2022年6月26日の日曜日の夕方。

「みなさん、ラストライブお疲れさまでしたー!!」

というチーフの乾杯の音頭で、サロメの唇の打ち上げが始まりました。


2020年11月22日の解散から1年半余り。
ようやくの開催です。

本来なら、ラストライブ当日のうちに打ち上げをする予定だったけれど、新型コロナの影響を受け、残念ながら延期となってしまった。

今年の春あたりから、そろそろ開催しようという話が持ち上がり、ラストライブに出演したメンバーとスタッフを中心に集まることになりました。

1年半の間、一度も会えていないメンバーもいたし、会っていたとしても、元々しょっちゅう顔を合わせていたことを思うとほとんどのメンバーが久しぶり。

当時はリハの日程調整もなかなか大変だったな…みんなでスケジュールを入力していたな…と懐かしく思い出しながら日程を決めて、実現に至りました。


打ち上げは、ライストライブ2デイズの映像を流しながら、みんなで飲み食いしておしゃべりして、映像からサルビアを私にが流れてきた時には3人のダンサーが並んで踊り出し後ろではハヤシさんがドラムのアクションをして、手品大会をして、(キッズもいたので)相撲大会もして、それから誕生日当日のかずみんのこともみんなで祝いました。


最初の乾杯をしてしばらく経って、少し遅れてきたメンバーも到着して全員集合となり、再び「かんぱーい!!」とグラスを合わせた時。

突然、「チーフ、京子さん、おつかれさまー!!」と、花束を渡された。

不意打ちだった。
思ってもみなくて、ものすごく驚いたのと同時にあの日のステージ後からJAMを出るまでのことがフラッシュバックしたような感覚になり、胸がいっぱいになりました。
あの日の続きをしているみたいだった。

花束は、みんなでコッソリ打ち合わせてどんなお花にしようかと相談してくれたそうで、チーフには食虫植物や毛が生えたような毒々しいお花、私にはラストライブの衣装のような赤いお花をと、それぞれにイメージして選んでくれたとのことでした。

「これが橘京子としてもらう最後のお花だよ」
と言われ、そうか、今日私はサロメの唇の橘京子だったのか、と気付き、この花束をとても意味深く受け取りました。

みんながサロメの唇のことも私のことも、すごく大切に想ってくれているんだなと実感した。
こうして文字にしている今も、しみじみと感じています。



イヴちゃんが「みんなに会いたい」と言って開催のきっかけをくれて、

ホッペちゃんは会場の準備をたくさんの時間を使って協力してくれて、

ペラはかずみんへのサプライズケーキの準備を手伝ってくれて、

かずみんは知らぬ間にチーフと私への花束をみんなに呼びかけてくれていて、

ヒラッキーはサロメの唇を親戚みたいなもんだと言ってくれて、

ハヤシさんはどの曲が大変だったかを初めて話してくれて、

エミーリーちゃんはこの日を含めこれまでに何度もサロメの唇のために名古屋から東京へ足を運んでくれました。

スタッフのアベちゃんとコンちゃんは、私にとっては今でもいちばんよく飲みに行く友人です。

このメンバーで、以前と変わらない距離感のまま集まることができて本当に幸せです。


解散ライブ当日の打ち上げを延期にすると決めたあの時は、
その日だけの感情があるのに。
後日集まっても、意味が変わってしまうのに。
ツアーだって泣く泣く諦めたのに、打ち上げまで…と、どうしようもない現実が本当に悔しかった。

けれど日の無念が晴れました。


バンドを18年間も続けること、
解散ライブをできること、
期間が空いても打ち上げができること、
特別だと思います。


心がホッとした、そんな一日になりました。
本当にありがとう。

7/18日曜日には、U.F.O.CLUBで歌わせていただきました。


元々は4/29に昭和の日の開催予定だったこちらのイベントは、ギャランティーク和恵さんとわたくし京子バラッドのツーマンライブでした。


この日は初披露の曲を加えて全9曲を用意していたところ、楽しくて言葉がどんどん出てきてしまったためにMCが長引き8曲のお届けとなってしまった

という、やはりリラックスしながらのステージでした。

お越しくださったお客さまたちはもちろんマスクをつけて声は出せないものの、客席からは温かい空気感がものすごく伝わってきた。

去年までの17年間で何度も何度も歌わせていただいたU.F.O.CLUBは、だからこそピリッとするのかなと思いきや、1曲目を歌っている時からなんというかホーム感のようなものを感じました。

私は今またここで歌って良いんだなと実感することができました。

とても幸せな気持ちで歌わせていただきました。

本当にありがとうございました。


和恵さんのライブは、本当に格好良かった。

歌声はもちろん、衣装もステージングもです。

バンドメンバーにかずみんとヒラッキーがいて、それからリーダーのやっさんもサロメをサポートしてくれたことがあって、そんな彼らの演奏の気持ちの良いこと!

