小樽の問題を伝えたい⑧ | ツキネコ北海道 ブログ

ツキネコ北海道 ブログ

NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道の新しいブログです。


テーマ:
着手したのは小樽の長橋地区。
今年に入りすでに小樽の多頭飼育案件は3件目です。

全て小樽保健所に相談が入って、
札幌の保護団体であるツキネコ北海道がお引き受けしています。


条例を持たない小樽市で猫の収容 ができないのが現状なんです
ショボーン

今回の相談者は飼い主さんのご家族からです。
そのご家族のご友人がボランティアで定期的にお二人の身の回りの世話をしていましたが、お話しするとそれも限界に来ている様でした。

小樽のボランティアさん2人と出向きました。
我々がこの案件をお手伝いすることをとても喜んでくれていました。

今後、協力し合い問題解決に向き合っていきます。

80代の高齢者のご夫婦はアルツハイマーーが進行していて、自宅もゴミ屋敷化しつつあります。


メス猫が多く繁殖も激しく、家と外は出入り自由。
目の前が幹線道路な為、たくさんの猫たちが交通事故で命を落として来た様です。

アルツハイマーの特徴のひとつである
 "怒り"が出て来ているので、機嫌を見ながら手早く捕獲をしていきます。

*先日も一気に猫がいなくなった為
怒りの電話がかかってきました。
どうにかなだめて事なきを得ましたが...


猫たちは避妊、去勢をして戻すと約束して
捕獲。
捕獲器にも嫌悪感がある様なので、隠しながら設置します。


ちょろちょろしていた子猫を連れ帰りました。

出入りが自由な為
何匹いるのか確認できていませんが
全頭で30匹ほどでしょうか、、、

2度目の訪問の時、前回お腹が大きいなと思っていた猫がすでに7匹出産ガーンガーンガーン

もう待った無しです、、、
早く生殖制限しなければ



子育てを放棄してしまった子猫達は
哺乳ボランティアさん達にバトンが渡りました。


避妊を終えた母猫はニャイダーデビュー




なんと
あっという間にトライアルのお申し込みが入りましたよ爆笑爆笑爆笑


ただ、すでにこの案件でも20匹近い猫を引き出していて、多頭飼育案件が入る度全頭保護できる場所が無く、今後の対策が急務です。


☘☘☘☘☘☘☘☘



猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
(Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫かざして募金右矢印こちらをポチ
(100円から支援ができます)

NPO法人 ツキネコ北海道さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス