今日は久しぶりの皆既月食の日。
 
東京は曇り予報だったので、2時間半ほど車を走らせて茨城の霞ヶ浦湖畔へ。
 
なんとか青空があるので、少しは月食が見れそう。
月は地平線から上がってくる感じなので、ここなら晴れていれば良く見えそう。

 
暗くなるのを待つ間に、湖畔の葦原を散策。
 
ホオジロが五月蝿いほど鳴いてます。
目の前に来て、こちらを見ています。
こんにちは。
 
これは誰かな?アオジの雌さん?
分かりません(笑)
 
こちらはヨシキリ系さん?
分かりません(笑)
 
 
 
鳥見を終えて、月食撮影の準備です。
 
雲が多いので、インターバル撮影とタイムプラス撮影は諦め、12センチの望遠鏡にカメラをセット。35mm換算で1500mmのシステムにしました。。
 
今回は、雲で月が見えなくても大丈夫なように、自動導入と自動追尾をしてくれる機材を使用しました。
 
 
そうこうしてるうちに、月出の時間。
地平線から5度位の高さに赤いスーパームーンがこんにちは。
 
すでに欠けてます。これはスマホで撮影。
 
望遠鏡で撮ったのがこちら。高度が低いので画像はユラユラ。皆既前から赤いです。
が·······、月出から10分で、日本中で大勢の人が観ているためか、恥ずかしがって雲隠れしてしまいました。
 
薄雲を通してやっと出てきた時は、すでに皆既後。でも皆既の赤さは何となく解りますね。
雲があるので、月の模様は見えません。
 
その後は、薄雲の時を狙って朧な部分食を撮影。
なんか、望遠鏡で金星とか水星を見ているみたいです。
 
北海道、東北、沖縄では晴れて素晴らしい皆既が観られてるようでした。
 
月食後は、ムーンハロのお出まし。
3年前の月食の時は幻月環が見えたので、今回も期待しましたが、そんなに簡単には見せてくれません(笑)
 
曇り予報でほぼ諦めていた月食でしたが、終わってみれば何枚かは撮れたので御の字ですね。
 
次回は11月に見られる部分月食。98%位欠けるらしいので楽しみです。