延期が続くA380の考察

テーマ:
ごきげんよう。全湾です。

今回は当初3月上旬に発売予定でしたが延期に次ぐ延期により、現在では5月上旬まで延期されたA380について考察をいたします。

Dingooブランドとして販売をし、Linuxが搭載したことにより中華PMPでは類を見ない販売実績を出した「A320」。

その後、多くの中華メーカーと同じく内部分裂が起こり、本家DingooとDingoo-hkに分かれることとなりました。

Dingooの分裂については、DingooA320-Wiki等で詳しく取り上げられております。ご興味がお有りの方はそちらをご参照いただければ、詳しい情報が掲載されております。

さて、タイトルにある通り今回は「A380」という新商品についての考察を書きます。

こちらの商品に興味を持ち、3月に某店にて予約をいたしましたが延期が続いております。

中華商品の延期は珍しいことではありませんが、前述の分裂のこともあったので独自に延期の理由を調べてみることにしました。

「A380」は本家Dingoo(歌美公司)ではなく、派生したDingoo-hkが開発元の様です。

ハードウェアはA320を元にし、メインチップやメモリ等は据え置き、追加機能と金型の一部変更を行っていることが伺えます。

OSはデフォルトでDINGUXが搭載しているため、高い拡張性を持っています。

延期の理由は掲載されずに、ただ「○月に延期」という表記だったこと、開発元が本家ではなく派生したDingoo-hだったことから、延期の正確な理由が知りたいという衝動にかられ、中国で内資の会社を運営している友人にお願いし調べてもらうことにしました。

理由は「DINGUXとハードウェアの問題」との事で、4月の時点で販売は5月上旬になるだろうとのことでした。

追加機能が仇となり、DINGUX上で不具合を起こしている様です。

DINGUXの開発者様が制作に関わっていないかもしれない、公開されているソースコードを元に別のソフトウェア会社が構築している、と未確認ながら情報を得ることができました。

5月にはゴールデンウィークがあり、中国では労働節(メーデー)と青年節が重なっているためにその前後は関連会社が各自の休日を取るために上旬に発売するのは難しいのではないかと思います。

私は状況を見る限り、5月中旬以降か、最悪の場合発売中止もありえると予想します。

あくまで個人的な見解・考察ですので、5月上旬に発売されるかもしれませんが、そちらの方が良い結果であると思います。

進展がございまいしたら、追記していきたいと思います。

また元々稚拙な文章でしたが、長い間文章を書いていなかった為に文章の構成や文法等に間違いが多々あると思います。文章のレベルアップを図りたいと思いますが、お時間がかかると思います。気長にお付き合いいただけたら嬉しい限りでございます。

不正競争防止法 改正の現状

テーマ:
ごきげんよう。全湾です。

一身上の都合にてブログから離れておりましたが、時間の余裕ができましたので稚拙ながら文章を記させていただきます。



3月11日、日本で震度観測を開始して以降最も規模が大きい東北地方太平洋沖地震が発生いたしました。

マグニチュード9.0は世界規模でも第4位という、未曾有の巨大地震となりました。

当方と関わりのある友人、知人の中で今でも連絡がつかない方も多々居ます。

この「消費者の”眼”」は崇高な意味をもつブログではありません。今回の震災については個人的な応援に止めておきます。

月並みな言葉ではございますが、被災された方々頑張ってください。義援金という形でしか応援できませんが、出来ることを行います。

さて、23年2月に経済産業政策局の知的財産政策室より「技術的制限手段に係る不正競争防止法の見直しの方向性について」という内容の報告書が公開されました。

---------- 引用 ----------

近年のインターネット技術の急速な発展を背景に、コンテンツの視聴・実行を制限するアクセスコントロール技術の重要性が増している。これと同時に、ゲームソフトやスクランブル放送の回避装置等の氾濫など、アクセスコントロール回避に係る問題が強く指摘されている。特に、ゲーム産業では、ゲームソフトメーカーに無断でインターネット上にアップロードされたゲームソフトをダウンロードして正規の記録媒体以外でもゲーム機で利用できるようにするアクセスコントロール機能を回避する装置等 (「マジコン」と呼ばれる装置等)が提供されることに伴う被害は、インターネット上の著作権侵害コンテンツの氾濫と相俟って、より深刻なものとなっている。

