釣りマンのブログ(宮川上流鮎情報)

釣りマンのブログ(宮川上流鮎情報)

宮川上流の鮎釣り情報を中心に書いております。
【お知らせ】
長らくご愛顧いただきましたホームページ「鮎釣天国」(http://www11.ocn.ne.jp/~cccyoshi/)は、間もなく閉鎖させていただきます。
なお、引き続き「釣りマンのブログ」をヨロシクですm(__)m
平成27年6月

令和4年10月1日(土)晴れ

訳あって1ヶ月半ぶりの竿出しとなり、すっかり夏も終わり、空気は秋となっていました。

今日は京都の客人との竿出しでした。。


オトリ屋さんの勧めで10年ぶりくらいの石ぶりに降ります。

水量、アカ付き、天気は最高。。

盛期なら爆釣が期待できそうな感じですが、この時期難しくなってます。。


1時間以上泳がせてなんとか15センチが来て、そのあとは群れと紛れさせながらボツリ、ポツリ、、、昼前に写真右の分流で、やっと追う鮎を3匹追加して午前終了。。


午後は下の方をやってみます。

ここも石は最高。。でも掛かるのは白い鮎。。😥


そのうち、シャクリ(ヒッカケ)の人が降りてきて、水中メガネで覗いてもらうとキツいとこに黄色いのもおるでとのアドバイス。

オモリ付けて引き込むとギュイーンときて石に巻かれてプッツン、、、🥲

でも、その後、瀬を攻めて、白い鮎と20センチを数匹取って何とか釣りになりました。。

鮎らしい鮎は少なく、半分以上は白い小ぶりの鮎でした。。それでも、1ヶ月半ぶりの釣りはとても楽しく😁、ナビゲーターという役割を忘れて没頭してしまいました。。すいませんでした。😅

もうシーズンオフモードでしたが、鮎釣りの楽しさを思い出してしまったようですので、古座川でも行って納竿しようかと思ってます😊


令和4年8月21日 日曜日 雨後晴れ

大内山川は天然遡上が釣れているとの評判ですので、掛かるのはほぼ天然遡上ばかりの下流域狙いで、午後から入ります。


釣れると言う話が広まってますので、結構な雨の中ですが、オトベ、阿曽大橋あたりは満員ですね。

小広瀬橋の下から遡上しました。

橋周辺の小石底は天然のビリが無数にいる感じです。。


数百メーター遡上してから下がってきましたが、跳ねる鮎は多いけど掛かる鮎は少ない、と言うかよう釣りませんわ。


1時間してから初めて一つ掛かり、そこからはポツポツと4時過ぎまで、柳の根あたりで20センチオーバーもチラホラ。。


最後に橋の下のジャラジャラに入れましたが、ビリ鮎が引っかかって来ただけでした。


酷い写真ですが、17匹でした😐

天然遡上って、とても気まぐれな感じですね。

鮎は踏むほどいますが、タイミングが合わないと反応なし。。ジアイに突入するとパラダイスらしいです😅



令和4年8月19日金曜日晴れ

平日釣行です。

、、ですが、まだまだ夏休みの方が多い時期なのか、どこも結構な人ですね。

今シーズン何回目かのビワガケの上の方です。


再放流された群れ鮎が掛かってきます。

だいぶ鮎が少ないところも多くなりました。

場所外すと厳しい釣りになります🥲


綺麗な良型も掛かります。


鮎釣りの常識かもされませんが、綺麗な石を釣らないと釣れません😥


16匹。午後から厳しい釣りでした😅