【筋膜は、木? それとも...】 | 筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:

筋膜を整えて健康をとりもどす

 
筋膜調整セラピストの中村です。
 
 
 
「木を見て森を見ず」
 
 
ことわざとして有名ですね。
 
 
意味としては、
 
「物ゴトの一部分に気を取られて、全体像を見失うこと」
 
こんな感じでしょうか。
 
 
筋膜を、単なる1つの組織だと考えるとカラダの中の一部でしかない、いわゆる
 
「木」

 
と言えます。
 
 
ですが、
 
筋膜はありとあらゆる臓器や器官の、しかも細かいところにまで存在していて、
 
役割の違う臓器や器官どうしを密に結びつけています。
 
こういった、カラダ全体に影響を与えるということを考えれば
 
「森」

 
に例えることができます。
 
 
筋膜とはカラダの一部の組織ではありますが、
 
その影響は単に「動き」に関係することだけでなく、内臓や代謝や免疫など生命維持にも大いに絡んできます。
 
 
なので、筋膜は「木」にも「森」にもなる
 
そう思っています。
 
 
また私の好きな考え方に
 
「かんげん論」「ぜんたい論
 
というのがあります。
 
 
「かんげん論」とは、
 
全体(例えば人のカラダ)は、個々の集合体であり、個々を理解することで全体も理解できる
 
とする考え方です。
 
対して、「ぜんたい論」とは、
 
全体(例えば人のカラダ)は、全体で1つであるため、個々に分けた時とは全く違う性質や意味を持っている
 
とする考え方です。
 
 
医学で考えると、病院にはそれぞれ専門の「科」があって、不調の種類に応じて診察を受けます。
 
これは先ほどの話でいう「かんげん論」に含まれます。
 
 
これはもちろん大切なことで、必要な医療を受けるために問題のある部分を探すことが必須だからです。
 
 
ただ、人間のカラダは部分にわければ理解できてしまうほど単純ではありません
 
 
筋膜の観点からすれば、たとえヒザの関節痛のようであっても、
 
背中や肘の筋膜が問題で起きているかもしれませんし、
 
内臓の不調から影響を受けているかもしれません。
 
もっというと、皮フや脂肪の影響からめぐりめぐってヒザの痛みにつながっているかもしれません。
 
それほど複雑です。
 
さらに「ぜんたい論」でいうと、精神や心理、信念も普段の生活習慣に影響しているとも言われています。
 
 
 
まとめますと、
 
 
・筋膜は部分にも全体にも作用するので、「木」であり「森」である
 
・ヒトのカラダは部分に分けて理解できるほど単純ではない
 
・ヒトのカラダは全体が繋がって始めて機能する不思議なもの
 
そして
 
・全体を1つと考える時に、筋膜はそれぞれの部分(臓器や組織)をつなぐ重要な役目を果たしている
 
こんな感じで考えています。
 
 
今回は少しかたい内容になりましたが、筋膜を単なる組織の一部として考えるのではなく、
 
人のカラダをひとつなぎで機能させる重要かつ不思議な組織
 
だということを、私自身が再認識する意味で記事にしてみました。
 
 
今後もTRIGGERでは
 
部分をないがしろにするわけではなく
 
全体にも部分にも作用する筋膜の観点から不調を紐解いていき、
 
健康をとりもどすきっかけとなるよう取り組んで行きたいと思います!
 

===========================================

施術に関するお問い合わせ & ご予約

⇒ こちらから

【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER
(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

 

===========================================

 

TRIGGER(東京港区赤坂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス