「 All You Need Is Love」邦題「愛こそはすべて」The Beatles

リリース イギリスの旗1967年7月7日
アメリカ合衆国の旗1967年7月17日
日本の旗1967年8月5日
録音 オリンピック・スタジオ、アビー・ロード・スタジオ(1967年6月14日-6月26日)
時間 3分47秒(stereo version)
3分57秒(monaural version)
レーベル パーロフォン(イギリス)
キャピトル・レコード(アメリカ)
オデオン(日本)
プロデュース ジョージ・マーティン

「愛こそはすべて」は、1967年7月にビートルズが発表した15枚目のオリジナル・シングル曲。
レノン=マッカートニーの作品。リード・ヴォーカルはジョン。彼の作風のひとつである、4拍子と3拍子を組み合わせた巧みな変拍子が特徴で、二重否定を多用したポジティヴな歌詞も印象的。ジョンは「曲を作るのに30分とかからなかったが、歌いこなすのに1週間かかった」と語っている。イントロにはフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が、エンディングにはJ.S.バッハの2声のインヴェンション8番BWV779、グレン・ミラー楽団の「イン・ザ・ムード」のイントロ部分、イングランド民謡「グリーン・スリーヴス」、ビートルズの「シー・ラヴズ・ユー」の冒頭部分が演奏されている。
1967年6月25日に世界で初めて実践された、通信衛星を使って24ヵ国で同時放送された宇宙中継特別番組『アワ・ワールド』の為に作られた曲で、同曲のレコーディング風景が同番組内で世界中継された。この時は白黒テレビによる収録・放映だったが、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』の映像版(Vol.7)ではコンピューターによるカラー化が行われている。この生中継が終わった直後に、リンゴ・スターによるイントロのスネアドラムのロールとジョンのヴォーカルの一部を改めて録音し直した。
1967年にシングルとして発表された後、米国ではキャピトル・レコード編集版アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』に収録された。また翌年ビートルズを主人公としたアニメ映画『イエロー・サブマリン』の挿入曲として使用されたため、1969年に発売されたアルバム『イエロー・サブマリン』にも収録されている。



































































































こんばんは
8月後半、まだ安定した天気ではありませんが今週は
夏らしく暑い日が続きそうです。
先日子供がモンゴルから帰ってきました。
無事元気に帰ってきましたが、たくさんの経験をしてきたようで
体験した事を話してくれました。
ただ夏休みの宿題はヤバい状態です。(;^_^A

音楽はビートルズで「愛こそはすべて」です。
ん〜名曲ですね。
写真は先日に続き花火です。
花火の写真は撮る事がないのですが、今回撮ってみて、
その生の迫力に圧倒させられました。
また機会があれば見に行きたいです。
では、また。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!


AD