より良い保育環境をつくるため、私たちに出来ることとは。 | おおつる 求 ブログ

おおつる 求 ブログ

みんなちがって、みんないい。
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。


テーマ:

昨年度、公立幼稚園・保育所の大胆な統廃合議案で大混乱した伊丹市。

 

市民運動の署名活動・ロビー活動が、議員とマスコミを動かした。

市は12月議会議案提出を見送る。

 

年が明けて1月臨時会。

議会は原案否決し、修正案を可決。

市長は伊丹市議会において少なくとも直近50年は記録に無い「再議」という拒否権を発動。

最後は第2修正案が、たくさんの付帯決議が付いて可決された。

 

 

だから、あえて伊丹で。


今後も保育需要の高まり、

公立園の統廃合が予想される現在、子育て・子育ちにつて考える学習会。

 

私たちは「安心して産み育てられる社会を」望んでいるだけ。


良い保育環境をつくるため、子育て世代だけでなく、地域社会は何ができるのか。

 

国の思惑、待機児童、保育の質、保育士不足、小規模園・園庭の無い保育園、保育園経営など様々な視点から。


尼崎で民間保育園を展開している社会福祉法人理事長が問題提起。

私たちは何が出来るのか考える企画。

 

皆さんのご参加、お待ちしています。


 

日時:

11月18日(日) 14時〜

 

場所:

いたみホール 大会議室

 

講師:小池貞二さん

(社会福祉法人「あい」理事長)

 

報告:高橋あこさん

(伊丹市の子どもの未来を考える会)

 

資料代:500円  学生無料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおつる 求さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス