【メモ】Windows10でバッファローのNASの共有フォルダーにアクセスできない解決方法 | 東京スカイツリーファンクラブブログ
2018-05-06 14:44:01

【メモ】Windows10でバッファローのNASの共有フォルダーにアクセスできない解決方法

テーマ:ブログ

Windows10のアップデートの連続に翻弄されるのはやめよう、いつか正しく元に戻るはずという前向きな気持ちで、自宅のバッファローのNASにアクセスできないようになってもうしばらくになります。

Windows10のアップデートに依存するということはわかっていても、レジストリを書き換えたり、七面倒臭いのはイヤです。仕事柄、そーゆーことを始めると最後までやってしまうので、他の仕事やレジャーが台無しになります。

ですので、先人の成功例の中でも、最も簡単そうなものを選択して、おっぱじめることにしています。(たまに「捨て石」や「人柱」もやっていますので、先人の方々にはお許しをお願いしたいです。感謝。)

 

さて、今回は自宅のバッファローのNAS(LS-210D)がWindows10のいつかのアップデート以来、アクセスできなくなっている問題の解決方法です。

 

基本的な私のNASの使用方法は、エクスプローラーからNASを見つけて、ダブルクリック。パスワードを入力して、shareフォルダの中の「昔の写真」を見る。または新しい写真を保存する。という方法です。

 

ところがある日突然、NASが消えました。

NASにアクセスするには、他にどんな方法があるかというと...そうだ!IPアドレスだ。インターネットエクスプローラーにIPアドレスを打てば行けるはず。が、IPアドレスが分からない。でも大丈夫。

バッファローには、NAS NAVIGATOR2があります。ちなみにアイ・オー・データにもMagicalFinderという似たソフトウェアがあります。

バッファローのNASを持っているということは、最初にNAS NAVIGATOR2をインストールしているはずなので、探してみましょう。BUFFALOのフォルダにあると思います。上のバーの更新をクリックするとネットワークにあるNASを見つけてくれます。これで出ない場合、今回の方法では対応できないので、違う方法を検索してください。

知りたいのはIPアドレス。
下段に192.168.11.15と出ています。ちなみに自宅ではバッファローの無線ルーターを使用しており、故障した時に面倒くさいという理由からほとんどデフォルトで使っていますので、192.168.11.1のルーターにぶら下がっています。笑。
ついでにメニューの中にTeraStation/LinkStationのショートカット作成があるので、
ショートカットも作っておきましょう。
 
インターネットエクスプローラー(写真はエッジですね、多分両方大丈夫。)に上記で判明したIPアドレスを打ち込んで、NASの設定画面を開きましょう。
詳細設定をクリックすると、ユーザー名とパスワードを求められます。バッファローのデフォルトはadmin passwordです。
ファイル共有のSMBの右端の変なボタン(笑)を押します。
 
編集をクリック。
 
SMB2プロトコルを有効にします。
 
共有フォルダーにSMBでアクセスするには、パソコンの再起動が必要です。※LinkStationの再起動は必要ありません。
とゆーことなので、OKしてログアウトして、パソコンを再起動してみましょう。
 
再起動後、先ほど「ついでに」作成しておいたデスクトップ上のショートカットをダブルクリックします。
 
目出度く、共有フォルダーにアクセスできるようになりました。
 
ちなみにエクスプローラーでネットワークの状態を再び見に行っても、NASはネットワークにはいません。(見えません。)
 
おそらくWindows10がアップデートで行ったのは、セキュリティの強化のためであり、それにより、今までのNASの接続方法では共有されなくなったのだと思われます。
 
とりあえず、NASには接続できるようになったので、「特にネットワークから見えなくてもいいや」という方はこれ以上の設定はやらなくても良いでしょう。
 

以下、東京スカイツリーファンクラブの会社、東京アンテナ工事(株)の宣伝です。よろしかったらご覧ください。

 

◆葛飾区総合防災訓練のドローン空撮を実施◆

ドローン事業にも真剣に取り組んでいます。

東京ドローンアンテナ:東京アンテナ工事株式会社

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/drone.html

 

東京スカイツリーファンクラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]