• 19 Jan
    • 旨い店はタクシー運転手に訊け!震えるほど旨い!北海道味噌ラーメンの『大島』

      一部でプロ級の舌を持つと噂のタクシー運転手・荒川治さんに教えてもらう「東京・B級グルメ案内」。今回は、荒川運転手が「震えるほど美味しい」という“北海道味噌ラーメン”の『大島』(東京・江戸川区船堀)。さっそく道案内をお願いしよう。 今回ご案内するのは都営新宿線・船堀駅から歩いて10分ほどの場所にある『大島』さんです。こんなところに? と思うくらいの住宅地にポツンとあり、しかも、日本蕎麦を出しそうな風情があるお店。(後略)ニコニコニュースよりhttp://news.nicovideo.jp/watch/nw3227201今回のブログは、このラーメン屋さんの事ではないのです。「美味しい店教えて?」って質問を都内タクシードライバーに聞かないでという事です。この記事の荒川氏は別として、一般的なタクシードライバーは食に金と時間をかけません。味は二の次、三の次でして・駐車場が完備、または路上駐車が可能(駐停車違反にならない)これが大前提なのです。タクシーにとって「駐車違反」ってのは、違反点数2点+反則金15000円だけでなく会社に件数が累積され、10件以上あると1台10日間営業停止等の行政処分がかかるのです。(保有台数などでかわりますが、アバウトです)一時停止とか、信号無視とかで捕まっても、会社は「気をつけろよ~ん」ってな感じですが、駐停車違反と速度超過に関しては、会社に係ってくるので「アホンダラ!何しとんのやッ?!」というふうに指導が変わるものです。ですから美味しい店探しなんてことはしませんし、https://mainichi.jp/articles/20180116/ddm/002/040/085000cみたいなランチ巡り♪なんて事は、ほとんどしません。正直、早い、止めれる、安いの三拍子の店しか知りません。でも、この記事の大島さんの親方の「すみれ」さんには、中の島やすすきのの店にはよく行きましたね。都内で食べれるなら、駐車場に停めて行ってみようかなにほんブログ村

      2
      テーマ:
    • タクシー迎車料金、閑散期引き下げへ 政府、時間帯で料金設定可能に

      政府は2019年度からタクシーの迎車料金を時間帯や曜日によって柔軟に設定できるようにする。早朝など利用の少ない時間帯は引き下げるか無料にし、深夜帯など繁忙期は現在よりも引き上げる方向で検討する。需要に応じた料金設定を可能にすることで、タクシー利用の拡大を促す。 迎車料金はタクシー会社があらかじめ決めた固定料金を運賃に上乗せする場合と、車庫出発時に運賃のメーターを回し、指定の場所に向かう間の走行距離も運賃に含める場合がある。 今回、見直すのは固定料金だ。東京の大手タクシー会社の場合で310~410円程度上乗せされることが多い。東京23区などではタクシーの初乗り運賃を410円に引き下げたが、初乗り料金に比べ迎車料金が割高となり、利用者が乗車を控えてしまうケースが出ていた。 見直しに向け、18年度に固定料金を採用するタクシー会社を対象に東京など一部の地域で迎車料金を時間帯などで変える実証実験を始める。利用客が比較的少ない早朝や平日午後の時間帯は迎車料金を無料にするか、東京の場合で200~300円程度引き下げることを想定する。 固定の迎車料金を変えるためには道路運送法に基づき、各事業者が地方運輸局の認可を受ける必要がある。現行制度では固定料金は事業者が決められるが、時間帯ごとに変えることはできなかった。国土交通省が実験を踏まえ、変動料金の採用に向けた指針を示す通達を出す。申請して認可を受ければ、事業者が時間帯ごとに柔軟に料金を変えられる仕組みにする。 自宅から保育園に子どもを送り迎えする親や、病院に通う高齢者などの需要を取り込めるとみている。残業などで終電を逃した客の利用が集中する深夜帯など、需要が大きい時間帯は現在よりも迎車料金を引き上げる。 実験の方法や詳細な料金設定は今後詰めるが、配車アプリも活用し、迎車の依頼時に時間帯や曜日などの条件に応じた配車料金を算出する仕組みを想定している。日本経済新聞よりhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO25882310Z10C18A1MM0000/タクシーを予約したり、アプリや電話で呼ぶ場合には運賃とは別に「迎車料金」がかかる事がほとんどです。都内ですと310円~410円(予約の場合は更に+310円)加算されますが、今回は予約が少ない暇な時間帯は100円位に引き下げようという話です。矢継ぎ早にライドシェア対策として初乗り値下げ、事前確定運賃、相乗り、定額とユーザーの視点での方策を考えだしておりますが、タクシーの営業収入が下がった原因は景気もさることながら、リーマンショックの時に初乗り運賃を660円→710円に上げた事が最大の原因であり今更、ユーザーに尻尾振って媚だして乗って下さいと言ってる経営者の皆様はどの面下げてるのかなと思うのです。以前のブログにも書きましたけどねhttps://ameblo.jp/tripod777/entry-12324659745.html正直、都内のタクシー乗務員からすると無線が鳴ってうれしい!ってのは無いですね。朝の黙っててもお客さんが手を挙げてくれる時間に無線が鳴って、しかも自分の進行方向と逆で渋滞をかき分け15分かけてご自宅に着いたら、そこで10分も待たされ、挙句の果てにすぐ近くの駅ってのは日常茶飯事です。この前のお客さんは、となり町に引っ越すので荷物をタクシーで運びたいとのことで、後部座席とトランクに荷物を詰め込み(お客さんは助手席)、ワンメーター(410円)の距離でしかもすべての荷物を部屋に運びこむまで待機してろという事で、合計1時間近くで料金は迎車料金含めて720円。つまり私の手取りは400円となりました。もしこれが、迎車料金100円なんてなったら手取り280円くらいでしょうね・・・無線を取らないとペナルティが無い会社だったら、無線を取らなくなるでしょうね。自分なら取りません。100円のために時間をロスしたくないですからね。都心部流してたら数分でお客さんがいるのに、わざわざ離れた場所で数十分もロスさせて報酬が55円(手取り分)ってねぇ・・・これで人が集まらないとほざいてますねところで初乗り料金に比べ迎車料金が割高となり、利用者が乗車を控えてしまうケースが出ていた。ってのは、誰がどこで誰に聞いたのでしょうね?あと深夜帯など、需要が大きい時間帯は現在よりも迎車料金を引き上げるってのは結局、初乗り運賃値下げと同じ考えで、お得意様からお金を多く貰うという事が前提なのでしょうかね?にほんブログ村

