トリュフ・ラボ-アクマで4コマ-

トリュフ・ラボ-アクマで4コマ-

イラスト描き、マンガ描きが趣味のトリュフのブログ。

こんにちは、トリュフです!
ご訪問いただき、まことにありがとうございます!
このブログでは主に趣味の産物のイラストやマンガの公開をしています。

★読者登録歓迎です!!こちらからも相互登録させて頂きたいと思います★
ただし宣伝や勧誘、販売が主目的のブログや、当ブログとはあまりにも接点が思い当たらないブログなどは、当ブログの運用方針にそぐわないため登録を解除させて頂くことがございます。まことに恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
(コメント、「ぺた」も内容により削除させて頂く場合がございます)


テーマ:

 
 

(No.ym-114)
<次へ← ・→前へ  最初から  人物紹介   >

   本ブログのメインコンテンツの4コマ単位マンガは昭和20年の物語を描く「ヨシノとミコト編」を公開しています。

 只今は第4部第一幕「乙女の秘め事」をお送りしています。

<とりあえず一言>

 以前も記しましたが、この作品は登場人物が"自ら意思をもってセリフやお芝居を提案してくれてる"って感じがしています。

 その前提で・・・

 

 第3部のラストがシビアだったのに、どうしてこの二人はこんなに能天気かなあ?・・・と思ったりもします。

 描き手としては、もっと緊張した重苦しい描写もあるのではないかな?という迷いがあるわけです。

 

 でも、この二人・・・話が終盤なのにコミカルである・・・。

 

 その謎について職場からの帰路で思いを馳せていたら、「これはこれで希望を持って一生懸命に生きてるってことなのかもしれない」という想像にたどり着きました。

 

 

<ここまでのお話のまとめページ>

★第一部★
 第一幕「あの人との出会い」
 第二幕「運命へのプロセス」
 第三幕「動員学徒の日常」
 第四幕「動員学徒の放課後」
 第五幕「座敷童の帰宅」
 
★第二部★
 第一幕「バンブーランス・前」
 第二幕「優しき軍神」+インターミッション
 第三幕「バンブーランス・後」
 第四幕「墮テンシ、目覚める!」(前半)
 第四幕  〃 (後半)+インターミッション

 第五幕「過去・今・未来」


★第三部★
 第一幕「トナリグミ1995」

 第ニ幕「人間バンザイ!」

 第三幕「怪奇!乙女と座敷わらし」

 第四幕「東の地にて」

第五幕「泡沫(うたかた)の未来・前」

第六幕「えらいやっちゃ!(前半)」

第六幕「えらいやっちゃ!(後半)」

第七幕「泡沫(うたかた)の未来・後」

 

★第四部★
 

<お知らせ>

(1)BOOTHで通信販売を開始しました!

 扱っているのは、只今ブログで掲載誌ている「ヨシノとミコト」の第1部と第2部を収録した同人誌「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」です。

 →トリュフ・ラボ オンラインショップはこちらです

 

(2)Webマンガを公開中です!

 BOOTHで取り扱っている「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」も含めた過去作品をアメブロ系のサービス「マンガにしてみた」にて公開中です。

 こちらは無料で閲覧できます。

 もし、冊子として欲しい!ということになりましたら、ぜひBOOTHの通信販売をご利用下さいませ!

→こちらです

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!


テーマ:

 
 

(No.ym-113)
次へ← ・→前へ  最初から  人物紹介   >

   本ブログのメインコンテンツの4コマ単位マンガは昭和20年の物語を描く「ヨシノとミコト編」を公開しています。

 只今は第4部第一幕「乙女の秘め事」をお送りしています。

<とりあえず一言>

 当時の恋愛事情については、全く調べていません。

 それでも資料の合間に綴ってある若干数の恋愛的なエピソードは、女子、男子ともに、とにかく奥ゆかしくて現代人の感覚で言うところの「恋愛をエンジョイした」って感じはないです。

 例えば動員先の工場で新兵さんと女学生がこっそりと手紙を交換し合って、しかしそれ以上に発展することもなく、そして新兵さんは配属が変わってそれっきり音沙汰なしに・・・(←これは創作なんですけど、ニュアンス的にこんな感じです)

 

 とは言っても、これは想像なのですけど、世の中を俯瞰で見れば時代ごとの恋愛スタイルの"傾向"はあったでしょうけど、個人個人を見つめれば、絶対に人それぞれだったと思いますよ…

 

 そう・・・、現在とそんなに変わらないと思います(^^;)

 

 

<ここまでのお話のまとめページ>

★第一部★
 第一幕「あの人との出会い」
 第二幕「運命へのプロセス」
 第三幕「動員学徒の日常」
 第四幕「動員学徒の放課後」
 第五幕「座敷童の帰宅」
 
★第二部★
 第一幕「バンブーランス・前」
 第二幕「優しき軍神」+インターミッション
 第三幕「バンブーランス・後」
 第四幕「墮テンシ、目覚める!」(前半)
 第四幕  〃 (後半)+インターミッション

