A PLACE IN THE SUN ~見つけよう陽のあたる場所〜
「この新しい朝に」歌:浜田省吾  作詞冊曲:浜田省吾

2021-03-13リリース 配信発売のみ


孤独な心と 

途切れた 未来図を

抱えた 街が目覚める

でも人は弱くない

そう君も弱くない

ただ少し疲れているだけ

愛する人の寝顔に そっとキスして

君は立ち上がる 好きな歌 口ずさみ 強い意志を胸に

この長い坂道の 向こうに広がる

景色は まだ見えてはこないけど

長い坂道の 上に広がる

空は高く 青く深く

強く凛と 輝いてる



「Birthday 」The Beatles

リリース 1968年11月22日
録音 1968年9月18日
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン


「バースデイ」主にポール・マッカートニーによって書かれた楽曲で、ジョン・レノンも一部手伝ったとされている。1968年に発売された9作目のアルバム『ザ・ビートルズ』に収録された。1990年にマッカートニーによるライブ演奏がシングルとして発売され、全英シングルチャートで最高位29位を記録。

「バースデイ」の大半は、1968年9月18日にEMIスタジオで行われたレコーディングセッションで、レノンとマッカートニーの2人によって書かれた。歌詞についてマッカートニーは「あれは50対50でジョンと僕。誰かの誕生日だったのか記憶にないけど、あれをやったもうひとつの理由は、クリスマスや誕生日がらみの曲があると、その曲の寿命が長くなることだった。もしそれが良い曲なら、みんなが誕生日会で歌ってくれるからね」と語っている。また、1994年のインタビューでは「僕らは何か作ってみようと思ったんだ。それからリフを作って、このリフを中心にアレンジしたんだよ。これはジョンと僕の半々でその場で作って、その日の夜に録音したんだ」と語っている。


2018 Mix




Take 2 / Instrumental Backing Track




PAUL LIVE!






「Birthday 」The Beatles

They say it’s your birthday
今日は君の誕生日なんだって?
Well, it’s my birthday too, yeah
まじか?僕も今日が誕生日なんだ
They say it’s your birthday
今日は君の誕生日なんだって?
We’re gonna have a good time
さぁ、一緒に楽しもうよ
I’m glad it’s your birthday
今日が君の誕生日なんて、僕は嬉しいよ
Happy birthday to you
誕生日おめでとう!!

Yes we're going to a party party
さぁ、パーティーだね!
Yes we're going to a party party
そう、パーティーだよ!
Yes we're going to a party party
さぁ、みんなで盛り上がろうぜ!

I would like you to dance
君と踊りたい
Take a cha-cha-cha-chance
とにかくやってみよう
I would like you to dance
君と踊りたい
Dance
踊ろうよ

I would like you to dance
君と踊りたいぜ
Take a cha-cha-cha-chance
とにかく、楽しもうぜ
I would like you to dance
君と踊りたい
Dance
踊ろう!

They say it’s your birthday
今日は君の誕生日なんだって?
Well, it’s my birthday too, yeah
まじか?僕も今日が誕生日なんだ
They say it’s your birthday
今日は君の誕生日なんだって?
We’re gonna have a good time
さぁ、一緒に楽しもうよ
I’m glad it’s your birthday
今日が君の誕生日なんて、僕は嬉しいよ
Happy birthday to you
誕生日おめでとう!!



翻訳ツール使用


PVアクセスランキング にほんブログ村

























新宿西口もだいぶ変わりそうです。
この風景も見納めになるのかなぁ。













日本国内の感染者数(NHKまとめ)



感染者数  1日ごとの発表数  12月5日時点 47621人
(累計 12月5日時点 25268073人)
     (2021年9月28日 169万7632人)  

死者数   12月5日時点 117人
     (12月5日時点 50461人)
(2021年9月27日 1106人)

重症者数 12月5日時点 348人

入院中や療養中などの人の数(全国) 
      累計 12月5日時点 600742人
      
退院や療養解除となった人の数(全国)
 累計  12月5日時点 20766771人
前日差 12月5日時点 12521人

PCR検査 全国の実施件数
      12月1日時点 70347件


[世界の感染状況]

2019年12月31日、
中国湖北省武漢市で病因不明の肺炎
2020年11月27日夕更新
感染者:61,000,000人死者:1,430,000人
2021年1月10日 20時時点
感染者: 89,634,318人 死者: 1,926,624人
2021年12月30日 17時時点
感染者: 284,530,653人 死者: 5,422,092人
9月30日 14時時点
感染者: 617,259,372人 死者: 6,544,395人
12月5日 17時時点
感染者: 645,274,750人 死者: 6,640,913人


PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ王ランキングに参加中!
*ブログはなるべくタイムリーにしたいのですが、予約投稿もあります。
なので、修正してまた再更新することもありますが、よろしくお願いいたします。

戦争は世界中で起きています
世界194カ国。
その中で今戦争をしているのは、
24の国や集団のようです。
調べると
2022年現在もなお紛争が長引いている国、危険な国や地域とは
1978〜 アフガニスタン紛争(アジア)
1948〜 ミャンマー内戦(アジア)
2011〜 イエメン危機(アジア)
2014 ロシア・ウクライナ危機(ヨーロッパ)
2022〜 ロシア・ウクライナ戦争(ヨーロッパ)
2020〜 ティグレ紛争(アフリカ)
2011〜  シリア内戦(アジア)
クルド対トルコ紛争
リビア内戦

イエメン内戦
・・・・・
書ききれないです。

こんばんは

サッカーはアジア勢は全部敗退したけれど、
確実に進歩しているのを今回は特に感じました。
優勝をかけた、これからの試合は特に面白くなりますね。

昨日は母の7回忌。
今年も終わりだし、ほんと月日が経つのは早い。

音楽はビートルズで「バースデイ」です。

誕生日の曲はたくさんあるけど、バラードが多くて
この曲ほどノリが良くロックを感じる曲は少ない気がします。
ビートルズらしい盛り上がる曲です。





「バースデイ」詳細の続き

本曲のセッションが行われた同日の21時5分からBBCで、1957年初頭にイギリスで公開された音楽映画『女はそれを我慢できない』の放送が予定されていた。マッカートニーはこの映画を「どうしても見たかった」と語っており、マッカートニーをはじめとするメンバーとスタッフは、同日の17時からレコーディングを開始し、マッカートニーの自宅で映画鑑賞を行うために一旦セッションを中断。鑑賞後、再びスタジオに戻り、セッションを再開した。歌詞は鑑賞後スタジオに戻ってから考えられたもので、マッカートニーは「前もっては全然考えていなかった歌詞だし、それもあって僕のお気に入りの一つになっている」と語っている。
本曲に関して、レノンは1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで「ポールは50年代のヒット曲の『Happy, Happy Birthday Baby』みたいな曲を書こうとしていたんだと思う。ゴミみたいな曲だよ」と批判している。

レコーディングは1968年9月18日にEMIスタジオのスタジオ2で行われた。ベーシック・トラックは、20テイク(演奏ミスや中断したテイクも含む)で録音された。ベーシック・トラックを録音した4トラック・レコーダーのトラック1にレノンのエレクトリック・ギター、トラック2にリンゴ・スターのドラム、トラック3にマッカートニーのベース、トラック4にハリスンのエレクトリック・ギターが録音されており、テープ・ボックスにもこのように記されていた。マッカートニーのドラムのブレイク部分で、ギターが再び入って来るミドル・セクションまでの8小節をカウントした。
オーバー・ダビング用にテイク19が使用され、8トラック・レコーダーに移し替えられたのち、トラック6にタンバリン、トラック7と8にスターとマル・エヴァンズの手拍子がバックとしたレノンとマッカートニーのボーカルが録音された。なお、サビの「Birthday」というコーラスは、後にレノンの妻となるオノ・ヨーコと当時のハリスンの妻であるパティ・ボイドが歌った。
その後、トラック5に追加のタンバリンとスネアドラム、ピアノが録音された。なお、ピアノの音は、エンジニアのケン・スコットのアイデアによりヴォックス製のギター・アンプとスピーカー・キャビネットに通された。
2018年に発売された『ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)〈スーパー・デラックス・エディション〉』のCD6にテイク2が収録された。この音源において、レノンのギターはステレオ音像の左寄りに、ハリスンのギターは右寄りに配置されている。 

「バースデイ」でメンバーが担当した楽器については、いくつか論争が起きている。音楽評論家のイアン・マクドナルドは、2005年に出版した著書『Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties』で、リードギターを演奏したのはマッカートニーとレノンで、ベース(6弦ベース)を演奏したのはハリスンとしている。作家のブルック・ハルピンは、リードギターを演奏したのはレノンで、ベースを演奏したのはハリスンとしている。
以下、「誰が何をプレイしていたかに関する、一部の神話を完全に打ち砕く」テープ・ボックスの注釈をもとに、ケヴィン・ハウレットが提示したクレジットを記載する。

ポール・マッカートニーは、イギリスで1990年10月8日にライブ音源をシングルとして発売した。アメリカでは8月16日にシングル・カセットで発売された。翌月に発売されたライブ・アルバム『ポール・マッカートニー・ライブ!!』にも収録された本作は、全英シングルチャートで最高位29位、イタリアのシングルチャートで最高位3位を記録した。
日本でも1990年11月9日に8センチシングルが発売された。なお、邦題はビートルズ版が「バースデイ」となっているのに対し、こちらでは「バースデー」となっている。
シングルのB面には、同じくビートルズ時代のセルフカバー曲「グッド・デイ・サンシャイン」のライブ音源が収録され、マキシシングルと8センチシングルにはこのほかに「P.S.ラヴ・ミー・ドゥ」と「幸せのノック」のライブ音源も収録された。
また、2010年7月7日、アメリカのラジオシティ・ミュージックホールで行われた70歳の誕生日を迎えたスターのバースデーライブにマッカートニーが飛び入り参加。本曲を二人で披露した。

(wikipediaより抜粋)



#ストリート
#街スナップ
#2022
#iphonography
#tokyo walking #散歩写真 #記録写真
#documentary photography
#以前撮った風景
#散歩で見つけた風景
#streetart
#japan
#blackandwhite
#monochrome
#photo
#streetphotographer
#lightandshadow
#東京
#日本
#フォトグラファー
#モノクローム
#白黒写真
#写真好きな人と繋がりたい