つばめ報

つばめ報

楽しく作って、誰かにハッピーになってもらいたい…、そう願うクリエイトサークル「つばめ綺譚社」のブログです。
主に、クリエイター情報や参加イベントについてお知らせしております。

更新履歴です。

追加記事もすぐわかるようにしてございます、どうぞご参考に!

 

◆初めての方は是非こちらから→つばめ綺譚社とは

◇所属クリエイターの紹介はこちら→所属クリエイター紹介記事

◆通販についてはこちらから→ 渡り鳥販売(通販)について 

 

つばめ綺譚社のpixivアカウントです。小説のサンプルを公開中!→こちら

最新情報はTwitter→@TsubameKitanで発信しております。

 

*次回参加予定イベント* 

2020年3月18日(月)~31日(日) Text-Revolutions Extra(オンラインイベント)

 

*ブログ最新記事*

2020年5月17日

○参加イベントのお知らせ → Text-Revolutions Extraに参加します

2019年10月19日

〇作品頒布についてのお知らせ → 通販取扱いについてのお知らせ

2019年9月10日

〇参加イベントの御礼 → 文フリ大阪の御礼と、通販のお知らせ

今晩は、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
つばめ綺譚社の伴美砂都です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、文学フリマ前橋、東京と
出展を予定していたイベントが続々と中止になってしまいました。
先の見えないような世情ですが、幸い、つばめ綺譚社の社員一同、元気に暮らして各々のペースで創作に励んでおります。

さて、そんな中、明日5/18(月)~5/31(日)は、オンライン通販による同人イベント
Text-Revolutions Extra」が開催されます!

 →開催概要はこちら

送料・手数料一律で、登録サークルの作品をまとめて購入できます。
いつものテキレボと同様、ウェブカタログも充実していますので、ぜひチェックしてみてください。

早く旅に出られる世の中になることを願って(?)、今回スペース番号は温泉地の名前になっています!
つばめ綺譚社は<別府-28>です。

 →つばめ綺譚社 ウェブカタログはこちら


紺堂と伴、それぞれの新作をご紹介します。(どちらもテキレボでは初お目見えです)

◎紺堂カヤ『誰も私に興味はない 』(2020.3刊)
誰も私に興味はない
日々、何気なく考えていることや、ちょっとしたアクシデントを綴った、紺堂 カヤ初のエッセイ集です。
(表紙写真撮影:saki/表紙デザイン:若原みしろ)
※在庫少なめとのことです、気になる方はお早めにお求めください※


撥水加工のブーツを買わずに大人になってしまった
Web再録に書き下ろしを加えた11本の、日常を生きるひとたちの短編集。
撥水加工のブーツを買わずに大人になってしまった人にも、そうでない人にも。

そのほかにもいろいろな作品を取り揃えております。


また各地でイベントが行われる日が来ることを願って、
今は皆みなさまどうかご無事で、元気でお過ごしくださいね。

それでは、Text-Revolutions Extra、(オンラインでの)ご来店をお待ちしております!(*^^*)

皆さまご危険いかがでしょうか。紺堂でございます。

先日の台風19号では、各地に多大な被害が出ました。今も不自由な生活をしておられる方がたくさんいらっしゃることと存じます。心よりお見舞い申し上げます。

その台風19号の影響により、参加予定でございました「テキストレボリューション」が中止となりました。

主催者、およびスタッフの皆様におかれましては、ご決断と対応、誠にご苦労がおありだったこととお察し申し上げます。ありがとうございました。

 

テキストレボリューションで新刊として刊行予定でございました、紺堂 カヤ『透明になって叫ぶ』でございますが、ピコ通販システムを利用した「渡り鳥販売」にて、本日より取り扱いを開始いたしました。

手数料・送料などを頂戴することになってしまいますが、よろしければ、どうぞご利用ください。

(何冊買っても手数料・送料は一律です)

https://order.pico2.jp/tsubame/

なお、テキレボの代行システムをご利用予定でございました方に関しましては、つばめ綺譚社側での対応が致しかねますので、
もし、引き続きご購入をお考えくださいます方は、申し訳ございませんが、上記URLより改めてご注文いただけますようお願い申し上げます。


『透明になって叫ぶ』、書影をご紹介。若原みしろによるイラストです。
 

 

 

次回参加イベントは11/24開催の文学フリマ東京です。
『透明になって叫ぶ』はもちろん、文フリ東京に合わせた新刊も刊行予定でございますので、楽しみにしていただけましたら幸いです。