      テーマ:
  • 16 Jan
    • ドキュメント タクシー女子、走る!/1(その1) 脱高齢化の救世主

      不況になると人が集まると言われるタクシー業界。逆に景気がいいと、なり手は逃げていく。いま、東日本大震災の復興事業や2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた建設ラッシュで、人手不足に苦しんでいる。高齢化も著しい。全産業の平均年齢(15年)が43歳なのに、タクシードライバーは59歳だ。 さらに、国の施策にも翻弄(ほんろう)されている。00年代初頭に規制緩和したかと思えば、09年の新法で新規参入や増車を制限した。荒波はまず中小をのみ込む。ならば先手を打とうと、有限会社「互助交通」(東京都墨田区)はいち早く新卒採用にかじを切った。17年度採用組の「モモちゃん」こと、宇都宮桃子さん(24)は、約170人いるドライバーの中で唯一の女性だ。 真新しい紺のベストに袖を通す。「もう逃げ出せない」。ハンドルを握った手が汗ばんだ。昨年10月3日、東京スカイツリーから2キロにある本社の車庫。時計の針が午前8時を指す。モモちゃんが営業デビューする時間が迫っていた。 「モモちゃん、気をつけてね」。この日の朝も点呼後、祖父や父親世代の同僚が声をかけてくれた。けれど、笑顔で返す余裕がない。前夜は真っ暗な部屋のベッドで天井を見上げていた。事故、トラブル、ルート間違い--。一晩中、頭をよぎった縁起の悪いイメージは出発前でも消えない。 都内の美術大を卒業後、1年ほどの模索を経て「人と接する仕事がしたい」とタクシードライバーという職業を選んだ。この不安や緊張は仕事をする責任感なのだと思う。「仕事を楽しもう」。何度か呪文のように唱える。車庫を出れば、きっと誰かが手を上げてこの車を止めてくれるはずだ。「働くぞ」と言い聞かせて、アクセルを踏み込んだ。    ◇ タクシー業界に飛び込んだ大卒1年後のモモちゃんは、何を思い東京を走るのか。働く現場に密着した。毎日新聞よりhttps://mainichi.jp/articles/20180109/ddm/001/040/121000c毎日新聞が互助交通さんの新入女子社員にスポットを当て連載しています。現在は6話まで掲載されています。互助交通さんはブログHPに力を入れており、専務(実質代表ですね)のスタッフブログはマメに見てます。でも、車の運転もおぼつかず土地勘もあやふやな女子大生(新卒では無いですが)を採用して提灯記事を書くのはいかがかなと思いました。リクルート関係の会社の人脈からの紹介なのでしょうが、若い女の子をタクシードライバーにするのは反対なのです。我々乗務員はお客さんを選べません。自分は接客歴30年以上ありますから、乗る前から大体のお客さんのイメージは付きますし大抵はずさない自身はあります。ですから、これはアウトだなと思った時は気づかなかったふりをして車線を変えたりします。正確には乗車拒否に当たりますが、「気付かなかった」と言えばそれを確かめる術はありません。若い女の子に、そんな事ができるとは思いませんし、深夜に密室の車内で変質者かもしれない男性と二人きりになることを、親御さんはどう思われるのでしょうか?まして、この子は芸術学部・・・何のために大学に入れたのか?タクシードライバーが少ないのは当たり前です。今まで会社側が苦労もせず採用でき、酷使しても他に行くところが無い乗務員は退職しなかった為、会社がリテンション活動を怠っていたからです。少なくなっている現状でも離職率を下げることよりも、新卒や女性の採用を優先させており結局、苦労して採用しても離職率が高くなって、元の木阿弥になっているのが現状です。今回の互助交通さんの女性社員の後記事にもあるのですが・道を知らないのでお客様に怒られる→研修では、事故を起こさないような説明はしますが、道路の研修はしない会社がほとんどです。ほとんどの会社では「お客さんに聞くか、ナビを入れろ」で終わります。今回は人形町駅から上野駅という、一本道に近いルートなのにナビを入れなきゃわからないおまけにナビをい入れても間違うというレベルですから、かなりのものです。・売上を上げることに関してフォローが少ない→こちらも研修では教えてくれない会社が多いのです。大体の会社は、キープレフト(車線は左厳守)、信号で先頭になるように、左回りでくらいであとは経験を積めという感じです。この女性社員にもアドバイスらしいアドバイスは無く、結局日勤で2万にも見たない売上で終わっています。まあ実家通いなのでしょうから生活は大丈夫でしょうが・・・乗務員が辞める理由の一つは稼げない事なのです。特に新人の頃はポイントもわからず、闇雲走り回って3万円台という惨憺たる結果になり結局生活できずに辞める人が少なくないのですが、会社はフォローしませんし、無線を回すこともしません。乗務員が稼がなければ会社の経営が成り立たないのに、会社は売上を上げる施策を乗務員に示さないおかしな業界なのです。売上が低い新人には、付け待ちのポイントを教えたり時間ごとに、どこに行けなど支持したり当日のイベントをメールで知らせたり、いくらでも売上をあげる事はあるのにそんな努力をせず、売上が低い→乗務員が悪いといういまだ二十世紀な考えで、ライドシエアと戦いましょうとか言ってるのを見ると勝手に戦って下さいとしか言い様が無いですね。写真は互助交通さんが運行しております、ロンドンタクシーです。にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 昭 栄 自 動 車 な ど 3 社 が 日 交 G へ

      全 タ ク 連 と 東 タ ク 協 の 会 長 を 兼 務 す る 川 鍋 一 朗 氏 が 代 表 を 務 め る 日 本 交 通 グ ル ー プ を 中 心 と し た 、東 京 業 界 再 編 の 動 き が 加 速 化 し て い る 。全 タ ク 連 労 務 委 員 長 や 東 タ ク 協 副 会 長 な ど 業 界 要 職 を 務 め る 武 居 利 春 氏 が 社 長 の昭 栄 自 動 車( 都 内 足 立 区 、 2 1 0 台 ) と 同 社 系 列 の 改 進 タ ク シ ー ( 井 上 豊 社 長 、 都 内 足 立 区 、 62 台 ) に 加 え 、日 日 交 通 ( 市 川 信 社 長 、 都 内 足 立 区 、 80 台 ) の 3 社 は 、 所 属 す る 大 和 グ ル ー プ を 脱 退 し 、来 春 を メ ド に 日 本 交 通 グ ル ー プ に フ ラ ン チ ャ イ ジ ー と し て 加 入 す る 見 通 し と な っ た 。大 和 グ ル ー プ の 中 核 で あ る 大 和 自 動 車 交 通 、 日 本 交 通 グ ル ー プ の 中 核 で あ る 日 本 交 通 は 、と も に 東 京 四 社 営 業 委 員 会 を 組 織 す る 東 京 大 手 四 社 で あ り 、 大 手 四 社 間 で の グ ル ー プ 会 社 の 移 動 に 、東 京 業 界 に は 衝 撃 が 走 っ て い るTaxiJapanよりhttp://iinehonpo.com/以前、大和自動車が東京四社営業委員会(大手四社)からの除名されそうになった時に、四社から外れたらフランチャイズの会社は日本交通やKMに移るのでは?との憶測がありまして、結局除名問題は片付いたのですが・・・今回気になったのが、昭栄自動車の武居社長は東京ハイタク協会の副会長でもあります。これで日本交通グループは会長1名、副会長3名(飛鳥交通、日立自動車交通)の4名が正副会長会議に臨めるということなのですね。ここまでくると、日本交通グループに入るか、第一交通みたいに滴滴出行と組むか?となるかもしれませんね。さすがに自社アプリ開発頑張って、会社分のアプリ乱発させてもユーザーに受け入れられ無いでしょうし、無駄金になるでしょうね。自分が会社の社長でしたら滴滴一択なんですけどね。海外からの観光客の半分は中国人ですからあっと日日交通の井上社長は監事でもありますね・・

      3
      テーマ:
  • 27 Dec
    • スマホdeタックんの行方・・・

      東 京 ハ イ ヤ ー ・ タ ク シ ー 協 会 ( 川 鍋 一 郎 会 長 ) は 12 月 20 日 、 都 内 千 代 田 区 に あ る 「 自 動 車 会 館 」 で第 5 回 理 事 会 を 開 き 、(中略)ま た 、 東 タ ク 協 が 運 用 す る 共 通 ス マ ホ 配 車 ア プ リ 「 ス マ ホ de タ ッ く ん 」 の 事 業 存 続 を 巡 り 、船 橋 昌 子 理 事 ( 東 京 協 同 タ ク シ ー 社 長 、 チ ェ ッ カ ー キ ャ ブ 所 属 ) や 樽 澤 功 理 事( 政 和 自 動 車 社 長 、 大 和 グ ル ー プ 所 属 ) が 川 鍋 会 長 に 質 問 し 、川 鍋 会 長 は 「(「 ス マ ホ de タ ッ く ん 」 は ) い た だ い た 補 助 金 の 期 間 ( 5 年 間 。 残 り 2 年 半 ほ ど ) が終 わ る ま で 継 続 し 、 そ の 辺 り で 役 目 が 終 わ っ た と い う こ と で 終 了 す る 方 向 性 で 良 い の で は な い か と考 え て い る 」 と し て 、 正 副 会 長 会 議 で 結 論 を 出 し た 方 針 を 説 明 し た が 、船 橋 理 事 や 樽 澤 理 事 が 強 く 異 議 を 唱 え 、「 ス マ ホ de タ ッ く ん 」 の 事 業 存 続 を 要 請 し た 。Taxi Japanよりhttp://iinehonpo.com/「スマホdeタッくん」とはタクシーの配車アプリの先駆けで、国からの補助金で立ち上げておりUberなどの黒船に対抗するため期待を浴びて登場しました。しかしながら、川鍋会長率いる日本交通グループが脱退したことにより弱体化が進み懸念しておりました。今回、船橋理事【共同タクシー(チェッカーGr.)社長】が理事会で川鍋会長に質問し、樽沢理事【政和自動車(大和Gr.)社長】もそれに乗った感じで質疑応答がありました。詳細はTaxiJapanより交通界の方が詳しいですね。まとめると*今後のタクシー業界のサービス向上にはアプリの開発が不可欠。*しかしながら社団法人が投資が必要な事業を行うのは難しい。*国から補助が出てるので協会を出て事業継続するのは難しい。*よって5年間(残り2~2年半)で終了するのが良いかと正副理事長会で方向性が決まった。自分はタッくん継続させたい派なので船橋理事と樽沢理事の味方をしたいのですが、残念ながら「情」に訴える感じでちょっと残念ですね。タッくんの問題点は周知の事実なのですから、それをどうやって解決していくのかある程度提案できなければ、「寂しい」とか「ショックだった」とか「タッくんが大事」とか何を良い大人が言ってはるのか・・・まあ、今回で日本交通一強の時代がくるのが見えてきましたね。       にほんブログ村

      テーマ:
  • 21 Dec
    • タクシーによる交通事故多すぎ

      一昨日の夜から昨日にかけてタクシーの事故が多かったですね。自分も一昨日の深夜に甲州街道を流していると西参道交差点で青信号なのに停車している日本交通さんのJPNタクシーを発見。隣からのぞくと睡眠中。クラクションで起こしてみたものの大丈夫かな~と思いつつ、巻き添えは嫌なので別のルートに向かいました。この時期は稼ぎどきですので、無理をする乗務員が多いのも現実です。明日でピークが終わって正月になれば暗黒の1ヶ月が始まりますので、今のうちに稼ぎたいと思ってるのはわかります。しかしながら結局無理して事故をおこして自分どころかお客さんや相手にケガをさせるのは、本末転倒ですね。自分は1業務当たり20時間拘束(1時間は安全マージン)で4時間休憩とってます。まあ先輩方から見ればグータラに見えるのでしょうが、人に怪我させてまでこの仕事をしたくありません(ぶつけられて、勝手に向こうが怪我したってのはありましたが)。自分の起因によって相手がケガをするような事故を起こしたら、自分はドライバーを辞めるつもりですし、そうならないために準備や安全確認は怠らないつもりです。もしこの記事を見てる一般の方々がおりましたら、必ず後ろの席でもシートベルトを締めて下さい。下記の3件目の記事にもありますが、我々乗務員はシートベルトとエアバックに守られてますが、後部座席は貴方の身を守るモノはなにもないのです。去年の6月にもタクシーの事故で乗務員はケガですみましたが、後部座席の京成電鉄の取締役はお亡くなりになりました。シートベルトをしていなかったために、頭を車のピラーにぶつけたそうです。また、最近ではタクシーを発進させると自動的に「シートベルトをお締め下さい」とアナウンスが流れますが。なぜかと申しますとアナウンスが流れたのにシートベルトをしていないと、事故でケガをした時に保険金が出なかったり、減額される事があるのです。例えば、緊急避難で走ってるタクシーが急ブレーキをかけた際、つんのめって顔を前の防犯板に打ち付けて歯が折れてしまったケースがありますが、アナウンスに従わずシートベルトをしなかったため、保険金が一切おりないケースがありました。是非、今後はシートベルトをされることをオススメというよりもお願い申し上げます。19日午後11時45分頃、福岡市南区塩原の自動車販売店「九州三菱自動車販売大橋店」にタクシーが突っ込み、ガラス張りのショールームを突き破って展示車両2台に衝突した。 けが人はいなかった。 福岡県警南署の発表によると、タクシーは同区の男性(63)が運転。店内は無人で、タクシーに乗客もいなかった。男性は「信号が青になり発進し、気づいた時にはショールームに突っ込んでいた」と話しており、同署が事故原因を調べている。読売新聞よりhttp://www.yomiuri.co.jp/national/20171220-OYT1T50026.html東京・目黒区で20日朝、タクシーが清掃車に追突し、乗客など3人が負傷した。前方が、大破したタクシー。エンジン部分がむき出しになっている。20日午前6時すぎ、目黒区碑文谷の目黒通りで、「扉が開かなくて出られない」と110番通報があった。警視庁によると、タクシーが前方を走っていた清掃車に追突し、タクシーの運転手(60代)と、乗客の男性(20代と30代)など、3人が軽傷を負った。警視庁は、タクシー運転手の前方不注意の可能性があるとみて、調べている。FNNニュースよりhttps://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00379891.html 20日昼ごろ、和歌山県日高町で橋の欄干にタクシーが衝突し、乗客の70歳の女性が意識不明の重体です。 20日正午すぎ、日高町の県道を通りかかった男性から「タクシーが事故をしている」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、タクシーは橋の欄干に正面から激突していて、後部座席には女性を乗せていました。女性は町内に住む川嶋康子さん(70)で、車内で胸を強く打って意識不明の重体となっています。運転手の男性(69)はエアバッグが作動してけがはありませんでした。 「前メチャメチャ」(目撃した女性) 現場は見通しのよい直線道路でブレーキをかけた跡はなく、運転手は警察に対し「ボーっとして運転していました。40〜50キロは出ていました」などと話しているということです。MBSニュースよりhttp://www.mbs.jp/news/kansai/20171220/00000065.shtmlにほんブログ村