上述の状況を踏まえ、平成22 年(2010 年)5 月、知的財産戦略本部において決定された知的財産推進計画2010」において、アクセスコントロール回避規制の強化を行うこととされた (参考「知的財産推進計画2010」-アクセスコントロール回避規制の強化)。

(中略)

こうした状況を踏まえ、コンテンツ提供事業者間の公正な競争秩序をより確実に確保するため、産業構造審議会知的財産政策部会の下に新たに「技術的制限手段に係る規制の在り方に関する小委員会」を設置し、具体的な制度改革案をまとめるべく、不正競争防止法におけるアクセスコントロール等の技術的制限手段に係る規律の在り方について議論を行った。

---------- 引用ここまで ----------

過去のマジコン関連の裁判において、"アクセスコントロール回避”は大きな論点とされてきました。今回の見直しの方向性により、論争の余地をもたず、民事ではなく刑事にて決定づけることが出来るようになります。

大まかな改善内容は以下の5つです。


1 回避手段の「のみ」要件の見直し

「のみ」要件の見直しとは、今まではゲームが起動するもの「のみ」不正競争防止法の対象になっており、HomebrewやMoonshellが起動する製品は対象外になっており、メディアプレーヤーと言う名目で販売が可能でした。
今回はこの「のみ」の箇所を「専ら」に変更することにより、メディアプレーヤーでもアクセスコントロールの回避機能が使用できる製品について規制をすることができるようになりました。

2 ユーザーによる回避行為の規制

マジコンを初めとするアクセスコントロール回避機能の動作をする機器に対する規制です。
また違法ダウンロードにおいても、規制を検討しているとの事です

3 回避装置の製造と回避サービス提供への規制

マジコンを初めとするアクセスコントロール回避機能の動作をする機器の製造と、ファームウェアの改造の規制を検討している様です。
ここにおける製造は日本国内で製造された場合であって、輸入に関しては5番目をご参照ください。

4 回避装置提供の刑事罰化

マジコンを初めとするアクセスコントロール回避機能の動作をする機器の販売を民事上だけではなく刑事罰を検討しているとの事です。

5 回避装置への水際措置の適用

俗に言われるスーパーコピー品を初めとす著作権や意匠権、商標権の違反の品物の輸出入は税関により取り締まる水際措置が適用されております。
この項目にマジコンを初めとするアクセスコントロール回避機能の動作をする機器の輸出入も水際措置により、国内流出を防ごうとしている様です。


そして2011年4月19日現在、不正競争防止法の改正の現状がどうなっているかを調べたところ、以下の様な状況ということがわかりました。


「不正競争防止法の一部を改正する法律案」は参議院議案として2011年4月1日に内閣により提出され審議中です。

参議院審査結果は同年4月14日に可決、参議院審議結果は同年4月15日に可決となっております。


今月の末か、来月の初めには成立され、過去の例から2ヶ月ないし3ヶ月で施行されるでしょう。

日本国内でマジコンの販売をしている業者はまだ数店舗見受けられます。

しかし、民事で任天堂との裁判中にも関わらずマジコンの販売を続けていた某店が閉店告知をいたしました。

何故、マジコンの販売を止めるだけでなく閉店をするのか。

2年間の「保障」はどうなってしまうのか。

3月下旬に予約を募り、延期を続けているA380は閉店前に発売されるのか。


色々なことを考えますが、まだ閉店告知をしているだけなのでその辺りの「保障」はきっと行って頂けるでしょう。

次回は「A380」についての考察を書きたいと思います。

※久方ぶりの更新ですので、乱文で読みにくい部分が多い事をお許しください。

また、間違えがございましたらコメントにてご進言いただけたら、確認後修正・更新をいたします。
ごきげんよう。全湾です。
今年も残すところ後わずか。皆様いかがお過ごしでしょうか。

11月8日に某マジカル●海さんにてNeo Slim 3000予約をしたという記事を書きましたが、発送連絡はおろか遅延の連絡も全くありません。

web上では発送の予告をしていますが、ここまで音沙汰が無いと怒りを通りこし呆れてしまいます。

興味が湧いたところに水を差されてしまったので、何か代わりの商品を購入しました。

$消費者の”眼”

一見、丁果A320に見えますが、別の商品です。

SINTAX DIGITALという新参の会社の「SP2 SUPERFUN」というこの商品は、A320を意識して作っている様でL、Rボタンが同じように配置されています。

