【4K8K】NTT光は周波数変換して、改修不要で4K8K映像サービスを提供予定!! | 東京スカイツリーファンクラブブログ
2018-08-01 18:40:07

【4K8K】NTT光は周波数変換して、改修不要で4K8K映像サービスを提供予定!!

テーマ:ブログ

2.1GHzから3.2GHzに周波数が拡大されることにより、増幅器・分配器・テレビ端子などの交換が必要となる4K8K放送ですが、NTT光のフレッツテレビでは受信拠点で「周波数を下げて(ダウンコンバート)」伝送することにより、今までと同様に2.1GHzの伝送路のまま、各家庭のテレビの直前まで伝送し、そこで専用アダプタにより「元の周波数に戻す(アップコンバート)」方式を採用すると発表しました。

このことにより、従来必要とされる増幅器・分配器・テレビ端子の交換が不要になります。

NTT東日本報道発表記事より

https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20180712_01.html

 

この方式を利用される戸建て住宅や集合住宅では、現在、助成金などで話題の4K8Kのテレビ改修工事が不要となります。(その代わり、月額の使用料がテレビごとに毎月掛かります。)

 

【感想】

テレビの周波数帯域は拡大し続けており、実はその度に同様な「ダウンコンバーター」が開発されては消えて行っています。しかしながら、老朽化が進んでいるマンションなどにおいては、棟内の同軸ケーブルの寿命や当時の設計方法による対応不可というケースもありますので、「既存テレビシステムでの3.2GHzの伝送は難しい(=改修不可)」とされたマンション管理組合様においては、救いの神となるかも知れません。サービス開始は2019年夏以降を予定。

 

以下、弊社他事業の宣伝です。よろしかったらご覧ください。

 

中間周波数対策事業(4K8Kに関連した助成金)の申請代行登録業者です。

4K8K導入ガイド:東京アンテナ工事株式会社

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/4k8k.html

 

無料ワイファイ賃貸住宅:東京アンテナ工事株式会社

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/internet-apart.html

 

おかげさまで、60周年。

 

驚くほどに多数の無線関連の事業を手掛けています。

 

プライバシーマークも取得しています。

 

お客様のニーズにお応えすることで、成長させて頂いております。

 

 

東京スカイツリーファンクラブさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]