椿ブログ

椿ブログ

Dreaming to impact the world with Internet!
Wife of Brazilian:) Based in Tokyo, sometimes in Brazil, US. Interested in Jogging, Android, Live socially Make people more Happy!

メールはtsubaki.naokoあっとまーくgmail.comです、お気軽にどうぞ!



テーマ:

 

11月1日付でYOLO JAPANの取締役COOに選任いただきました。
YOLO JAPANは日本に住む外国人に特化したサービスを提供しています。

 

▼詳細はこちらへ▼

在日外国人の就労斡旋・就労訓練事業を展開するYOLO JAPANに、女性シリアルアントレプレナーの椿奈緒子氏がCOOとしてジョイン


お仕事探し(ぐるなびさんと提携で飲食がメイン)から、来年には1500坪に施設建設中(南海電鉄さんと提携)の、外国人向けの施設を展開、他にも数多くの提携先さんからラブコールを頂いており、数々のサービスを展開予定です。これから全力で仕込みます笑

 

個人的な話ではありますが、私の夫も日本に来日したブラジル人ということもあり、かれこれ16年間、外国人が日本でどれだけ暮らしにくいか、壁が多いかを実感してきて、それを解決しようと動いてきました。


人材不足の今、入国法も話題になっていますが、今後確実に増えていくにあたり、外国人側も苦労することは間違いなく、日本社会・経済が変わっていかなければいけません。

 

ということで私を知っている皆様は想像しやすいと思いますが、外国人問題は本当に思いがある(そして得意な)事業ドメインであり、
「経済を以て社会に貢献していく」という私の人生のテーマにピッタリの事業、
社長、経営陣、社員一同、最高にアツい仲間たちと働ける喜び、
ということで、夢と希望いっぱいにジョインしました!

 

出社して2週間が立ちますが、新法の件もありつつ、事業ドメイン的にも周りからの期待が非常に高くて、相当やりがいありますし、テンション上がりっぱなしです!!やることモリモリです。

 

大阪オフィスにも行くことになるので、大阪の皆様も是非仲良くしてください♡

 

今後、どんどん提携して事業推進していきたいと思いますので、是非よろしくお願いいたします!!

 


テーマ:

堀宏史さんの「すぐメモ」読みました。

堀さんがすぐメモされている姿を直接拝見した事があり、

大手企業のトップクリエイターの方がめっちゃメモしてる❗️

というのがとても印象的でした。

ブログもあさがおから日常まで毎日書いていらして、毎日書き続けるのは本当にすごいなと思います。


それでは本の紹介です。




「デキる人は、だいたいその場で行動にうつします。そして継続をする。」

これは確かに多いです。私はできる人かは置いておいて、必ずメモをします。なぜなら忘れるから!



情報のストック型からフロー型へのシフトへのメリットはとても共感です。なぜなら、ストックしてもそのストックを取りに行かないからです。

フローにして情報を外に流せばストックしておくよりも何か反応があったり、フィードバックがあったり、次に進むことがある。だからなるべく誰かが見れるようなところにアウトプットするようにしてますし、そのほうがずっとお勧めです。



この情報スループット形も同じですね。インプットしてメモして、シェアをすること。それで自分ごと化するというか、より腹落ちする。

これは裏を返すと、インプットした後にメモやーシェアをしたらそのインプット下の情報は捨ててもオッケーと言う自分の決め事でもあります。

例えばニュースサイトは既読になりそれで捨てます。大体2度読み返す事はありません。

本も読み終わったら、メモとシェアをして、ほとんどすぐに手放します。



とても当てはまることが多いなぁ実践していることが多いなぁ。と思っていたら、最後にすぐメモチェックがありました。すると私は黒帯でした!



メモさえあれば、どこでも仕事できます。ビーチもそうですし、紅葉見ながらでもいいかもしれません。

自分の脳を過信せず、情報は外部化し、後はどれとどれをつなげればどうなのかと言うシナプスを活性化させていく。

それでアイディアというのは生まれるのではないかなと、アラフォーになってきて思いました。

アイディアは引き出しがないと生まれませんし、全く新しいものはそうありません。
既存の何かと何かの融合が、アイディアを生み出すのではないかなと思います。

何と何がくっ付けば何が生まれるのか、そういった事は日々触れている情報からの気づき、横展開などから生まれることが多いのではないかなと思います。


テーマ:

本「死ぬこと以外かすり傷」を読みました。

Twでよく見る箕輪さんに興味があって読んでみました!


会社員でも古い業界でも、その人次第で突き抜けられる。


熱狂が人を成長させ結果を出し影響力を持てる、ということを体現しているストーリーに背中を押されました。

私も熱狂するぞ!!!

印象的だったのは高校生の時のスペイン旅行の話。

私にも近しい体験があり、海外でトラブルを乗り越え、はちゃめちゃだったけれどもそれを突破することで自信がつくという体験を高校生の時にした事は、その後の思考と行動に大きく影響を与えました。

高校時代に机の上で大きな亀を飼ったりはしていませんでしたが(コギャルだったので花はつけていましたが)、普通であることに対する嫌悪感、変わっていることをへの自負このようなものは小学生位の頃からはありました。

子どもの頃から自分の中にあるものをずっと持ち続け継続行動するのは、永遠の3歳児っぽいですね。

子育てをする上で、(本人が頑張り屋だったら)道から外れても親はokと許容すべし。という学びありでした。


編集者の役割解釈

別の出版社さんですが、私も昨年パワーママプロジェクトの本出版で関わらせて頂きましたが、編集者という仕事は「サチコ」のドラマでもあるように、とても裏方のイメージで、編集の部分だけ著者をバックアップするような分割された役割が是とされていたような気がしますが、

例えるならカンファレンスセッションのモデレーターのような仕事で、モデレーターをするとスピーカーからたくさんのことを学びますが、書籍編集者となるとそれの数百ページにわたる集大成を担当することができる、素晴らしい成長機会の仕事だと想像します。

それを表に出し、分割されていた仕事の垣根を超える、かつ自ら発信する事で価値を持ち始める、「裏方仕事」だからこそ今まであまりされてこなかったことをしたというのが、箕輪さんのブレイクスルーポイントだったのではと勝手に思います。

ここからは、役割に縛られていないか?という再考のヒントをもらいました。

少しずつ変えるにしても、周りの理解が必要なので、理解してもらえるように変化の努力が必要ですが、本気だったら応援してくれる人はしてくれるでしょう。やるぞ!


心から熱狂できる事を仕事にすれば、きっと人生も世の中変わる

ちょうど私も仕事に熱狂したくて会社を辞めたので、とても良いタイミングでした。


意味がないと思いながらやっている仕事は今すぐやめて、

心から熱狂できることに時間を費やしたら、

その人の人生も世の中も、ずっと面白いものになる。


このフレーズに心から共感し、周りにも伝えていきたいと思います!




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス