Time

テーマ:
カランカラン

いつもの地下を降りて扉を開ける
いつものマスターがいる

「いらっしゃいませ」

いつもの落ち着いた歓迎をもらう


今日はずいぶんにぎやかだ


【時】と名を新たに
同じ店なのに、同じではない雰囲気を纏う


「装いも新たに、再出発です」
「新しい事への挑戦は、自分も奮い立たせますよ」

マスターの力強い意志
新たな道を見つけ、探求するという気持ちが伝わってくる



「今日は記念すべき旅立ちの日です」
「第一号のこのお酒をお勧めします。」


日本という小さな国で作られ
世界に認められたその琥珀色の酒を
慣れた手つきでグラスに注ぐ


実は自分も新たな門出を迎えたんです。

会社でうまくいかない事に見切りをつけ
やきもきした気持ちをぶつけてみる


「人が失敗をする時は、諦めた時です」
「何かを求めれば、そこに道ができるはず」
「一緒に新たな道へ踏み出しましょう」


なるほど
悲観してばかりもいられない
今がそのタイミングなんだと自己解釈をし
2杯目のグラスの琥珀を飲み干す


最後にストレートを一杯
そんな気分になった

「不安を抱き停滞する時は、衝撃の強いものを・・・」

と、お勧めのウィスキーを差し出してくれる

一口飲むと、その激しさが体を突き抜ける。
心地よい刺激に、クリスマスソングが妙にマッチした。


「本日はあまり落ち着けず申し訳ありません」

そんなことはない。

「近いうちにまたいらしてください。」
「私にエールを送らせてくださいね」


人から後押しされる事にはあまり慣れていないのですが
悪い気はしないので、また来ますと伝える。



真冬の空気は乾燥して
少し酔った体をすり抜ける


あぁ この店に出会えて本当に良かった



少しは不安も取り除かれた
あとはゆっくり休むことにする。
AD