      6
      テーマ:
  • 20 Dec
    • タクシーの事前確定運賃の実証実験結果

      ~ 約7割の利用者がまた利用したいと回答 ~ 事前確定運賃の利用回数は7,879回、事前に入力した乗降車地から予測して確定した事前確定運賃の総額とメーター運賃の総額の乖離率は約0.6%で、運賃はおおむね適切に予測がなされていました。  アンケート調査によると、約7割の利用者が「また利用したい」と回答しており、最も多かった理由は「値段が決まっていて安心であること」でした。  また、利用者の特徴をみると、配車アプリを活用した新しいサービスは若年層を中心とした新たな顧客層への遡求に効果があると考えられます。 □事前確定運賃のねらい▶「事前確定運賃」により、「渋滞や回り道等により運賃が高くなるかもしれない」、「到着するまでメーターを気にしなくてはいけない」という運賃に関する不安をなくし、タクシーを使いやすくする。▶配車アプリの利便性を高め、普及を促進することにより、タクシーの空車走行を減らし、生産性を向上させる。□実証実験の概要▶期間:平成29年8月7日(月)~平成29年10月6日(金)▶地域:東京23区、武蔵野市、三鷹市▶車両数:4,648両(日本交通グループ、国際自動車グループ、大和自動車交通グループ、第一交通産業グループ)▶利用方法:配車アプリを通して、乗車地、降車地を入力して事前予約・配車依頼することで、事前に確定した運賃でタクシーを利用できる▶調査概要:利用実績調査・利用者アンケートを実施し、事前に確定した運賃が実際の走行に照らして適切であったかどうかの検証や利用者意向を把握し、制度検討に活用。国交省HPよりhttp://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha03_hh_000274.html秋口に行われた「事前確定運賃」の実証試験の結果が発表されました。結果としては・事前確定運賃と実際のメーター表示の誤差は0.6%と適切な予測であった。・7割の顧客が、正式なローンチでは使ってみたいと回答。・若年層を中心とした新たな顧客層への遡求(おそらく訴求だろう)に効果なにやら410円タクシーの実証試験の時と比較しようとしているけど、410円の時は乗場に来た人全員対象だから年代がほぼ全域に渡って変わらないのは当たり前で、スマホのアプリをダウンロードしなければ試験に参加できない今回の実験と比較するほうがおかしいのでは?にほんブログ村

      1
      テーマ:
    • 相乗りタクシー18年1月試行 日本交通と大和自動車

      日本交通(東京・千代田)などタクシー大手は同じ方向に向かう乗客が運賃を共同負担する仕組みの導入に乗り出す。2018年1月から国土交通省と共同で1000台規模の実証実験を始める。1人で乗るよりも割安な料金で利用できる。自家用車で乗客を有料で運ぶライドシェア(相乗り)の上陸に備える。 日本交通と大和自動車交通の2社が配車アプリを開発して参加する。期間は18年1月22日から3月11日まで。大和自動車は649台を対象に同じ乗車地から複数の乗客を乗せる。日本交通は300台を提供し、異なる地点から乗る乗客を結びつける。終電後の深夜の帰宅や朝の通勤などの利用を想定する。 相乗りした際の運賃は乗車前に分かる。走行距離に応じて算出する金額の1.2倍が合計の運賃になる。負担額は乗客がそれぞれ単独で利用した場合に想定される最短距離を勘案して決める。乗車した地点や方向によって異なるが、最大で通常よりも4割安い価格で乗れる。運賃は1人で乗るよりも高くならないようにする。 都内のタクシー大手は8月から10月まで乗車前に運賃を確定する「前決め運賃」の実証実験を実施し、約8000回の利用があった。ライドシェア世界大手の米ウーバーテクノロジーズは海外で同様のサービスを手がける。タクシー業界はウーバーなどのアプリの仕組みを取り入れて利用者離れに歯止めをかけたい考えだ。日本経済新聞よりhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO24770760Y7A211C1TJ2000/さすが日本経済新聞。さらっとライドシェア上陸に備えると言ってますね。いよいよ相乗りサービス」の実証試験が行われます。今回は大和649台+日交300台の949台と少なめですね。データを集めたいだろうKMとか全国タクシーに加盟した帝都が不参加なのは解せませんが、大和が協力的なのはちょっと気になりました。今回の記事だけですと意味が分からないので国交省の説明を見ます。1:タクシー会社がいただく料金総行程距離(km)×435円(深夜450円)×1.2(手数料?)図の距離ですと、本来のタクシー料金ならおよそ13,460円だが、1.2倍で15,660円となる2:お客さんが支払う料金A(浦安)さん:総料金×(Aさん単独で走った場合の距離/Aさん単独距離+Bさん単独距離+Cさん単独距離)15,660×12/(12+18+21)≒3,690B(船橋)さん:総料金×(Bさん単独で走った場合の距離/Aさん単独距離+Bさん単独距離+Cさん単独距離)15,660×18/(12+18+21)≒5,530C(津田沼)さん:総料金×(Cさん単独で走った場合の距離/Aさん単独距離+Bさん単独距離+Cさん単独距離)15,660×21/(12+18+21)≒6,450A+B+Cが総合計と10円違うのは切り上げみたいですが、単独で乗るより4割安くなります。昼間のキロ単価が435円というのがどこから出してきた数字なのかわかりませんが、自分の実績と比較するとちょっと高いかな?と思いました。プラス1.2倍ですから乗務員としてもあまり嫌なイメージは無さそうですね。問題となるのは、お客さん同士のトラブルでしょうかね。まあ女性と男性は別にすべきかと思いますが、今回の試験ですと少なそうですから男性と女性が一緒になるケースが出てくると思います。その際はご自宅に送らないとかの配慮等も出てくるのでしょう。お客さんが吐いて同乗者に被害が出た場合とかの保障、忘れ物したから戻って!と言われたなどもでてくるかもしれませんね。そのうちお客さんのレイティングなんかも出てきたりして・・にほんブログ村