この空間でのバンドサウンドに、これこれ!と思いながら私は体を揺らして思う存分楽しませていただきました。








この2日前の野毛うっふが楽しくてとても気分の良いまま18日を迎え、お昼過ぎにU.F.O.に入ってかずみんやヒラッキーの顔を見つけて和恵さんややっさんやスタッフさんたちと久しぶりの挨拶をして、本番前から嬉しい気分で過ごしていたこの日。

楽屋ではかずみんと並んで化粧品を貸し借りしながらメイクして、、いつもの。という雰囲気だったな。

和恵さんは、私が自分じゃ使わないからと以前に差し上げた香水を今もお持ちで、それをお渡しした時のことを話したり。

そういった時間も、本番の私のリラックスに繋がっていたように思います。

当日の心って、とても大切です。



それにしてもこのイベント、実現できて本当に良かった。

最初にやっさんから声をかけてもらったのはたしか1月。

まだ京子バラッドの名前の公開前で、これから自分が誰かから出演のお誘いをいただけるかどうかも現実的には考えられていなかった頃でした。

そこにギャランティーク和恵さんとのツーマンライブのお話。

本当に私で良いんですか!?という気持ちを持ちつつ4月に向けて準備を始めて

結果、4月から7月に延期となったけれど、それすらヒヤヒヤの状況。

そんな流れがあったからか、実現できてホッとしたのと募っていた楽しみな気持ちも相まって、あの夜は特別なかんじがしました。


  


7月はライブが3本。

そのうちの2本が自分にとって本当に実りあるライブでした。

3本目は7/31です。

また初披露の曲をやります!

少しずつでも初めてのことを取り入れていきたい。

幸せのあまりブログを書きますおねがい


先週金曜日とその2日後の日曜日のことです。

ひとつづつ書きます。


* * *


先週7/16の金曜日は、京子バラッドとして初めてお客様を目の前に歌わせていただくステージでした。


※4月には生配信ライブでお披露目させていただきました


そこで、自分の時間で8曲、そしてイベントの最後にはいちご団×しょうけいさんと私とピアノ翔くんの全5名で2曲を演奏し私は阿仁異さんとデュエットさせていただきました。


すごく楽しかった。


とても緊張してしまったらどうしよう。

ピアノの弾き語りも自分でセットリストに入れたものの、曲にならないくらいとちったらどうしよう。

と、その日考えてもしかたないことが本番前に過ったりもしたけれど、始まってしまえば何だかすごくリラックスして嬉しい気持ちで私はステージにいました。


平日の早めの時間にも関わらず、野毛まで足をお運びくださったみなさん、本当にありがとうございました。

素晴しい初めてをいただいて、わくわくするようなスタートを切ることができました!







今回のライブに関してはまず6月のはじめ頃、極悪いちご団の阿仁異さんから連絡があった。

珍しい、どうしたのかしらとメッセージを見ると、一緒にライブをしませんか?とのこと。

私、この時とても嬉しくて、何故ならこんなふうにオファーをもらえるのはまだ少し先のことだと思っていたから、驚きつつすぐにスケジュールを確認してお返事させていただきました。

そしてすかさず、前から阿仁異さんとやってみたかったデュエットも是非とお伝えしました。


いちご団といえば、サロメの唇としてすごくお世話になり、去年までいちご団のドラムを叩いていたダイゴさんはサロメでも叩いてくれていた時期があったし、サロメ解散のわりと間際までライブでご一緒させていただきました。

そしていちばん大きな思い出としてはやっぱり2年前のパリでの日々。

寝食を共にしながら1週間の中で何度も一緒にライブをしてワインを飲んでパリ市内をたくさん移動して

そうして、私の中ではとてもお近づきになれて嬉しかった。


そんないちご団と今またご一緒できるなんて。ソロとして。しかもこんなに早くに。

有難いやら、いろんな状況的にすごく久しぶりに会う気がして待ち遠しいやらで、とても楽しみだったライブ。

それは、想像以上に得るものを感じたライブでした。


いちご団とは、またそう遠くないうちにご一緒できそう。
実はツアーの話も少ししています。


続いては、7/18のギャランティーク和恵さんとのライブのこと!

