世界遺産の町 バクタプル

テーマ:

世界遺産の町 バクタプル

 

1979年にユネスコの世界遺産に登録されたカトマンズの谷。

そこに、ネパールの首都カトマンズがあります。

 

バクタプルもその谷にある町で

15世紀から18世紀の建物が残されています。

 

 

 

 

トウバディー広場にあるニャタポラ寺院、

18世紀初めに建てられたものです。

 

 

 

 

そして、その右に建つバイラヴナート寺院

もともとは17世紀に建てられたものですが

1934年の大地震で倒れ、再建されました。

しかし、2015年の地震で、今はこの姿に。

 

 

 

 

 

ニャタポラ寺院の階段の上から見ると

こんな感じ。

この広場に車も通りますびっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

あちこちに2015年に地震の痕が残っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物を支えているつっかえ棒、わかります?

大丈夫なのかな?

 

 

 

 

ここも

 

 

 

 

 

そして、地震とは関係ないけど

驚いたのが、電線!!

これ、何かあった時になおせるのか?

心配です。

 

 

 

 

 

中世の面影を残す町として人気が高く、

欧米人の観光客がとても多いです。

 

 

 

街も活気にあふれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みかん、おいしかったです照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が暮れてきました。

どんな細い道でも

車もバイクも突っ込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、

カトマンズのスワヤンブナート(目玉寺)から見たカトマンズの谷です。

ここにバクダプルの町もあるのですが、

ここに伝わる神話では、

この谷はもともと大きな湖だったのが、

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)によって切り開かれ

人が住めるようになった、と言い伝えられているそうです。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

では、また明日 ちゃおバイバイ

 

 

 

趣味で写真を撮っています

image

☆8ページのフォトブック無料でお送りします。

ご希望の方は下記フォームでお申し込みください

フォトブック申し込みフォーム

 

インスタグラム  やってます  

https://instagram.com/yukolinn  

 

☆Zekkei やってます

https://zekkei-project.com/users/3607

 

coten やってます

https://coten.pics/Asahiyuko