      テーマ:
    • 「JPN TAXI」 10月23日導入、55日で総乗車人数10,000人突破(帝都)

      JPN TAXIは高齢者や車いす使用者、妊婦や子供連れなど様々な人が利用しやすいよう、国土交通省が定めたユニバーサルデザインタクシーの認定要件を満たした新型車両です。この新型車はひと目でタクシーと認識ができ、日本の景観と調和する濃い藍色「深藍(こいあい)」のボディカラーが特長です。この深藍色のJPN TAXIが一斉に街並みを走行することにより、日本の風景が美しく変わり、観光立国への貢献を目指して開発されました。このJPN TAXI のうち、特にトヨタが2020年に向けラッピングした特別仕様の深藍色限定車が、都内主要タクシー会社に24台が導入され、うち当社は3台を導入しました。当社はこのJPN TAXI 3台 を10月23日から運行し、徐々に台数を増やし、営業55日目の12月16日(土)で総乗車人数10,000人を突破しました。尚、12月20日時点での当社のJPN TAXI保有台数は20台となっています。■当社ならではのJPN TAXIのこだわり当社が初導入したJPN TAXI 3台は、2020年に向けた記念ナンバーを取得しており、都内大手四社の中では当社のみの保有です。また、シートはソフトで高級感ある合成皮革を使用しています。当社はこの質感を多くのお客様に体感していただきたく、シートカバーをつけておりません。また、清掃には2002年6月に厚生労働省が食品添加物として認定した次亜塩素酸水を使用しています。食品に混ぜて使うのではなく、殺菌が主な目的です。使用基準、成分規格が定められた次亜塩素酸水は、お客様の人体に影響なく清潔な環境を整えています。■会社概要名称: 帝都自動車交通株式会社代表者: 代表取締役社長 神子田健博(後略)帝都自動車交通公式HPよりhttp://www.teito-mot.com/news-cat/latest/「クックックッ奴は四天王の中でも最弱・・・」と誰も呼んでませんが帝都さんのJPN TAXIの導入が順調なようです。帝都さん本体の台数は500台くらいでしたので、4%はJPNになったのですね。後ろから見るとナンバープレートも白(オリンピックカラー)なのでタクシーに見えないですね。チェッカーさんみたいに後ろにも行灯付けるべきかなと思います。ちょっと気になったのが次亜塩素酸を清掃に使用しているという点です。次亜塩素酸水の殺菌力と安全性はかなりのものですが、紫外線に弱く殺菌力は劣化しやすいのです。ですから紫外線を通さないフィルム状の容器に入れるならまだ良いですが、100均のスプレーボトルなどに入れてるとあっというまにタダの水です。帝都さんでは須賀工業(株)さんの次亜塩素酸水生成機器「超!おててきれい」を使って生成しているようですから、容器は自分たちで用意しているでしょうから、ちょっと気になりましたね。にほんブログ村

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 米国や中国で普及進む「ライドシェア」、日本国内は?

       米国や中国では、自家用車を利用して客を送迎する「ライドシェア」が普及している。このライドシェアの仕組みは、配車専用のアプリで客が送迎の予約や手配ができるという仕組みであり、海外ではごく当たり前の送迎サービスとして定着している。ただし、日本ではまだこうした仕組みは議論が始まったばかりであり、普及には程遠いのが現状だ。その理由となっているのが、道路運送法による規定である。この規定では、国土交通大臣の許可を得ることなく個人の自家用車を利用して営利目的で客を送迎することは法律違反と定めている。 法律で規制されているとはいえ、こうしたライドシェアが日本で行われた場合それを取り締まることはかなり難しい。予約から支払まですべて事前に済ませている状態で送迎をしていた場合には、現場で言い逃れができてしまうからだ。実際に、空港や観光地では中国人による無許可のタクシー営業「白タク」が問題となっているが、これもライドシェアの流れによるものだろう。主に外国人観光客を相手にするこの白タクは、日本の正規のタクシーと比較しても料金が割安で言葉も通じることから高い人気があるのだという。これらの白タクは既存のタクシー業界にとっては価格破壊につながることから反発を強めており、国側も安全性について問題視している。 こうした背景もあって、日本国内ではライドシェアの議論がなかなか進んでいない。日本は法治国家なので、法律で定められていないことを実行することは難しく、タクシー業界など各方面との調整も課題が多いためだ。とはいえ、いつまでも棚上げできない理由もあり、それが2020年の東京五輪である。政府は2020年までに外国人観光客4千万人という目標を掲げており、客の送迎についても高い需要が見込まれている。しかし、タクシー業界は高齢化が進み人材不足が深刻な問題となっている。  今のままの仕組みでは急増する外国人観光客に対応することは困難だという現実を直視し、もっと議論を展開させることが今後の急務だろう。もしも法律の規制が緩和されれば日本でもライドシェアとして参入する業者も増えてくるかもしれない。もちろんその際にはある程度の安全性が担保されていなければならないが、観光客への対応と業界全体の活性化を考えると必要なことといえるだろう。また、公共交通機関が衰退する地方でもこうしたサービスは新たなニーズとして生まれる可能性が高い。ただ反発や規制をするだけでなく、多角的な視点から考えてみるのも議論の切り口となるかもしれない。(編集担当:久保田雄城)EconomicNewsよりhttp://economic.jp/?p=78524あえて全文を掲載しました。要約すると、4000万人の訪日客がくるからライドシェア認めなさいよという記事ですね。政府観光局(JNTO)発表によりますと、今年(1月~10月)の海外からの訪日客は2379万人余りで昨年対比で118.3%です。(少ない国の集計は8月までのため実際は2500万人近いと思われる)国別ですと、中国622万人、韓国583万人、台湾388万人、タイ185万人の上位4カ国で1778万人で4分の3を占めてます。英語を覚えましょうとかさんざん言ってますが、意味無いですよね。実際ヨーロッパ系の観光客の伸び率は5%位ですから中国語とハングル覚えたほうが役に立ちそうです。このまま伸び率+18%で推移すると、来年には3000万人、2020年には4100万人となりますが皮算用というものでしょう。結局は経済情勢によるものですから世界経済がこのまま順風満帆で数年続くとは思えませんしね。昨年から観光客が数百万人増えましたが、実際我々ドライバーの仕事がそんなに増えたか?というとそこまで増えたようには思えません。仮に4000万人が訪れても”急増する外国人観光客に対応することは困難だという現実を直視し、もっと議論を展開させることが今後の急務”という切羽詰まった状況にはならないと思うのです。あと、2020年に4000万人になったは良いが、2021年になって余った乗務員はどうなるのでしょうね?ホテルも2021年には余るという計算もありますしねhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO24779620Y7A211C1LB0000/ライドシェアに反対というわけではありません。うちの田舎のようなタクシー会社が存続できなくなるような状況では必要だと思いますが、特区を作って地方ばかりライドシェアを始めたとしても、運営会社として旨味は無いでしょう。まあライドシエアが公認されたら我々乗務員は独立して個人業主となるので、困るのはタクシー会社だけになるかもしれませんね。Uberはテラ銭3割とか言いますから自分なら滴滴でしょうかねwちなみに韓国からの方実客の伸び率が凄いことになってまして+40%・・反日はどうしたのか?というより反日は北朝鮮の活動の一貫なのか?画像は「訪日ラボ」よりhttps://honichi.com/data/demand/にほんブログ村