 第五幕「過去・今・未来」


★第三部★
 第一幕「トナリグミ1995」

 第ニ幕「人間バンザイ!」

 第三幕「怪奇!乙女と座敷わらし」

 第四幕「東の地にて」

第五幕「泡沫(うたかた)の未来・前」

第六幕「えらいやっちゃ!(前半)」

第六幕「えらいやっちゃ!(後半)」

第七幕「泡沫(うたかた)の未来・後」

 

★第四部★
 

<お知らせ>

(1)BOOTHで通信販売を開始しました!

 扱っているのは、只今ブログで掲載誌ている「ヨシノとミコト」の第1部と第2部を収録した同人誌「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」です。

 →トリュフ・ラボ オンラインショップはこちらです

 

(2)Webマンガを公開中です!

 BOOTHで取り扱っている「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」も含めた過去作品をアメブロ系のサービス「マンガにしてみた」にて公開中です。

 こちらは無料で閲覧できます。

 もし、冊子として欲しい!ということになりましたら、ぜひBOOTHの通信販売をご利用下さいませ!

→こちらです

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!


テーマ:

 今日は、ブログの更新頻度維持のための更新です。

 些細なことを綴ります。

 御了承ください。

 

 今描いている「ヨシノとミコト編」の三人組・・・

 

 

 

 

 ヨシノアツコサヨちん・・・

 

 キャラの描き分けの都合も大いにあるんですけど、これだけ三者三様のキャラで友人関係がよく成り立つなあ・・・?って思いませんか?

 

 ・・・僕も思わないことはないのです。

 ですが、実体験から、趣味の異なるメンバーが友達になるってことはあり得ると断言します(笑)。

 

 あれは僕が中学2~3年生の頃のこと・・・

 どうして仲が良くなったのか全く理由はわからないのですが・・・

 

 サッカー部の爽やかスポーツマン、

 転校生で新体操をやってたおっとりとした小柄な男子、

 コンピューター部の陰キャ=僕

 

 という異色の三人組がいて、爽やかスポーツマンがリーダーシップを発揮してて、なんか頻繁につるんで一緒に下校したり、修学旅行で同じ班で行動したりしていました。

 普通に考えると、陰キャ(笑)な僕が接点を持てるような人物じゃなかったと思うんですよ。

 だけど、なんでそうなったんだかわからないんだけど、よくつるむ仲になってました。

 

 

 また、ここからは全く別の話になるのですが、中学校の3年間を通じて同じクラスで同じ部(=コンピューター部)だった女の子がいましてね。

 ぶっとい三つ編み(あとメガネっ子)な人だったんですが、中1の時はとにかく怖くてね(笑)、部活の先輩にもたてつくような女子でした。

 

 それもどうしてこうなったんだかよくわからないのですが、中3の頃には、普通にクラスメイト&部活メイトとして仲良くなりましてね・・・まぁぶっちゃけると好きでした(笑)

 彼女は学年で成績がトップレベルの才女でしたが、その一方で男勝りな気風の良さがありました。

 (なお、ぶっとい三つ編みって要素以外はヨシノとは似てません)

 

 中学を卒業してしばらくして、もうめっちゃ会いたい~、うわぁ切ないわあ~、下校途中の電車の中で偶然出会わねえかなあ~って思ったこともありましたが、僕がヘタレだったこともあり、その後は一切のご縁もなく甘じょっぱい思春期の記憶の宝箱にしまわれております。

 

 (・・・思い出にすがる人生にはしないのさ!

 今ある出会い、そしてこれからの出会いを大事にしていくさ!!)

 

 

 さておき、そんな、どうでもいいブログ記事を書かせて頂きましたが、こうして振り返ると、フィクションを描いているとは言え、リアルに経験した出来事とかが作品作りにも大いに影響してるんじゃないかなあ?と思った次第です。

 

 以上、お粗末さまでした。

 

<お知らせ>

(1)BOOTHで通信販売を開始しました!

 扱っているのは、只今ブログで掲載誌ている「ヨシノとミコト」の第1部と第2部を収録した同人誌「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」です。

 →トリュフ・ラボ オンラインショップはこちらです

 

(2)Webマンガを公開中です!

 BOOTHで取り扱っている「墜ちたテンシと太陽の物語(1)」も含めた過去作品をアメブロ系のサービス「マンガにしてみた」にて公開中です。

 こちらは無料で閲覧できます。

 もし、冊子として欲しい!ということになりましたら、ぜひBOOTHの通信販売をご利用下さいませ!

→こちらです

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス