理学療法士サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:
『筋膜を整えて健康を取り戻す』

筋膜調整セラピスト 理学療法士の半田です。






開脚が出来なくなった

内ももが「ピキッ」と突っ張ってしまって

前は出来ていたのに





結構いらっしゃると思います。




今日は

内ももが痛くて開脚が出来なくなってしまった方の改善報告です。

開脚時に内ももが痛くて開けなくなってしまった方にはお役に立てるかもしれません。




クラシックバレエ

ダンス

ヨガ

ピラティスなど



愛好家の方や

プロの方

先生まで




開脚が急に出来なくなってしまったという方

多くの方がサロン筋膜調整にこられます。




「ストレッチしていれば治るかなって思ってたんですけど治らなくて・・・」

「痛くてストレッチ自体が出来ない」

というい方がほとんど。





そういう方こそ筋膜を調整する必要があります。






ストレッチで感じる硬くて伸びないときの「伸ばされた痛み」と

「痛くて伸びない」ときの「伸びた時に痛い」という状態

違いますよね。

ご本人も自覚されているはず。






「ストレッチしたときの痛みじゃないんだよな・・・」と。

そういう場合はストレッチしないほうがいいです。






筋膜を調整してもらうべきです。







Aさんも同じ症状でした。

早速、足の先から股関節までを調べて筋膜調整をすると・・・







「あ、痛くない!つっぱらないです!股関節が離れた感じ!」




良かったです(^^)





突っ張って痛いと感じる場所と

筋膜が動かなくなっていた場所は違う場所でした。







Aさんのように

痛む場所や症状問わず

痛いと感じる場所と、原因となっている場所

それが一致しないことの方が実は多いんです。





開脚をしたときに内ももが「ピキッ」と突っ張って痛い方

ピキッと痛みを感じる場所には原因はなく

違う場所が悪さして痛みを出しているのかもしれません

そんな症状は

筋膜を調整してもらう事で改善出来るかもしれません。

ご参考になさってください!





***************************************

お問い合わせ & ご予約はこちら


【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER

(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

***************************************



TRIGGER(東京港区赤坂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。