      1
      テーマ:
    • ヘイ、タクシー! いつでも乗車してるような「TAXIES トートバッグ」がヴィレヴァンストアに登

      タクシーに乗車しているような見た目になる「TAXIES トートバッグ」がヴィレッジヴァンガード通販ストアに登場しました。 乗降ドアをそのままトートバッグにした斬新なデザインで、「東京無線」「日本交通」「チェッカーキャブ」「グリーンキャブ」の4種類を用意。ピカピカのタクシーボディ風な見た目を、透明素材に裏から印刷することで再現しています。 サイズは幅50センチ、高さ30センチとたっぷり入る大きさで、価格は各4212 円(税込)。 なお同ストアでは同じ乗降ドアデザインの「キーホルダー」と「コインケース」もあり、同じタクシー会社で揃えることも可能です。BIGLOBEニュースよりhttps://news.biglobe.ne.jp/trend/1217/nlb_171217_1544332669.html人の趣味を茶化す事ができるような自分ではありませんのでノーコメントでご希望の方は下記から買えるようです。http://www.nomino-1.jp/?pid=101976162にほんブログ村

      テーマ:
    • 18分を広告視聴の時間に、日本交通デジタルタクシーの仕組み

      日本交通のデジタルタクシー戦略において配車アプリと対をなすもう1つの柱がデジタルサイネージだ。10インチのタブレット端末を助手席のヘッドレストの裏側に設置し、乗客に広告やニュースを届ける仕組みである。同社のタクシー約4200台に配備済みだ。 広告主には大手企業が名を連ねる。JapanTaxiは広告配信システムを手掛けるフリークアウトと合弁会社IRISを2016年6月に設立。「Tokyo Prime」と呼ぶ広告商品で事業を開始した。 日本交通の調べではタクシーの平均乗車時間は約18分。ここでいかに稼ぐか。同社はTokyo Primeで乗客が暇を持て余す乗車中の18分を広告の視聴時間に変える作戦に出た。 タクシー会社によっては車内に置く紙のチラシ広告に、人には相談しにくい身体上の悩みを改善する「コンプレックス商材」を扱うケースがあった。どちらかというとネガティブだったタクシーの車内広告の印象を払拭するために、JapanTaxiは質の高い広告の配信を目指したという。金CMOは「広告収入が伸びれば新事業に振り向ける投資も増える」と話す。ITproよりhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/120200552/120400004/?rt=nocnt日本交通さんの子会社であるJapanTaxi社によるデジタルサイネージ広告。タクシーの平均乗車時間が18分というのは本当なのかと思って、自分の過去半年を追っていると、10分弱でしたね。まあ会社が違うので18分がウソとは言いませんが、初乗り410円になってからは一乗務(隔日勤務)あたり平均40件のお客さんを乗せていますが、そのうちの半分は1000円未満です。つまり5~6分も乗っていないという事です。この広告は3分という長い動画のようですから、乗客の半分は1~2社分の広告しか見られないという事をクライアントの皆さんは覚えておいてくださいね。いずれ日本交通さんは広告収入によってタクシーを無料にするという計画があるそうですがどういう未来になるかご理解の上で語ってるのでしょうかね。にほんブログ村

      テーマ:
    • タクシー運転手に暴行容疑の男を送検 北海道・網走

       北海道網走市の山谷勇四郎容疑者(78)は15日、タクシーの車内で62歳の男性運転手の首を絞めるなどした疑いで、17日朝、送検されました。 「殺してやる。このやろう」(車載カメラの映像より) 山谷容疑者は自宅近くでタクシーに乗り、運転手と行き先をめぐって口論になっていました。 山谷容疑者はその後の調べに「酔っていて覚えていない」と話しているということで、警察がさらに詳しく調べています。TBSニュースよりhttp://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3241683.htm?from_newsr&1513589381455&1513590847532基本的に自分はトラブルは少ない方ですが、半年に一人ほどは厄介なお客さんに出会います。(泥酔で吐瀉とか、寝込んで起きないってのは多いので別ですが)過去にお会いしたコマッタチャンは・新大久保→風林会館の40代男性韓国系の方で日本語が通じない、アーと怒鳴る、席を蹴り上げる、防犯板を叩き続ける最後は代金を投げつける。・麻布十番→品川駅の某多人数アイドル「おせーよ」「黄色なんだから行けよ!急いでんだよこっちは!」と席を蹴り続ける・上野→浜町の30代OL延々嫌味を言い続け、信号で止まると「何のためにタクシー乗ってるのかわかる?信号のたびに止まってたら意味ないでしょ!」予定より遅くなったから値引きしなさいと怒鳴る。断ったら金を投げつける・神保町→本郷の20代男性酔ってぼそぼそ声。聞き返すとキレ始め、防犯板の隙間からこちらの腕をつかみ出す。信号待ちの時に外に出て、運転席側から入り込もうとしたので危険と判断しそのまま車を発進させる。まあ先輩方の話を聞くと自分はまだマシな方なようです。いろいろありますが、基本的に自分は警察に届けません。なぜならば届けたところで何をしてくれるわけでもなく、ただ時間を浪費して終わりになるからですね。以前、赤坂から船堀まで若い男性を送った時に、信号待ちのタイミングでいきなり外に出て逃走されました。警察に届けましたが事情聴取だけで捜査をしようとする素振りも見せず、会社に帰庫すれば報告書が待っているだけです。しかも運賃は自腹という・・・だったら警察に届けず、さっさと営業に戻ったほうがお金の面で得なんですね。ですから、このようにテレビでタクシー内で暴力事件を起こすと全国に顔も名前も出ますよとなるとかなりの抑止力になるのでは?と思うのです。にほんブログ村

      1
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 白タク解禁ッ?!

      マイカーで観光客輸送、特区で解禁 まず兵庫県養父市政府は国家戦略特区で、一般の人が自家用車を使って有料で観光客らを運ぶ事業を解禁する。兵庫県養父市で2018年5月から始める。過疎地で認めてきた従来の方法と異なり、公共バスと同じ道路も走れるなど利便性を高める。過去最多の訪日観光客数が確実となるなか、ライドシェア(相乗り)の効果を特区で分析し、観光を伸ばす仕組み作りにつなげる。 13日に開く国家戦略特区の区域会議で決める。地元のタクシー会社3社や観光団体、自治体が18年2月をめどにNPO法人を立ち上げ、運行管理の責任を担う。運転手はNPO法人に登録し、料金徴収はタクシー会社のシステムを使う。料金はタクシーの6~7割ほどに抑える。10~20両の運行を見込む。養父市を構成する旧4町のうち、JR西日本の駅がない旧2町の地域で展開する。古民家の宿や日本遺産の認定を受けた明延鉱山跡を結び、観光客が移動しやすいようにする。地元の高齢者や妊婦らの利用も促す。 自家用車を使って有料で顧客を運ぶことは、これまでも過疎地などで認められてきた。ただ路線をあらかじめ決めるため、自由に走るタクシーよりはバスに近い。公共バスが走る道路は走れないなどの制約が多かった。 特区ではエリアを指定すれば、路線バスとの並走も可能にする。同市ではJRの駅まで結ぶルートも、自家用車で運送できるようにしたい考えだ。 全国の空港や観光地では無許可で観光客を送迎する「白タク」が横行している。同市ではタクシー会社が運営に関与。安全面も含めて管理する。 17年の訪日観光客は10月までの累計で2379万1500人。前年同期より18.3%多い。このペースで行けば、5年連続の最高更新は確実で、年間2800万人を超す勢いだ。リピーター客が地方に足を延ばす例も増えているが、16年の延べ宿泊日数はなお6割が首都圏、中部圏、近畿圏の8都府県だ。交通網の規制緩和を進めて、地方にもさらにインバウンド需要が広がることを狙う。日本経済新聞よりhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO24539800S7A211C1MM8000/?n_cid=NMAIL007まとめると・政府は国際戦略特区を作って自家用車の有料旅客運送を認める。・2018年5月より兵庫県養父市でスター人を立ち上げ、運行管理を行う。・ドライバーはNPO法人に登録し、既存のタクシーメーター等のシステムを利用。・料金はタクシーの6~7割養父市(やぶし)は兵庫県の中央より北に位置し、スキー客や最近話題の天空城(竹田城跡)に車で30分という立地で観光客が増えているようです。しかしながら、人口は減り続け現在は2万人余り(一昨年の統計で24,288人)との事で、おそらく既存のタクシー会社だけでは、観光客の対応がままならないのか?にほんブログ村

      3
      テーマ:
    • タクシー最大手の第一交通産業、ユナイテッドキャブを買収

      タクシー業界最大手で買収をテコに全国展開している第一交通産業【9035】の連結孫会社である第一交通は、東京都台東区でタクシー事業を営むユナイテッドキャブの全発行済株式を取得したと発表した。第一交通のタクシー保有台数は、当該株式取得により、タクシー20台が増加することで、東京都内においては既存のグループ会社6社482台と合わせて502台となり、グループ全体のタクシー保有台数は8425台となる。◆ユナイテッドキャブ株式会社の概要商 号 ユナイテッドキャブ株式会社本店所在地 東京都台東区根岸二丁目2番6号資 本 金 300万円株 主 染谷淳也(100%)代表者 代表取締役 染谷淳也設 立 平成16年12月2日事業内容 タクシー事業車両台数 20台従業員数 33名M&A Timesよりhttps://ma-times.jp/55753.htmlインディーズ系のユナイテッドキャブが第一交通に買収されたニュースが入りました。あまり個人的には良い思いをしていない(実車なのに入れてくれない、かまし営業)会社ですがアメリカのイエローキャブみたいな色は好きでしたね。タクシーセンター発表の資料ですと、東京の第一グループは6社450台でしたが482台に増えていますね。センターが間違えてるのか?第一交通グループは中国の配車アプリ「滴滴」との提携など、日本交通集約に対抗しているのか、個人的には面白い流れだと思ってます。日本交通の配車アプリ「全国タクシー」に関しては、果たして参加各車に公平に配車されるのか正直、不透明な部分を感じでいます。やはり既存の「スマホdeタックん」をUberや滴滴のようなアプリにするか、タクシー会社と柵の薄い通信系の会社が開発するのが望ましいと考えてます。

      テーマ:
  • 10 Dec
    • 未払い残業代など求め タクシー運転手26人が京都地裁に提訴

      歩合給に残業代(時間外割増賃金)を含むとする会社の制度は不当として、洛東タクシー(京都市山科区)など2社の40~60代の男性運転手計26人が8日、2社を相手取り、未払い残業代など計約1億円の支払いを求める集団訴訟を京都地裁に起こした。 訴状などによると、2社は時間外労働などの割増賃金は歩合給に含まれていると主張している。これに対し26人は、時間外や深夜・早朝の労働時間にかかる割増賃金は歩合給とは別に支給されるべきだと訴え、平成27年6月~今年5月の約2年間で1人当たり約60万~300万円の支払いと慰謝料を求めている。 記者会見した原告団代表の本城大輔さん(52)は「労働者の意見を無視した会社に憤りを感じて提訴した」と話した。一方、洛東タクシーは取材に「訴状が届いていないのでコメントできない」と答えた。産経新聞よりhttp://www.sankei.com/west/news/171209/wst1712090031-n1.html自分の首を締めることになるのではないだろうかと・・・我々タクシードライバーの給料はほとんどの会社で完全歩合制です。名目上、基本給とか手当がついてますが、あくまでも歩合給の額を当てはめただけです。ちなみに、自分が所要で休んだ時の月給は1万円でした(笑)このような給与体系はタクシー業界では歴史的に必然性があったから完全歩合制になったと考えます。この裁判で原告の訴えが認められてしまうと、どうなるか?今までのような働き方はできなくなり、完全に勤務時間や休憩等全てにおいて会社の管理下に置かれることを原告の皆さんは想像出来ませんかね?休憩はタバコやトイレ休憩を含めて3時間、付け待ちは許されず終日流し営業。自分が経営者でしたら完全に管理下において自由な営業は許さないですけどね。

      1
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 日本交通「東京イルミネーションタクシー」ちょっと待て

      日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:知識賢治、以下日本交通)は、タクシーを貸し切り、車内からでも都内のイルミネーションスポットや夜景を満喫できる観光タクシー商品「東京イルミネーションタクシー2017」のご予約を11月29日(水)より開始し、12月1日(金)から12月25日(月)までの期間限定で運行します。東京スカイツリー®等の照明デザインを手がけた照明デザイナーの戸恒浩人氏監修のモデルコースをご用意し、東京観光タクシーのプロドライバーが、数ある都内のイルミネーションスポットを効率よく、かつ快適にご案内します。日本交通公式HPよりhttp://www.nihon-kotsu.co.jp/about/release/171129.html都内最大手のタクシー会社である日本交通さんが都内イルミネーション向けの観光タクシーを走らせるそうです。料金はちょっと納得のいかない3時間14,950円から。日本交通さんの時間制運賃は、初乗り1時間4,650円で、30分毎に2,110円の追加。となると3時間で13,090円となります。迎車+予約の820円を加えた額より、更に千円も高いのはちょっと不親切ですね。で、本題の「ちょっと待て」ですが、プレスリリースの写真見てビックリよくこんな泥だらけの車を載せますね。自分が社長だったら広報担当は配置転換です。もしかしてラッピング?とか思ったのですが・・・

