つばめ報

つばめ報

楽しく作って、誰かにハッピーになってもらいたい…、そう願うクリエイトサークル「つばめ綺譚社」のブログです。
主に、クリエイター情報や参加イベントについてお知らせしております。


テーマ:

更新履歴です。

追加記事もすぐわかるようにしてございます、どうぞご参考に!

 

初めての方は是非こちらから→つばめ綺譚社とは

通販についてはこちらから→ 渡り鳥販売(通販)について 

 

つばめ綺譚社のpixivアカウントです。小説のサンプルを公開中!→こちら

最新情報はTwitter→@TsubameKitanで発信しております。

 

*次回参加予定イベント* 

2019年9月8日(日)文学フリマ大阪

 

2019年5月11日

〇参加イベントの御礼 → 5/6文学フリマ東京ありがとうございました

 

2019年3月27日

○参加イベントの御礼 → テキレボ、ありがとうございました!

 

2019年3月18日

○次回参加イベントのお知らせ → 第8回 Text-Revolutionsに出展します。

 

 


テーマ:

皆さまご機嫌いかがでございましょうか。紺堂でございます。
先日終了した長い長いゴールデンウィーク。その最終日に行われました文学フリマ東京に、つばめ綺譚社も出店いたしました。以下、簡単に報告と御礼をさせていただきます。

当日は、紺堂 カヤと海咲光がスペースに参上しておりました。
大変な人出でございまして、どうやら過去最高の入場者数だったそうでございます。出店サークル数ももちろん多かったわけで、そんな中でつばめ綺譚社の本をお手に取っていただけたことは非常に有り難いことと思っております。
新刊の用意はございませんでしたが、紺堂 カヤ『繋ぎ屋台帳3』、伴美砂都『ランガナタンの手のひらで』が文フリでは初お目見えとなりました。
また、紺堂・伴ともに寄稿させていただいておりましたアンソロジー『ティアドロップが壊れる』を委託頒布させていただきました。
こちらのアンソロジー、主催者様に許可をいただきまして、つばめ綺譚社の通販サービス「渡り鳥販売」でお求めいただけることとなりました!
「渡り鳥販売」は何冊買っても送料が一律でございますので、つばめ綺譚社の本もぜひついでにお求めくださいませ。
>渡り鳥販売はこちらから

次回参加イベントは、9月開催の文学フリマ大阪を予定しております。
新刊も用意できるのではないかと思っておりますので、是非続報をお待ちくださいませ。

それでは。
このたびも、つばめ綺譚社にかかわってくださいましたすべてに、心より感謝を。


テーマ:
そこはかとなく春ですね!
皆様いかがお過ごしでしょうか。つばめ綺譚社の伴です。

さて、つばめ綺譚社はさる3月21日、第8回Text-Revolutionsに出展いたしました。

ブースはこんな感じで(あれ、いつもよりちょっと余裕・・・?)
テキレボ190321
会場には、紺堂、海咲、月慈、伴が参りました。
大所帯ですね。入れ替わり立ち代わりお店番しておりました。

新刊は、紺堂カヤ『繋ぎ屋台帳3~結びの両端~』、伴美砂都『ランガナタンの手のひらで』の2冊でした。
どちらも、また既刊も、お手に取っていただき、ありがとうございました。

伴美砂都『猫の頬に月』は今回のテキレボをもって完売となりました。
時期未定ですが、再版の予定をしております。欲しかったのに~と、もし、思ってくださる方がいらっしゃいましたら、しばしお待ちください。^^*

新刊2冊、通販でのお取扱いもはじめました。
通販は送料・手数料若干いただきますが、ご容赦くださいませ。
 *こちらからご利用ください→渡り鳥販売

今回もたくさんありがとうございました!
次回イベント出展は、5月6日の文学フリマ東京の予定です。
またお目にかかれましたら幸いです。

それでは!

Ameba人気のブログ