宅録ミュージシャン6月15日 「Listen To The Music」  | 宅録ミュージシャン雑記 月に見下ろされて ~宅録ミュージシャン trifling beetleのブログ~

宅録ミュージシャン雑記 月に見下ろされて ~宅録ミュージシャン trifling beetleのブログ~

宅録ミュージシャン・trifling beetleの雑記帳&忘備録。
音源試聴・販売
http://www.dojinongaku.com/contents/group_profile.php?grid=1780
http://okmusic.jp/#!/user/35393
http://music-baz.jp/artist.php?bid=1595
http://monstar.fm/triflingbeetle


テーマ:

ドゥービー・ブラザーズとイーグルスはよく比較されていた。

共にコーラスワークがすばらしい。

そして、イーグルスはカントリーっぽいけどバラードが多く、ドゥービーの方は意外とファンキーだったりする。

その後イーグルスは「ホテルカリフォルニア」以降、ロックっぽさを急激に深めて行き、逆にドゥービーのほうは1978年の「ミニット・バイ・ミニット」以降、急激にAORっぽさを深めて行った。




ドゥービーのこの音楽的な大変化は、フロントマン・トム・ジョンストンが1974年頃から一時的にグループを離れたこと、スティーリー・ダンのブレーンだったマイケル・マクドナルドの加入が原因ということで、彼のボーカルの泥臭さこそが、ある意味ドゥービーの代名詞だったわけであり、それが無くなったサウンドはもはやドゥービーではないと、多くの古来からのファンが怒り、失望し、離れたという。




自分的には1972年の「Listen To The Music」こそがドゥービー・ブラザーズである。

アコギのストロークがもうそのもので、このストロークはイーグルスの「TAKE IT EASY」、ウイングスの「BAND ON THE RUN」と並びもっともグッと来るストローク(笑)。

trifling beetleさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス