今回の引っ越し。

 

もちろん、「引っ越しをしたいから物件を探していた」

わけですが、前もってちゃくちゃくを準備をしたうえでの引っ越しではなく、わりと「突然」だったんです。

ま、物事が決まる時ってそういうもんだと言いますけど。

 

なので

とにかく、前の部屋で構築してた状態をとにかくバラシて

運べるようにする。

という状況でやってまいりましたから、まずは

それらのパーツのこの部屋用への再構築となるわけです。

 

当然、「前の部屋」に合わせた寸法なので、買い足しや買い替えをしないとならない物も。

 

それらも「ひとつひとつ」やってきたわけです。

 

AV周りはかなり「買い替え」になりましたが。

スピーカースタンドは新規購入、及び買い替えは必須でした。

設置場所の都合から。

で。

前よりも大きいスピーカーが置けるようになったのもあって

スピーカーの買い換え。

 

後ろのスピーカーは、スピーカー用ブロックを使ってましたが

耳の高さまでかさ上げしたかったので、これも買い替えて

今日取り替えました。

かなり音はグレードアップされました。

反面・・・

画面が小さいような・・・w

前は音と画面とバランスが取れていた感じだったんですけどね。

 

ただねぇ。。。

「3D」

もう作ってないですもんね・・・。

 

棚にブルーレイをドサッと並べてみたら、棚が足りなかったので

それも、買い足し。

届いたので、作って並び替えしにゃぁなりません。

 

リビングの床を這いまわっていたケーブル類も

スパイラルチューブを買ってきて、ひとまとめに。

すっきりしましたよ。

 

「スパイラルチューブ」

最初は、ケーブルへの装着が上手くいかなくて

難儀しましたが、コツがわかってしまば、

実に使い物になる代物です。

 

ひとつひとつですのじゃ。

 

世の中が動き出してきたのと同時に

色々とやることも増えてきました。

 

引っ越し後のお部屋改造もぼちぼちと。

 

片づけてしまわなければいけない案件なんかも

ひとつひとつ手を付けています。

 

まぁ、当たり前なんでしょうけど

ひとつやれば、一つ片付くので

他の事もやりたくなりますよね。

 

スケジュールが入っていれば、常にある程度の緊張状態

にあるわけですが、それが自分にとっては原動力となっているようです。

 

もう、こういった関連の業界に入って長いですしね。

長いお付き合いをさせていただいている方々も沢山いますし。

 

とにもかくにも、進むのみですな。

 

今日は、某バレエスタジオのリハーサル見学に行ってきました。

 

やはり、「新型コロナウイルス」の影響で大変なようです。

しかも・・・

生徒さんの学校でコロナウイルス感染者が出た

ということで、自宅待機状態という子もいたり・・・

 

ちょっと過去ブログなどを見てたんですが

 

今回引っ越しを期に、買い替えたスピーカー達。

 

前回、ONKYOのスピーカーを108から309に買い替えて喜んでいた記事

は、なんと!!!

2015年!!!!

 

あらまぁ・・・

 

なんか、震災以来

とにかく、耐え抜くって感じでしたから。

 

今も、コロナの影響を耐え忍んでいるところですがww

 

サラウンドの、フロントとバックを以前より大型の物にして

「迫力満点」になってしまいww

マンション暮らしなので、ちょっと気になりますw

 

と言いつつ、サラウンドバックのスピーカーを耳の位置まで

かさ上げするため用のスタンドを新たに購入しましたが笑

 

引っ越しをして、まもなく3か月。

今いる、この部屋「仕事部屋」もだいぶ「自分の基地感」が出てきて、なじんできました。

まぁ、とにかく

この部屋にこもって居るのが楽しいわけで笑

 

ぼちぼちと、動き出しましたし。

 

映画「トラ・トラ・トラ」に出てきた3座式の戦闘機が欲しくて

買いました。

なにせ、既に生産終了品ですので、なかなか思うように手に入りません。

本当は九七式が欲しかったのですが、見当たらなかったので。

 

先日買った二一型よりも一回り大きいですね。

 

ちょっと高い位置で飛ばしたくて、act5を無茶な使い方をしてます。

地震がきたらヤバそうです。

 

先日のスピットファイアは地上に降ろしてあげました。

 

やっぱり、「ドーントレス」がもう一機欲しいんですが・・・

ディアゴスティーニ版の方。

しかしながら、市場に出回っていないようで・・・

 

先日、録画してあった「相棒」の新シリーズをみました。

 

社会がちょっと動き出した時期に著名な俳優さんが

亡くなってしまいましたね。

 

相棒では、いつもの彼女さんでしたね。

 

先日、自分も復活第一段の収録がありました。

プロのミュージシャンのライブの収録でした。

 

撮影は、命をすり減らしているような感覚があります。

 

いつも、違う場所、曜日です。

 

カメラをどこに据えるかが大切です。

もちろん、本番時に何を撮るかも。

 

撮影はかなりの緊張を伴います。

 

ドラマの収録や舞台もそうでしたでしょう。

 

コロナの影響で、収録がまったくなくなり、金銭的、将来の見通しは厳しくなりました。

その反面、緊張からのストレスから解放されました。

 

リラックスしていましたね。

撮影がまったくない時期。

 

そして、再開。

 

また、緊張の世界に置かれたとき

かなりしんどいものもありました。

「これから、またこの世界でやっていかなければならないのか」

という思いも正直ありました。

 

終わってみれば、「やりきった感」で充実していたのですが。

 

コロナで、突然スケジュールが真っ白に。

そして、今

またスケジュールが始まり。

そのギャップはとても大きなものでした。

まるで「引退」したような生活でしたから。

 

自分は、まだまだ頑張ります。

ちょっと立ち止まったことで見えたことも沢山あります。