      2
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 帝都自交が「全国タクシー」加入

      【 東京 】帝都自動車交通(神子田健博社長、グループ本社・中央区)は1日、日本交通系でJapanTaxi(川鍋一朗社長、千代田区)が運用するスマートフォン配車アプリ「全国タクシー」に加入し、4日からサービス提供開始すると発表した。JapanTaxi側も同日付で同様の発表を行っている。 帝都自交側の発表によると、全国タクシーアプリに加入するのは帝都自動車交通直営各社のほか、フランチャイズ9社も含む計1057両(特別区・武三交通圏)が対象。また、今回の提携に合わせて帝都自交側はJapanTaxiに出資を行っており(出資額及び持株比率は非公表)、ユーザーが全国タクシーアプリを起動し、タクシー配車を注文すると、日交グループ、帝都グループの別なく最も当該利用者から近い車両を配車する「おまかせ配車」システムが採用されたとしている。 また、同社側で従来から運用している配車アプリ「ココきて・TAXI」(私鉄協及び京成グループ各社で共同運用)や同英語版、10月からスタートした米・ニューヨーク市のイエローキャブ向け配車アプリ「ARRO」は従来通りのサービス提供を継続する。帝都ユーザーにとっては、従来通り「ココきて・TAXI」を使うか、「全国タクシー」を使うことで選択の幅が広がった。日交ユーザーにとっても、配車可能車両数が拡大した格好。 帝都自交側では出資とともに、おまかせ配車を獲得したことで今回の提携に一定のメリットを見出しているようだ。他方、JapanTaxi側のプレス発表には帝都側からの出資やおまかせ配車システム採用には一切触れておらず、韓国の「カカオタクシー」アプリとの提携関係などグローバルな展開や国内での配車可能車両数の絶対数の多さを強調する内容となっており、記者発表にも双方の思惑の違いが滲む。交通界WebNewsよりhttp://www.kohtsukai.net/backnumber/17/171204/171204.html#kanto「クックックッ!ヤツは四天王の中でも最弱」と言われがちな帝都さんですが、日本交通率いる「全国タクシー」アプリに加入のニュースです。ライバル視しているKMさんや、除名問題でしこりのある大和さんが追随することは無いとは思いますが、全国タクシーで配車される台数が千台増えるということはユーザーにとっては良いことでしょう。(ただ、問題は配車される割合は各社平等なのでしょうかね?5ch(旧2ch)を見ますと、日本交通>グループ>協力他社のような噂も見受けられました。あとはユーザーにとっては便利なんでしょうが、乗務員からの不平は多いようです。一番はシステムダウンによって決済できなかったり、ルート案内の問題のようです。キャッシュレスだから乗ったのに、現金でお願いしますとか言われたらクレームをひっかぶるのは乗務員ですからね。新規に立ち上げた会社とはいえ、ちょっとシステムが脆弱な気がします。

      テーマ:
  • 30 Nov
    • 赤信号を無視して横断の女性、タクシー2台にはねられて死亡

      28日午後11時ごろ、大阪府大阪市旭区内の府道で、徒歩で横断歩道を渡っていた女性に対し、交差進行してきたタクシーが衝突する事故が起きた。女性は後続してきた別のタクシーにもはねられて死亡している。大阪府警・旭署によると、現場は大阪市旭区大宮付近で片側2車線の直線区間。交差点には横断歩道と信号機が設置されている。48歳の女性は徒歩で横断歩道を渡っていたところ、左方向から交差進行してきたタクシーと衝突。路上へ倒れこんだところ、後続してきた別のタクシーにもはねられた。女性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。警察は最初にはねたタクシーを運転していた堺市西区内に在住する53歳の男と、後続のタクシーを運転していた兵庫県尼崎市内に在住する69歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕したが、死亡した女性側が赤信号を無視して横断していた可能性が高くなったことから釈放し、任意での捜査に切り替えている。現場は昼夜を通して交通量が多い区間。聴取に対し、最初にはねた運転者は「交差点には青信号で進入したが、右から横断してくる人影に気づいた。急ハンドルで避けようとしたが、間に合わずにぶつかってしまった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。Responseよりhttps://response.jp/article/2017/11/30/303120.htmlまずはお亡くなりになった女性の方、ご親族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。他人事ではない交通事故。今回は歩行者の赤信号無視があるため、相手方に大きな過失がありますが運転手には安全運転義務違反2点+死亡事故(過失小)13点=15点が加算されるため一発免許取り消しとなってしまいます。おそらく、今回は意見の聴取が行われて、180日免許停止で済むと思いますが処分者講習を受けても90日免停、つまり3ヶ月間給料が無いのです。大阪のドライバーですから、3ヶ月無給という事は約100万円が消えることになります。タクシードライバーは免停中は休職扱いとなり、有給休暇の取得も認められずドライバーの方は大変です。自分も、もらい事故で免停になったことがあり、ホント同情します。相手方に重大な過失がある場合には、点数の大幅な削減を望みます。そうでないと、この商売を人に勧めることはできませんね。

      3
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 「日本でライドシェア諦めない」、米ウーバーが会見

      米ウーバーテクノロジーズは2017年11月27日、日本での事業展開に関する会見を開いた。アジア太平洋地域の事業開発などを統括するブルックス・エントウィッスル氏は米国などで提供している一般消費者が運転するライドシェアサービスについて「日本での事業開始を諦めない」と説明。国や自治体、タクシー業界などとサービス開始に向けた協議を続けることを強調した。(中略)ウーバーをめぐっては2016年10月に5700万件の個人情報を漏洩させていたことを利用者や運転手などに知らせていなかったことが発覚した。社員へのセクハラなどコンプライアンス(法令順守)に関する問題が相次いでいる。個人情報漏洩やそれを隠していたことについてエントウィッスル氏は「非常に深刻な事態であり、過ちだった」と謝罪。二度と繰り返さないよう対策を講じているとともに、各国政府と情報を共有して説明を重ねていると述べた。ITproよりhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/112702736/?rt=nocnt先日、記事にしたUberだが、アジア責任者のブルックス氏による会見が行われた。ライドシェアに関しては敗北宣言にも捉えることができるが、市場からの完全撤退は諦めておらず、今後は、配車サービスとしてタクシー会社との連携を深めることになる模様。しかしながらUberの手数料が高すぎて、なかなか進まないようである。

      1
      テーマ:

プロフィール

tripod777

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
都内でタクシードライバーをしています。 ネットで公開されているニュースを元に記載してますが、問...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。