愛あるステキなあなたへ







私は20代のとき、

大病を経験しています。




大学病院や

がんセンターなど

いろいろなところを

回りましたが…



「かなり進行しています」


「深刻な事態です」



と、つらいことばかりを告げられました。






「お医者さんが言うことなのだから

本当なのだろう…」


と納得しようと

しようとする一方で…




心のどこかで、




この病気って、

何かをきっかけに

治るんじゃないかな?」




という気持ちが

消えませんでした。






そう、どこかで…




「大どんでん返し」




が来ることを信じていたんですね。






私はなんとか

病気を治そうと、

いろいろなことをやりました。




例えば…


食事療法もやりました。


鍼灸にも、通いました。


サプリメントも飲みました。


からだを温める療法もやりました。


スピリチュアル的な療法も、やりました。




…それでも、なかなか、よくならない。





そんなとき、

「あること」をしたら、

現状が、

急に好転したのです。






その「あること」とは…



「心の持ち方を変えること」




それまで、

私の心の中は

健康なときですら

「不安」や「心配」がいっぱいで…




病気がわかってからは…



「なんで私がこんなことに…」


という

「とまどい」や「怒り」でいっぱいでした。








そういう気持ちを

癒してほぐしてあげることにしました。





どうやったかというと…





「病気になった自分をゆるします」





と、ただただ自分に言ってあげていたんです。




1日になんどもなんども。









そして…




「今日、生きてることが、うれしくて、ありがたい」



「今日という日を、

楽しく、充実させて生きていよう」



という2つのことだけ

考えながら、

生活したのです。






カンタンに言うと


「楽しいことを考える時間を長くした」



のです。





本もDVDも

治療関係のものや

心が深刻になるものは

いっさいやめて…




楽しいワクワクするようなストーリーや…



見ているだけで

心があったかくなるものや…



なんだかほっこり癒されるもの…




そう



「楽しい気持ちになるものだけを選んで見た」




のです。







外にも積極的に出かけて

お気に入りのカフェに出かけたり…



かわいい洋服を

ウインドショッピングしたり…




とにかく

「楽しいこと」だけしかしませんでした。


「楽しいこと」だけに目が向くようにしました。







すると、どうでしょう。



私が考え方が

変わったとたん

なぜか現実も、

変わりはじめました。



例えば…



●珍しい治療方法をしている

新しい病院を

紹介してもらったり…



●心のやさしい

人間的なお医者さんと

出逢えたり…



●病院の検査の結果で、

びっくりするような結果がでたり…

(良い結果です!)




そういうことが、

立て続けに

起こるようになったのです。




その結果、

「治すのが難しい」

と言われていた私の病気は…





良心的な病院と

腕の良いお医者さまが

見つかったことをきっかけに…



驚くような展開で

治すことができたのです。





そして、

私はいまも

元気に過ごしています(*^_^*)





それ以来、私は、信じています。





「こころの持ち方が

変わったとき、病気は治る」



と…。




※すぐに治らなくても

水面下では改善の方向に向かっていると

私は信じています。






病気は、きっと

神さまからの「お手紙」





その人に、

何か大切なことを

教えてくれるために…



神さまが送ってくれている

「お手紙」のようなもの

なのかもしれません。








そして信じられない話ですが…





実は「病気になること」も…




あなたが生まれる前

「お空の上」で

自分で決めてきているケースもあるようです。






なぜなら

「病気になる」という

試練をのりこえることで…




あなたの魂がぐ~んと成長するから!!!






 

 

実は私たちは

「魂を成長させるため」に

この世に生まれてきているのです。






このことを知ってしまうと

「病気になったことの意味」がわかるので…




心の持ち方が変わり…



さらには「現実」にも

必ずなんらかの

良い影響が出てくるように思います。








ひとつ、あなたにシェアしたいことがあります。




生まれる前の

「胎内記憶のこと」をテーマにした

ステキな物語があるので…





もしよかったら、読んでみてくださいね。





※今回のお話は

「病気という試練」について書かれています。

 




雑誌「ゆほびか」編集長

西田普(にしだあまね)さんのブログより



あなたが「お空の上」で決めてきたこと 2






いま神さまに心から思います。





「あのつらい病気の時期を

経験させてくれて、ありがとうございます。



あのときの体験が

いまの私を作ってくれました!」









あなたがますます

幸せで心地よくあることを

私はいつも応援しています(*^_^*)







今日も、ありがとう。

いつも、ありがとう。






リブログ(73)

リブログ一覧を見る