下着の締め付けで、子宮が下がり屈折し、生理不順や生理痛になる。空気パンツで生理痛、生理不順を解消 | 空気パンツ&空気ブラ K&P 

    下着の類は、いつも下腹部を強弱こそあるが、圧迫している。

    これが刺激になって皮膚反射を起こし、自律神経のバランスが崩れてくる。

    (レイリー現象)

    そして夜寝ているときに、本来休んでなければいけない交感神経が緊張状態になってくる。

    そうなると、ある部分は充血がおき、ある部分は貧血が起こる。

     

    下着や衣類で体を締め付けたり圧迫すると、物理的に新陳代謝がしにくくなる。

    締め付けられた部分から抹消は、うっ血し、古い血液がたまり、新しい血液が入っていかない。

    また、酸素、栄養物質、ミネラルなど新陳代謝に必要な因子が来なくなり、老廃物質ばかりが多くなってくる。

    そうなると、細胞が無理をして働くので、そのうち疲れてくる。

     

    女性の場合この過程で「生理不順」などの婦人病が起こる。

    生理機能が悪くなるかめ、子宮の粘膜に異常が起こる。

     

    生理は28日周期で変化していくというより、14日ごろに排卵が起こりそれに伴って

    古くなった子宮粘膜と充血した血液の入れ替わりがある。

    これがスムーズに行われなくなれば生理不順になる。

     

    小さいころから下腹部を圧迫していると、子宮の発育が悪くなり、子宮が正しい位置から下に降りて屈折してしまう。

     

    普通だったら子宮内の粘膜がはがれてもスーッと素直に出血して、膣から出てくる。

    このときは、そう痛みは伴わない。

    しかし、子宮の屈折が強くなると、うまく粘膜や血液が下がってくれない。

     

    子宮の内面が手の平くらいあり、これが、ベロっとはがれて出血するのだから、けっこう大変なことです。

    、子宮が曲がって、違和感があると血が子宮内に溜まってしまう。

    このとき、流産と同じように子宮がギューっと伸縮するので痛みがくる。

    粘膜がどこか一カ所でも、残って綺麗にはがれないと、更に収縮が起こって痛くなる

    こうなると、ホルモンのフィードバックも悪くなってしまう。

    下着でいつも下半身を圧迫するのは、よくない。

    この下着の圧迫を取り除けば、また、元の正常な状態に戻ってくれるのです!

     

    医学博士 川村一男さんの記事抜粋。

     

     

    空気パンツ&空気ブラで生理痛、生理不順が変化した!という体験談が沢山あります。

    ぜひお客様の声をご覧になってくださいね。

    https://ku-kipants.com/voice


    空気パンツ&空気ブラにして、本当の自分の身体の素晴らしさを取り戻してください!

    オリモノ過多、臭いの悩み http://ku-kipants.com/menses

    かゆみや湿疹でお悩みの方へ http://ku-kipants.com/itching

     生理や冷え性についても書いています。

     ※クレジットカード決済ができるようになりました。