新しい名前を公開して、10日あまり経ちました。


そして


アーティスト写真ができました!!


こちらです。


撮影:林ユバ


改めまして、京子バラッドです。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。




活動を本格化するにあたり、まずは私、写真もないのか・・・

これって、告知したい時にパッとできないってことか・・・!

と気が付きました。


じゃあ準備しなきゃと思って、考えました。


まだ活動暦のない京子バラッドとしての最初の1枚は、、

見る人に自然体の私も感じてもらえるようなものが良いな。

ビジュアルイメージは、特定のテーマや世界観を持つものでなくて良い。


そして、やはりこのカメラマンさんでしょうと協力をお願いしたのは林ユバさん。

サロメの唇のころからとてもお世話になっている彼女の写真は、女性目線で女性の内外両面を美しく写し出してくれるなあと、以前から思っていました。


アーティスト写真用にたくさん撮ってもらって、その中から悩みに悩んで選んだ1枚が上の写真です。


他に、すました表情や微笑んでいるような写真もたくさんあったけれど、そういう顔は去年まで橘京子としてお見せしてきたと思うから、ここはひとつ、すごく笑っている顔にしてみようと思いました。


そして、もう1パターン撮ってもらった写真があります。

SNSのアイコン用として、飾らない姿で撮ってもらいました。

撮影:林ユバ


すべて自宅で、リラックスしながらの撮影でした。


第一歩です。




新しい名前の由来のこと。


「バラッド」は「バラード」です。


私は元々、スローテンポの歌の方が得意でした。

ステージに立つようになるよりずっと前からです。

ミディアムとかアップテンポの曲よりバラード曲の方がずっと、テンポ感が掴みやすくて歌いやすい。

でもここ数年で思うようになったのは、これって私自身のテンポ感と合っているのでは?ということです。

歩くのも、食べるのも、話すのも、何にしてもゆっくりな私の性質で以って、そのテンポに近い曲を歌いやすく感じてきたんだなと、今は納得しています。


そんな私自身を表す言葉を用いて、語感も自分なりに考えて、「京子バラッド」としました。



これから私がどんな歌い手になっていくのか、私もまだわかりません。

バラード曲は多くなると思う。

ジャンル、シーン、スタイル等々は決めなくてよくて、手探りで自分なりに試行錯誤するかな。

そうしているうちに、必要なものに出会える。

サロメの唇との出会いもまさにそうだったし。


決まっているのは、歌を歌っていくということです。


ずっとやってきた歌謡曲はもう自分からは切っても切り離せないものだし、去年までもやってきたソロライブではニューミュージックやJPOP寄りのものや、アニメソングだけを歌ったことも実はありました。

そんな曲たちは、ジャンルは違えど私自身が「歌いたいな」と感じるということ自体が十二分な共通点だし、これからも私自身が歌いたい歌を選んで歌っていきます。



ファンの方たちを含むいろんな人たちの力を借ります!

いざ、スタートです!


新しい名前です。


京子バラッド


発表したかったのはこのこと。
この名前で私は新しい歌手人生を歩みます。


サロメの唇のボーカルとして活動していた約17年間、私は橘京子と名乗っていました。
京子という本名は子どものころからからすごく好きで、私がサロメの唇に加入した時に名前をどうしようかという話になって、"京子"は使いたいと伝えたところ、リーダーであったチーフが橘京子と名付けてくれました。
素敵な名前。
とても気に入っていて、美しい名前だなあと思っていたし、長く付き合った名前に愛着もあった。
けれど私は、サロメの唇の解散とともに橘京子としての活動も終えました。


これからは、京子バラッドの名前で活動します。


ということで、実はまた次の発表も控えています。
でもその前に、近々撮影するアーティスト写真を公開できるかな。
みなさんにこの名前が早く馴染むよう、動いていきたいと思います。


是非乞うご期待。