レンティオのMissionは、

 

不要な「所有」を減らし、価値ある「体験」を増やす

 

ユーザー(消費者)には「購入のミスマッチがなくなる」というバリュー

 

必要な間だけレンタルすることで低コストでも様々な体験ができたり、
購入前にレンタルして試せる機会があることで
ミスマッチをなくすことができます。

 

​メーカーには「利用へのハードルが下がる」というバリュー​

 

製品を手頃なレンタル代で提供すれば、
多くのユーザーに製品を利用・体験してもらうことができます。

 

社会に対して「高品質な製品が正しく評価される」というバリュー​

 

ユーザーの価値観に本当に寄り添った製品なら
利用や体験の回数が増えた世界で多くの評価を得るはずです。

 

さらに「非所有」という価値観の拡大に沿った購入を前提とせず
利用だけに特化したような製品も生まれてくるかもしれません。

 

​その一方でユーザーの価値観を無視した「販売者本位」な製品は
利用や体験の機会が増えることで評価を落とし淘汰されるはずです。

 

これにより無駄な製造や流通が減少して一歩ずつですが
貴重な資源の保護やサスティナブルな製品開発に繋がることでしょう。

 

出典:同社HP

 

 

 

 

 

ClipLineのMissionは、

 

「できる」をふやす

 

私たちは世界中で、人の手によるサービスや、
人の顔が見えるサービスの現場で、
「できる」をふやすプラットフォームを提供します。

 

Visionは、

 

「知っている」から「できる」へ。

「できる」をサービスの品質基準にしましょう。
「できる」が増えれば、はたらく人、企業と
その先のお客様の幸せを最大化できるはずです。

 

Valueは、

 

ユーザーファーストを貫こう

わたしたちの価値提供の相手すべてを、ユーザーと定義しよう。
シンプルに、ユーザーの「できるをふやす」を軸に考えよう。
わたしたちのアウトプットだけではなく、
ユーザーのアウトカムを最大化し、ClipLineのファンを増やそう。

 

考え抜いて、やり抜こう

それぞれがプロフェッショナルとして、
課題発見、課題解決のための最適なプロセスを考えよう。
障壁を乗り越え、成長を楽しもう。

 

チームワークで解決しよう

仲間と一致協力して目標を達成しながら、
ユーザーをも巻き込んで、サービスとプロダクトの価値を共創しよう。

 

出典:同社HP