとある村
そこにはプラーガと呼ばれる民族が暮らしている
「僕たちはただ静かに暮らしたいだけなのに・・・」

しかし、彼らに悪夢が襲い掛かる・・・・


凄腕ゾンビハンターとして有名なクリスくんと
押しかけ女房的についてくるちょっと気の強いシェバちゃん
様々な銃火気・武器弾薬を引っさげ
ハチャメチャカップルが村を襲う!

プラーガの人たちだって黙っちゃいられない
彼らの超能力【なんか丈夫な身体】と【口からうねうねしたものが出る】のスキルを活用し
奴らの行く手を阻むんだ!

ハンターカップルの狙いは、新種のモンスターや村に眠る財宝だ
流石は元モンスターハンター、ゾンビハンターに転職しても
巨大なナイフで、民間人や大型モンスターをバッサバッサとなぎ払い
爆弾仕掛けて、電撃ビリビリ棒で永遠の眠りを与えたりと容赦ない

おまけに、やつらも【凄く丈夫な身体】の能力を持っていて
さらに【雑草を食べると回復する】体質まで備えている
そう簡単にはくたばらない・・・こいつらの方がモンスターじゃねーか!


そんなこんななこの戦い・・・果たして勝つのはどっちだ!?
そして意外な黒幕が!?


はらはらわくわくのパーティーゾンビシューティングゲーム
二人協力プレイでさらに楽しめる!
一押しのゲームだ!


さぁ!皆もバイオハザード5を是非体験してみてくれ!


バイオハザード5(通常版)
カプコン (2009-03-05)
売り上げランキング: 5

深淵の先

みちゃった☆


思えばこのメールからだった
そう、今の状況はまさにあのメールを開いてしまった時から始まったのだ
考えれば考えるほど
あの行為がどれだけ愚かしいことだったか・・・

しかし、今更後悔しても遅かった。



鮎観 有希

うん、名前は覚えている

17歳

歳もわかるわ

みちゃった。というタイトルのメールがブログに届いていた
そのメールを見てしまった・・・

それも思い出せる


でも・・・その後がまったくわからないの
ここが何処かも・・・私にはわからない


ただ解る事は、ただ暗闇が続くだけ


何が起こったの?


この世界(?)に閉じ込められて(??)から
どれだけ時間が掛かったのかもわからないの・・・

今はいつ?何月何日??


携帯電話だけは持ってたわ
でも、画面は真っ暗なの・・・

不思議な事に、闇で覆われた世界でも
自分の身体だけははっきりと確認することが出来るの

身体と密接しているものも視認することが出来るわ
例えばこのケータイとかね


そしてもう一つ

なぜか私の意識がブログに反映されているみたい。
自分でもなぜこの事に気がついたのか解らないんだけどね・・・


ここから出れる方法が見つからないの
だんだん意識が遠くなってしまって
確認しなければ自分の名前も
ううん・・・ 自分がナンなのかさえも
解らなくなってしまいそうで・・・

鮎観 有香

うん・・・名前はオモイだセる

19歳

歳もおボえてル


「観ちゃった」のメールを開いたらここに閉じ込められた


みんナ 注意してね

ミチャッタのメールは見ちゃだめ

診たら・・私と同じところに来ちゃうから・・・


もう何人目だろう



また悲鳴ガきこエるの



ここはドコ


タスケt









Time

テーマ:
カランカラン

いつもの地下を降りて扉を開ける
いつものマスターがいる

「いらっしゃいませ」

いつもの落ち着いた歓迎をもらう


今日はずいぶんにぎやかだ


【時】と名を新たに
同じ店なのに、同じではない雰囲気を纏う


「装いも新たに、再出発です」
「新しい事への挑戦は、自分も奮い立たせますよ」

マスターの力強い意志
新たな道を見つけ、探求するという気持ちが伝わってくる



「今日は記念すべき旅立ちの日です」
「第一号のこのお酒をお勧めします。」


日本という小さな国で作られ
世界に認められたその琥珀色の酒を
慣れた手つきでグラスに注ぐ


実は自分も新たな門出を迎えたんです。

会社でうまくいかない事に見切りをつけ
やきもきした気持ちをぶつけてみる


「人が失敗をする時は、諦めた時です」
「何かを求めれば、そこに道ができるはず」
「一緒に新たな道へ踏み出しましょう」


なるほど
悲観してばかりもいられない
今がそのタイミングなんだと自己解釈をし
2杯目のグラスの琥珀を飲み干す


最後にストレートを一杯
そんな気分になった

「不安を抱き停滞する時は、衝撃の強いものを・・・」

と、お勧めのウィスキーを差し出してくれる

一口飲むと、その激しさが体を突き抜ける。
心地よい刺激に、クリスマスソングが妙にマッチした。


「本日はあまり落ち着けず申し訳ありません」

そんなことはない。

「近いうちにまたいらしてください。」
「私にエールを送らせてくださいね」


人から後押しされる事にはあまり慣れていないのですが
悪い気はしないので、また来ますと伝える。



真冬の空気は乾燥して
少し酔った体をすり抜ける


あぁ この店に出会えて本当に良かった



少しは不安も取り除かれた
あとはゆっくり休むことにする。

Esperance

テーマ:
地下への階段を降りると
扉一枚の入り口が現れる。
ろうそくの炎が揺らめく薄暗い店内の
カウンターに座ると、マスターが迎えてくれる。

「いらっしゃいませ、何に致しましょう」
いつものやつをください。
「ありがとうございます」

大きく丸い氷をひとつ、グラスへ転がし
ウィスキーが注がれる。

「お待たせいたしました。」

命の水と呼ばれるそのウィスキーは
すっきりとほろ苦く、ピリッとした味わいがとても好きだった。

程なくしてマスターが話しかける
「仕事はいかがですか?」
「読書はしますか?」
「私の子どもが、姪御さんとまったく同じ誕生日なのは驚きました。」

他愛もない話がとても心地よい

押し付けじゃない、何気ない会話
タイミング・受け答え
全てが客を楽しませる最高の対応をしてくれる。


2杯目を頂いていた頃に
1人、また1人 と客が増えてくる
皆地元の人間だ。
顔も名前も知らない人なのに
同じ場所に住んでいる というだけで
不思議と話が盛り上がる。
年齢も性別もバラバラだ
カレーに凝っているとか、甘いものが好きとか
この地域の小学校は安心だとか。

気が付くと時間はあっという間に過ぎている。
最後に、抽象的な注文でカクテルを頼む。
「甘くさっぱりとしていて重くない、パッションフルーツのカクテルです。」

酸味と甘みとほのかなアルコールがベストマッチして
ついもう一杯と言ってしまいそうだった。

誘惑を殺し、会計を済ませて帰宅する。
冷たい風が心地よい
一期一会
そんな言葉を思い出しながら
5分も掛からず家につく。



なんだか凄く気分がいい
そのままベットに突っ伏して
気が付いたら朝になっていた。