MicroSD対応で、ストラップをつけることが可能ですが、残念な事に全体的な質が良くありません。

ボタンもチープですし、画面もA320に比べて解像度が低いです。

エミュレータの再現度もまだまだ発展途上です。

果たしてファームウエアのアップデートがあるかどうかは不明ですが、もう少し作り込むと面白いハードになるのではないでしょうか。

時間がある時に分解をしてみようと思います。
ごきげんよう。全湾です。
時間に余裕があるのは良いですね。その間に少しずつ更新をしていきたいと思います。

海外のサイトでNeoflashの新しいPMPのニュースがあがっていました。

Neoflash Neo Slim 3000, not “Lite” in Features

Neo Slim

そして、こちらは中華系のオンラインショップにあるPMPです。

$消費者の”眼”

比較してみると、ボタンの形やスクリーンの形が違うのがよく分かります。

これから考えられるパターンは、

・NEOTeam独自の基板を作り、独自のCPUを搭載している全く新しいハード

・外見に多少の変化はあるが、基板と性能は変化無し

のどちらかと思います。

到着するまではまだまだわかりませんので、前者ということで期待をしたいと思います。
ごきげんよう、全湾です。
引っ切り無しにニュースが来るので最近は立て続けに記事を書くことができます。

本日より2日前の11月10日、任天堂株式会社が新しいニュースリリースを発表いたしました。


-----ここから引用-----

このたび、任天堂株式会社(本社:京都市南区、取締役社長:岩田聡)は、ニンテンドーDS(ニンテンドーDS Lite、ニンテンドーDSiを含む)で起動するゲーム・プログラムを開発・販売しているソフトメーカー54社と共に、「R4 Revolution for DS」に代表される機器(いわゆる、「マジコン」と呼ばれる機器)を販売する業者らに対し、不正競争防止法に基づいて、輸入・販売行為の差止及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴いたしましたのでお知らせします。

マジコン販売業者らに対しては、本年10月5日にも、輸入・販売行為の差止及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴しておりますが、それでもなおマジコンの販売を継続する、或いはマジコンの違法性を認めず、当社らの警告に対して真摯な対応が見られない悪質な業者が存在するため、このたび、法的措置を取ることにいたしました。なお、本訴訟に際しては、10月に開設いたしました不正商品情報ご提供窓口への多くの皆様からの情報提供が非常に役に立ちましたことをご報告申し上げると共に、皆様からのご協力に対して、この場を借りて感謝申し上げます。今後も皆様からのお力添えを得ながら、違法行為に対しては断固たる姿勢で取り組んで参ります。


-----引用ここまで-----

10月5日に5社を提訴いたしました任天堂株式会社ですが、それ以降もマジコンの販売は止まる事を知らず、マジコンの違法性を認めようとしない業者に、法的措置を取ることにしたようです。

R4DSがリリースされてから、マジコンの違法利用は急増しましたがまだ違法性を説くには材料が足りなかったように思えます。

しかしNintendoDSiのプロテクトを回避するマジコンが販売されてからは、不正競争防止法の”管理技術を無効化する迂回機器・プログラムの取引を防止”に該当する可能性が非常に高く、メディアプレイヤーと言い切るのは困難かと思われます。

今回の法的措置で一番眼を引くのが「10月に開設いたしました不正商品情報ご提供窓口への多くの皆様からの情報提供が非常に役に立ちましたことをご報告・・・」の箇所です。

これは任天堂の今までの訴訟のケースからは異例であり、同時にこのシステムを組むということはある程度の大きな業者を駆逐しようという意図が見れます。

生産国を叩かないと意味が無いという意見も見うけられますが、別の国と訴訟を起こすのは国内訴訟に比べると膨大な労力と資金が必要となります。

会社や工場のシステムも違えば、法律も違います。これを1企業で行うのは難しいかと思います。



先日訃報がありました臼井儀人氏の「クレヨンしんちゃん」が中国の企業に絵柄と中国名の”蠟筆小新(ラービィシャオシン)”を勝手に商標を取ったという事件がありました。

そしてオリジナルである双葉社の商品が海賊版扱いされるという呆れる事態となりました。

双葉社は北京市高級人民法院にて敗訴を受けております。



この様な事態が起きる国でマジコンの多くは製造されています。

任天堂株式会社も上記の様な判例があることから、国際問題に発展せずに国内での販売を取りしまる様にしているのではないでしょうか。

まだ法的措置を受けた会社は明らかにされていませんが、これから長い月日をかけて明らかになっていくことでしょう。