バレエスタジオでも筋膜ケアを取り入れています!!! | 理学療法士サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

理学療法士サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:

筋膜調整セラピスト,理学療法士の半田です。

 

 

 

 

今日は,毎月恒例の遅沢バレエスタジオ出張施術。

 

バレーダンサー10名の筋膜調整(マンツーマンの施術)。

 

代表の遅沢さんのケアも。

 

 

遅沢×3(笑)

 

股関節のつまり感。

 

体をそったときの腰痛。

 

体を曲げたときの腰痛。

 

筋膜調整でいずれも無くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、1時間のフィジオトレーニング。

 

外側の筋膜ラインをストレッチしたり・・・

 

 

 

呼吸のパターンを修正して,体幹の安定性につなげたり・・・

 

 

 

 

 

1日中,ず~っと

 

バレエダンサーの筋膜パターンが考察できて、

 

動きとの照らし合わせもできて、

 

からだの使い方の修正エクササイズ指導もできる。

 

姿勢の意識の仕方を指導したり。

 

バレエダンサーに対するケアは僕の得意とすることの1つ。

 

自分の専門性がめちゃくちゃ高まる大切な時間でもある。

 

 

 

 

やっぱりバレエダンサーには共通して筋膜がゆがむパターンとポイントがある。

 

バレエダンサーに特徴的な足の使い方をみれば納得できる。

 

それが,股関節のつまりになったり,

 

アキレス腱の痛みになったり,

 

プリエでの足首の硬さになったりと。

 

同じ場所が硬くなっても,症状のでかたはバラバラだ。

 

実に面白い。

 

 

 

 

バレエダンサーの場合は特に,

 

足首まわりの筋膜をいい状態にしておくことに疑いの余地はない。

 

なので,当然,ふくらはぎまわりの筋膜ケアはフィジオトレーニングにも取り入れる。

 

自分のひざを使って筋膜マッサージ。

 

 

「写真とるからかっこよくマッサージして!」

 

ってお願いしたら,おねえさんたちがおしゃれにマッサージし始めた(笑)

 

 

 

 

たくさんのバレエダンサーをみてきて,

 

やはり,筋膜をしっかりと整えるべきであることは間違いない。

 

痛みの改善にも,パフォーマンスアップにもつながる大事な要素である筋膜。

 

バレエダンサーのケアに携わる人には,知っておいてほしい知識。

 

助かるダンサーを多いはず!!!

 

 

===========================================

 

【セミナー情報】

 

第4回 バレエダンサーに対する筋膜調整

9月30日(日)13:00〜18:00

http://trigger-physio.com/topics/159/

http://trigger-physio.com/topics/157/

===========================================

TRIGGER(東京港区赤坂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス