何かが、何かが間違っている... | ツキネコ北海道 ブログ

ツキネコ北海道 ブログ

NPO法人 猫と人を繋ぐ ツキネコ北海道の新しいブログです。


テーマ:

{B67B2C26-D83B-4D83-AD8D-F18BF34105B2}

見過ごすことができなかった
この文字。

プライベートで遊びに行った小樽
久々の休み
ゆっくりしようかと思った矢先でした。

恐る恐る友人と家を訪ねると、やはり高齢の男性が猫たちにまみれていました。

メス猫2匹に生後1ヶ月ほどの子猫が5匹。
『外に出してるの?』
友人の問いかけに
「何も出してない、勝手に妊娠した」

もうこの時点でアウト!!!
ですが、、、ここで怒りを堪え
とにかく避妊することを勧めました。

名刺を差し出して次の日、子猫はもちろん全頭連れ帰る約束をしました。

次の日、伺うと
「やっぱりいいわ、このまままでいい」
と言います。
お年寄りは子猫が大好きです。

『ダメ、ダメーーー!
あっという間に大きくなるよ
もらい手なかったらどうするの?
増えたら大変、母猫もすぐにサカリが来るから苦しくてかわいそうでしょ!』

なだめたり、たしなめたりとにかく機嫌を損ねないようにどうにか猫をキャリーバックに押し込みました。

{1C817CF0-8CEC-452B-BCEB-B24A1D95139B}

すぐに店に戻り、もう少し母乳を飲ませてから避妊を考えていましたが、、、

ナント1日で飼い主から電話があり
とにかくは母猫と子猫を返せと言います。
なだめてどうにか子猫は諦めましたが
母猫の避妊は許さないと言いはりどうすることもできません。
『もう1匹のメス猫はどうします?』
と聞くと
「ああ、その猫はいらんわ」
年配者はサビ猫や黒猫を忌み嫌う人が結構います。

もう怒りを通り越して呆れ果ててしまいます。

とにかく手元に子猫を産んでくれる可愛い
メス猫だけが欲しいようでした。
何を言っても頑固なお年寄りには通じません。

{61469BB1-E793-46CF-8DAE-8A4E431B166C}

{A999E1F3-8351-4E51-A7FB-A13F06C9F90B}

{4F6C87C9-4A3A-4206-9850-993AEB2052F9}

何も知らずに無邪気に遊ぶ子猫たち。

{539B16F6-D41B-4967-9D7B-2742DBC8F922}

{628D5C98-7809-4FB5-980F-7D84F515DD81}

お母さん猫
返さなきゃいけないことが
悔しくて
悔しくて

あと何年産ませ続けさせられるんだろう。

あと何年、飼育できるんだろう。

当団体での相談も餌やり問題や飼育放棄、
捨て猫問題など殆どが高齢者なのです。

残念ながらこの辺りを解決する手立ては
悔しいですが、なかなかないように思います。



😿😿😿😿😿😿😿😿😿





 
猫BASE(ネットショップ) 右矢印こちらをポチ
※後払い決済はできませんのでご注意下さい。
 
猫Yahoo!のネット募金右矢印こちらをポチ
  (Tポイントを使って支援ができます)
 
 猫かざして募金右矢印こちらをポチ
  (100円から支援ができます)

NPO法人 ツキネコ北海道さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス